2016年8月12日 (金)

ひさびさ、のヤマメ釣り

去年はヤマメ釣りへ行かずニジマスばかりだったので、このヤマメ釣りは二年ぶり。
しかも、いつものヤマメの川ではなく「ちびヤマメの川」へ向かいました。
・・・去年から足腰にちょっと、自信がなくて。
1608122だから、20年以上前に長靴で渓流釣りを始めたこの支流で リハビリ?なのです。
160812この流れには小さなヤマメしかいない、と思うのでのんびりと釣りましたが途中から雰囲気が変わり・・・
この、少し婚姻色を帯びたようなヤマメは25cmちょっとありました。
あれれ?
1608122_2こちらは若々しい、ブリかと思った(あり得ませんが)体格のよい個体。
1608121たぶん、ここへ来たのは5年ぶりくらい。
その間に僕が釣らなかったサカナが育ったのか?と思うような、イメージとは違う大き目なサカナがたくさん現れた暑い一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

腹ペコのサカナたち2016

仕事はひと段落し、天気予報が絶好だったので休みを取って渓流釣りへ出かけました。
060707ゆっくり出掛けて11時開始で気温21℃、快晴。釣り人(もちろん僕)のコンディションは最高、水温は・・・たくさん釣れて忙しく、測り忘れました。
 
160707釣り始めから小さめのが「やる気満々」モードで、小さなポイントからも出てきます。
 
この川、こんな日が年に1-2回はあるのです。
 
Photoニジマスも小さなヤツが元気で「腹ペコ」状態。
このような日は、そのうち釣れ過ぎて僕の集中力が切れてきます。
Photo_2それで、いつもとはちがうフライを使ってみました(実験・・・)。
「毛虫フライ」は何年か前にヤマメ釣りで活躍したので常に何本かは持っているのですが、いつもは出番がありません。
・・・今日は毛虫フライへの反応がよかったのですが、釣れたのは小さいのばかり。大きいのは、やはりカディスでした。
160707_2昼食はいつものように、おにぎり2個と魚肉ソーセージ。
釣りに来て、渓流で食べるのは最高です。
160707_3前回はあまり気にならなかったのですが、ここのところ脚の運びが鈍くなりちょっと不安が。
 
それでも最高の季節は始まったばかりですから、まずは楽しもうと思っています。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

ごめんねニジマス2

北海道の札幌あたりには「祭り休み」というのがありまして、札幌祭り(北海道神宮祭)の頃に1日、お休みとなる所があります。
うーん・・・6月は祝祭日がないため労働基準法だか何だかの決まりからすると月の就業時間が多すぎる年があるそうで、「プラス1日は休みなさいね」ということらいしいです。
160607・・・なので今年最初の渓流釣りへ出かけました。
朝はゆっくり出掛け、渓流に着いたのは昼12時。
気温20℃、水温は12℃でした。
 
最高のコンディションです。
160607_2ラーメンなど食べて川へ行こうかと初めは思いましたが・・・川面を眺めながらの昼食は格別、と思い出したのでいつものセット。
北海道ですから、「山わさび」は間違いなく美味しいです。
3調子よく釣り上がり、いつもの「大物ポイント」ででっかいニジマスが掛かりましたが、何かおかしい。
僕が背中にぶら下げている
(めったに使わない)ネットに入らないサイズながらもこうして写真を撮れました。
メジャーで測ると54センチ(!)。
2よく見るまでもなく、繁殖行動の後でくたびれ果てた個体(たぶん♂)でした。
もし彼が普通のコンディションであれば、僕の腕とこの#3タックルでは太刀打ちできなかったことでしょう。
・・・ということで、ごめんねニジマス2・・・です。
Photo3時間ほど遊び、帰った庭でサッポロクラシックの限定バージョン(まあ、いろいろありますけれど) 。
夏が始まった、と実感した6月の休日でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

咲かないチューリップ・釣具屋で買い物した日。

GWも2回目の三連休は今日で終わり。
小雨と曇りの日でした。
160505普通とはちょっと違う、野性味のあるチューチップのタルダ。
二日前はパキッと咲いていたのですが、「晴れなければ咲かないよ。」ということのようです。
151107球根を植えたのは去年の11月7日。
 
10球入りを植えてぜんぶ萌芽し、咲いたのは9球。
160505_2とても久しぶりに、JRに乗って札幌駅近くの釣具屋へ買物しに行きました。
 
フライ釣りを始めた頃は毎週のようにどこかで何かを仕入れていたのですが・・・
 
今となっては足りないものを補充するだけで、前のように「いつか使うかも?」のような(たいていは使わない)モノを買ったりしなくなりました。
 
・・・だからかな? どこのショップもフライ関係の売り場が年々小さくなっているように感じます(・・・というより、消えてしまったところが多い)。
 
これは良いことなのだろう(=釣り人が多すぎた)と思っています。
 
買いたいものが見つけにくくて不便なことは確かです。そして釣具屋さんには申し訳ないけれど・・・商業的にはこの程度のマーケットなのでしょう。
まあ、マテリアルがなければあるもので間に合わせ、タックルはネットで探せばよいかな、というのが僕の感じ。これくらいが、あるべき姿なのだろうな、と思っているところです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

センニンソウ・釣りへ行かず金魚を引越し。

今年のセンニンソウは二代目で、(たぶん)5月に12cmロングポットの苗を買ってきて、8号鉢で育てました。

1なるべく日当たりのよい場所で、4本立てた竹の支柱へ(適当に)誘引しながら開花を待ち、玄関近くへ移動しました。

2センニンソウは北海道でも楽々越冬する秋咲きのクレマチス。

もう枯れてしまった一代目は、たぶん鉢では狭く根詰まりしてしまったのだろう、と考えています。

まだまだ渓流釣りの楽しい季節ですが、今日も出掛けませんでした。

お天気がよくなかったのもありますが、身体を休めたい気分だったので。

明日こそは、と思いましたが予報では雨が続くようで、ダメですね。

代りにホームセンターへ出掛け、水がめの金魚を越冬させるための水槽を買ってきて引越しさせました。

室内で金魚を飼うのは初めての経験です。
さて、どうなりますか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

「時合」という言葉を思い出したニジマス釣りの日。

今シーズンの渓流釣りは、今日でまだ3回目・・・行けていません。

Sr1家で朝食を済ませてゆっくり出掛け、「大きなサカナはいないが、確実に退屈しないポイント」へ行きました。

このあたりで他の釣り人に出逢ったことはなかったのですが・・・釣り始めて10分ほどで、僕がこれから行こうとしていた上流から釣り人が下りてきました。

「小さいのしか釣れませんねー」と餌釣りの二人。

Sr2・・・うーん、それでも敢えて行くべきか・・・少し考えて、そのまま上流へ向かいました。

150829

サカナの反応はそこそこあるので、まあまあ退屈しない程度に釣れます(いつも通り)。

そして、いつものように小さめのサカナたち。

寒いと感じたので測ってみると気温20℃、水温13℃。ふつうです。

「先行者がいてもそこそこ釣れる」というのは、フライを始めてからいつも感じていること。

Sr3このポイントで、よい感じのバイトが2回ありましたが掛けられませんでした。

すぐ前にヒトが通ったので警戒している、というのではなく、何となく渋い感じ。

そして・・・2時間後に下りてきて、ここへフライを流すと、まず少し大きめのニジマス、続いてオショロコマが立て続けに釣れたのです。

あれ?という感じ。

Sr4_2「時合」という言葉を、思いました。たぶん最初に知ったのは20年ほど前のこと・・・渓流釣りを始めた頃に読み漁った本のどこかに書かれていた言葉です。

今日は釣り始めて3時間、15時過ぎに引き返しました。ふだんはクマが怖かったりして、もっと早めに帰るのです。

これが時合で「夕まずめ」の始まりなのかな?まだまだ釣れそうだな・・・と思いながら、それでも僕は未練など覚えず車へ戻りました。

たくさんではなくても、気持ちのよい陽射しの中で、そこそこ釣れればよいのです(・・・と、ブログには書いておこう)。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

久しぶりのヤマメの川でアメマスと逢う。

体力的に自信がなくて(?)、去年は一度も行かなかったヤマメの渓流へ出掛けました。
今年も自信はないのですが、このままではいけないと思って。

Photoいきなり、これです。

ま・・・注意しながら釣ることにしましょう。

前にも経験していますし

でもヒグマが近くに居るかと思えば、ちょっとは気になるのです。

Photo_2何年か前まではシーズンに何度も訪れていた渓流ですが、たった2年来なかっただけで、林道の様子も川の流れも大きく変わったように感じました。

でも、やっぱりここは気持ちのよいところ。

Photo_3ヤマメ釣りとは言っても新子の季節。それに、ここへ15年ほど通っていますが大物の気配すら感じたことはありませんでした。

それが、この淵で・・・

Photo_4カディスに喰いつく大きな口が見え、合わせると大きなサカナ。

「大物のヤマメが来たか?」と期待しましたが、上げてみるとアメマスでした。

ここでアメマスを見たのは初めて。測ってみるとだいたい31-32cm。
その後、少し小さめのがもう1尾。

大きなイワナとは違って、アメマスは力が弱いというか・・・海から帰ってきて疲れているのだなあ・・・という感じです。

ヤマメはそこそこ釣れて、上流に積乱雲が見えたので昼前には引き上げました。

夏休み・盆休みシーズンも今日で終わり。
5年くらい前に作った小さなフライも今日は結ぶことができ、視力の回復を嬉しく思いましたが・・・明日からまた眼が疲れそう。

そういえば昔作ったフライ。その頃は「フライが悪いから釣れない」と思っていましたが、今になってそれを引っ張り出してみると、そこそこ釣れるのだということに気付いた今日。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

新しいフライラインを準備した。

ネット通販で、新しいフライラインを入手しました。
手に取って確認しながら買いたかったのですが・・・僕の行動範囲の千葉駅近くのショップではフライ用品の取り扱いを止めたらしく、「では仕方ない」と先月に札幌駅近くの店へ行ってみると、陳列棚がスカスカで売る気がなさそうなので。

150705フライを始めて12年目。#3のロッドとリールしか持っていなかったので、ずっと#3のフローティングラインです。

これまで、「初心者向き」と参考書に書かれているのをあてにして「WF-3-F」を買っていました。

でもネットショップで見ると、今はWFではなくDTが主流なのですね。
「たぶん、製造技術が進歩してDTでもキャストし易くなったのだろう」と勝手に理解して、初めて{DT-3-F」のラインを買いました。

結果は・・・早ければ来週の休日に報告できると思います。

前に交換したのは・・・4年前だったようです。

さて、少しはうまく釣れるようになるのか(たぶん同じ)?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

エクストレイル12カ月点検の日、釣り用の買い物をした。

去年の7月に買ったつもりのエクストレイルですが、登録は6月だったので16,000キロほど走って12カ月点検となりました。この間の、燃費計による平均燃費は12.6km。
ディーラーへ持ち込むと「1時間か、1.5時間ほど掛かります。」と言われて待ち時間に予定通り、札幌駅近くの釣り具屋へ。

150614フロータント類とティペット、フックを少し買いました。

去年から感じているのですが、この釣り具屋もフライ関係の仕入れを抑えて終わらせようとしているようで・・・フローティングラインを買おうと思っていたのに陳列棚がスカスカでした。

まぁ、仕方ないか。

Photo我家へ帰ると、玄関のカギが開きません。

しばらくガシャガシャやってると留守番中の息子が開けてくれて「父ちゃん、コツがあるんだよ」と。

これまで問題なく使えていた鍵だったのですが、気温の関係なのか合鍵が次々と使えなくなる事態になっていました。

中1の息子が言う「コツ」に従うと、何とか開けられました。

・・・オマエ、すごいな!=たいした観察力です。

春に植えたパンジーは少しくたびれ気味になり、背後のラベンダーが花芽を見せはじめました。
パンジーの手前に種を蒔いたカリフォルニアポピーとネモフィラが育ってきましたので、そろそろパンジーには退場してもらう頃かな、と思った初夏の日。

僕もいつか、子供や後輩へ道を譲る日が来るのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

今シーズン最初の渓流釣り2015

今日は仕事を休みにして、今シーズン最初の渓流釣りへ出掛けました。

1釣り場へはゆっくり9時に着き、のんびりと。

スタート時の気温は19℃、水温11℃です。

Photo初めに釣れたのはオショロコマ。ここしばらくはニジマスの多い川でしたが、オショロコマが殖えるのは良いことだな、と思いました。

1_3


その上流(上には小さなダムがある)へ進むにつれて、中型のニジマスが多くなりました。

2釣れたサカナでいちばん大きかったのはこの29cm。

このほかには途中、大場所で大きなニジマスを掛けました。

水中のサカナを見て「シャケみたい」と思ったほどでしたが、5Xリーダー直結のフライを引きちぎって悠々と去りました。

「お呼びじゃないよ」と言われた感じ。

2_2同じ場所で同じサカナにもう、3年くらい軽くあしらわれている気がします。

Photo_2大きなカワゲラの抜け殻がありました。

これからしばらく、この渓流は食欲が支配する世界になるのでしょう。

僕は、そこへちょっとお邪魔して・・・という感じ。

3年前に釣り逃した美しく強いニジマスに、今年も逢えた今日でした。厳しい自然の中、いつまでもこのポイントで待っていてくれることはないのでしょう。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧