2017年10月 3日 (火)

普通の日々をありがたいと思いながら。

頚椎~胸椎~腰椎の手術をこの一年で二回受け、胃カメラ検査を二回受け、20日前には歯の詰め物が外れて・・・何かと病院へ行く機会の多い一年でした。
1病院なんか無い土地でも暮らせると思っていたのですが・・・齢を取ればこんなものかな。
 
・・・画像は10日前、僕の首筋に付いていたツノゼミ。
こうして拡大すると、何というか・・・ 地球の生き物ではないのでは?と思ってします。
2こちらは後姿。
 
自分には関係ない(利害関係のない)生き物、という感じですが 地球は有限なので、自然界のどこかで、かならずつながっているはず。
 
さて・・・僕がこの前にツノゼミを見たのは9年前。 だけれどもその後の僕は、きっとこの虫に何度も気付かず遭遇していたのでしょう。
 
普段の何気ない日々に隠れている何か・・・。
ふとしたきっかけで明らかになる何か・・・。
 
知らなければそのまま過ぎる「何か」があれば、気付かなければ手遅れになる「何か」もあり。
 
・・・その、知る or 気付く、の加減が難しいな、と思うのがこの頃です。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ダリア‘黒蝶’が咲いて・・・

170917半日陰で風通しが悪かったせいか、ずいぶん時間が掛かりましたが、ようやく最初の花が咲きました。
脇芽が追い越していますから、やはり調子がよくなかったのでしょう。
そして・・・明日はここ北海道にも台風上陸の予報なので、支柱を立てて括りつけましたが折れてしまいそうです。
 
Photo2週間ちょっと前に息子がもらってきたカブトムシの幼虫を見ると、かなり大きくなっていました。
もらってきたときの容器に入っていた昆虫マットは半分以上がフンになっていました。
これって・・・よい培養土になるかもしれませんね(団粒構造!)。
マット交換をしなければなりませんが、手持ちが少なかったので容器5個のうちの3個には園芸用の腐葉土(北海道産)を入れました。
さて、うまくいくのでしょうか?
カブトムシの生態から見た理論上(?)は大丈夫のはずですが。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

ハイビスカスが咲きコエゾトンボを見つめた日。

今年のいつだったか・・・庭へ地植えしたハイビスカス。
170826これまで10輪ほど咲きましたが、北海道の我家の庭が適地でないのはわかっています。
 
でも夏の間だけ・・・と思えば、この植物の開花を見るのは楽しいもの。
 
咲いたら1日で萎んでしまうのですけれど、暑い季節の間は次々に蕾ができますから。
170826_2オンコ(イチイ)の枝で休ん
でいたトンボが少し大き目に見えたので、捕まえて観察しました。
 
『札幌の昆虫』で調べると、コエゾトンボのようです。子供の頃には同じようなトンボをたまに捕まえ図鑑から「カラカネトンボかな」と思っていました。
 
今となってはどちらだったかわかりませんが、カラカネだったのではないかな、と。
 
170826_3先週の日曜に、近所の河川敷でカンタンを♂♀合わせて20匹ほど捕まえてきて庭に放しました。
 
ル・ル・ル・ル・ル・・・・という虫の音を聴きたくて。
 
その日の晩から「虫の音」を聴かせてくれましたが、今日はブッドレアの咲き終わった花穂のあたりで「こんにちは」。
 
ヨモギに産卵するそうですから、来年は庭にヨモギコーナーでも作ってみようかな。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

危機一髪、を眺めていた。

今日の昼休みも、仕事場にある池の近くをウロウロと。
この頃は、デスクと会議室にばかりいると(それしかできないのですが)身体が固まって歩行の回復が逆戻りしそうなので。
Photo陽射しがあったので虫たちは活動中。この白い花で蜘蛛が待ち伏せしているのに注目していると、すぐに蝶が吸蜜に来ました。サカハチチョウかな。
 
当然の流れとして、蜘蛛は蝶に襲い掛かり・・・しかし蝶は蜘蛛に抵抗し、振り切って飛び去りました・・・間一髪のところだったようです。
 
見ていて僕はドキドキしましたが、この程度の「危機一髪」は日常的なことなのかもしれませんね。
 
蜘蛛の立場でも「あの獲物はちょっと大きすぎたかな・・・」ということだったのかも。
 
夏は終わりそうな気配ですが、2カ月ほど前の長期予報で示されたように、もう少し頑張ってほしいなと思うこの頃です。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

コオロギの初鳴きを聴く夜に。

昨夜あたりからジージーと虫の音が聞こえていましたが、今夜はリーリーとコオロギが鳴き始めました。
Photoこの辺りで穫れた、しかも昔の品種で造られた日本酒「久蔵翁」は純米吟醸。
1北海道ではその昔、稲作は不可能とされたらしいです。
今ではおいしいお米が穫れるようになりましたが先人の苦労を忘れてはなりません。
Photo_2ラベルの字も、高校書道部員のものだそう。
昔の品種の米を作る農家、それを酒にしようという地元商工会・・・何か、いいなあ、と思うのです。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

夏のセミ初鳴きを聞いた日

夏の三連休は最終日。
170717昨日から雨でしたが、少しの晴れ間が見えた今日の午後にセミの声を聞きました。
 
あれはコエゾゼミかな・・・短い練習のような感じでしたが・・・その後しばらくすると「ギギッ、ジジジ、ギギ!」と・・・たぶん鳥に捕まってしまったのでしょう。
 
170717_2西側花壇のラベンダーが今年も咲いています。 蕾が色付いている期間からラベンダーは存在感を長く楽しめますが、こうして開花してしまうとこの先は短いのです。
今年は暑かったし、ね。
 
1_170717借家に居付きのアジサイが、今年は多めの花を咲かせ始めました。
 
去年は、木が大きくなり過ぎたので初夏のうちに強く切り戻したのです。
 
今年は蕾もたくさんあるので・・・今日はふと思いついて、株元に多めの石灰を撒いてみました。
後から咲く花がピンクや紫になったらきれいかな、と思って。
 
いつもなら釣りやキャンプに忙しい夏の日ですが、来月の検診までは大人しくしていなければならないのです。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

クワガタの幼虫を引っ越しさせた日。

この家へ引っ越してきてから、クワガタの飼育がうまくいかなくなりました。
家の中はどこも暖かく、適度な温度のところがなくて。
Photoそれであきらめていたのですが、職場の後輩が「たくさん生まれたので」と言うので、3匹だけ幼虫を譲り受けました。
 
飼育瓶に3匹入れてくれたため、ガレージで眠っていた資材を引っ張り出して1匹ずつ我が家の飼育瓶へ引っ越し。
 
後輩が言うには「ミヤマクワガタだと思う」とのこと。難しそうですが、この大きさだと来年には成虫になってくれるかもしれませんので、頑張ってみよう・・・か。
 
いつもならヤマメ釣りかニジマス釣りへ出かけているはずの週末ですが、今は胸椎と腰椎の手術を受けて1カ月。先週に術後1か月の検診を受け、特に問題はないそうですが少し無理をすると背中が痛みます。
 
次の検診は2か月後で、そこで順調ならば渓流釣りを再開か?と自己診断しますが、今シーズンは難しいのかな、とも覚悟しています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

赤とんぼに自分を重ねてみた。

子供の頃は秋に現れる多様な虫として、そしてここ数年は「近いうちに必ず息絶える存在」として赤とんぼを見てきました。
Photo秋に顔を含め全身を紅く色付かせるオス(たぶんナツアカネ)は、子供の頃は レアな獲物でした。
地域差なのでしょう。今の僕の仕事場付近には普通な存在です。
2赤とんぼのオスはたぶん、この時期には既に繁殖行動を終えているはず。
子孫を残すのが彼らの役割だとすれば、今の彼らの行動と存在は何のため?・・・ と。
簡単に言えば、「役目を終えたならすぐに姿を消すべきでは?」という疑問です。
Photo_2では、自分は?と考えてみます。
僕の息子は13歳になり、たぶん生物学的には大人として扱ってよいのだろうと思います。
人間としてはまだまだですが・・・
・・・それはともかく、僕は生物としての役割を終えたのだろうな、と思っています。
ニンゲンの社会的には・・・何か役に立つかもしれないけれど、まあ、居なくても特に問題はないはず。
 
だから、ちょっと力の置き加減を変えて、リラックスしてみようかと思っています。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

ブルーベリーの苗を鉢植えにした。

運動不足のためか、それとも老化のためか・・・この頃は階段でつまずくようなことが多いと感じていました。
それで午前中に2時間近く、渓流釣りシーズンへ向けたトレーニングのつもりで散歩をしながら近所のホームセンターで寄り道。
Photoブルーベリーの4号ポット苗(開花中)が1,000円ほどだったので、迷わず買いました(安くなりましたね)。
ハイブッシュ系の、品種はパトリオット。
Photo_2程よく根が張っていますから、このまま9号鉢へ 植えることにしました。
 
Photo_4酸性土壌を好むブルーベリー。
一応ネットで調べると、酸性資材の「無調整ピートモス」は4割くらいがよいのだとか。
それで培養土すくすく倶楽部(万能):無調整ピートモス:腐葉土=2:2:1で混ぜて植え付けしました。
おまじない程度ですが、化成肥料をごく少しと緩効性肥料のマグアンプ中粒を少し入れて。
Photo_5植え付け完了。
バランスは良さそうです。
 
Photo_6前から庭にあるブルーベリーの鉢物(先輩=コリンズ)と並べて置きました。
先輩のコリンズは、もう何年前だったか忘れましたが350円ほどの小さなポット苗を買ってきてじわじわと育てたもの。
別の品種ももう一本、一緒に育てていたのですが、この9号鉢へ植え付けた際(たぶん3年前)に使った堆肥がよくなかったみたいで、 あっさり枯れました。
さてさて・・・パトリオット君は無事に育ってくれるかな?
Photo_7玄関で越冬させていたクワガタたちも無事に目覚めています。画像はアカアシクワガタのペア。
今もよい季節ですが、これがあと4か月ほど続いて・・・また秋と冬を迎えるのだなぁ・・・。 にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

エゾハルゼミを見た日、ケマンソウにカマキリを連想した。

昼休みの散歩で、今シーズン最初のエゾハルゼミの姿を見ました。
160526メスだねえ。
きれいな翅ですね。
このあたりのオスの鳴き声はまだですが、近いうちなのだろうな。
160526_2足元ではケマンソウの花盛りが過ぎ、種子の入った莢が膨らんでいました。
・・・おや、カマキリの腕みたいだなあ・・・。
 
この辺りはカマキリの住む気候ではありませんが、虫に食われないための生き残り戦略なのかもしれないな、と思ってみました。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧