« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月21日 (月)

今日は冬至。

今日は冬至。

高校生の頃を含めて、「冬至」のキーワードにいくつか思い出があります。

だいたい僕にとっての重要なイベントではなく、何となく過ごしてきましたが、それでも「明日から少しずつ日が長くなる」という区切りと思えばうれしいものです。

雪と寒さの厳しい季節(まだ始まったばかりですが)は、あと3か月。

 

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

本格的に雪が積もった。

札幌あたりでは「この冬は雪が少ないかも」と思ってもだいたい、ホワイトクリスマスになるものです。

だから、今日あたり本格的に雪が積もるのは普通なこと。

201220

朝から降っていて、16時頃まで、地面に30cmくらいは積ったかな。

・・・考えてみれば、この降り方はごくごく「普通」なこと。

逆に、ここ5年ほどは雪が少なく「異常」だったわけです。

異常気象、などと言われながら(僕は深刻に受け止めていますが)案外、感染症の影響で経済活動が低下して大気汚染が緩和され、その結果として「普通」に戻りつつあるのかな?と少しだけ疑ってみました。

 

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

もう12月中旬。

12月12日、ということはもう、12月の中旬です。

札幌近郊は現在積雪ゼロですが、来週には根雪になりそうな気配。

201212

シクラメンコウムの葉がイキイキとしていますが、気の毒ながらもうすぐ雪の下。

201212_20201212165001

つぼみもできて、これから暖かな日が続けば咲くのでしょうけれど・・・このまま雪の下となり、咲くのは来年の3月末頃かな?

この冬の、積雪量次第。

今年は4月から初めてのJR通勤となり、ほぼ同じタイミングでCOVID-19が全世界で拡大する異常な状況となりました。

在宅勤務、時差出勤など色々と工夫しながら日々を過ごす中、駅や電車の込み具合を見ていると何となく、同じような顔ぶれであることが分ってきました。

一定の時刻、ほぼ決まった車両の同じような位置に立つか座るかして、通勤・通学する人たち。旅行者はほとんどいません。

事態が変化する中で、この沿線の人々が状況の中で感じていることを何となく、共有しているような雰囲気も感じます。

GoToトラベルが始まれば札幌駅にスーツケースを引っ張る人の数が増え、電車内にも「外から来た人」が増える。

すると、それまでは電車の座席を一つおきに空けて座っていた暗黙のルールが緩んで「みっちり」に。

そして、北海道の感染者数が増えればスーツケースの人は減り、朝7時には開店していた駅構内のミスドやキヨスクが7時半の開店になる。

現在の電車の座席は、4-5月ほどではないながらも「空け気味」のマインドを感じますが、旅行者には分らないみたい。

これがいつまで続くのか・・・。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »