« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月28日 (土)

ワクチン2回目の暑い日。

この夏、北海道は記録的な高温となりましたが・・・僕が思うには、この25年の間にはもっと「暑かった!」と印象に残った夏が2~3

回はあったはず。

210828

それでも、天気予報では来週末あたりから秋を感じる頃となりそうです。

・・・話は変わりますが、僕も60歳を超えたので今日、2回目のCOVID-19ワクチンを受けてきました。

1回目は注射した部分の痛みが翌日昼頃まで続いた程度でしたが、2回目は注射から4時間後くらいから風邪をひいて熱が出たような症状を自覚しています。

僕はこのワクチンを信用できていなくて、できれば受けたくないし家族も受けさせたくないと考えていました。

これまで実績のないm-RNAワクチン、しかも緊急承認という状態でしたから。5年後、10年後にどのような副作用が起きるか、公開されていないのです。

それでも受けざるを得ないと考えたのは、感染する確率が急上昇したこと、そして感染後の重症化リスクを恐れてのことです。

もちろん、ワクチン後も「他者へ感染させない」ための行動は継続します。

それでも、納得はできていません。

「ワクチン(m-RNA)の注入によって遺伝子が書き換えられることはない」と言われていますが、遺伝物質(今回はm-RNA)の注入による遺伝子への影響は、書き換えや組み換えだけでなく「遺伝子の修飾」というものがあるのに、この影響についての説明がされていないのが気になるのです。

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

ニジマス釣りでバッタを意識した。

今日は「有給休暇の計画取得」でニジマス釣りへ。

先週も来た区間ですが、やり残したことがあったので。

10823

この辺りではエゾヤマザクラの一部は既に黄葉が始まり、木々の緑が少し白っぽく見え始めました。

210823

ふと見ると足元にはカエルが・・・冬眠までにたくさん食べようとしているのでしょう。エゾアカガエルかな。

210823_20210823203401

先週と同様、ニジマスも元気でした。そして今日も、大きなフライへの反応が強いと確認できました。

僕はほとんど、細身のカディスしか使わないのですが・・・

Photo_20210823203601

今日いちばん反応がよかったのは、フライを雑多に入れたタッパーにあった、この太身のやつ。

何年前に巻いたのかも覚えていませんし、これで釣れた記憶もありませんがフックがサビているので、使ったことはあるみたい。

エルクヘアをタワシ状にしたやつですが、これを巻くのは面倒・・・。

さて、今日は何故これをチョイスしたかというと、

Photo_20210823204501

先週も緑色のバッタが河原にたくさんいたから。ハネナガフキバッタなのだろうと思います。

ヒトの目で見ればあまり似ていませんが水に浮くと、サカナの食欲をそそるのかもしれませんね。

うーん・・・この時期限定、ということかな。

次は、もう少しバッタに似せるよう工夫したフライを試してみようと思います。

 

| | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

とうきびを焼く。

この夏もキャンプや釣りへ出掛けるつもりで「有給休暇の計画取得」を予定していたのですが、このご時世ですし「キャンプブーム」とやらが怖くて自粛です。

Photo_20210822234901

その代わり、というわけでもないのですが、午後の雨の予報に合わせて借家のガレージで炭をおこし、トウモロコシを焼きました。

トウモロコシ=北海道では「とうきび」と呼びます。

最近はスイートコーン・・・というのかな。

ふつう「とうきび」は皮をむいて塩茹でしますが、炭火が使えるなら皮のまま焼くと最高に美味しいです。

外側から黒く焼ける皮を一枚ずつ剥がして行くと30分ほどで裸になるので、醤油を垂らして焦げ目をつけて・・・。

食べる直前、熱々のうちにバターを乗せても。

 

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

ニジマス釣り、今シーズン1回目。

北海道のヒグマ、今年はなぜかヒトを襲う…という感じなので、しばらく渓流釣りを控えていました。

そして今シーズン2回目(ニジマス釣り1回目)は盆休みの最終日に。

210816

ここは釣りやすい場所なので夏休み中にたくさん人が入っただろうな、と思っていましたがサカナたちは活発で、

210816_20210816200401

3時間ほど遊びましたが、途中で集中力がなくなるほど、フライへよく喰いつきました。

小さなフライには小さなニジマスとオショロコマ、大きめのフライには大きめのニジマス。

この川で盛夏によくある、#6-8のフライでうまく行く日でした。

今年の残りの夏と秋、それぞれ1回ずつくらいは来たいものです。

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

森を散歩する日々。

お盆と夏休みで、仕事場は5連休の中日です。

今日もまた、午前中はカメラを抱えて市内の森を散歩。

210814

涼しくなったのでふわりと現れたこの蝶は・・・ヤマキマダラヒカゲ、かな。子供の頃の図鑑では「キマダラヒカゲ」だったようです。

ま、日陰の林道を歩けば普通に出会う蝶ですが・・・こいつがヒラヒラと舞って木に停まれば、そこにクワガタがいる可能性あり。

10814

さて、このハチは何という名前だろうか・・・今まで蜂の種類を気にしていなかったので、これから勉強しなければ。

例えば、

Photo_20210814231001

これは・・・エゾトラマルハナバチ、だろうか?・・・というレベルなので。

 

 

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

たぶんオオルリ。

仕事場の盆休みは今日から5日間。

210812l

いつもの森へ散歩に出掛けると・・・急に気温が下がったためかセミの声もなく寂しい感じでしたが、このトリはオオルリ?

木々の中で暗くてよく見えませんでしたが、画像を加工すると青い姿が浮かび上がりました。

200mmの望遠ズームでは、野鳥を写すには厳しいかな。

Photo_20210812230401

この夏に、このムシが「シリアゲムシ(エゾシリアゲ)」というのだと初めて知りました(図鑑では見ていた)。それまで、たぶん見掛けても特に気にしていなかったのだと思います。

今日、出会ったこのメスは、オレンジ色のダニを大小、くっつけていました。

似た感じのは子供の頃からキリギリスで見ていた記憶がありますが・・・こんな小さなムシにも付くんだな。

外出自粛が求められている今、こんな風にヒトのいない所を目指して動くしかありませんが、残り少ない夏を楽しみたいです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

夏は下り坂。

暑い日の続いた北海道でしたが、今日の雨から気温は平年並みに戻る予報。

「お盆を過ぎれば夏は終わり」と言われるこの地ですから、そうなのかもしれません(また暑くなるような気もしますが)。

Photo_20210809212601

明日から2日出勤、そしてその後はお盆休みの5連休。

何もすることはないのですが、少しでも夏を楽しんだ記憶を刻んでおきたいものです。

 

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土)

カワラナデシコの咲く頃に。

何年か前にタネをばら蒔いたカワラナデシコ(園芸種)がきれいに咲いています。

1_20210807220301

それを、今年5月に入手した「いいレンズ」で写して拡大するとこんな感じ。まあまあ、いいかな。

でも望遠ズームなので100cmまでしか近づけませんし、僕が写したかった雌しべの所にはうまくピントを合わせられませんでした。

2_20210807220401

そして・・・翌日になりますがそれまで長く使っていた60mmのマクロレンズで近付いて写すと、こうなります。

そして、拡大すると・・・

Photo_20210807220801

受粉した黄色い花粉まで写っていました。

新しいレンズを気に入っていますが「やっぱり守備範囲というのがあるんだなあ」、と思っているところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »