2018年6月10日 (日)

ユリの葉に穴・・・カタクリハムシだった。

今年になって、虫に食われている感じでユリの葉にできる穴が気になっていました。
Photoうーん・・・これまで、こんなことはなかったと思います。
つぼみに穴」ということは2009年にあってびっくりしましたけれど。
180610
犯人はコイツで、たぶんカタクリハムシ。
2012年の山菜採りで見たことがあります。
その時は図鑑で調べて「食用ユリの害虫なのか・・・」と知りましたが、庭のユリで見たのは初めて。
よくよく見ると、我が家のユリの中ではオリエンタル系やアジアティック系の品種にはいなくて、テッポウユリの品種にのみ居るようです。
たぶん、柔らかくて食べやすいのでしょう。
葉にポツポツと穴が開いたのは少し前から気付いていたので、株元にオルトラン粒剤を撒いたのですが・・・ユリの成長は早いので薬が少なすぎたのかもしれませんね。
こんな目立つ体色をしているのは、体に毒を持つから、かな?と考えて、この虫には殺虫剤で対抗することにします。
ヤマメはとっくに解禁ですが、釣りに行くのは仕事がひと段落してから。
まだまだ先だなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

ホワイトのラナンキュラスが咲いていた。

関東への出張から帰ると、ラナンキュラスが咲いていました。
180602_2
きれいだなぁ。
去年の秋に3球植えて、咲いたのはこの一輪だけ。
1球は萌芽せず、もう1球は途中で枯れました。
うーん・・・ラナンキュラスは、この辺りで咲かせるには寒さ除けの工夫が必要なのかもしれません。
180602_3
同じく、去年の秋に苗を植えたメドーセージは越冬できず枯れてしまいました。
もう少し早く植えておけば生き残ったのか・・・?
180602_4
今日はよいお天気。植えようと準備していたブルーサルビアの苗にマルハナバチが来ていました。
これは・・・エゾオオマルハナバチの女王かな?
まだセイヨウオオマルハナバチも見かけますが、10年前に比べればずいぶん少なくなったように思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

クレマチスモンタナが咲き始めた。

この借家へ引っ越してきてもうすぐ丸4年。
180522前の庭から掘り上げて移植したクレマチス モンタナが思うように咲いてくれないのです。
 
コンクリート塀の陰に植えても、ツルが日なたへ伸びれば問題ないと思ったのですが・・・
 
今年も蕾の数は多くありませんが、早い花が咲き始めました。
これはたぶん、早生のフレッダ。
 
180522_2こちらは別の品種?うーん・・・種子から育ったツルもあるので、名前のない花なのかもしれません。
 
北海道は今が気持のよい季節なのですが、毎年この時期は関東に仕事があります・・・去年は入院していましたけれど。
 
明日から関東、そして来週も予定があるので、連休明けから4週連続の空港か・・・
 
まあ、文句は言わずに働くことにします。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

ベルベリスの花にアリが夢中だった。

タイツリソウがきれいに咲いているところへ、掘り残しのチューリップが追いつきました。
Photoうーん・・・この組合せはいい感じかも。
Photo_2ベルベリス(メギ)はカラーリーフとして光る存在になっていますが、植物だから花が咲いて当たり前。
 
ふと見れば地味で小さな花が咲き、アリが夢中で蜜をなめていたようです。
 
このアリは・・・クロヤマアリでしょう(たぶん)。
 
よい季節だから楽しみたいのは山々ですが、今は仕事を頑張る時のようです。
 
そんな中で、今朝は闘病中だった先輩の訃報あり。
 
それでも、去年は行けなかったタケノコ採りを「今年はタイミングが合えば行ってみるか?」と息子に訊けば、「いいねー!」と言ってくれる今のうちでもあるので、父ちゃんとしてももう少し頑張ってみようと思うのでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

タイツリソウの白花が咲いた日。

もう夏になったのかな?と勘違いするような陽気の一日でした。
180512庭では地植えしていたホワイトのタイツリソウが咲いています。
180512_2もう長い付き合いの香りスイセンが咲き始めました。咲き初めの香りは、ややスパイシー。
180512_3このミニスイセンは、たぶん球根を植えて2年目くらい。
初めの年は咲いたかどうか記憶にないのですが、今回は可愛らしい姿を確認しました。
180512_4
土がよくないのか・・・2年咲かなかったオーブリエチアは4輪のみ開花・・・ここは乾きすぎるのかもしれません。
180512_5
オーブリエチアの近くのプリムラもなかなか大きくなりませんが、控えめな咲き方もよい感じ。
 
このあたりはライラックの木の下なので、それがよくないのかもしれません。
 
来週は、これまでほとんどなかった大阪で仕事。
暑いのだろうなぁ・・・。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

葉っぱを眺めた日。

この時期に咲くものはひと段落。
葉っぱを観察しました。
Photo  シクラメン ヘデリフォリウムは今年の春、いつもより葉っぱがツヤツヤしています。
 
これらは春に出たのではなく長い冬を雪の下で過ごした葉っぱたち。
 
これから6月中頃まで球根へ栄養を送り、葉っぱは枯れて休眠に入ります。
 
Photo_3 ヤマアジサイのうち花がピンクの株は、新葉が緑色ではなく赤っぽいので見分けられます。
セイヨウアジサイの葉は僕の知るものはすべて緑色ですが、買ってきた時の花がピンクでも庭に植えると、pHの関係でブルーに変わったりします。
でもヤマアジサイはそのようなことがなさそうです。
うーん・・・なんでかな?
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ムスカリの季節。

ムスカリの咲く5月は爽やかな季節の幕開け。
180503今年は桜の開花が早く、GWには散り始めという暖かな始まりです。
 
このムスカリの品種はタネができるので、あちこち離れた場所でもどんどん殖えています。
そのうち「外来種」と言われてしまうのではないかと心配になるほど。
 
180503_2
ライラックの蕾も順調に大きくなっています。
 
このまま行くとかなり早く咲いてしまいそうですが・・・そう簡単ではないのがいつものこと。
 
そう。長雨や、急に寒くなって5月播きの作物が不作になるとか・・・そんな懸念を覚えるほど暖かな四月でした。
 
お天気とは関係なく、今年の5月は忙しくなりそうです。
 
来週にはタイヤ交換、そして運転免許の更新や手術後1年の受診などしなくては。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

プリムラの頃。

このプリムラは、前の借家から引っ越してきたもの。
180430株分けして殖やしているのですが、ひと株ずつがなかなか大きくなりません・・・もう3年になるのですが。
 
たぶんこの部分の土がよくないのでしょう。葉の色を見れば「そうだよな」と思います。
 
180430_2こちらは苗を買ってきて植えた、昔で言えば「リカちゃんパンジー」。
初めて見たのは10年以上前ですが、今でもこの品種を超える覆輪の新品種はなさそうです。
 
すごいなぁ。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

ぶどうに見えるがぶどうではない。

ゴールデンウィークが始まりました。
180429さてさてこれは・・・何だか分りますか?
ライラックの蕾です。
 
Photoこの春、エントランス付近に付近に植えたのはちょっと色気のあるパンジー3株・・・たぶん「虹色スミレ」と思うのですが店頭では何も書かれていませんでした。
 
Photo_2
今年のペチュニアは「さくらさくら」にしました。
少々地味ですが、パフォーマンスを信頼できますので。
 
この頃、ネットニュースは殺伐とした内容が多くて、しかもモノ知らぬ一般市民の興味をそそる煽情的な表現。
 
そして、目を引く表現に隠れた背景や真実を理解できない受け止め側・・・理解できていままでも無責任に放言できてしまうネット社会。
 
このままではダメだよな、と僕は思います。発信する側も受け止める側も。
 
 
 
にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

何かカッコいい感じ。

見慣れない植物の萌芽。
180421去年の秋に植えた球根のラベルには「早咲きグラジオラス ‘ビザンティヌス’」と書かれていました。
 
この色合いと形は、カッコいいなと思いました。
 
さて、どんな花が咲くかな。
 
180421_2 「ガーデンアジサイ」ということで植えたこの品種は、札幌近くの我家では越冬後に地上部が枯れてしまいました。
1804212_2それでも地際に近い芽は生き残ったようです。
 
‘ダンスパーティー’も前にチャレンジしましたが毎年こんな感じで、露地で生き残っても、まともには咲きません。
 
アジサイには、耐寒性の品種間差が結構あるみたいですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧