2022年12月 3日 (土)

初積雪は11月30日だった。

前の冬はとんでもない大雪だった・・・という印象ですが、降るパターンが問題だっただけのこと。

数日集中して降ることが何回かあったので、生活道路やJRの除雪が追いつかなくなったわけです。

さて、この冬はどうなるか?

221203

我が家の辺りの、今年の初積雪は3日前の11月30日でした。

この雪がそのまま根雪になる訳ではなさそうですが。

北海道は、地球温暖化の影響でこれから、降雪量が局地的に多くなる傾向がありそうなのだとか。

時間までに会社や学校へ行かなければならない状態ならば、大雪になれば急いで家の周りの除雪や交通機関の心配をしなければなりません。

「大雪だから仕方ないや~」という感覚で、お互い大らかに対応できれば良いのにな。

ま、そんなことを言っていられない場合がほとんどなので、多くの人が苦労しているのですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

冬のパクチーを観察した日。

今日は久々に、よく晴れた休日でした。でも風が冷たくて(最高気温7℃)散歩へ出る気にならず。

種まきしてプランター栽培していたパクチーに小さくてピンクのつぼみができていたので、撮影・拡大して観察を。

Photo_20221123165401

よくある放射相称のタイプではなく、イベリスのような咲き方をするようです。

気温が下がっているので、この蕾が咲くことはないでしょう。

Photo_20221123165901

一部の葉は寒さに遭って、紫色っぽくなっていました。

タイやベトナムで食事をするとよく出てくるので高温性の植物かと思っていましたが、11月下旬の北海道でもまだ霜に負けていません。

このパクチーを育てた目的は、もちろん食べるためです。

もう一つ、観察してみたかったのは、セリ科なのでもしかするとキアゲハが産卵に来るかも?と思って。

・・・キアゲハは産卵しませんでした。

食べる方は、味噌ラーメンへ大量に乗せて「パクチー味噌ラーメン」。これは気に入りました。

この他にはソーメンのつけ汁にナンプラーとラー油をブレンド、パクチーを入れてエスニック風。

今年の夏は楽しみました。

さてこれから迎える真冬、雪が多くなければありがたいのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

公園の冬囲いは・・・

ふと見ると、近所の公園が「冬囲い」されていました。

Photo_20221113163801

公衆トイレと、その外にある水道は水が落とされて筵で冬囲い。あまり上手ではない人がやったみたいです。

Photo_20221113163901

ブランコも使用不能に。確かに雪が積ってから無理に使うと危険かもしれませんが・・・子供たちは、まだ遊びたいだろうに。

何年か前には、このブランコも上手に筵で囲われていました(やりすぎ!)。

221113

我家の庭ではシクラメン ヘデリフォリウムが、ライラックの下で控えめに咲いています。

もう7-8年は経っている株なのですが、大きくならないのは土が合わないからかな?

庭の片づけは70%くらい進みましたがあと1回、晴れた土日が必要です。

まあ、ここで積雪になっても大きな問題はないのですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月 6日 (日)

ハボタンを植えて、テラスライムのイモを観察した。

この辺りの初雪はまだですが、もう11月も2週目。

さすがに寄せ植えのニューギニアインパチェンスとテラスライムが枯れました。

でもシロタエギクだけが元気だな・・・

Photo_20221106162201

Photo_20221106162301

・・・ということで枯れたのは抜いて、ホームセンターで売れ残っていたハボタンを植えました。

1_20221106162501

テラスライムはサツマイモの仲間のようで、このように紫色のイモができていました。

2_20221106162601

プランターで育った割には、けっこう立派です。

Photo_20221106162701

割ってみるとこんな風に白っぽいです。

少しかじってみましたが、甘みも苦みも感じませんでした。

Photo_20221106162801

今日はプロノへ行って、これから来る冬へ向けて「雪かき」用の防寒ジヤンパーとズボン、手袋と長靴を買ってきました。

長靴はこれまでと同じのを。これで4足目くらいかな。

このモデルは丈夫で、長いので雪や泥が入りにくく、雪道でも滑りにくい(新しいうちは)ので気に入っています。

冬だけでなく、夏に森を散歩する時も僕はこの長靴を愛用しています。

さあ、準備は整った・・・でも前のシーズンのようなドカ雪はもう勘弁してほしいな。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0)

2022年10月 8日 (土)

クサカゲロウの幼虫を観察した。

ルーの種採り(使う見通しなし)をしていたら、以前から「よく観察してみたい」と思っていた珍客を見つけました。

1_20221008211201

クサカゲロウの幼虫です。

背中に色々なごみを背負ってカムフラージュすることは知っていましたし、息子との散歩で見かけたこともありました。

でも今日は・・・ほぼ丸見え。

2_20221008211401

種採りの器は鉢皿でした。幼虫は円形の皿の縁を一生懸命歩いていましたが何周歩いても同じ皿。

それでも途中で背負うゴミを追加しておよそ1時間後、「歩くゴミ」になろうとした努力の結果がこれです。

ここで気になるのが「どうやって身体にゴミをくっ付けているの?」です。クモの糸のようなもの?それとも身体から出る粘液?・・・

3_20221008213301

撮った他の画像をよく見ると、イソギンチャクのような器官が見えます。きっと、これを利用しているのでしょう。

皿の縁をいつまでも歩かせるのはかわいそうなので、この後、小さな虫も集まるブッドレアの枝へ落としてあげました。

221008

先週の今頃、北海道は「10月としては記録的な暑さ」でしたが、今は秋へとまっしぐら。

夕方には雪虫がちらほら舞い、「いつもの秋だなあ」と思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

黒いカタツムリに遭った日。

久しぶりに、よく晴れて予定がない休日。

秋の蝶を見たくて午前中、近所の森へ出掛けました。キタテハ・シータテハ・ヒメアカタテハなどに遭えたらいいな、と。

L-220925

遭えたのはシータテハのみ。もう9月下旬ですから虫たちも疲れ気味です。

Photo_20220925195001

昼食後には庭で、黒いカタツムリを見つけました。

こんなのは初めて見たと思います。

ネット上には「エゾマイマイの黒化型」というニュアンスの記事を複数見掛けましたが、明確な情報はなく。

うーん・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

ワクチン4回目・台風14号

敬老の日絡みの3連休に休みを1日くっつけて、4連休にしました。

1日目の土曜は午後からワクチン4回目・・・翌日曜の今日は軽く微熱が出た程度なので、午後から簡単な薫製作りです。

Photo_20220918161201

秋晴れであれば釣りなど行きたかったのですが、北海道付近の前線に台風14号も影響を与えているのでしょう。

今朝から少しの雨が降り続いています。

14号本体の北海道への影響が出るのは2日後くらいなのでしょうが、コスモスやヒマワリへの支柱は12号の時に着けておきましたので慌てる必要はありません。

220918

日が短くなったのでコリウスに花が咲きました。

先週には最低気温が一ケタの日もあり、秋はすぐそこまで来ていると感じます。

220918_20220918163001

さて開始から3時間、簡易的なものですから薫製もよい頃合いかな?・・・我家ではマックスバリュの6Pチーズで作るスモークが高評価。

そしてゆで卵。今回は下の段に目刺しと秋鮭のカマ、ウィンナーを仕込みました。

今夜のビールのつまみ、そして明朝のおかずです。

本格的な薫製作りは、仕事をリタイアしてからの楽しみにします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月 3日 (土)

昆虫の日々。

大学生になって夏休み帰省中の息子と一緒に、北海道博物館の特別展示「世界の昆虫」を見てきました。

イベント的なものは小学校の夏休み期間中に終わっていますが、質の高い標本がたくさん展示されていて、二人で虫談義をしながら1時間半ほどじっくりと楽しみました。

Photo_20220903200901

9月25日まで。来場者はそこそこいたと思うのですが、係の人に聞くと夏休み期間中は「今日の10倍」だったとか。

L_20220903201001

虫の種類の多さに驚くばかりですが、僕が気になったのはこのような、個体のバリエーションを示す標本。

これが産地別、などとなればもっと面白いのですが…そこまではなく。

Photo_20220903201201

こちらは先週の我が家の庭。

見慣れないトンボがライラックの枝に留まっているな、と思い調べてみると、個体数が少ないマダラヤンマのようです。

近くに洪水対策の遊水地ができたので、そこで繁殖が始まったのかな?

220828

僕の庭には、花や菜園を楽しむだけでなく虫たち、特に蝶を招く目的があります。

この日、庭のブッドレアにはきれいなキアゲハが長く滞在していました。

カメラを構える僕からの距離は1.5メートルほど。初めは警戒している様子でしたが、徐々に慣れてきたみたい。

220828_20220903201701

そのすぐ下、ルーで育っていたのはナミアゲハ(アゲハチョウ)の幼虫。

キアゲハとナミアゲハは似ていますが全く別の種です。

ルーを植えたのは、ナミアゲハやミヤマカラスアゲハが産卵に来てくれることを期待してのこと(ブッドレアで誘ってルーで産卵)でした。

去年と今年はナミアゲハの幼虫を観察することができましたが残念ながら、途中で消えました(画像の幼虫も昨日、消えた)。

狭い庭なので、よく来るスズメやジガバチ、スズメバチなどの獲物になってしまったのかな。

もっと広い庭があれば、あれこれ食草を植えて、もっと多くの蝶を呼べるのですが・・・そろそろ真剣に引っ越しを考えなくては。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

コンカドールの夏。

僕が「自宅(借家)の庭いじり」を始めてだいたい15年。

最初に借りた庭で8月になると咲いていたのが、黄色いオリエンタルゆりのコンカドールです。

このユリが好きで、次に借りた家で新たに球根を植え大事に育てたら、7年目のこの夏は22輪もの蕾を着けてくれました。

220731

夏が暑いので、今年の咲き始めは10日ほど早かったみたい。

このユリを大きく育てるコツは、球根付近の地温が上がらないように他の植物で日陰にして乾燥もさせないこと、そして適期の肥料やりだと思います。

肥料のタイミングは萌芽して成長する際を通して、そして花が咲いた後に球根が肥大する頃に。

220731_20220731211601

今日の最高気温は北海道でも31℃。森へ散歩に出掛けましたが、日向の虫は活動停止中のようでした。

日陰では蚊がうるさくて・・・。

それでも日陰では、これからが活動期のヒメキマダラヒカゲ。

220731_20220731211901

日向では、ほんの短い間でしたがエルタテハに出会うことができました。

220731_20220731212101

真夏の森。僕が気付いていない足元には、さまざまなキノコが出ていました。

これはその一つ、純白のやつ・・・見た覚えがない、ではなく今まで気付いていなかっただけ。

こいつは、かなり危なそうですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2022年7月23日 (土)

コスモスが咲き始めた。

北海道の小中高の多くはたぶん、今日から夏休み。

夏休みかぁ・・・小学校の夏休み、朝のラジオ体操から始まった、ピカピカに晴れた夏の日を覚えています。

ラジオ体操の後、朝食前に虫捕り網を持ってポイントで待ち伏せ。今の札幌ではあまり見かけることのない、ゴマダラチョウやオオムラサキを捕まえました。

20723

あれから50年余りが過ぎて今の僕。

今日は雨降りなので晴れ間を縫って、借家の庭で草取りや野菜の種まきなどして過ごしました。

2週間前に骨折した肋骨の痛みは、概ね引いたようです。

ふと見ればコスモスが咲き始め、子供の頃とはまるで違う時間の進み方を思い、もう秋をイメージしています。

これから2~3週間が、ここ北海道の真夏だというのに・・・それを楽しむ前に、終わりを迎える淋しさを思ってしまう。

それでもこの夏の間、後悔のないよう、しっかり満喫しなければね。

それと、借り物ではない家と庭を、そろそろ見つけなければ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧