2016年4月19日 (火)

ストックのつぼみ、プリムラのつぼみ。

初めて庭へ植えてみたストック。
160419お、アブラナ科だよね、という感じ。菜の花を思い起させます。
160419_2これは150円の苗ですから(高いの?安いの?)・・・たぶん高い方で・・・八重咲きなのでしょう。
だからすっきりしない蕾の形なのかな。
 
ストックは寒い時期に真価を発揮する花・・・のはず。
桜が開花する頃に、それなりに咲いてくれればよいのです。
 
160419_3日なたではプリムラのつぼみも大きくなっていました。
そして、どんどん株が殖えているな・・・・とも。
 
ストックは一年草で、ハウス栽培の苗を買ってきて植えました。
一方、プリムラは多年草で、前の家から一緒に引っ越してきたものです。
どちらもきれいに咲いてほしいけれど、やっぱりプリムラの方への愛着は格別、かな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

卒業式の日、雪解けのプリムラとラベンダー

今日は小学校の卒業式・・・この頃憎たらしくなった息子も、4月からは中学生です。
午前のみ仕事を休んで式に出てきました。

Photoふと見ると、去年植えたプリムラが無事に冬を越した様子。

気温はそこそこ上がっていましたから、雪が消えるのを待っていたのでしょう。

Photo_2ラベンダーも元気に春を迎えたようです。

今年の春は去年とは違う家ですから、春にはどのように花が咲くのか、ちょっと楽しみです。

秋植え球根は、たっぷりと植えたつもりですので。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

キバナカタクリの咲く頃。

いつもより暖かな5月。

140512キバナカタクリが気持ちよさそうに咲いています。

近所では100株ほどに殖えて咲き誇っている庭も。

私は2-3年前に球根2個入りのものを買って植えました。

140512_2タイツリソウのつぼみも順調に育っています・・・引越しに備えて1週間前、地植えから鉢へ移した株なのですが。

Photoこちらは去年の初夏に株分けしてポット植えにしたプリムラのゴールドレース(たぶん)。

上手く活着してくれたようです。

去年から移動の覚悟をして、できるだけ鉢のまま育ててきた植物が多くあります。

さて、クリスマスローズやキバナカタクリも掘り上げるべきか・・・引越しの日までに土日の休日はあと2回しかないのでお天気次第、かな。

Photo_2ヒマラヤユキノシタは僕が植えたものではないので、もちろんそのままです。

転居先の庭をきのう見てきましたら・・・半分はツクシだらけでした=夏にはきっとスギナのジャングルになることでしょう→除草剤をかけて、石灰を入れて・・・一からやり直しです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

初モンシロチョウの日。

今年初めてのモンシロチョウを庭で見た今日、風が弱く12℃ほどまで気温が上がっていました。

140420
今年のプリムラブルガリスは花が小さめで「まだ本調子ではないから」と思っていましたが、株が古くなってせり上がり、栄養不足だったみたいです。

今年は植え替えよう。

140420_2
昨日はまだ蕾を隠し気味だったチオノドクサは、腕を頭上に上げて伸びをするようなV字型。

これから爆発的に進む春へ向けて皆、準備ができている様子。

僕も夏までにひとつ歳をとり、こうして春を眺められる残りの回数は減ってゆくのだな、と考えます。

だから、今しかできないことには悔いのないように取り組みたいな、と思うのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

まず一輪。

まだビオラを買いにも行っていないのに、庭で長生きしているプリムラ ブルガリスが咲き始めようとしています。

140415本来の花にはならないかもしれないけれど、まず一輪を開こうと・・・。

こんな姿はいいな、と思いました。

これからよい季節になり、もう少しすれば満足できる花を咲かすことでしょう。

そう、まずはやってみなければ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

プリムラの株分け。

プリムラには、いつもは手をかけないのですが・・・

Photo気に入っているポリアンサ‘ゴールドレース’の株が殖えて、芽あたりの花数が少なくなったので株分けすることにしました。

Photo_2掘り上げてみると・・・、ずうっと下の方ではつながっていますが、ほぼ芽ごとに独立したような状態。

深く植え過ぎたかなぁ・・・。

Photo_3株分けしたところ。
全部13芽ありましたが、こちらの都合で7芽のみ分けてポットへ植え付けました。

Photo_4小さいポットで植物を育てるのは苦手です。
水やりを忘れてしまいがちなので。

今日は小学校の運動会でもありました。学校はギャラリーが最後まで帰れないようなプログラムを作ってくれましたが・・・僕は先に自主下校。

キュウリとトマトの苗を植え終えて、あとは暑くなるのを待つばかり。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。

この春、庭で最初に咲いたのはこの花。

130505プリムラ ブルガリス(Primula vulgaris)ですが、咲き始めは雨の日が多くて寒く、本来の花を見られるようになったのは今日が初めて。

雪の少なかった春には、早くからきれいに咲いてくれるのですが。

もともと日本の花ではありませんが、現在見られる多くのプリムラ品種の元となった、「原種」に相当するようです。

そう考えれば、古風な花。

満開を誇るような咲き方はせず、淡々と。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

やさしいブルーとピンク。

深いブルーとやさしいピンク。
セイヨウアサガオのヘブンリーブルーを育ててみて、とても気に入っています。

120919ヘブンリーブルーはとてもきれいです。鉢植えのままのラブリーメイヤンのやさしいピンクをバックに見ると、しみじみと思いました。

ラブリーメイヤンの実力はこんなものではないはずなので、来年はいよいよ地植えにしてみようか・・・と考えてみました。

いつ寒くなって、霜が降りてもおかしくないこの頃。

庭はこれから秋と冬を迎えるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

気に入っているプリムラ

4年目のプリムラ(たぶん)ポリアンサ ゴールドレース。

120518苗を買ってきた年はコンテナに寄せ植えしたせいか元気がなかったのですが、その秋に地植えしてからいい感じです。

毎年見ているうちに、「この花、好きだなー」と思うようになりました。

オーリキュラには似たような感じの花がありますけれど、普通に「プリムラ」と呼ばれるポリアンサやジュリアン、ブルガリスやエラチオールのグループでこのタイプの色を見ることはほとんどありません。

なぜなのか?と何度か考えてみましたが、わからないのです。

あと10日ほどでヤマメが解禁・・・しばらく釣りには行けそうにありません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

プリムラポリアンサ ゴールドレース

今朝の最低気温は2℃だったそうです。

昨日からお天気がよくなったので農家では畑の作業も進んだことでしょうが、霜の害など大丈夫でしょうか?

00530 我が家では初めてのエンドウ(絹さや)。2週間前に種まきしたものです。

エンドウは寒さに強く、というよりも寒さに当たらなければ大きく育っても花が咲かないそうですから、 これくらいがよさそうです。

100530_2 去年は寄せ植えにして元気のなかった、プリムラポリアンサのゴールドレースという品種。秋のうちに地植えにしておいたら、立派な株になって満開です。

古い品種らしく目立たないのですが、何となく好きだなぁ。

100530_3 遅いスイセンの手前に咲き始めたセイヨウオダマキ(アキレギア)、そして手前の黄色は満開のプリムラベリス。

スイセンのさらに奥ではシャクヤクがつぼみを膨らませています。

こうやって花がリレーして咲くようになると、毎朝の庭のチェックが楽しみ。冬の間は休日の昼もパソコンやテレビの前でしたが、これからは屋外で過ごすことが多くなります。

ヤマメの解禁まで、あと二日かぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)