2017年4月29日 (土)

クリスマスローズが咲いた。

この10年ほどで十何株か咲かせたクリスマスローズの中で、たったひとつ気に入っている株が今年も咲きました。
クリスマスローズといってもオリエンタリス系のガーデンハイブリッドです(このあたり、めんどくさいなぁ・・・)。
Cr17042925月下旬にまた手術・入院の予定となったので、今シーズンは水やりの必要な鉢物やプランター植えを止めて、ぜんぶ地植えにするつもりです。
渓流釣りも、今年は自重かな。
老化には勝てません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

シクラメン コウムはとっくに咲いていた。

今日から4月。
今年の春は早く訪れていると感じますが、二日前だったか・・・また積もったので行ったり来たり。
170401このシクラメン コウムは、その雪が積もる前から咲いていました。
根雪になる前から蕾は見えていましたから・・・それを待てるのだと思えば、これも不思議。
170401_2プリムラが咲くのはしばらく後になりますが、 やる気はありそうな目覚めの感じです。
この頃はただ季節が回り、それをな眺めているだけな自分と認識しています。
4-5年前は、その一つ一つに何かを感じて言葉にしていましたが、この頃はそれが湧くこともなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

雪解けにシクラメン コウム

1週間ほど暖かな日が続き、積雪がどんどん減りました。
170322そして、シクラメン コウム。
1-2日前まで、ここは雪の下だったはずですが・・・咲く気満々です。
見習いたいな。
土日は久々の登別温泉でした。
いつもの宿でしたが、訪れるたび微妙に変わって行く姿に、ほんのりとがっかり。
まあ、仕方のないことなのかもしれませんけれど、少しずつ行き場を失う寂しさを感じるのです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

クリスマスから2カ月過ぎたポインセチア。

来週にはもう3月。
170226クリスマスに買ってきたポインセチアの、赤い苞の上から鮮やかな緑色の葉が展開しています。
 
このままいくと苞は散り、緑色の小さな木になるのでしょう。
 
秋に短日処理を・・・などしようとは思っていませんので、暖かくなったら(グリーンとして)寄せ植えに使うなどして観察してみようかと思っています。
それで枯れるなら、まあ仕方ないということで。
 
会議続きだった2月を終え、春を待つ気分の中で何か楽しいことはないか、と思ってみますが今年は先が見えない感じ。
 
・・・気分転換しなければなあ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

リ・スタート

ポインセチアを我が家に連れて来てからおよそ1.5カ月。
Photoこれは少し前の画像ですが・・・花のあったあたりから緑色の葉が育ち始めていました。
 
普通に生活していても感じられる、朝が少しずつ早くなり日暮れが遅くなっていること。
 
既に、晴れれば陽射しの強さは増し、朝晩の冷え込みも緩やかになっています。
・・・春が来るのだなぁ、という感じ。
 
たまには植物に教えられますが季節の移り変わりは日々の暮らしでも十分に感じられること。それでも、
 
春が近いのだから僕は少し行動を変えてみようか・・・と思ったとしても、
それで僕以外の何かが変わることはないのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

正月明けのポインセチア

去年のクリスマス間際に買って窓辺に置いたポインセチア。
Photoまるで置物みたいに、何の変化も感じさせずお正月を過ぎてもそのままです。
 
うーん・・・これは・・・よいことなのだろうか?
 
1月も半ばを過ぎ、朝が少しだけ早く訪れるようになりました。
 
あと2カ月ほど雪と付き合って、春を感じる頃となります。
その頃、このポインセチアはどうなっているのだろうか?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

花も凍みる頃。

今年の北海道は冬が1か月くらい早く来ています。
161126まだ11月なのに真冬日が続き、昼過ぎでもこんなに立派な霜柱が。
 
Photo去年日陰に植えたシクラメン ヘデリフォリウムはなぜか秋深くまで咲き続け、その理由は分からないのですが花が凍みたようになりました。
 
普通ならこの時期に花は咲いていないはず。
 
Photo_2おもしろいのがシクラメン コウム。
 
温暖な地域ならこれから開花期となるでしょう・・・でもここは北海道。
 
蕾が膨らんでいますが・・・たぶんこのまま咲かず雪の下になることでしょう。
 
このまま枯れてしまうことはなさそうですが、さて、春までこのまま待てるのでしょうか?
 
首の手術から1か月とちょっと。
 
昨日リハビリで病院へ行ったら「今は何日に1回くらいのペースで仕事をしていますか?」と訊かれました。
 
「退院後、少ししてから(既に3週間)普通にしてますよ。」と僕。
「えーっ?!」とリハビリ担当。
あれれ・・・まだ慣らし運転でいるべきだったのかもしれません。
毎日、けっこうな疲労を感じているのは、そいうことだったのかな?
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

アガパンサスは北海道で越冬するか?

今朝は起きてみてびっくり。窓の外が雪景色でした。
札幌あたりで、11月のこの時期に積もるほど降るのは珍しいですが、気温はプラス。
Photo春に苗を買い、初めて植えてみたアガパンサス。
 
どんな種子ができるかと、咲き終わった花を切らずに残しておいたら、かわいらしい雪の綿帽子になりました。
 
さて、このアガパンサスはここで越冬することができるか?と、来年の春が楽しみです。
 
今日はその後、雪から雨に変わりましたが一日中降り今も雨が降り続いています。
これからまた雪に変り、明日の朝はまた積もっているのかもしれません。
 
このまま根雪となることはなさそうですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

少し雪が積もった。

朝から大粒のぼたん雪が、細かな雨と一緒に降っていました。
Photoこの雪も午後には消えましたが、今年の冬は1カ月ほど早めに来ていると感じます。
 
去年植えたシクラメン ヘデリフォリウムは多くが白花だったようで雪に紛れてしまいましたが、これはこれで味があるのです。
退院して4日目。ごく短時間の散歩で慣らし運転中です。そして明日は療養を終えて最初の出勤日。
 

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

シクラメン コウムの葉が出揃った・・・かな?

去年の秋、根詰り気味だったシクラメン コウムの苗を庭のあちこちに植えました。
161102その後、今年の春に咲いたものもあればじっくりと育ったものもあり。
 
こうして見ると、やっと本来の生育パターンを見せてくれているのかなと思います。
 
丸っこい葉がかわいらしく、でもしっかりと落ち葉を集めて球根(塊茎)あたりを守っているよう。
 
冷静に見て、積雪のある北海道の気候はこの植物には最適ではなさそうです。
 
咲くべき時にはまだ、雪が積もっているので。
 
それでも、僕の期待は彼らが僕の庭に「適応」してくれることです。
 
これから何年このコウムを観察できるかわかりませんが、そのうち「雪解けを待って」咲いてくれるのではないかと期待しています。
僕が10月に受けた手術は頸椎の「椎弓形成術」で、病名は「頚椎症性脊髄症」でした。頸椎の変性が原因で脊髄に圧迫や軽度の損傷があり、それが原因で歩行に障害が出たようです。
手術によって圧迫が解放されたので不自由だった脚をある程度動かせるようになりましたが、まだ完全ではないのでしばらくはリハビリが必要なところ。
今日はその、退院後の最初のリハビリのための通院日でもありました。
にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧