« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月27日 (土)

春が来た。

ポカポカ陽気の日が続き、庭の雪はほとんど消えました。

210327

我が家でいちばんに咲くのはシクラメンコウム。雪が積もる前から蕾が色付いていましたからね。

210327_20210327163001

続いて、スタートダッシュがすごいスノードロップ。

210327_20210327163401

少し遅れて早咲きのクロッカス。

210327_20210327163701

公園脇に流れる小川の水紋が何やら騒がしく、覗いてみるとカエルでした。

エゾアカガエルかな。

210327_20210327163801

卵もありましたので、もう少し経てばオタマジャクシを見られそうです。

今年は春が早く来た感じ。来週の休みにはビオラを植えられるかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

春の雪。

春分の日明けの日曜は「荒れる」との予報でしたが、この辺りはそうでもなく。

Photo_20210321202602

夜のうちに雪はさらりと積もりましたが、まあ、いつものこと。

Photo_20210321202601 

昨日はクロッカスの萌芽に気付きませんでしたが、雪と一緒に見れば、健気に感じます。

210321

気の毒なのはムシたち。「あれれ?」というように雪の上を、冷え切って動きが鈍くなったハエが歩いていました。

・・・自粛や時短営業で戸惑う、今の社会に似ていないかな?

「集中対策期間」とか「緊急事態宣言」とか「自粛要請」とか、あれこれ発出され過ぎて、何が継続しているのか、何が終わったのか、も曖昧なこの頃。

この中で僕も家族も、最大警戒レベルから変わらない日常を続けていますが、報道で知る限りは「このままじゃ、まずいよね。」と思うような、人の流れや感染者数の推移です。

文明以降のヒトの活動の結果として自然も社会情勢も急激に変わる今、現実として「社会の中の淘汰」が起きているのではないかな?

現在の「既得権」に振り回されず、助け合って状況に合わせて社会構造が変わるようにしなければ、パンデミックにも地球環境変化にも対応できずに「共倒れ」へと向かってしまいそうな気がします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

春分の日に穴埋め。

今年の春分の日は土曜。よく晴れましたが風はまだ冷たく。

 210320

それでも、ここ数日の暖かさで西側の花壇の雪はほとんど消えました。

するとすぐに顔を出すのは、積雪前から準備が進んでいたシクラメン・コウムのつぼみ。

数日のうちに開くのでしょう。

210320_20210320165101

今日の作業は、たぶん動物に掘られた穴を埋めること。

200307

犯人は、近所でたまに会うコイツだろうと思っています。

まあ、この程度はいいんだけれど。

Photo_20210320165401

それでも、葉を伸ばしたまま雪の下で耐えていたムスカリや、チューリップの球根が散乱していたので、適当に埋め戻しておきました。

210320_20210320165601

さあ、ビオラを植える季節はもうすぐ。

ネット通販で購入した草花の種子も届きました。

ネモフィラは今播いてもよさそうですが、4月に入ってからにしようかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »