2021年9月26日 (日)

秋の渓流釣り2021年9月。

今シーズンの最後かな、と思いながらいつものニジマスの川へ出掛けました。

自宅の朝が冷えていたのでトレーナーを着て行きましたが、陽射しの元気な現地では脱ぐことに。

210926

スタート時の気温は25℃、水温はさすがに下がっていて12℃でした。

山の紅葉は五分程度。それでも日の陰った14時過ぎには小さめの雪虫が数匹、舞うのを見ました。

今年は雪が早いのかな。

210926_20210926201801

始めはポツポツ釣れましたが、今日は今ひとつ。フライの準備も十分ではないので、今日は景色を楽しむことにして早めの昼食。

いつものセイコーマートで買ったのは、大きいおにぎりと魚肉ソーセージ・・・ゆで卵を探したのですが見つからず、レジで訊こうとしましたが自衛隊さんの団体が入ってきたのでその余裕がなくあきらめました。

2109261

食べ終わってのんびりしていると、アブが近付いてきて指に停まりました。これはヒラタアブの仲間のようで、刺すことはいのでちょっと観察。

2109262

僕の指の表面を舐めているようです・・・気を付けて昼食を食べたので、それが付いているとは思えないのですが。

まあ、それはよいとして、あまり釣れない日でした。でも、良い気分転換と運動になったので。

 

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

アカタテハがやってきた。

9月最後の土日休みは、秋らしい透明な陽射しと少しの棘を感じる暖かさ。

いつもの午前の散歩では、花盛りを過ぎたエゾノコンギクの花を摘まみ、少しずつ違って見える個性を確認してみました。

Photo_20210925201901

前から気になっていた通り、咲いている場所によって花の色、大きさ、形がさまざま。

こんな多様性が生き物を生き残らせ、進化させて行くのでしょう。

1210925

午後には庭でついに、ブッドレアを訪れたアカタテハに遭遇。これが見たくて数年前からブッドレアを育てていました。

ブッドレアにはやはり、この蝶が似合うのです。というのは、9年前にオランダで同じ組合せを見たので。

120927

その時の写真がこれ。こちらはヨーロッパアカタテハといって、日本のアカタテハと近縁の種らしいです。

大昔は同じアカタテハだったのが時を経て別の種となり、遠く離れた日本で僕がこうして「日本のアカタテハ」を見ているのでしょう。

9年も掛かりましたが、これでひとつ、ミッションクリアかな。

| | コメント (2)

2021年9月20日 (月)

エゾノコンギク、アカスジカメムシ。

穏やかに晴れた敬老の日、近くの散策路へエゾノコンギクを眺めに行きました。

210920

生えている場所によって花の形や色が少しずつ異なるので、その中から「感じのよい花」を見つけるのが楽しいです。

今日いちばんは、陽を透かして見たこの株。

210920_20210920170401

今日もカメラを抱えての散歩。虫を上手に撮りたくて5月からチャレンジしているのですが、この時期になって出会う虫の種類が少なくなりました。エゾゴマナの花に来ていたこの赤黒の縦じまは、アカスジカメムシ(サッカーのユニホームみたい)。

敬老の日・・・30年前だったら僕も老人の仲間入りをしていたのですが、今はそれを許してもらえません

それは、良いような、良くないような・・・。

 

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

エゾノコンギクとエゾゴマナ。

いまは夏から秋へと移るとき。

今日も渓流釣りへは出掛けず、朝はMLBの大谷選手をTVで少し見てからいつもの散策路へ。

210911

僕が好きなカンタンの音は峠を過ぎ、もの悲しさが増してきたように感じます。

210911_20210911171601

この季節はエゾノコンギクが咲き進み、やがて霜が降りて紅葉へと進みます。

蝶の写真を撮ろうと今日もカメラを抱えて来ましたが、夏にはすばしこかったミドリヒョウモンのオスはくたびれ気味で翅もボロボロです。

210905

先週から「エゾノコンギクの白花?」「でも、ちょっと背が高いかな?」と気になっていたこの植物は、調べてみるとエゾゴマナという種類のようです。少しは植物を知っているつもりでしたが、意識して見、名前を知ったのは初めてです。

1時間ばかりウロウロし、昼食には今年最後のソーメンを食べて、午後にはカーリングを少しTV観戦。

穏やかな休日でした。

 

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

ニジマス釣りでバッタを意識した。

今日は「有給休暇の計画取得」でニジマス釣りへ。

先週も来た区間ですが、やり残したことがあったので。

10823

この辺りではエゾヤマザクラの一部は既に黄葉が始まり、木々の緑が少し白っぽく見え始めました。

210823

ふと見ると足元にはカエルが・・・冬眠までにたくさん食べようとしているのでしょう。エゾアカガエルかな。

210823_20210823203401

先週と同様、ニジマスも元気でした。そして今日も、大きなフライへの反応が強いと確認できました。

僕はほとんど、細身のカディスしか使わないのですが・・・

Photo_20210823203601

今日いちばん反応がよかったのは、フライを雑多に入れたタッパーにあった、この太身のやつ。

何年前に巻いたのかも覚えていませんし、これで釣れた記憶もありませんがフックがサビているので、使ったことはあるみたい。

エルクヘアをタワシ状にしたやつですが、これを巻くのは面倒・・・。

さて、今日は何故これをチョイスしたかというと、

Photo_20210823204501

先週も緑色のバッタが河原にたくさんいたから。ハネナガフキバッタなのだろうと思います。

ヒトの目で見ればあまり似ていませんが水に浮くと、サカナの食欲をそそるのかもしれませんね。

うーん・・・この時期限定、ということかな。

次は、もう少しバッタに似せるよう工夫したフライを試してみようと思います。

 

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

たぶんオオルリ。

仕事場の盆休みは今日から5日間。

210812l

いつもの森へ散歩に出掛けると・・・急に気温が下がったためかセミの声もなく寂しい感じでしたが、このトリはオオルリ?

木々の中で暗くてよく見えませんでしたが、画像を加工すると青い姿が浮かび上がりました。

200mmの望遠ズームでは、野鳥を写すには厳しいかな。

Photo_20210812230401

この夏に、このムシが「シリアゲムシ(エゾシリアゲ)」というのだと初めて知りました(図鑑では見ていた)。それまで、たぶん見掛けても特に気にしていなかったのだと思います。

今日、出会ったこのメスは、オレンジ色のダニを大小、くっつけていました。

似た感じのは子供の頃からキリギリスで見ていた記憶がありますが・・・こんな小さなムシにも付くんだな。

外出自粛が求められている今、こんな風にヒトのいない所を目指して動くしかありませんが、残り少ない夏を楽しみたいです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

暑さがうれしい日々。かな。

7月下旬。北海道でこれほど好天が続くのは珍しいようです。

昨日、夏のセミ(エゾゼミまたはコエゾゼミ)のウォーミングアップの声を聞きました。

僕が覚えている中では、こんな夏は2020年(その頃に買った扇風機をまだ使っている)をよく覚えていて、その後も9月いっぱいまで暑かった夏があったような。

210724

そして、今年はオリンピックの4連休も好天続きで・・・本来なら釣りやキャンプへ出掛けたいところですが、今日もカメラを抱えて近所へ散歩。

はじめ、えこりん村の銀河庭園へ入ろうと駐車場まで行きましたが、虫網を担いだキッズたちに恐れをなして目的地変更(キャンプも、これがあるから行けない)、桜公園(「札幌から人は入らないで」の看板あり)をさらっと流して(つまらない)、恵庭市の森林公園でようやく楽しめました(ほぼ貸切状態)。ピカピカのこの蝶は、ウラギンスジヒョウモンかな。

3_20210724230401

昆虫少年時代は、蛾にはほとんど興味のなかった僕ですが、「虫撮り」活動に入った今では小さな虫の名前も知りたくて調べてみます(撮影後に)。3頭が集まったのはキスジホソマダラという蛾、赤いメタリックな甲虫は…ヒマな時に調べようかな。

北海道の夏は既に折り返しを過ぎ、3週間後の盆を過ぎれば、秋へ向かう気配が濃厚になるのがいつものこと。

9月も暑いままでいてほしいのですが、どうなるか?。

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

虫撮り・・・そして暑かった午後。

今日は暑かった・・・北海道なのに33℃で、エアコンはあるけれど使えない借家。

L210718

午前は元気よく散歩。少し遠出した森ではシリアゲムシに遭いました。エゾシリアゲの♀、かな。

210718

この時期に会えるとラッキーなのがルリボシカミキリ。朽木に飛んできたところでした。

L210718_20210718201401

よく分らないのがコイツで、子供の頃から近所の山でチョウを見てきましたが、久しぶりに見るような、見たことがないような・・・。

ネットで調べてみましたが種類が分りませんでした。普通にいる種類の個体変異なのかな?後翅の白い部分と蛇の目の大きさが印象的です。

→その後、ネット検索を継続して「ウラジャノメ(北海道亜種)らしい」、というところまで判りました。

そして自宅に帰れば33℃。帯広では37℃を超えたのだとか・・・ここ数年では記憶にない暑さです。

それでもまあ、来週にはエゾゼミなど夏のセミが鳴き始めて、僕が待ち望んだ夏はいよいよ「本番!」となるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

暑かった日にエゾシロチョウ。

今日は暑かった…それでも30℃は超えなかったようですが。

まだ身体が慣れていないからかな。

Photo_20210627221101

午前中は近所の森を散歩、午後は庭の草取りなどして暑さを楽しんでいると、3年目のマツムシソウ(スカビオサ)にエゾシロチョウが来ていました。

子供の頃には、放置されたバラ科の小果樹があちこちにあって、このチョウの大量発生を眺めていたので珍しさを感じませんでした。

でも時代は変わり、現在の我が家の辺りでは季節限定の楽しい訪問者。

これからも命をつないでほしいものです。

 

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

エゾトラマルハナバチ、かな?

昨日は渓流釣りへ出掛けたので今日はおとなしく、午前の1.5時間ほど、近所の森へ散歩に出掛けました。

新しいレンズを着けたカメラを持って、まずはあれこれと練習です(前からやりたかった昆虫撮影)。

Photo_20210613203301

これはたぶんシオカラトンボの♀(かな?)。近付けば逃げるトンボですが200mmで狙えば、何とか撮らせてもらえました。

Photo_20210613203401

この日はちょうどアザミが咲き始めたところで、花の近くで待っていると時々ハチが訪れました。

これは・・・エゾトラマルハナバチの女王かな?自信はありません。

この辺りの今日の最高気温は26℃ほど。北海道としては十分に暑いので、昼食は乾麺ではない生冷麦(稚内産)と生素麺(讃岐産)を楽しみました。ダイコンオロシを使いと最高!

僕の個人的な感想は・・・稚内の冷麦は腰が強くて冷麺にしても美味しいだろうな、と。素麺の方は・・・いつも食べている「揖保乃糸」の歯切れが好きです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧