2018年6月10日 (日)

ユリの葉に穴・・・カタクリハムシだった。

今年になって、虫に食われている感じでユリの葉にできる穴が気になっていました。
Photoうーん・・・これまで、こんなことはなかったと思います。
つぼみに穴」ということは2009年にあってびっくりしましたけれど。
180610
犯人はコイツで、たぶんカタクリハムシ。
2012年の山菜採りで見たことがあります。
その時は図鑑で調べて「食用ユリの害虫なのか・・・」と知りましたが、庭のユリで見たのは初めて。
よくよく見ると、我が家のユリの中ではオリエンタル系やアジアティック系の品種にはいなくて、テッポウユリの品種にのみ居るようです。
たぶん、柔らかくて食べやすいのでしょう。
葉にポツポツと穴が開いたのは少し前から気付いていたので、株元にオルトラン粒剤を撒いたのですが・・・ユリの成長は早いので薬が少なすぎたのかもしれませんね。
こんな目立つ体色をしているのは、体に毒を持つから、かな?と考えて、この虫には殺虫剤で対抗することにします。
ヤマメはとっくに解禁ですが、釣りに行くのは仕事がひと段落してから。
まだまだ先だなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

ホワイトのラナンキュラスが咲いていた。

関東への出張から帰ると、ラナンキュラスが咲いていました。
180602_2
きれいだなぁ。
去年の秋に3球植えて、咲いたのはこの一輪だけ。
1球は萌芽せず、もう1球は途中で枯れました。
うーん・・・ラナンキュラスは、この辺りで咲かせるには寒さ除けの工夫が必要なのかもしれません。
180602_3
同じく、去年の秋に苗を植えたメドーセージは越冬できず枯れてしまいました。
もう少し早く植えておけば生き残ったのか・・・?
180602_4
今日はよいお天気。植えようと準備していたブルーサルビアの苗にマルハナバチが来ていました。
これは・・・エゾオオマルハナバチの女王かな?
まだセイヨウオオマルハナバチも見かけますが、10年前に比べればずいぶん少なくなったように思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

エゾハルゼミの初鳴きを聞いた日2018

今日は去年の手術から12カ月目の点検・・・検診でした。
その前の頸の手術含め、「壊れたところはなさそうだね」と医師。
でも僕の感触では、右脚の感覚が弱くなったり左手に力が入りにくくなったり・・・で、万全の経過ではないのです。
で、来月に脊椎ぜんぶのMRI検査を受けることになりました。
Photo
昼過ぎに仕事場へ行くと、駐車場でエゾハルゼミの声を聞きました。僕にとっては今年の初鳴きを聞いた日。
庭では居つきの黄色いツツジがきれいに咲いています。
引っ越してきた頃は「咲くの?」と疑問に思うほど弱々しかったのですが、株元に酸性のピートモスを入れたり、2年かけて復活させました。
これはキレンジツツジ、かな?
明日からまた関東。今月はこれで4週連続の新千歳空港経由の出張です。
さて、いつまで続くのか・・・けっこう疲れるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

ベルベリスの花にアリが夢中だった。

タイツリソウがきれいに咲いているところへ、掘り残しのチューリップが追いつきました。
Photoうーん・・・この組合せはいい感じかも。
Photo_2ベルベリス(メギ)はカラーリーフとして光る存在になっていますが、植物だから花が咲いて当たり前。
 
ふと見れば地味で小さな花が咲き、アリが夢中で蜜をなめていたようです。
 
このアリは・・・クロヤマアリでしょう(たぶん)。
 
よい季節だから楽しみたいのは山々ですが、今は仕事を頑張る時のようです。
 
そんな中で、今朝は闘病中だった先輩の訃報あり。
 
それでも、去年は行けなかったタケノコ採りを「今年はタイミングが合えば行ってみるか?」と息子に訊けば、「いいねー!」と言ってくれる今のうちでもあるので、父ちゃんとしてももう少し頑張ってみようと思うのでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

カサブランカに着いた実を開けてみた

カサブランカに着いていた実が少し黄色っぽくなってきました。
Photo茎も葉もすっかり枯れているので、 種子がそろそろ熟しているかと思って。
 
Photo_2
さて、どうかな?
・・・開けてみると白っぽい種子と茶色とが縞々になっていました。
 
Photo_3取り出してみるとこんな感じ。
白いのは中心が膨らんでいて、うまく熟せば発芽しそうですが・・・茶色いのはダメかな。
 
まあ、やってみなければわからないので適当に播いておくことにしました。
もう一個、実が着いているのでそちらはそのままにしてあります。
 
Photo_4アガパンサスにできていた種子も、適当にパラパラと。
たくさん生えてきても困りますので。
171104短い晴れ間、日なたの壁に休む、ボロボロになった赤とんぼ。
 
眼だけは艶々と、初冬の陽を跳ね返しているのでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

普通の日々をありがたいと思いながら。

頚椎~胸椎~腰椎の手術をこの一年で二回受け、胃カメラ検査を二回受け、20日前には歯の詰め物が外れて・・・何かと病院へ行く機会の多い一年でした。
1病院なんか無い土地でも暮らせると思っていたのですが・・・齢を取ればこんなものかな。
 
・・・画像は10日前、僕の首筋に付いていたツノゼミ。
こうして拡大すると、何というか・・・ 地球の生き物ではないのでは?と思ってします。
2こちらは後姿。
 
自分には関係ない(利害関係のない)生き物、という感じですが 地球は有限なので、自然界のどこかで、かならずつながっているはず。
 
さて・・・僕がこの前にツノゼミを見たのは9年前。 だけれどもその後の僕は、きっとこの虫に何度も気付かず遭遇していたのでしょう。
 
普段の何気ない日々に隠れている何か・・・。
ふとしたきっかけで明らかになる何か・・・。
 
知らなければそのまま過ぎる「何か」があれば、気付かなければ手遅れになる「何か」もあり。
 
・・・その、知る or 気付く、の加減が難しいな、と思うのがこの頃です。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ダリア‘黒蝶’が咲いて・・・

170917半日陰で風通しが悪かったせいか、ずいぶん時間が掛かりましたが、ようやく最初の花が咲きました。
脇芽が追い越していますから、やはり調子がよくなかったのでしょう。
そして・・・明日はここ北海道にも台風上陸の予報なので、支柱を立てて括りつけましたが折れてしまいそうです。
 
Photo2週間ちょっと前に息子がもらってきたカブトムシの幼虫を見ると、かなり大きくなっていました。
もらってきたときの容器に入っていた昆虫マットは半分以上がフンになっていました。
これって・・・よい培養土になるかもしれませんね(団粒構造!)。
マット交換をしなければなりませんが、手持ちが少なかったので容器5個のうちの3個には園芸用の腐葉土(北海道産)を入れました。
さて、うまくいくのでしょうか?
カブトムシの生態から見た理論上(?)は大丈夫のはずですが。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

ハイビスカスが咲きコエゾトンボを見つめた日。

今年のいつだったか・・・庭へ地植えしたハイビスカス。
170826これまで10輪ほど咲きましたが、北海道の我家の庭が適地でないのはわかっています。
 
でも夏の間だけ・・・と思えば、この植物の開花を見るのは楽しいもの。
 
咲いたら1日で萎んでしまうのですけれど、暑い季節の間は次々に蕾ができますから。
170826_2オンコ(イチイ)の枝で休ん
でいたトンボが少し大き目に見えたので、捕まえて観察しました。
 
『札幌の昆虫』で調べると、コエゾトンボのようです。子供の頃には同じようなトンボをたまに捕まえ図鑑から「カラカネトンボかな」と思っていました。
 
今となってはどちらだったかわかりませんが、カラカネだったのではないかな、と。
 
170826_3先週の日曜に、近所の河川敷でカンタンを♂♀合わせて20匹ほど捕まえてきて庭に放しました。
 
ル・ル・ル・ル・ル・・・・という虫の音を聴きたくて。
 
その日の晩から「虫の音」を聴かせてくれましたが、今日はブッドレアの咲き終わった花穂のあたりで「こんにちは」。
 
ヨモギに産卵するそうですから、来年は庭にヨモギコーナーでも作ってみようかな。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

危機一髪、を眺めていた。

今日の昼休みも、仕事場にある池の近くをウロウロと。
この頃は、デスクと会議室にばかりいると(それしかできないのですが)身体が固まって歩行の回復が逆戻りしそうなので。
Photo陽射しがあったので虫たちは活動中。この白い花で蜘蛛が待ち伏せしているのに注目していると、すぐに蝶が吸蜜に来ました。サカハチチョウかな。
 
当然の流れとして、蜘蛛は蝶に襲い掛かり・・・しかし蝶は蜘蛛に抵抗し、振り切って飛び去りました・・・間一髪のところだったようです。
 
見ていて僕はドキドキしましたが、この程度の「危機一髪」は日常的なことなのかもしれませんね。
 
蜘蛛の立場でも「あの獲物はちょっと大きすぎたかな・・・」ということだったのかも。
 
夏は終わりそうな気配ですが、2カ月ほど前の長期予報で示されたように、もう少し頑張ってほしいなと思うこの頃です。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

コオロギの初鳴きを聴く夜に。

昨夜あたりからジージーと虫の音が聞こえていましたが、今夜はリーリーとコオロギが鳴き始めました。
Photoこの辺りで穫れた、しかも昔の品種で造られた日本酒「久蔵翁」は純米吟醸。
1北海道ではその昔、稲作は不可能とされたらしいです。
今ではおいしいお米が穫れるようになりましたが先人の苦労を忘れてはなりません。
Photo_2ラベルの字も、高校書道部員のものだそう。
昔の品種の米を作る農家、それを酒にしようという地元商工会・・・何か、いいなあ、と思うのです。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧