« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月29日 (日)

爬虫類と出会う日、だった。

まとまった雨が降った後なので、いったん終了したタケノコ採りに出かけてみました。

「雨後のタケノコ」と言いますから・・・でも、いつもの場所は伸びすぎのが多くて、本当に今シーズンは今日で最後。

220529

遊歩道へ出て、いきなり踏みそうになったのはカナヘビ。アップにすると恐竜みたいですが、小さくて可愛いです。

出会い頭で固まってしまったようで、お腹が大きいので産卵前なのかもしれません。

220529_20220529204101

その後に出会ったのは若いアオダイショウ。3週間前に遭ったのはとても長くて太いヤツだったけれど、こいつはヤツより落ち着いていたな。

220529_20220529204501

昨日買った携帯チェアは・・・使える場面が限られそう。開けて地面の硬い場所以外では厳しいかもしれません。

でも、しばらくはリュックに入れて持ち歩こうと思います。

220529_20220529204801

きのうホームセンターで入手した野菜のタネは今日、播いてしまいました。

広くはない庭なので、使ったのはそれぞれの一部なのですが。

ふだんから、だんだんと身体が動かなくなってきているのを感じ、全力の仕事は早めにリタイヤすることを考えています。

できれば田舎の、古くても庭の広い家に移り住んでのんびりしたいのですが、自分がその後「いつまで動けるのか?」と考えれば、無駄な買い物になる恐れも。

さて・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

あれこれ用事を済ませた休日。

今日は自家用車の12カ月点検で10時半にディーラーへ(用事①)。

待ち時間に買い物をして、釣り用の帽子(全面メッシュの涼しいやつ)を購入(用事②)。

前から欲しかった、携帯チェアを購入(用事③)。

2_20220528195601

軽量で小型、となると耐荷重を保つのにコストがかかるようで、けっこう高いのです。

ネット通販では送料が加算されるし。

3_20220528195701

これくらい小さければ、散歩用の小さいリュックにも簡単に入れることができます。

花に訪れる虫を待ち構えて撮影するような時に使うつもり。

クルマの定期点検が終われば、途中で久々に吉野家の牛丼を食べていったん帰宅、その後はホームセンターで野菜のタネなどを買い(用事④)、散髪(用事⑤)を済ませれば16時。

今日は昨日からの雨の続きで外遊びができなかったので、ちょうどよかった。

でも、せっかくの良い季節なのだから、できれば自然の中で過ごしたかったな。

来週は1日の休みを取って、ヤマメ釣りの予定です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月24日 (火)

ミッションクリア。

ここ1カ月ほどの休日は毎日が(僕なりの)山菜採り三昧でした。

フキノトウ、フキ、タラの芽、ウド、タケノコ(後半はこればかり)を午前の2~3時間ずつ。

午後は昼寝・プロ野球のネット観戦・渓流シーズンへ向けてフライ作り・・・

なので、ふだんの「やるべきこと」ができていません。車の12カ月点検・夏タイヤへの交換は今度の土曜だし。

524

気付けば庭ではタイツリソウが咲き、パンジーが満開・・・となると、そろそろトマトなどを植えなければ。

なので、今日は仕事を休みにして「溜まった用事をぜんぶ済ます日」としました。

①まず、粗大ごみを市の処理場へ運ぶ→小学校入学時に買った息子の机(本人が解体済み)+古いスキー+古いもの干し台+古いレンジ台+古いバーベキューコンロ=60kgでした。

②農協の直売所で野菜苗を買って植える→今年は息子(トマトの半分はヤツが食べていた)が家を出ているので少なめに。

Photo_20220524201401

去年は2本植えたキュウリ。今年は「接木黒さんご」を1本。主に浅漬けで食べるのが楽しみです。

トマトはアイコと中玉を1本ずつ。去年の半分です。

Photo_20220524202201

フルーツホオズキは僕のこだわり。去年はあまり穫れなかったので再挑戦です。

③花のタネを播く

220524 

セイヨウアサガオ(混合)の袋の裏を見ると、種子の生産地がポーランドでした。

ウクライナから避難してきた人々を多く受け入れているこの国。僕は普段意識することのない地ですが、ニュースを見て共感を覚えていました。

こんなところでつながりました。ちょっと嬉しかったな。

ほかに播いたのはヒマワリ、クレオメ、コスモス(これは去年、タネを採ったもの)、コリアンダー。

いつもならエダマメを播くのですが、今年は欲しい品種のタネが手に入りませんでした。

220524_20220524202901

今年のライラックは早く咲きましたが、いつも以上に早く終わりそう。札幌の明日の最高気温は27℃ですから、花が持たないでしょう。我が家の木も、満開となる前で花に疲れが出ているように見えます。

そして、さあ来週はヤマメ解禁だ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

タケノコ採りの日々。

土曜・日曜、午前だけのタケノコ採りは今日で6日目。

220522

スタートから2週間が過ぎたので森に咲く花は遷り変り、木々の葉の緑が濃くなり、季節が進んだのを実感しました。

昨日と今日はエゾハルゼミの声を聞きましたから、もう初夏です。

220522_20220522163901

タケノコも「伸びすぎ」のものが多く、柔らかく美味しそうなのはなかなか見つかりません。

「素人のタケノコ採りは藪へ入らず」を守っているので、今シーズンは今日で終わりにしようと思っています。

次の土曜は車の定期点検・冬タイヤから夏タイヤへの交換をすることにしましたし。

そしてさらに次の週には・・・待ちに待ったヤマメ解禁だなあ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

お通夜は「(随時)」だった。

朝刊で知ったのは、向かいの家のじい様が昨日亡くなり、今日がお通夜だということ。

通夜は会場と1時間の時間帯が示され「(随時)」となっていました。

三々五々訪れて焼香していくというスタイル。その「お悔み」欄をよく見ると同様の記載が大部分でした。

今の社会状況に合ったやり方だと思うし、今後定着するのかもしれません。

220521

いま住んでいる借家へ越してきて8年。じい様とは休みの日に顔を合わせれば、よく立ち話(無駄話)をしました。

90歳近かったので、十分に生きたのだろうと思っています。

220521_20220521201701

午前は今日もタケノコ採り。

「太いのを採りたければ太いササの根元を探せ」という当たり前のことを体感できた日でした。

でももう、この「近所の森」は伸びすぎたのが多くなりシーズン終盤のよう。

毎日でも行ければよいのだけれど、勤め人の身ではちょっと無理。

早く自由の身になって、身体が動くうちに好きなことへ思い切り取り組みたいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月15日 (日)

タケノコ採りの日々。

先週と今週の土日、毎日タケノコ採りへ出掛けています。

L220515

北海道でタケノコと呼ぶのはこんなやつで、主にチシマザサ(クマザサ)の新芽。

L_20220515195401

皮を剥くと半分以下になってしましますが、食べて美味しいし何より、これを採るのが楽しいのです。

美味しそうな太いやつを見つけてポキリと採り、しばらく歩いて何本かまとめて見つければ達成感があり、元気が出て次を探す・・・

本格的に採りに行く人たちは笹薮へ入り込んで行くわけです。水煮のようなものが一年中スーパーで買えるのは、プロのおかげなのでしょう。

僕は、というと、加工・保存して食べようとまでは思っていないので量は必要ないから藪までは入らず適当に、安全に、でも美味しそうなのを選んで。

L_20220515200101

とても好きな5月も、もう後半。森の中では春の花から初夏の花へ咲き移り、3週間後にはヤマメ釣りが始まります。

季節がめぐればぜんぶリセット。その季節の中で少しずつでも変わるべきものがあるならば、それが次の季節に引き継がれて流れが変わるかもしれません。

ヒトの社会でも、そうして行くべきなのでしょう。

定めに逆らって任期を延ばした権力者が狂った行動に出るのは、自分だけがその流れを超越できると錯覚するから、なのかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月14日 (土)

タケノコ採りでウド。

近所の森でタケノコ(北海道ではこう呼ぶ)が採れると知ったのが、この森を散歩するようになって14年目(たぶん)の去年。

タケノコ=チシマザサの新芽です。

それまでは5月下旬にニセコまで遠出して、家族で1回食べる分くらいを採ってきました。我が家の山菜採りはいつも、このレベル。

もちろん笹薮へ入って行くような勇気はなく、開けた所から見えるのを摘まんでくる程度。

そして・・・

220514

その「近所の森」で初めてウドを採って食べたのが15年目の(まあ、あるだろうなとは思っていたけれど)今日です。

酢味噌和えが美味しかった。

「灯台下暗し」とは、このことかな。

運動のため、明日も行こう。

僕がいちばん好きなタケノコの食べ方は、味噌汁です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月10日 (火)

慣れすぎたかな。

庭であれこれ植物を育てていると、やがて「いつもこんな感じ」「今年も咲いてよかった」と「おお、きれいに咲いたね!」に分かれます。

ちょっと反省なのですが・・・

5_20220510212501

このクリスマスローズとはきっと、10年以上の付き合い。8年前の引っ越しで連れて来た株ですから。

あの頃はカエデの木の下でほどよい半日陰だったのと株が若かったためか、(そして僕が注目していたためか)借家の庭の中では目立つ存在でした。

でも今はイチイの下の「かなり日陰」でひっそりと・・・ごめんね。

広い庭がある家に、引っ越したいなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

夏が来るんだな、と確かに感じた。

きのう少しの山菜採りをした近所の森へ、今日は運動のために出掛けました。

今日のレンズは70-200mm。

昨夜は雨だったことから「雨後の竹の子」でポツポツと採れたため、明朝の味噌汁分を確保できて、楽しくもあり。

220508

晴れ間に見上げれば、カエデの若葉と花がピカリと光っていました。

いちばん好きな季節。「これから夏へ向かうんだな」と思えば、少しくらい嫌なことがあっても我慢できます。

220508_20220508200601

昨日からキアゲハが舞っているのを気付いていましたが、何と僕の目の前に降り立ちました。

動物のフンから吸水しているようでした。カラスアゲハの仲間がこれをするのは知っていましたが、キアゲハがするのを、これまで見た覚えがありません。

昨日のアオダイショウと合わせればラッキーなので、明日の仕事帰りに宝くじを買おうかな。

220508_20220508200901

去年の秋に植え直したムスカリは、もうすぐ花を終えます。もう飽きた・・・というか、殖えすぎて小さな花壇を占領してしまっているので、次回は少し整理したいな、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

ミヤマエンレイソウ、かな。

大型連休も終盤で明日8日が最終日。

全体的にお天気には恵まれなかった印象ですが、今日は近くの森へ散歩に出掛けました。

今日のレンズは105mmマクロ。

220507

この森には茶色のエンレイソウとこの白花があるのですが、こいつはミヤマエンレイソウなのかな?

どんどん登っていくと、北海道で言うタケノコ(チシマザサの新芽)をポツポツ。またタラの芽も採り頃で、二人で夕食にする程度を少し。また、明日の味噌汁用に若いフキも10本ほど頂いてきました。

220507_20220507205001

途中では立派なアオダイショウに遭遇・・・何年振りかなぁ・・・何かいいことありそうな。

220507_20220507210901

スミレの花に来ていたこのアブは、ヒメヒラタアブかな?ミナミヒメヒラタアブ?

これからは虫も動き出し、カメラを持って出かけるのが楽しい季節になるのでうれしいな。

そして・・・大型連休明け、コロナの感染状況がどれだけ動くのかが気になっています。

拡大するのは当たり前なので覚悟しておかなければなりませんが、それがどの程度まで拡がり、そしていつ治まるのか。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

我家から「こどもの日」がなくなった。

大学入学からおよそ1カ月、GWに初めての帰省をしていた息子は今日、自分のアパートへ戻りました。

さすがに一度巣立てばそれなりに自立の道を歩んでいるわけで、そんな当たり前のことを感じられる、よい休日となりました。

だから、今年から我家にはもう「こどもの日」はないのです。

220505

例年であれば今頃が開花宣言となるのですが、今年は早かったので既に葉桜気味です。でもエゾヤマザクラは実生なので個体差が大きく、これから咲くような個体も。

今日の散歩で見かけたこの樹は、ほぼ白花と言えるような涼やかな花でした。

220505_20220505192601

オリエンタルユリのコンカドールは、今年も力強く萌芽を見せてくれました。

こいつが咲くのは、暑い年でも寒い年でもだいたい、7月末か8月初め。今年もたくさんの花を着けてくれそうです。

僕は60歳定年後の再就職(同じ勤務先で出向から転籍になった)から1カ月。あれこれと、今後の仕事の仕方や暮らしのことを考え始めています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 4日 (水)

オーブリエチアとオーブリエタ

明日には帰省中の息子が帰還するので、今夜は近所の焼肉屋で壮行会でした。

まあ、それはともかく、

オーブリエチアは北海道の、我が家の辺りの気候に適した植物だと知っていました。

桜の頃には近所の庭で見事に咲き誇るのを見ていますし。

220503_20220504202101

そこで僕も苗を購入して「適当に」植えてみましたが、3年ほど待っても株が大きくならず花も咲きませんでした。

うーん・・・ということで株の周りに腐葉土を入れ、土を軽くほぐして肥料を効かせることで咲き始めたのが去年からです。

これまでだいたい「適当に」で済ませてきたのですが、まあ、ダメなこともあるわけですね。

・・・ところで、この植物の名前をオーブリエチア(Aubrietia)と覚えていましたが売店では「オーブリエタ」と表記されていることが多いです。

英語版のWikipediaを見るとAubrietaが正しいようなことが書かれていましたが、他のサイトではだいたいAubtietia(Aubrieta)または逆にAubrieta(Aubrietia)と、どちらも認めているようです・・・でも本当に正しいのはどっち?

そこでRHS(英国王立園芸協会)のサイトにある「Find a Plant」へ行き、「Aubrietia」と入力しても何もヒットしませんでしたが「Aubrieta」ではオーブリエチア(?)が出てきました・・・ということは「Aubrieta=オーブリエタ」が正しいのだろうな、と今は思っているところです。

ふう・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

クレマチスアルピナの実生を育て直すことにした。

今年のゴールデンウィークも、前半終了。

大学生になって帰省中の息子が2日後に帰るので(毎日、昼過ぎまで寝ています)、気分的には終盤です。特に予定はないのですが。

それでも夕食のため近所の焼肉屋へ行くと「予約はありますか?」などと初めて訊かれました。この店に「予約」というシステムがあるとはおよそ15年、知りませんでした・・・そして今日は食べられず、その場で明日の予約をすることに。

220503

お天気がすっきり晴れないので庭仕事も停滞気味です。でも今日はこの、短くとも3年はほとんど育っていないクレマチスを何とかすることにしました。

こいつは確か、アルピナ‘ウィリー’の自然実生から育ったヤツ。

220503_20220503204001

実績のある培養土(すくすく倶楽部)で鉢上げしました。さて・・・来年には花が咲くほどまで育つかな?

そもそも、地植えにしていたのは鉢植えの水やりが面倒だったからなのですが。

220503_20220503204101

「水やりが面倒」のついでに、今日は初めてマーガレットを地植えにしてみました。

‘フォーシーズンズ’という品種・・・さて、元気に育って咲いてくれるかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »