2018年4月 8日 (日)

白い朝だった

今朝の庭は雪が積もって白くなっていました。
180408この時期はタイヤ交換の判断が難しいです。
仕事場へは公共交通機関がないので・・・
2雪は積っても気温が特に低いわけではないので、クロッカスは平気そう。
3_2金曜は東京へ日帰りで出かけました。桜の盛りはとっくに終わっていましたから、北海道より1か月半くらい季節が進んでいる感じ。
Photoコウムも、雪に関係なく元気です。
こんな姿は可愛らしいですね。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

雪解けは進む。

暖かく晴れた土曜、実に久しぶりに散歩で長めに歩きました。
歩行の心配はまだ解決していないので、今シーズンの渓流釣りは微妙かな。
 
18032423日後の今日は、咲いていました。 
180324雪の下から見慣れないものが顔を出していました。
これは・・・テッポウユリの切り株の所ですから、木子なのでしょう。
 
今年の夏もユリがよく咲いてくれるとよいけれど、何株かにウイルスの症状が出ていたのが心配です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

春分の日にコウム。

春分の日は明るく晴れ、雪がどんどん融けました。
1ライラックの下で真っ先に顔を出したのはシクラメンコウム。
咲く気満々です。
 
2
晴れれば、明日には咲いていることでしょう。
何かと心配事は多いですが、季節の春は普通にやってきそうです。
 
にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

ユリの咲く頃、シクラメンコウムの種子が出てきた。

今日あたりが、我が家の庭のユリがいちばんきれいな時。
Photoまだカサブランカは咲いていませんが、これ以外の場所も含めると10品種以上。
 
夕方になると、ちょっと夏らしい香りがします。
 
Photo_2そのユリの根元なのですが、シクラメン コウムの種子が出てきていました。
 
この時期に熟すのか・・・と初めて確認できました。
 
この種子が発芽して開花するまで、僕が手伝ってもまあ3年くらいでしょうか。
 
 
この借家に住めるのは・・・長くて9年と考えれば十分のようであり、そうではないような感もあり。
 
今年の夏は、ほどほどに夏らしいおだやかな感じです。
 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

シクラメン コウムはとっくに咲いていた。

今日から4月。
今年の春は早く訪れていると感じますが、二日前だったか・・・また積もったので行ったり来たり。
170401このシクラメン コウムは、その雪が積もる前から咲いていました。
根雪になる前から蕾は見えていましたから・・・それを待てるのだと思えば、これも不思議。
170401_2プリムラが咲くのはしばらく後になりますが、 やる気はありそうな目覚めの感じです。
この頃はただ季節が回り、それをな眺めているだけな自分と認識しています。
4-5年前は、その一つ一つに何かを感じて言葉にしていましたが、この頃はそれが湧くこともなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

雪解けにシクラメン コウム

1週間ほど暖かな日が続き、積雪がどんどん減りました。
170322そして、シクラメン コウム。
1-2日前まで、ここは雪の下だったはずですが・・・咲く気満々です。
見習いたいな。
土日は久々の登別温泉でした。
いつもの宿でしたが、訪れるたび微妙に変わって行く姿に、ほんのりとがっかり。
まあ、仕方のないことなのかもしれませんけれど、少しずつ行き場を失う寂しさを感じるのです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

花も凍みる頃。

今年の北海道は冬が1か月くらい早く来ています。
161126まだ11月なのに真冬日が続き、昼過ぎでもこんなに立派な霜柱が。
 
Photo去年日陰に植えたシクラメン ヘデリフォリウムはなぜか秋深くまで咲き続け、その理由は分からないのですが花が凍みたようになりました。
 
普通ならこの時期に花は咲いていないはず。
 
Photo_2おもしろいのがシクラメン コウム。
 
温暖な地域ならこれから開花期となるでしょう・・・でもここは北海道。
 
蕾が膨らんでいますが・・・たぶんこのまま咲かず雪の下になることでしょう。
 
このまま枯れてしまうことはなさそうですが、さて、春までこのまま待てるのでしょうか?
 
首の手術から1か月とちょっと。
 
昨日リハビリで病院へ行ったら「今は何日に1回くらいのペースで仕事をしていますか?」と訊かれました。
 
「退院後、少ししてから(既に3週間)普通にしてますよ。」と僕。
「えーっ?!」とリハビリ担当。
あれれ・・・まだ慣らし運転でいるべきだったのかもしれません。
毎日、けっこうな疲労を感じているのは、そいうことだったのかな?
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

少し雪が積もった。

朝から大粒のぼたん雪が、細かな雨と一緒に降っていました。
Photoこの雪も午後には消えましたが、今年の冬は1カ月ほど早めに来ていると感じます。
 
去年植えたシクラメン ヘデリフォリウムは多くが白花だったようで雪に紛れてしまいましたが、これはこれで味があるのです。
退院して4日目。ごく短時間の散歩で慣らし運転中です。そして明日は療養を終えて最初の出勤日。
 

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

シクラメン コウムの葉が出揃った・・・かな?

去年の秋、根詰り気味だったシクラメン コウムの苗を庭のあちこちに植えました。
161102その後、今年の春に咲いたものもあればじっくりと育ったものもあり。
 
こうして見ると、やっと本来の生育パターンを見せてくれているのかなと思います。
 
丸っこい葉がかわいらしく、でもしっかりと落ち葉を集めて球根(塊茎)あたりを守っているよう。
 
冷静に見て、積雪のある北海道の気候はこの植物には最適ではなさそうです。
 
咲くべき時にはまだ、雪が積もっているので。
 
それでも、僕の期待は彼らが僕の庭に「適応」してくれることです。
 
これから何年このコウムを観察できるかわかりませんが、そのうち「雪解けを待って」咲いてくれるのではないかと期待しています。
僕が10月に受けた手術は頸椎の「椎弓形成術」で、病名は「頚椎症性脊髄症」でした。頸椎の変性が原因で脊髄に圧迫や軽度の損傷があり、それが原因で歩行に障害が出たようです。
手術によって圧迫が解放されたので不自由だった脚をある程度動かせるようになりましたが、まだ完全ではないのでしばらくはリハビリが必要なところ。
今日はその、退院後の最初のリハビリのための通院日でもありました。
にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

11月になった。

この秋、僕の季節感には10月中に12日間の空白がありました。
それは、手術を受けて病院で過ごした日々。
161101今年の北海道は気温の下がるのが 早く、入院中にうっすら雪が積り 強めの霜も降りたようで、庭に戻るとホスタがすっかり冬支度です。
161101_2イチイの下、日陰に植えたシクラメン ヘデリフォリウムは花の盛りを過ぎ、きれいな葉を展開しています。
 
病院の指導では、僕の受けた手術の後1か月くらいは静養すべきとのこと。でもそうは言っていられませんから、2週間後となる金曜には職場に復帰する予定です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧