« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月 9日 (日)

エゾリスとタツノオトシゴ。

三連休の中日、この日がいちばん暖かそうだったので近所の森を散歩。

221009

たぶんこのエゾリスは、僕の足音を聞いて姿を現したのでしょう。

好奇心なのか、ニンゲンが安全だと知っているのか・・・。

今年、前にも遭った場所の近くです。

ドングリが豊作だね。次はもう少し上手に撮りたいな。

221009_20221009212701

遡ること約3時間・・・朝食で「しらすおろし」を食べようとしたら、近頃では珍しいチリモンを発見。

タツノオトシゴのなかまのようです。

息子が小さな頃からチリモン探しを楽しんでいましたが、こいつは初めて。

何か良いことあるかな・・・ということで、午後には宝くじを買ってきました。

その後散髪もして、よい休日となりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年10月 8日 (土)

クサカゲロウの幼虫を観察した。

ルーの種採り(使う見通しなし)をしていたら、以前から「よく観察してみたい」と思っていた珍客を見つけました。

1_20221008211201

クサカゲロウの幼虫です。

背中に色々なごみを背負ってカムフラージュすることは知っていましたし、息子との散歩で見かけたこともありました。

でも今日は・・・ほぼ丸見え。

2_20221008211401

種採りの器は鉢皿でした。幼虫は円形の皿の縁を一生懸命歩いていましたが何周歩いても同じ皿。

それでも途中で背負うゴミを追加しておよそ1時間後、「歩くゴミ」になろうとした努力の結果がこれです。

ここで気になるのが「どうやって身体にゴミをくっ付けているの?」です。クモの糸のようなもの?それとも身体から出る粘液?・・・

3_20221008213301

撮った他の画像をよく見ると、イソギンチャクのような器官が見えます。きっと、これを利用しているのでしょう。

皿の縁をいつまでも歩かせるのはかわいそうなので、この後、小さな虫も集まるブッドレアの枝へ落としてあげました。

221008

先週の今頃、北海道は「10月としては記録的な暑さ」でしたが、今は秋へとまっしぐら。

夕方には雪虫がちらほら舞い、「いつもの秋だなあ」と思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »