« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月26日 (日)

あちこち混んでいるので、ステイホーム。

この4連休は、本来は東京オリンピックのためのものでした。それが新型コロナウイルスに対応した自粛と「ステイホーム」の反動で、行楽休暇に変わったようで、それはそれでよいのかなと思います。

昨日は高速道路を使って釣りへ行きましたが、高速も国道も車が連なっているのを目の当たりにして、「今日は大人しくしていよう」と。

L_20200726194101

そこで、薫製作りの練習中ということもあって、キャンプ以外では久しぶりに炭をおこしたのでトウモロコシの炭火焼き。

緑色の皮を着けたまま炭火でじっくりと焼きます。

皮が黒く焼けたら一枚剥がし、また焼けたら一枚剥がし・・・最後はハダカになったところに焦げ目をつけて醤油を垂らしながら焼き上げれば完成です。45分くらいかかるかな。

これは文句なく美味しいです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

北海道はあちこち大賑わい・・・かな?

この4連休は僕も遊ぶ気満々だったのですが・・・初日に(翌日宿泊のために)キャンプ場へ電話をして、「満員です」と言われたところであきらめました。どう考えても混みそうにない所のこの状態を知り「ただ事ではない」と悟ったので。

その前兆は、家族連れがソワソワしまくっているホームセンターでも感じていました。

200725

なので基本に戻って、ファミリーが行きそうにない渓流釣りへ。途中で寄ったラーメン屋も健在でした。

そして、いつもながら雄大な山や水に抱かれた自然へ入っていくのは格別に心地よく。

Photo_20200725213901

今日は小さめのニジマス中心に、ほど良い運動の感じでいつものように楽しめました。

ここへは25年以上も通っていますが、この川の近くでミヤママタタビに気付いたのは今日が初めて。

ここへ来る途中の高速道路から見えるひとつの「キャンプ場」は、あまりやる気がないというか他の観光がメインと思っていたのですが、今日はこれまで見たことがないほどの多くのテントが見えました。世間ではキャンプブームだそうですし、子供たちを遊ばせる絶好の日程なので大賑わいなのでしょう。

うーん・・・僕のキャンプはしばらく、平日の休みが取れた時だけかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

テッポウユリが咲き、薫製作りへのチャレンジを開始。

今年もテッポウユリが咲き始め、先に咲いていた八重咲きのホリホックと良い感じ。

L_20200723201901

これから他のユリも次々に咲きますから、楽しみです。

L_20200723202001

そして、この夏の僕の課題は薫製作り。道具となる「スモーカー」はどんなのを買おうかとあれこれ悩んでいたのですが、まずは使い捨ての段ボールのやつを買って庭で体験してみることにしました。火を使うので注意が必要です。

L_20200723202002 

ホームセンターで買ってきた小型のスモークウッドに点火して2時間ほど。見た目も味も、まずまず良好な仕上がりとなりました。

この段ボールでは網一枚のみ、この平らな範囲でしか出来ません。なのでもう1回くらい練習し、その次は金属製の縦長スモーカーを入手して、目標の「キャンプで、釣ったサカナの薫製を作って食べる」に近付きたいです。さて、今シーズン中にレベル到達できるかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

えこりん村の銀河庭園で熱中症気味に。

よく晴れたので、運動(散歩)とレンズ(使いこなせていない28-300mmズーム)の撮影練習のため、えこりん村の銀河庭園へ出掛けました。

L_20200721201301

よく手入れされているせいか、バラのアーチがまだきれいでよい香り。

ここは有料の庭園ですが、普段は年間パスポートがあるので休日にガラガラということはあまりないのです。でも今は新型コロナウイルスの影響でパスポートが販売されていないせいか、人はとても少なかったです。

それでも敷地内にはスピーカーで「マスク着用を」とアナウンスが流れました。

・・・これは僕にもきつかったです。子供や高齢者は外している人が多かったようですが。

200719

青空をバックにオカトラノオの白とホスタの薄紫。

夏咲きの宿根草は、これからが見頃です。

200719_20200719213601

この白い花はシャスターデイジーかな。この庭園の、背後に見えるアナベルは特に花房が大きくて見事です。

200719_20200719213701

ここの水場で、何年か前から気になっていた赤とんぼを撮影することができました。

子供の頃から北海道でムシを追いかけていた僕には見慣れない種類のように見えたので。

ネットで調べるとショウジョウトンボのようです。図鑑によっては、北海道で定着していないような記述がされているようで、札幌市内の公園でも数年前に初確認した等の情報がありました。

これも温暖化の影響でしょうか。

さて、明日は早朝から健康診断。6日ほどビールを我慢しましたが、どうかな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

天気がよかったので散歩して・・・なぜかクルマの修理へ。

今日はよいお天気だったので、三脚とカメラを持って近所の森へ散歩に出かけました。

近所と言っても入り口まで繰るまで5分ほど。途中クリーニング店に寄って・・・入口に着きましたが、クルマが何かおかしいぞ。

ステアリングを右へ大きく切って戻すと下の方から「カコン」と音がします。停車中にやっても、ほぼ同じ角度で同じ音。

クルマ屋に電話すると「午前中は忙しいから午後に来てね」と。だから、散歩は予定通りして、その後で行くことに。

Photo_20200718222101

カメラは少し前に「ピント調整修理」に出して戻ってきたD750(あまり満足できていない)に、レンズは28-300mmズーム(画像の鮮明さに満足できていない)。

大きめのレンズが着いたカメラは重く、これまで使っていた安い三脚では不十分だと思い知りました。また、レンズの実力もこんなものと理解できて、さて今後も付き合うか、それとも買い替えるか・・・小遣いとも相談です。

200718

ノシメトンボがたくさんいました。あと2週間ほどすると、畑や住宅地の方へ降りてくるのでしょう。

200718_20200718222601

3年ほど前まで、ここへ来るときは必ず息子と一緒で、目的はクワガタをはじめとした昆虫採集でした。

でも今は写真を撮るだけ。

200718_20200718223001

夏に出るセミの抜け殻も見つけました。コエゾゼミかな。

来週前半にでも鳴き始めるのでしょうか。そんな季節です。

さてクルマですが、昼食後に渋々、クルマ屋へ行くと割と簡単に直りました。前輪のブレーキの部品が少し曲がって、本体のどこかと干渉していたのだとか。理由は不明です。

何かすっきりしないのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

ユリが咲く季節の始まり。

2日前の日曜に、今年の春に球根を植えたリーガルリリーが咲き始めました。

ユリの球根を春に植えるなんて初めてのことでしたが、うまく行ったようです。

Photo_20200714205801

ほんのりと、ユリらしい香りがします。

Photo_20200714205802

ヤマアジサイの葉にとまった小さな金色のハエ。これまでにも何度か見掛けました。

ネットで調べてみても明確な名前は分りませんでした。「アシナガバエの仲間」という感じのようです。

Photo_20200714205803

横から見ると確かに、脚が長いですね。ハエというよりアブに近い種類で、昆虫などを食べる肉食性なのだとか。

まだまだ、知らないことがたくさんあるなあ。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

エダマメの葉に穴がたくさん・・

たぶん3年振りくらいに、庭でエダマメを育てています。

この庭は南側に隣家があり、ブロック塀で囲まれているため日陰がちで風通しが悪く、広くはないので背の低い作物には厳しいです。

だからエダマメはあちこちに播き、また鉢栽培なんかもして1-2回美味しく食べられればイイかな、という感じで。

Photo_20200712212101

まずまず順調に発芽しましたが7月に入り、全体的に葉の穴が目立っています。

コガネムシかな?と思っていましたが、あまりに小さな穴が多いぞ・・・。

Photo_20200712212301

葉裏を見ると、こんな尺取虫がたくさん。ほとんどの新芽の所にもいるので、かなりまずい状況です

・・・農薬は使いたくないので、仕方なく全部のチェックをして捕殺、です。

前の借家ではこんなことはなかったのですが、この家は自然林の近くにあり自然に恵まれているのでこうなるのでしょう。

農業害虫ではないので薬を使えば簡単に駆除できると分っていますが、まあ、家庭菜園ですから。

8月または9月には、1回だけでよいから美味しいエダマメを食べたいな。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

ユリにアブラムシ。

北海道も7月となり、最高の季節が進行中。

僕の庭では年々ユリが増えていますが、今年は早い時期にカタクリハムシ、そしてその後はアブラムシが多いかな・・・という経過です。

アブラムシは・・・

Photo_20200711212201

まず、葉っぱの上に蟻を見つけたら要注意。

Photo_20200711212301

特に、こんな風にどこかを舐めていたら、その上にアブラムシがいて、蟻が舐めたくなる汁を落としているわけです。

その上は・・・

Photo_20200711212801

こんなアブラムシがどこからやって来るかというと、

Photo_20200711214901

こんな翅付きの親虫が飛んで来て、アブラムシを生んでくれるわけです。

こうなってくるともう、殺虫剤を使うしかないわけで。

Photo_20200711220501

僕はここ数年、これを使っています。前は殺虫剤や殺菌剤を使い分けていましたが、そう何度も出番があるわけではないので。

1_20200711220601

ここで、気を付けなければならないのが使い方。

このスプレーは「効きめ1カ月」と書かれています。植物の中に殺虫成分が残留するのでしょう。

ということは、家庭菜園では使わない方がよさそうですね。

Photo_20200711220901

今シーズンは、このスプレーを使って、こんなことがありました。

ユリには5月にカタクリハムシの攻撃があり、スプレーして退治できましたが6月に入ってアブラムシが出始め、少なくなったので少し水を足してまたスプレー・・・その後、こんな風に枯れる現象が。

僕の経験からも常識からも考えにくいことですが、起きているのが現実。

何ともすっきりしませんが・・・今日は新しいスプレーで、アブラムシを退治しました。

この後、大丈夫かな。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

キャンプそして釣り。

 いわゆる「計画有休」で、キャンプに出かけました。

息子は一応、受験を控えていますから・・・ひとりキャンプ。ファミリー用でおよそ20年、使ってきた道具で。

北海道はよい季節ですが、夏休み前ですからすっきりと空いているだろうと期待して・・・期待以上でキャンプ場の経営が心配になりました。

200704

たぶん100近くあるサイトに滞在していたのは、僕を含めて6組ほど。

よく手入れされたキャンプ場で、ものすごく贅沢な状況です。

これじゃあ、キャンプ場の経営が成り立たないでしょう。利用者としては安いに越したことはない(今回は1泊2,000円)のですが、2~3倍になっても仕方ないんじゃないかな、と思います。

200704_20200704205601

静かに夜を迎えて、さて寝ようか、としていると、僕に付いていたのか、テントの中にカゲロウ。釣りにもよい季節です。

早起きして釣りに出かけるつもりでしたが、静かな夜に飲み過ぎて、翌朝はゆっくりの起床となりました。

1_20200704205801

テントにはもう一匹入っていて、眠かったのでそのままにしていたのですが翌朝見るとトビケラでした。

2_20200704210701

たぶんヒゲナガカワトビケラ。北海道ではこれを模したドライフライ、カディスの本番なのですが・・・

200705

実際にヒゲナガカワトビケラを一飲みできるような大きなサカナは、僕の行動範囲の中では多くありません。

同じサイズのカディスを浮かべてみると、オショロコマたちは体当たりして沈める行動をしているように思いました。

丸呑みにしようとするサカナは・・・ニジマス。

今日はいつも以上に、警戒感の薄い小さなニジマスが多いと感じました。二日前の大雨で、下流にあるらしい釣り堀から逃げ出したのかな?

独りで使うファミリーテントの設営と撤収、渓流釣り、と、僕にとっては楽しいけれど身体をよく使う二日間でした。うまく動かない身体のリハビリにも、最高の休日となったかな。

来年も、このタイミングでキャンプと釣りに来たいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »