« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月24日 (土)

暑さがうれしい日々。かな。

7月下旬。北海道でこれほど好天が続くのは珍しいようです。

昨日、夏のセミ(エゾゼミまたはコエゾゼミ)のウォーミングアップの声を聞きました。

僕が覚えている中では、こんな夏は2020年(その頃に買った扇風機をまだ使っている)をよく覚えていて、その後も9月いっぱいまで暑かった夏があったような。

210724

そして、今年はオリンピックの4連休も好天続きで・・・本来なら釣りやキャンプへ出掛けたいところですが、今日もカメラを抱えて近所へ散歩。

はじめ、えこりん村の銀河庭園へ入ろうと駐車場まで行きましたが、虫網を担いだキッズたちに恐れをなして目的地変更(キャンプも、これがあるから行けない)、桜公園(「札幌から人は入らないで」の看板あり)をさらっと流して(つまらない)、恵庭市の森林公園でようやく楽しめました(ほぼ貸切状態)。ピカピカのこの蝶は、ウラギンスジヒョウモンかな。

3_20210724230401

昆虫少年時代は、蛾にはほとんど興味のなかった僕ですが、「虫撮り」活動に入った今では小さな虫の名前も知りたくて調べてみます(撮影後に)。3頭が集まったのはキスジホソマダラという蛾、赤いメタリックな甲虫は…ヒマな時に調べようかな。

北海道の夏は既に折り返しを過ぎ、3週間後の盆を過ぎれば、秋へ向かう気配が濃厚になるのがいつものこと。

9月も暑いままでいてほしいのですが、どうなるか?。

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

虫撮り・・・そして暑かった午後。

今日は暑かった・・・北海道なのに33℃で、エアコンはあるけれど使えない借家。

L210718

午前は元気よく散歩。少し遠出した森ではシリアゲムシに遭いました。エゾシリアゲの♀、かな。

210718

この時期に会えるとラッキーなのがルリボシカミキリ。朽木に飛んできたところでした。

L210718_20210718201401

よく分らないのがコイツで、子供の頃から近所の山でチョウを見てきましたが、久しぶりに見るような、見たことがないような・・・。

ネットで調べてみましたが種類が分りませんでした。普通にいる種類の個体変異なのかな?後翅の白い部分と蛇の目の大きさが印象的です。

→その後、ネット検索を継続して「ウラジャノメ(北海道亜種)らしい」、というところまで判りました。

そして自宅に帰れば33℃。帯広では37℃を超えたのだとか・・・ここ数年では記憶にない暑さです。

それでもまあ、来週にはエゾゼミなど夏のセミが鳴き始めて、僕が待ち望んだ夏はいよいよ「本番!」となるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

虫撮りな日々。

北海道の、僕の住むこの辺りも30℃を超える、夏らしい日になりました。

いつもなら休みを追加して渓流釣りやキャンプを満喫するこの頃ですが・・・北海道ではヒグマの行動がいつもと違うようですし、「キャンプブーム」と聞けばキャンプ場へ行く気も失せて、カメラを抱えて近所の森を散歩です。

L210719

息子を連れて来た頃ならば「虫捕り」ですが今では持ち帰っても仕方ないので「虫撮り」。この辺りでは珍しい、図鑑にあるようなノコギリクワガタが、メスをガードして頑張っていました。

210717

いつも可愛らしい姿を見せてくれるウラナミアカシジミ。翅の表はハッとするような明るいオレンジ色なのですが、なかなか「撮り」を許してくれません。

210717_20210717213201

今日も至近距離では撮れず「ぼんやり」となったミドリシジミ(の仲間)。

捕まえれば標本にできますがそうではなく、何とかして生きている姿を撮影できるように頑張ってみたいと思います。

でも、先は長そうかな・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月12日 (月)

健康診断の日、秋の始まりは赤とんぼ。

この時期になると、羽化したばかりのアキアカネなど、赤とんぼと出会うようになります。

今はまだ麦藁色で、「赤とんぼ」として見掛けるのは、まだ先ですが・・・。

Photo_20210712210701

そしてこの時期、仕事場ではだいたい健康診断。

今年も無事に終え(最終結果はまだ先ですが)、血圧は正常だったのでひと安心。

今週は暑くなりそうなのでビールが旨いぞ、と。

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

ナデシコの頃。

今年の北海道は「前はこんなだった」と久しぶりに感じられる普通の夏・・・ということは、気温が低めです。

それでも来週からは「暑い夏」がやって来そうな天気予報。

一方、この夏はあちこちでヒグマの人的被害や市街地での目撃がニュースで伝えられて、「なんか変だぞ」と思わざるを得ません。

なので、渓流釣りは控えているのです・・・代りに近所の森などへ、休日にはカメラを抱えて1-2時間ほどの散歩です。

210710

庭では、何年か前に種を播いたカワラナデシコ(園芸種)が先週から咲いています。

キャンプ用のチェアを出して眺めていればハチやチョウがやってきて、望遠レンズで狙ってみるのも楽しいもの。

この後、ブッドレアが咲けば、もっとたくさんの虫が来ることでしょう。

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »