« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月25日 (日)

ジャガイモを植えた。

去年は「インカのひとみ」を植えましたが今年は「インカのめざめ」。

4月初めにホームセンターで買い、物置に置いていた種イモの芽が大きくなってきたので植えることにしました。

Photo_20210425171101

この、2個だけ入って1パックというのが僕にはうれしいです。

というのは、

Photo_20210425171201

今年も鉢植えで育てるつもりだったので。

2_20210425171301

5分で植えました。この後、芽が伸びてきたら増し土して・・・の予定です。

今日から非常事態宣言の地域があり、うまく行くとよいのですが、全国一斉にやらなければ難しいのではないか、と思っています。

北海道で言えば、思い切って空港の利用を制限するとか。

僕は新千歳空港と札幌・小樽を結ぶJR千歳線で通勤しているのですがこの一年、「旅行客が増えると札幌の感染者も増える」のパターンを繰り返して「北海道の第4波」に至っているように見えますので。

車両の中で会話の声が聞こえるのは、だいたい友達同士の学生か、テンションの高い旅行者たち・・・という感じです。

こんな時なのだから、自制しようよ、ね。

| | コメント (0)

山菜採りとモズのはやにえ、だった日。

昨日の4月24日(なぜかNiftyへログインできなかった)は、我が家史上最も早い「初山菜採り」の日でした。

行く場所はいつも同じなので、今シーズンの春が早く来たということです。

210424

それでも、ミズバショウがようやく開花した頃でしたから、少し早めに来てしまった感はありました。

同行の息子はもう18歳、初めて山菜採りへ連れてきた4歳の頃とは立場が逆転して、気遣われながらの春の探検。

Photo_20210425070001

2時間ばかりの運動と探検。ギョウジャニンニクと若いフキを少し採りました。

210424_20210425070201

帰り道で息子が見つけたこれは、「モズのはやにえ」でしょうか。

図鑑などで、カエルが刺されている図を僕も見たことはありますが、実物に遭遇したのは初めてかもしれません。

犠牲になったのはエゾオオマルハナバチの女王かな。

Photo_20210425070701

通り道の地面にポツポツとたくさん開いた穴をよく見ると、待ち伏せ中の頭が。

夏になるとこのあたりで活発になるハンミョウ(ニワハンミョウかな?)の幼虫なのでしょう。

・・・季節を楽しみながら、久しぶりに体を動かして。

昼食に、これも我が家恒例の「初ソーメン」を楽しんで、いよいよ初夏が間近まで来ているのだと実感、です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

初シロチョウの日。

今日は一日中よく晴れ、穏やかな春の日でした。

越冬したサナギから羽化した白い蝶がチロチロと飛ぶのを、今シーズン初めて見ましたし。

モンシロチョウなのか、スジグロシロチョウなのか、エゾスジグロシロチョウなのかはわかりませんが、トップバッターはだいたいモンシロチョウのような気がします。

210411

一方、こんな日はシラカバやハンノキの花粉がよく飛びますから、北海道民に多いシラカバ花粉症の息子には辛い季節。

僕は通算20代を中心に12年ほど本州で暮らしましたが、スギ花粉症は「たぶんギリギリ発症していない」段階。この時期に関東へ出掛けると頭が重いと感じますので。

そういえば、庭にある大きなイチイの木は雄株で、今日は盛大に放出された花粉が黄色い煙のように見えました。

「これは花粉症には影響しないのか?」と去年あたりから、気になっているところです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

Puschinia scilloides・・・名前を覚えられない。

ほど良いポカポカ天気の土曜日。

たぶん5-6年前の秋に球根を植えたこの花は・・・

Puschkinia-scilloides

Puschinia scilloides という種類のようで、実は球根を買った時に付いていたラベルを見ても名前を覚えられませんでした。

カタカナで書けばプスキニア(プシニア?)スキロイデス(シロイデス?)・・・という感じでしょうか。

チオノドクサに似た感じで、それと同じように1週間後には花が重くなって、さらに伸びた花茎が寝てしまうはず。

この、1週間ほどの短い間だけ、きれいなのです。

210410

球根植物は同じ場所で毎年咲くのでありがたいですが、シーズン中の長い間、花を咲かせてくれるのは一年草。

コスモスを播くにはまだ早いので、今日はネモフィラを初めて種まきしてみました。

Photo_20210410201601

細かいタネです。

未熟そうに見える、色の薄いのが半分くらいあるけれど、大丈夫かな(まあ、僕の場合は10分の1でも発芽してくれればよいので、ダイジョウブでしょう)。

COVID-19がまた流行りだしましたが、JRに乗っていると夕方の車内に新千歳空港へ向かう旅行者が増えているのを感じます。

来た人が帰るのか、これから出掛けるのかは半々のようですが・・・往来自粛を求められても効果は薄いようで、はしゃいだ様子の旅行者は、この状況での地元の人間として、気分のよいものではありません(それを感じられないのでしょうか?)。

せめて、移動の間くらいは静かにしていてくれると助かるのですけれど、ね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

ビオラを植えた。

雪解けが早かったので、今日は早めにビオラを植えました。

土さえ凍っていなければ植えられるし、仮にこれから雪が積もるような日があってもビオラなら問題ありませんので。

10404

きれいなラナンキュラスも売られていたので、ちょっと高かったけれど赤と黄を。

5月になったらビオラの何株かを移動して、ここにはペチュニアを植えてコスモスも播こうかな。

にほんブログ村 花ブログへ

 

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »