2022年7月 1日 (金)

イコロの森を歩き、カレーラーメンで汗をかいた日。

今日から7月。

きびしい冬の間、待ち焦がれた夏が始まりました。だから、「私用で」と休みを取って。

今日の僕の目的は、座ってばかりの仕事から逃れて身体を動かすこと。少し強めの散歩程度ですが。

どこへ出掛けようかと考えて、決めたのは苫小牧にあるイコロの森。

220701

森とは言っても、ガーデナーさんたちの作品です。きれいだけれど僕にとって興味があるのは、修景よりも植えられている花の種類、そして訪れる虫たち。

20701

ふだん自然の中ではあまり見ない、セセリチョウとハナバチが一つの花で蜜を吸う様子。この花はゲラニウムの品種だから、北海道で言えばフウロソウの一種。

よほど魅力的だったのか、それとも偶然か・・・

220701_20220701223101

羽化したばかりかと思うほどきれいなヒョウモンは、たぶんミドリヒョウモンの♂。その下の方でハエが満足そうにしているのが、ちょっとおもしろいと思います。

この白い花の種類は分りませんが、たぶん北海道にはない植物か園芸種。

それでも、なぜかハエは白い花に集まるような気がします。

3l_20220701223501

このイコロの森からの帰り道にはカレーラーメンで有名な「味の大王」があって、オジサンたちが引き寄せられます。

食べると汗だくになるので最近珍しくなった「おしぼり」、そして汁跳ね対策の紙エプロンもあり。

前にここで食べたのは、たぶん20年以上前のこと。

さあ、来週はキャンプにしようか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

カラスアゲハだった。

昨日は渓流釣り(釣れなかったけれど)だったので、今日は森の散策と、庭仕事を少々しながらアリの働きぶりを観察したり。

朝から曇り空だったのでなかなか出掛ける気にならなかったのですが、街中の歩行がままならない現状を何とかしなければ(=運動が必要)、とも思って。

森では、陽が射してしばらくするとカラスアゲハがアザミの花にやってきました。

220612

僕にとって子供の頃から「いわゆるカラスアゲハ」=「だいたいミヤマカラスアゲハ」だったのですが、今日のこの蝶はミヤマではないカラスアゲハ。

子供の頃と同じ札幌圏ではあっても場所は別だし、時代も進んだので条件は変わりましたが、「ミヤマではないカラスアゲハ」を認識したのはいつ以来なのか、覚えていないほど。でも、この辺りの普通種なのかもしれません。

L_20220612220801

きのう直売所で入手した夕張メロンは、一晩の熟成でツルが萎び、香りが出てきたので食べ頃に。

小さくて傷があったので「1000円」でしたがこの季節の、僕が大好きな「美味しいもの」のひとつです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

タケノコ採りの日々。

土曜・日曜、午前だけのタケノコ採りは今日で6日目。

220522

スタートから2週間が過ぎたので森に咲く花は遷り変り、木々の葉の緑が濃くなり、季節が進んだのを実感しました。

昨日と今日はエゾハルゼミの声を聞きましたから、もう初夏です。

220522_20220522163901

タケノコも「伸びすぎ」のものが多く、柔らかく美味しそうなのはなかなか見つかりません。

「素人のタケノコ採りは藪へ入らず」を守っているので、今シーズンは今日で終わりにしようと思っています。

次の土曜は車の定期点検・冬タイヤから夏タイヤへの交換をすることにしましたし。

そしてさらに次の週には・・・待ちに待ったヤマメ解禁だなあ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

お通夜は「(随時)」だった。

朝刊で知ったのは、向かいの家のじい様が昨日亡くなり、今日がお通夜だということ。

通夜は会場と1時間の時間帯が示され「(随時)」となっていました。

三々五々訪れて焼香していくというスタイル。その「お悔み」欄をよく見ると同様の記載が大部分でした。

今の社会状況に合ったやり方だと思うし、今後定着するのかもしれません。

220521

いま住んでいる借家へ越してきて8年。じい様とは休みの日に顔を合わせれば、よく立ち話(無駄話)をしました。

90歳近かったので、十分に生きたのだろうと思っています。

220521_20220521201701

午前は今日もタケノコ採り。

「太いのを採りたければ太いササの根元を探せ」という当たり前のことを体感できた日でした。

でももう、この「近所の森」は伸びすぎたのが多くなりシーズン終盤のよう。

毎日でも行ければよいのだけれど、勤め人の身ではちょっと無理。

早く自由の身になって、身体が動くうちに好きなことへ思い切り取り組みたいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月15日 (日)

タケノコ採りの日々。

先週と今週の土日、毎日タケノコ採りへ出掛けています。

L220515

北海道でタケノコと呼ぶのはこんなやつで、主にチシマザサ(クマザサ)の新芽。

L_20220515195401

皮を剥くと半分以下になってしましますが、食べて美味しいし何より、これを採るのが楽しいのです。

美味しそうな太いやつを見つけてポキリと採り、しばらく歩いて何本かまとめて見つければ達成感があり、元気が出て次を探す・・・

本格的に採りに行く人たちは笹薮へ入り込んで行くわけです。水煮のようなものが一年中スーパーで買えるのは、プロのおかげなのでしょう。

僕は、というと、加工・保存して食べようとまでは思っていないので量は必要ないから藪までは入らず適当に、安全に、でも美味しそうなのを選んで。

L_20220515200101

とても好きな5月も、もう後半。森の中では春の花から初夏の花へ咲き移り、3週間後にはヤマメ釣りが始まります。

季節がめぐればぜんぶリセット。その季節の中で少しずつでも変わるべきものがあるならば、それが次の季節に引き継がれて流れが変わるかもしれません。

ヒトの社会でも、そうして行くべきなのでしょう。

定めに逆らって任期を延ばした権力者が狂った行動に出るのは、自分だけがその流れを超越できると錯覚するから、なのかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

夏が来るんだな、と確かに感じた。

きのう少しの山菜採りをした近所の森へ、今日は運動のために出掛けました。

今日のレンズは70-200mm。

昨夜は雨だったことから「雨後の竹の子」でポツポツと採れたため、明朝の味噌汁分を確保できて、楽しくもあり。

220508

晴れ間に見上げれば、カエデの若葉と花がピカリと光っていました。

いちばん好きな季節。「これから夏へ向かうんだな」と思えば、少しくらい嫌なことがあっても我慢できます。

220508_20220508200601

昨日からキアゲハが舞っているのを気付いていましたが、何と僕の目の前に降り立ちました。

動物のフンから吸水しているようでした。カラスアゲハの仲間がこれをするのは知っていましたが、キアゲハがするのを、これまで見た覚えがありません。

昨日のアオダイショウと合わせればラッキーなので、明日の仕事帰りに宝くじを買おうかな。

220508_20220508200901

去年の秋に植え直したムスカリは、もうすぐ花を終えます。もう飽きた・・・というか、殖えすぎて小さな花壇を占領してしまっているので、次回は少し整理したいな、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

みそラーメンと渓流と紅葉。

今シーズン最後の渓流釣り。

211009

先週に続いて河原で食べたインスタントラーメン、今回は”サッポロ一番みそ”。

やっぱりサッポロ一番は「みそ」だなあ。

211009_20211009201401

紅葉がさらに深まり、行き帰りのドライブも楽しめました。

こんなに紅葉を眺めたシーズンは、これまでありませんでした。

今日もニジマスがよく釣れましたが、フライは準備する時間がなかったのでケースに入っていたのを適当に選んで。

来年に備えて冬の間に巻いておこう、と思ってはみたのですが・・・。

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

釣りとラーメン。

僕の渓流釣りの昼食は、これまで100%「コンビニおにぎり」。

今日はそれにインスタントラーメンを加えてみました。

211003l

鍋がちょっとかさ張りましたが、バーナーを加えた重さも含めてまあ許容範囲かな。ちゃんとしたアウトドア用の用具を準備すればもう少し快適なのかもしれませんが…当面はこれでオッケーです。

11003l

山は紅葉がとてもきれいでした。この時期はさすがに陽が陰れば肌寒く、昼食の温かいラーメンは我ながらよい思い付き。

211003

3時間ほどの釣りでしたが今日はニジマスが多く出て、小さいやつもよくジャンプしました。先週までは#6-8くらいの大きいカディスが良かったのですが、今日は#10-12くらい。

さて、今シーズンの釣りは今日で最後。と思って出かけましたが、まだサカナたちはやる気があるようなので来週も・・・?

| | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

とうきびを焼く。

この夏もキャンプや釣りへ出掛けるつもりで「有給休暇の計画取得」を予定していたのですが、このご時世ですし「キャンプブーム」とやらが怖くて自粛です。

Photo_20210822234901

その代わり、というわけでもないのですが、午後の雨の予報に合わせて借家のガレージで炭をおこし、トウモロコシを焼きました。

トウモロコシ=北海道では「とうきび」と呼びます。

最近はスイートコーン・・・というのかな。

ふつう「とうきび」は皮をむいて塩茹でしますが、炭火が使えるなら皮のまま焼くと最高に美味しいです。

外側から黒く焼ける皮を一枚ずつ剥がして行くと30分ほどで裸になるので、醤油を垂らして焦げ目をつけて・・・。

食べる直前、熱々のうちにバターを乗せても。

 

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

山菜採りとモズのはやにえ、だった日。

昨日の4月24日(なぜかNiftyへログインできなかった)は、我が家史上最も早い「初山菜採り」の日でした。

行く場所はいつも同じなので、今シーズンの春が早く来たということです。

210424

それでも、ミズバショウがようやく開花した頃でしたから、少し早めに来てしまった感はありました。

同行の息子はもう18歳、初めて山菜採りへ連れてきた4歳の頃とは立場が逆転して、気遣われながらの春の探検。

Photo_20210425070001

2時間ばかりの運動と探検。ギョウジャニンニクと若いフキを少し採りました。

210424_20210425070201

帰り道で息子が見つけたこれは、「モズのはやにえ」でしょうか。

図鑑などで、カエルが刺されている図を僕も見たことはありますが、実物に遭遇したのは初めてかもしれません。

犠牲になったのはエゾオオマルハナバチの女王かな。

Photo_20210425070701

通り道の地面にポツポツとたくさん開いた穴をよく見ると、待ち伏せ中の頭が。

夏になるとこのあたりで活発になるハンミョウ(ニワハンミョウかな?)の幼虫なのでしょう。

・・・季節を楽しみながら、久しぶりに体を動かして。

昼食に、これも我が家恒例の「初ソーメン」を楽しんで、いよいよ初夏が間近まで来ているのだと実感、です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧