2023年1月 8日 (日)

コオロギせんべい・インフルエンザ

年末年始は2日ほど軽く雪が積った程度で、その点では比較的楽でした。

でも毎日何かしらあって・・・

L_20230108165501

ちょっと興味があって食べてみたコオロギせんべい。味はよいのですが何となく喉がイガイガ・・・その後、お腹の調子の良くない(いや、良すぎる、か?)日があり、原因としてこれを疑っていました。

もう一度食べてみた結果、その疑いが強まっています。僕には合わないのかな?

国では防衛費の増額を決めたつもりのようですが、日本が絡む紛争が起きれば海運が止まり、穀物・食肉を中心に食料を輸入できなくなります。

牛肉・鶏肉(卵)・豚肉はほとんどが輸入飼料で生産されているので、タンパク源の確保が大変になるでしょう。

それでなくても輸入牛肉は中国に買い負けているそうですし。

コオロギやバッタは近い将来、必要なタンパク源(直接または飼料として)になると思うな。

Photo_20230108170501

年始には妻の実家へ出掛ける前日に、帰省中の息子含めて3人で新型コロナウイルスの抗原検査をしました。

キットは1個2,500円ほどなので3人分は7,500円か・・・安くはありません。しかもこの検査による「陰性」イコール「ウイルスを持っていない」ではないわけで。

正月休み明けは、成人式を前にして息子が発熱。その2日前に会食した友人から、インフルエンザ陽性の報告があってのことでした。

発熱の翌朝、インフルエンザの抗原検査と抗インフルエンザ薬の処方をしてくれる病院を電話で探しましたが、6軒電話してようやく1軒がOK。

熱があればどこも「発熱外来」を予約して受診する必要があり、今は新型コロナの検査で大混雑の様子でした。

結果は予想通り、抗原検査の新型コロナは陰性、インフルエンザはA形で陽性。

イナビルを処方してもらえたのでひと安心、となりました。

しかし、もちろん成人式前の友人たちとの会合も、成人式も欠席です。

季節性インフルエンザの診断を受けるのに苦労してみて、改めて今は大変なんだな、と感じました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月31日 (土)

白くて大きな鳥が来た日。

大晦日の朝は少し寝坊して9時過ぎの起床。

いつもはコロナ対策で時差出勤のため5時起き。いつもの休日は7時半が目安なので、今年いちばん遅く起きた朝となりました。

221231

朝食を終えて庭へ出て、視界の右隅に大きな鳥が飛んできたのを感じ・・・それは我家(借家)の屋根の東端に降り立ちました。

大きくて落ち着いた佇まいの白鷺、たぶんダイサギでしょう。

何かの吉兆だといいな。

Photo_20221231210001

こちらは昨日。

白い暖簾に「中華そば」と書かれた、初めて見る店でのことでした。

ステンレスの器に入った削り節は丼へ乗せるのではなく、茶漉し状になっているのでスープを注いで「追いガツオ」にするのだとか。

美味しくて、上品な味わいでした。

でも・・・この日は、20年以上前(たぶん)からここにあった、黄色い看板の古いラーメン店へ来たつもり。

店の前をいつも通り過ぎていて、とうとうこの日、帰省中の息子と一緒に、「前から気になっていた」店でガッツリラーメンを食べるつもりでしたが、その店はなくなって、別の店になっていました。

「美味しい」・・・「でも、今日食べたかったのはこれじゃない」・・・このギャップは、簡単に埋まるものではなりません。

それでもきちんと歳は暮れ、明日からは新年。

子供の頃のワクワクは勘違いで、新年だから自動的に何かが変わるわけではない、とは知っていますが一つの区切り。

僕は、「時間に縛られず好きなことへ取り組む時」を迎えるための準備を真剣に進める年にします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年8月21日 (日)

バーベキュー日和。

久しぶりによく晴れた休日。

これまでできなかった、ウメボシの天日干しの機会がようやく訪れたようです。

220821

本来は土用丑の日あたりに3日ほどやるべきらしいですが今年は今日と、明日あたりで我慢することになりそうです。

こんな日よりですから、今日のランチはガレージでバーベキュー。

エダマメも美味しい採り頃(少し早めだけれど味は良い)で。

220821_20220821201001

庭が狭くて日陰なので、トマトやキュウリ以外この借家ではもっぱら鉢植え栽培が基本です。

20821

エダマメは、鉢植えでも根粒がしっかりできているように見えました。

でもよく見ると、根粒ができているのは上の方だけ。土の通気が、あまりよくなかったのかもしれません。

ふだん見るニュースではあまり取り上げられていませんが、農業界では肥料の価格高騰がたいへんなことになっています。

窒素肥料を節約するためには、大気中の窒素を固定してくれる(窒素肥料を多く与えなくても育つ)根粒菌と共生するマメ科植物の利用が有効なのだと学びました。

それでも、肥料原料の大部分を輸入に頼っている日本ではぜんぜん足りないので、これまで「エコのため」の位置付けで取り組んできたリサイクルの重要性が、喫緊の課題になっているわけです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

イコロの森を歩き、カレーラーメンで汗をかいた日。

今日から7月。

きびしい冬の間、待ち焦がれた夏が始まりました。だから、「私用で」と休みを取って。

今日の僕の目的は、座ってばかりの仕事から逃れて身体を動かすこと。少し強めの散歩程度ですが。

どこへ出掛けようかと考えて、決めたのは苫小牧にあるイコロの森。

220701

森とは言っても、ガーデナーさんたちの作品です。きれいだけれど僕にとって興味があるのは、修景よりも植えられている花の種類、そして訪れる虫たち。

20701

ふだん自然の中ではあまり見ない、セセリチョウとハナバチが一つの花で蜜を吸う様子。この花はゲラニウムの品種だから、北海道で言えばフウロソウの一種。

よほど魅力的だったのか、それとも偶然か・・・

220701_20220701223101

羽化したばかりかと思うほどきれいなヒョウモンは、たぶんミドリヒョウモンの♂。その下の方でハエが満足そうにしているのが、ちょっとおもしろいと思います。

この白い花の種類は分りませんが、たぶん北海道にはない植物か園芸種。

それでも、なぜかハエは白い花に集まるような気がします。

3l_20220701223501

このイコロの森からの帰り道にはカレーラーメンで有名な「味の大王」があって、オジサンたちが引き寄せられます。

食べると汗だくになるので最近珍しくなった「おしぼり」、そして汁跳ね対策の紙エプロンもあり。

前にここで食べたのは、たぶん20年以上前のこと。

さあ、来週はキャンプにしようか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

カラスアゲハだった。

昨日は渓流釣り(釣れなかったけれど)だったので、今日は森の散策と、庭仕事を少々しながらアリの働きぶりを観察したり。

朝から曇り空だったのでなかなか出掛ける気にならなかったのですが、街中の歩行がままならない現状を何とかしなければ(=運動が必要)、とも思って。

森では、陽が射してしばらくするとカラスアゲハがアザミの花にやってきました。

220612

僕にとって子供の頃から「いわゆるカラスアゲハ」=「だいたいミヤマカラスアゲハ」だったのですが、今日のこの蝶はミヤマではないカラスアゲハ。

子供の頃と同じ札幌圏ではあっても場所は別だし、時代も進んだので条件は変わりましたが、「ミヤマではないカラスアゲハ」を認識したのはいつ以来なのか、覚えていないほど。でも、この辺りの普通種なのかもしれません。

L_20220612220801

きのう直売所で入手した夕張メロンは、一晩の熟成でツルが萎び、香りが出てきたので食べ頃に。

小さくて傷があったので「1000円」でしたがこの季節の、僕が大好きな「美味しいもの」のひとつです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

タケノコ採りの日々。

土曜・日曜、午前だけのタケノコ採りは今日で6日目。

220522

スタートから2週間が過ぎたので森に咲く花は遷り変り、木々の葉の緑が濃くなり、季節が進んだのを実感しました。

昨日と今日はエゾハルゼミの声を聞きましたから、もう初夏です。

220522_20220522163901

タケノコも「伸びすぎ」のものが多く、柔らかく美味しそうなのはなかなか見つかりません。

「素人のタケノコ採りは藪へ入らず」を守っているので、今シーズンは今日で終わりにしようと思っています。

次の土曜は車の定期点検・冬タイヤから夏タイヤへの交換をすることにしましたし。

そしてさらに次の週には・・・待ちに待ったヤマメ解禁だなあ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

お通夜は「(随時)」だった。

朝刊で知ったのは、向かいの家のじい様が昨日亡くなり、今日がお通夜だということ。

通夜は会場と1時間の時間帯が示され「(随時)」となっていました。

三々五々訪れて焼香していくというスタイル。その「お悔み」欄をよく見ると同様の記載が大部分でした。

今の社会状況に合ったやり方だと思うし、今後定着するのかもしれません。

220521

いま住んでいる借家へ越してきて8年。じい様とは休みの日に顔を合わせれば、よく立ち話(無駄話)をしました。

90歳近かったので、十分に生きたのだろうと思っています。

220521_20220521201701

午前は今日もタケノコ採り。

「太いのを採りたければ太いササの根元を探せ」という当たり前のことを体感できた日でした。

でももう、この「近所の森」は伸びすぎたのが多くなりシーズン終盤のよう。

毎日でも行ければよいのだけれど、勤め人の身ではちょっと無理。

早く自由の身になって、身体が動くうちに好きなことへ思い切り取り組みたいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月15日 (日)

タケノコ採りの日々。

先週と今週の土日、毎日タケノコ採りへ出掛けています。

L220515

北海道でタケノコと呼ぶのはこんなやつで、主にチシマザサ(クマザサ)の新芽。

L_20220515195401

皮を剥くと半分以下になってしましますが、食べて美味しいし何より、これを採るのが楽しいのです。

美味しそうな太いやつを見つけてポキリと採り、しばらく歩いて何本かまとめて見つければ達成感があり、元気が出て次を探す・・・

本格的に採りに行く人たちは笹薮へ入り込んで行くわけです。水煮のようなものが一年中スーパーで買えるのは、プロのおかげなのでしょう。

僕は、というと、加工・保存して食べようとまでは思っていないので量は必要ないから藪までは入らず適当に、安全に、でも美味しそうなのを選んで。

L_20220515200101

とても好きな5月も、もう後半。森の中では春の花から初夏の花へ咲き移り、3週間後にはヤマメ釣りが始まります。

季節がめぐればぜんぶリセット。その季節の中で少しずつでも変わるべきものがあるならば、それが次の季節に引き継がれて流れが変わるかもしれません。

ヒトの社会でも、そうして行くべきなのでしょう。

定めに逆らって任期を延ばした権力者が狂った行動に出るのは、自分だけがその流れを超越できると錯覚するから、なのかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

夏が来るんだな、と確かに感じた。

きのう少しの山菜採りをした近所の森へ、今日は運動のために出掛けました。

今日のレンズは70-200mm。

昨夜は雨だったことから「雨後の竹の子」でポツポツと採れたため、明朝の味噌汁分を確保できて、楽しくもあり。

220508

晴れ間に見上げれば、カエデの若葉と花がピカリと光っていました。

いちばん好きな季節。「これから夏へ向かうんだな」と思えば、少しくらい嫌なことがあっても我慢できます。

220508_20220508200601

昨日からキアゲハが舞っているのを気付いていましたが、何と僕の目の前に降り立ちました。

動物のフンから吸水しているようでした。カラスアゲハの仲間がこれをするのは知っていましたが、キアゲハがするのを、これまで見た覚えがありません。

昨日のアオダイショウと合わせればラッキーなので、明日の仕事帰りに宝くじを買おうかな。

220508_20220508200901

去年の秋に植え直したムスカリは、もうすぐ花を終えます。もう飽きた・・・というか、殖えすぎて小さな花壇を占領してしまっているので、次回は少し整理したいな、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

みそラーメンと渓流と紅葉。

今シーズン最後の渓流釣り。

211009

先週に続いて河原で食べたインスタントラーメン、今回は”サッポロ一番みそ”。

やっぱりサッポロ一番は「みそ」だなあ。

211009_20211009201401

紅葉がさらに深まり、行き帰りのドライブも楽しめました。

こんなに紅葉を眺めたシーズンは、これまでありませんでした。

今日もニジマスがよく釣れましたが、フライは準備する時間がなかったのでケースに入っていたのを適当に選んで。

来年に備えて冬の間に巻いておこう、と思ってはみたのですが・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧