« 春を待つ気持ち2024 | トップページ | 雪解けの進んだ日に温泉とうどんを。 »

2024年2月18日 (日)

雪解けを早めるために、もみがらくん炭をパラパラした。

去年の3月は異常な速さで雪解けが進み、中旬には最初の「フキノトウ採り」ができたほどでした。

そして、今年はまだ2月中旬だというのに札幌の明日の最高気温が14℃、という予報になっています。

2_20240218160601

そこで僕は、欲張って庭の雪解けを早めようと思い、融雪剤代りに「もみがらくん炭」をパラパラしました。

15年前には牛糞たい肥をパラパラしたことがあります

もちろん、もみがらくん炭も14年前に

今回は、14年前に使ったものの残り(ガレージでずっと眠っていた)です。

240218

この黒い粒が日光の熱をキャッチして、積雪の表面を融かしてくれることを期待するわけです。

ホームセンターで買える道路用の融雪剤は、庭に撒くと植物に有害ですから使えません。

まあ、何もしなくても、雪は自然に融けるのですけれどね。

ちなみに、雪解けの早かった去年の2月18日、札幌の積雪は74cmでした。

対して、今年の2月18日は67cm。

これからの降雪・気温次第ですが、もしかすると今年は去年よりも早い春になるのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 春を待つ気持ち2024 | トップページ | 雪解けの進んだ日に温泉とうどんを。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春を待つ気持ち2024 | トップページ | 雪解けの進んだ日に温泉とうどんを。 »