2018年7月12日 (木)

倒れたユリ、犯人はシンクイムシ?

1週間ほど前のことです。
球根を植えて4回目の夏、二本に殖えてそれぞれ十数個の蕾を付けたオリエンタルユリのコンカドールが・・・
Photo1本、倒れていました。
なぜ?
Photo_2
折れ口を見ると、虫に食われたような感じ。
Photo_3根元を見ても、まあ虫の仕業としか思えない犯行現場です。
そして、犯人捜し。
Photo_4根元を少し削ってみると穴がありました(実は犯人が、少し顔を出していました)。
Photo_5さらに掘り進むと、犯人が投降してきました。
まあ、いわゆるシンクイムシという奴のようですが、ちょっと大き過ぎないか?
Photo_6正体を知りたくてネット検索・・・どうやら、コウモリガの幼虫のようです。
 1カ月以内に咲くはずのユリを倒されて悔しいですが、まあ自然が豊かなおかげでこのような虫が来るのだ・・・ということにしておきましょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

ユリの葉に穴・・・カタクリハムシだった。

今年になって、虫に食われている感じでユリの葉にできる穴が気になっていました。
Photoうーん・・・これまで、こんなことはなかったと思います。
つぼみに穴」ということは2009年にあってびっくりしましたけれど。
180610
犯人はコイツで、たぶんカタクリハムシ。
2012年の山菜採りで見たことがあります。
その時は図鑑で調べて「食用ユリの害虫なのか・・・」と知りましたが、庭のユリで見たのは初めて。
よくよく見ると、我が家のユリの中ではオリエンタル系やアジアティック系の品種にはいなくて、テッポウユリの品種にのみ居るようです。
たぶん、柔らかくて食べやすいのでしょう。
葉にポツポツと穴が開いたのは少し前から気付いていたので、株元にオルトラン粒剤を撒いたのですが・・・ユリの成長は早いので薬が少なすぎたのかもしれませんね。
こんな目立つ体色をしているのは、体に毒を持つから、かな?と考えて、この虫には殺虫剤で対抗することにします。
ヤマメはとっくに解禁ですが、釣りに行くのは仕事がひと段落してから。
まだまだ先だなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

ホワイトのラナンキュラスが咲いていた。

関東への出張から帰ると、ラナンキュラスが咲いていました。
180602_2
きれいだなぁ。
去年の秋に3球植えて、咲いたのはこの一輪だけ。
1球は萌芽せず、もう1球は途中で枯れました。
うーん・・・ラナンキュラスは、この辺りで咲かせるには寒さ除けの工夫が必要なのかもしれません。
180602_3
同じく、去年の秋に苗を植えたメドーセージは越冬できず枯れてしまいました。
もう少し早く植えておけば生き残ったのか・・・?
180602_4
今日はよいお天気。植えようと準備していたブルーサルビアの苗にマルハナバチが来ていました。
これは・・・エゾオオマルハナバチの女王かな?
まだセイヨウオオマルハナバチも見かけますが、10年前に比べればずいぶん少なくなったように思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

タイツリソウの白花が咲いた日。

もう夏になったのかな?と勘違いするような陽気の一日でした。
180512庭では地植えしていたホワイトのタイツリソウが咲いています。
180512_2もう長い付き合いの香りスイセンが咲き始めました。咲き初めの香りは、ややスパイシー。
180512_3このミニスイセンは、たぶん球根を植えて2年目くらい。
初めの年は咲いたかどうか記憶にないのですが、今回は可愛らしい姿を確認しました。
180512_4
土がよくないのか・・・2年咲かなかったオーブリエチアは4輪のみ開花・・・ここは乾きすぎるのかもしれません。
180512_5
オーブリエチアの近くのプリムラもなかなか大きくなりませんが、控えめな咲き方もよい感じ。
 
このあたりはライラックの木の下なので、それがよくないのかもしれません。
 
来週は、これまでほとんどなかった大阪で仕事。
暑いのだろうなぁ・・・。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ムスカリの季節。

ムスカリの咲く5月は爽やかな季節の幕開け。
180503今年は桜の開花が早く、GWには散り始めという暖かな始まりです。
 
このムスカリの品種はタネができるので、あちこち離れた場所でもどんどん殖えています。
そのうち「外来種」と言われてしまうのではないかと心配になるほど。
 
180503_2
ライラックの蕾も順調に大きくなっています。
 
このまま行くとかなり早く咲いてしまいそうですが・・・そう簡単ではないのがいつものこと。
 
そう。長雨や、急に寒くなって5月播きの作物が不作になるとか・・・そんな懸念を覚えるほど暖かな四月でした。
 
お天気とは関係なく、今年の5月は忙しくなりそうです。
 
来週にはタイヤ交換、そして運転免許の更新や手術後1年の受診などしなくては。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

何かカッコいい感じ。

見慣れない植物の萌芽。
180421去年の秋に植えた球根のラベルには「早咲きグラジオラス ‘ビザンティヌス’」と書かれていました。
 
この色合いと形は、カッコいいなと思いました。
 
さて、どんな花が咲くかな。
 
180421_2 「ガーデンアジサイ」ということで植えたこの品種は、札幌近くの我家では越冬後に地上部が枯れてしまいました。
1804212_2それでも地際に近い芽は生き残ったようです。
 
‘ダンスパーティー’も前にチャレンジしましたが毎年こんな感じで、露地で生き残っても、まともには咲きません。
 
アジサイには、耐寒性の品種間差が結構あるみたいですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

白い朝だった

今朝の庭は雪が積もって白くなっていました。
180408この時期はタイヤ交換の判断が難しいです。
仕事場へは公共交通機関がないので・・・
2雪は積っても気温が特に低いわけではないので、クロッカスは平気そう。
3_2金曜は東京へ日帰りで出かけました。桜の盛りはとっくに終わっていましたから、北海道より1か月半くらい季節が進んでいる感じ。
Photoコウムも、雪に関係なく元気です。
こんな姿は可愛らしいですね。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

スノードロップのハートマーク

前に住んでいた借家でスノードロップの球根を植えたような気がするのですが、花を見た記憶がありません。
Photoそれで去年の秋に植えてみると・・・思ったより小ぶりな植物でした。
それに、朝晩は花が閉じているので目立たないかな。
Photo_2どうしても見下ろすことになるので地味な印象の花ですが、さかさまにしてみると・・・
大きな白い花弁(外花被かな)の内側に、つながって筒状に見えるけれども3枚が独立した小さな花弁(内花被・・・たぶん)。
ここにグリーンの模様があります。
Photo_3拡大してみるとハートの形。
 
6年前に見た、ハートを背負ったカメムシのことを思い出しました。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

クロッカス トリカラー

クロッカスが咲き始めました。
1お天気がよくなければ花を開かないクロッカスですが、休日の今日は幸いにして晴れ。
2開いてきましたね。
この品種が美しいのは、完全に開いたとき。
3品種の名前はクロッカス シーベリー トリカラー。
品種名というよりはクロッカスの中の、分類名のようなものがそのまま使われているようです。
黄色+白+薄紫色=3色を持つ花なのでトリ(=3)カラー、ということなのでしょう。
何種類もあるクロッカスの中で、この種類はいちばん先に咲き、咲いた後は種子ができてよく殖えます。
180331シクラメン コウムも花の数が増えてきました。
コウムとクロッカスを混植すると きれいかもしれませんね。
クロッカスにはピンクの品種がなくて朝夕には花が閉じているけれど、コウムは一日中ピンクの花を咲かせているから、一日のうちの色合いの変化もあって面白いかな、ということで。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

雪解けは進む。

暖かく晴れた土曜、実に久しぶりに散歩で長めに歩きました。
歩行の心配はまだ解決していないので、今シーズンの渓流釣りは微妙かな。
 
18032423日後の今日は、咲いていました。 
180324雪の下から見慣れないものが顔を出していました。
これは・・・テッポウユリの切り株の所ですから、木子なのでしょう。
 
今年の夏もユリがよく咲いてくれるとよいけれど、何株かにウイルスの症状が出ていたのが心配です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧