2022年7月31日 (日)

コンカドールの夏。

僕が「自宅(借家)の庭いじり」を始めてだいたい15年。

最初に借りた庭で8月になると咲いていたのが、黄色いオリエンタルゆりのコンカドールです。

このユリが好きで、次に借りた家で新たに球根を植え大事に育てたら、7年目のこの夏は22輪もの蕾を着けてくれました。

220731

夏が暑いので、今年の咲き始めは10日ほど早かったみたい。

このユリを大きく育てるコツは、球根付近の地温が上がらないように他の植物で日陰にして乾燥もさせないこと、そして適期の肥料やりだと思います。

肥料のタイミングは萌芽して成長する際を通して、そして花が咲いた後に球根が肥大する頃に。

220731_20220731211601

今日の最高気温は北海道でも31℃。森へ散歩に出掛けましたが、日向の虫は活動停止中のようでした。

日陰では蚊がうるさくて・・・。

それでも日陰では、これからが活動期のヒメキマダラヒカゲ。

220731_20220731211901

日向では、ほんの短い間でしたがエルタテハに出会うことができました。

220731_20220731212101

真夏の森。僕が気付いていない足元には、さまざまなキノコが出ていました。

これはその一つ、純白のやつ・・・見た覚えがない、ではなく今まで気付いていなかっただけ。

こいつは、かなり危なそうですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2022年7月23日 (土)

コスモスが咲き始めた。

北海道の小中高の多くはたぶん、今日から夏休み。

夏休みかぁ・・・小学校の夏休み、朝のラジオ体操から始まった、ピカピカに晴れた夏の日を覚えています。

ラジオ体操の後、朝食前に虫捕り網を持ってポイントで待ち伏せ。今の札幌ではあまり見かけることのない、ゴマダラチョウやオオムラサキを捕まえました。

20723

あれから50年余りが過ぎて今の僕。

今日は雨降りなので晴れ間を縫って、借家の庭で草取りや野菜の種まきなどして過ごしました。

2週間前に骨折した肋骨の痛みは、概ね引いたようです。

ふと見ればコスモスが咲き始め、子供の頃とはまるで違う時間の進み方を思い、もう秋をイメージしています。

これから2~3週間が、ここ北海道の真夏だというのに・・・それを楽しむ前に、終わりを迎える淋しさを思ってしまう。

それでもこの夏の間、後悔のないよう、しっかり満喫しなければね。

それと、借り物ではない家と庭を、そろそろ見つけなければ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

花びらを喰う虫は・・・またセマダラコガネ。

タチアオイが咲き誇り、テッポウユリも開花を始めました。

我家の近くで、先週末には今シーズン初めて夏のセミ(エゾゼミまたはコエゾゼミ)の声も。

Photo_20220718112601

北海道の学校も来週には夏休みが始まり、夏の最盛期を迎えます。

Photo_20220718112701

この時期、せっかく咲いた花に穴を開けてくれる虫は色々ありますが、よく見かけるのがセマダラコガネ。

Photo_20220718113001

触角の先が三つに分かれてアンテナのように目立つのはオス。

Photo_20220718113201

ふと見ると黒っぽいやつがいて、別の種類かと思い図鑑で調べてみると個体変異のよう。「黒色型」というらしいです。

これまで気付きませんでした。

220718

5月下旬だったか・・・庭の「ルー」へナミアゲハが産卵に来たところを見ていて、その卵から孵化した幼虫をずっと観察してきました。

無事に大きくなって、そろそろ蛹になろうとしているのか?さっき見るとじっとしていました。

話は変わりますが、

先週のキャンプで傷めた脇腹はその後痛みが引かず、3日目に整形外科を受診すると肋骨が2本折れていることが判りました。

鎮痛剤とサポーターを使い、JR通勤もしながら1週間。寝返りのできない辛い期間を何とか乗り越えて、もうすぐ釣りへも行けそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

イコロの森を歩き、カレーラーメンで汗をかいた日。

今日から7月。

きびしい冬の間、待ち焦がれた夏が始まりました。だから、「私用で」と休みを取って。

今日の僕の目的は、座ってばかりの仕事から逃れて身体を動かすこと。少し強めの散歩程度ですが。

どこへ出掛けようかと考えて、決めたのは苫小牧にあるイコロの森。

220701

森とは言っても、ガーデナーさんたちの作品です。きれいだけれど僕にとって興味があるのは、修景よりも植えられている花の種類、そして訪れる虫たち。

20701

ふだん自然の中ではあまり見ない、セセリチョウとハナバチが一つの花で蜜を吸う様子。この花はゲラニウムの品種だから、北海道で言えばフウロソウの一種。

よほど魅力的だったのか、それとも偶然か・・・

220701_20220701223101

羽化したばかりかと思うほどきれいなヒョウモンは、たぶんミドリヒョウモンの♂。その下の方でハエが満足そうにしているのが、ちょっとおもしろいと思います。

この白い花の種類は分りませんが、たぶん北海道にはない植物か園芸種。

それでも、なぜかハエは白い花に集まるような気がします。

3l_20220701223501

このイコロの森からの帰り道にはカレーラーメンで有名な「味の大王」があって、オジサンたちが引き寄せられます。

食べると汗だくになるので最近珍しくなった「おしぼり」、そして汁跳ね対策の紙エプロンもあり。

前にここで食べたのは、たぶん20年以上前のこと。

さあ、来週はキャンプにしようか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

クレマチスモンタナ、開花(いつもと違う)。

今日のレンズは29年前に買った60mmマクロ。何となく、の気分で。

220604

オートフォーカスもちゃんと動きました。

あの頃はまだ、フィルムカメラだったなあ。

6月に入ってようやく咲いたクレマチスモンタナは白花で、こいつはたしか晩生のスノーフレーク。

もう15年近い付き合いです。

220604_20220604194301

いつもはピンクから先に咲くのですが、今年はいつもとは違う事情があって・・・

Photo_20220604194401

4株あるピンクの品種だけ地面から1メートルほどを、冬の間に雪の中でネズミに喰われてしまったのです。犯人はたぶん、エゾヤチネズミ。

近所では、樹皮をごっそり食われてしまった桜の木もあります。

まあ、クレマチスは春になれば新しいツルを伸ばすので、リフレッシュ(ツルの更新)と思えばよいのですが・・・。

今週は月曜以外の毎日、水曜の釣り(仕事は休み)を含めて往復2時間以上のクルマ移動がありました。なので今日は庭仕事で身体を動かすことにして、釣りへは行かないことに。

ガソリンも高いからなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月24日 (火)

ミッションクリア。

ここ1カ月ほどの休日は毎日が(僕なりの)山菜採り三昧でした。

フキノトウ、フキ、タラの芽、ウド、タケノコ(後半はこればかり)を午前の2~3時間ずつ。

午後は昼寝・プロ野球のネット観戦・渓流シーズンへ向けてフライ作り・・・

なので、ふだんの「やるべきこと」ができていません。車の12カ月点検・夏タイヤへの交換は今度の土曜だし。

524

気付けば庭ではタイツリソウが咲き、パンジーが満開・・・となると、そろそろトマトなどを植えなければ。

なので、今日は仕事を休みにして「溜まった用事をぜんぶ済ます日」としました。

①まず、粗大ごみを市の処理場へ運ぶ→小学校入学時に買った息子の机(本人が解体済み)+古いスキー+古いもの干し台+古いレンジ台+古いバーベキューコンロ=60kgでした。

②農協の直売所で野菜苗を買って植える→今年は息子(トマトの半分はヤツが食べていた)が家を出ているので少なめに。

Photo_20220524201401

去年は2本植えたキュウリ。今年は「接木黒さんご」を1本。主に浅漬けで食べるのが楽しみです。

トマトはアイコと中玉を1本ずつ。去年の半分です。

Photo_20220524202201

フルーツホオズキは僕のこだわり。去年はあまり穫れなかったので再挑戦です。

③花のタネを播く

220524 

セイヨウアサガオ(混合)の袋の裏を見ると、種子の生産地がポーランドでした。

ウクライナから避難してきた人々を多く受け入れているこの国。僕は普段意識することのない地ですが、ニュースを見て共感を覚えていました。

こんなところでつながりました。ちょっと嬉しかったな。

ほかに播いたのはヒマワリ、クレオメ、コスモス(これは去年、タネを採ったもの)、コリアンダー。

いつもならエダマメを播くのですが、今年は欲しい品種のタネが手に入りませんでした。

220524_20220524202901

今年のライラックは早く咲きましたが、いつも以上に早く終わりそう。札幌の明日の最高気温は27℃ですから、花が持たないでしょう。我が家の木も、満開となる前で花に疲れが出ているように見えます。

そして、さあ来週はヤマメ解禁だ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月10日 (火)

慣れすぎたかな。

庭であれこれ植物を育てていると、やがて「いつもこんな感じ」「今年も咲いてよかった」と「おお、きれいに咲いたね!」に分かれます。

ちょっと反省なのですが・・・

5_20220510212501

このクリスマスローズとはきっと、10年以上の付き合い。8年前の引っ越しで連れて来た株ですから。

あの頃はカエデの木の下でほどよい半日陰だったのと株が若かったためか、(そして僕が注目していたためか)借家の庭の中では目立つ存在でした。

でも今はイチイの下の「かなり日陰」でひっそりと・・・ごめんね。

広い庭がある家に、引っ越したいなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

夏が来るんだな、と確かに感じた。

きのう少しの山菜採りをした近所の森へ、今日は運動のために出掛けました。

今日のレンズは70-200mm。

昨夜は雨だったことから「雨後の竹の子」でポツポツと採れたため、明朝の味噌汁分を確保できて、楽しくもあり。

220508

晴れ間に見上げれば、カエデの若葉と花がピカリと光っていました。

いちばん好きな季節。「これから夏へ向かうんだな」と思えば、少しくらい嫌なことがあっても我慢できます。

220508_20220508200601

昨日からキアゲハが舞っているのを気付いていましたが、何と僕の目の前に降り立ちました。

動物のフンから吸水しているようでした。カラスアゲハの仲間がこれをするのは知っていましたが、キアゲハがするのを、これまで見た覚えがありません。

昨日のアオダイショウと合わせればラッキーなので、明日の仕事帰りに宝くじを買おうかな。

220508_20220508200901

去年の秋に植え直したムスカリは、もうすぐ花を終えます。もう飽きた・・・というか、殖えすぎて小さな花壇を占領してしまっているので、次回は少し整理したいな、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

アカタテハがやってきた。

9月最後の土日休みは、秋らしい透明な陽射しと少しの棘を感じる暖かさ。

いつもの午前の散歩では、花盛りを過ぎたエゾノコンギクの花を摘まみ、少しずつ違って見える個性を確認してみました。

Photo_20210925201901

前から気になっていた通り、咲いている場所によって花の色、大きさ、形がさまざま。

こんな多様性が生き物を生き残らせ、進化させて行くのでしょう。

1210925

午後には庭でついに、ブッドレアを訪れたアカタテハに遭遇。これが見たくて数年前からブッドレアを育てていました。

ブッドレアにはやはり、この蝶が似合うのです。というのは、9年前にオランダで同じ組合せを見たので。

120927

その時の写真がこれ。こちらはヨーロッパアカタテハといって、日本のアカタテハと近縁の種らしいです。

大昔は同じアカタテハだったのが時を経て別の種となり、遠く離れた日本で僕がこうして「日本のアカタテハ」を見ているのでしょう。

9年も掛かりましたが、これでひとつ、ミッションクリアかな。

| | コメント (2)

2021年9月19日 (日)

ヒガンバナがいつもより多く咲いた。

敬老の日がらみの三連休は初日が雷雨の予報で自重。二日目の今日はよく晴れましたが少し膝が痛く微熱もあるため、家で大人しく。

210919

ふと「今年はヒガンバナが咲かなかったような・・・」と思い、庭の隅を見てみると、テッポウユリの葉の陰でひっそりと咲いていました。

この球根は、7年前に鉢植えで開花させてから地面に移植したもの。

いつもは1本か2本の花茎をのばして咲くのですが今年は5本。環境に適応してきたのかな。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧