« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月29日 (金)

ナナカマドの花咲く頃。

大好きな5月もあと2日で終わり。その次は渓流釣りの季節になります。

今日は気温がぐグッと上がって、まさしく初夏の陽気でした。在宅勤務なので庭での休憩(日向ぼっこしながら)くらいしかできませんけれど。

この感じだと明日あたり、エゾハルゼミが鳴き始めるかな。

200529

そして、この頃はナナカマドが花盛り。この木は赤い実や紅葉のほかに、こんな白い花も美しいです。

ナナカマドは公園や街路によく植えられていますが、国内には自生があるようですね。

今朝のナナカマドの花は、コンパクトデジカメのRX100ーM5で撮りました。35mm換算70mmへズームして。

このカメラを入手してもうすぐ2年になりますが、ようやく良さが分ってきました。まずレンズがよいのだな、という感じ。

カメラと言えば・・・

D750_20200529161701

去年の8月に新品を買ったけれど、ピントが微妙に合わず不満を感じながらおよそ10カ月間、2軍だったD750

修理を申し込みました。遠隔地から申し込めるニコンの仕組みでは「修理」「メンテナンス」しかないので。

保証期間内だから「修理」は無償でも、往復の運賃と梱包材は有償です。初期不良または不良品なのだからおかしいと思うのですが。

サービスセンターへ持ち込めれば運賃は掛からないけれど、一番近いのは東京都内みたい(札幌のは4年前に閉鎖されたようで)。

まあ、仕方ないか。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

おまけ付きのラインクリッパー(カッター)を買ってみた。

フライフィッシングを始めて、17年目のシーズンが目の前です。

この間、フライで釣る人と一緒に行ったのは2日だけ・・・釣りに行くのはほとんど単独なので、ほぼ完全に自己流です。

200528

道具は基本的に、この釣りを始めた頃にポツポツと揃えたものなので、ほとんどが17年モノ。

ラインクリッパー(カッター)は、餌釣りしていた頃は爪切りを使っていましたが、フライを始めた時に、フライラインとリーダーをつなぐ「ネイルノット」を助けてくれる、パイプが付いたものを使い始めました(=このパイプがないとネイルノットがうまくできない)。

そのパイプを昨シーズンに紛失してしまい・・・

同じものを釣具店やネットで探しましたが見つかりませんでした。

そして、その「パイプ」に相当するものが「ノットツール」「ノットアシスト」と呼ばれていることに気付き、しかも、より使いやすいものがあることを学びました。

・・・で、ネットショッピングで、このクリッパー(ネイルノットツール付き)を見つけて入手。

ちょっと高いかな、と思いましたが手元で見ると親切な説明書があり、ヒモの端を焼いてあるなど手作り感が好ましく、まだ使っていませんが気に入りました。

Photo_20200528224601

さて・・・来週はヤマメ解禁です。

これから約4か月、ヤマメは別にすれば既に来ている、北海道の最高のシーズンを楽しまなければ。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

散歩が必要な日々。

現場中心だった仕事から会議やデスクワーク中心に変わったのはしばらく前ですが、「仕事中は座りっぱなし」に近いのがこの一年。

年齢的なものと体質的なトラブルも重なって、歩行の力が少しずつ弱まっていることを感じます。

200524

それで、何年か前までは息子を連れてよく来た公園へ散歩です。

200524_20200524203401

広い公園です。かつては虫捕りが目的だったし子供が小さかったので踏み込まなかったエリアへ行ってみました。

以前はこんなスミレが咲いているのに気付きませんでしたし、タケノコ採りの人が結構入っていることも。

・・・僕も明日の味噌汁分だけ、タイミングとしてはかなり遅めのタケノコ(たぶんチシマザサの新芽)を持ち帰りました。

Photo_20200524203901

ここは野鳥がたくさんいる森で、鳴き声だけでも楽しめます。

ひときわ目立つこのトリは、たぶんアカゲラ。

新型コロナウイルスの感染拡大は、北海道では札幌圏に限ってまだ終息しきっていないようです。

それでも非常事態宣言を解除せざるを得ない事情は理解できますから・・・次への備えを進めておかなくてはなりません。

そして、何故このような事態になったのかは、人類として根本的なところを考える必要があるのでしょう。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

D750のオートフォーカス調整のためメーカー送りを決断した日。

2019年8月に新品を購入した、デジタル一眼レフのNikon D750は、購入直後からオートフォーカスが合っていない印象でした。

その後「使っているうちに折り合いがつくかもしれない」と思い、ボディの機能にある微調整をしてみて、たまに引っ張り出していましたが、どうにも信頼できなくて使わなくなっていました。元々は、その前に使っていたD600が故障したため買い替えたのですが、これが復活したので新品の出番がないという状況で。

そして5月になり、D750をもう一度試してみて、「これはダメかな」と思いました。

で、フォーカス調整に出す決心をしました。しかし一番近いサービスセンターは東京で、ネットで見ると遠隔地からできるのは優勝の「修理」「メンテナンス」以外はなさそうです。

・・・保証期間なのに「修理」もおかしいのでネットでEメールベースの「問合せ」を送りましたが、コロナ中のためかすぐに返事はありませんでした。

2005191

それはともかく、よい季節になりました。交代出勤中ですが、自宅の庭は「外出」に相当しないと解釈。

やはりチューリップの写真はD600の方で。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

キノコを撮影。

外出自粛、ではありますがいつものようにこの時期は自宅でウロウロ、です。

自粛しているのは花の苗を買って来ること。

駐車場の混雑を見るだけで、ホームセンターへ入る気になれませんので。

Nif

それでも家に居ると、忙しい時にはできなかった用事があれこれと・・・ではありますが、庭にあるオンコ(イチイ)の下の日陰にステキな景色を見つけました。

イメージ通りに撮影したくて、持っているカメラやレンズ(実働は2本だけ)を総動員して記録しました。

最初の画像は、僕が一番信頼しているNikon D600に60mmのマクロレンズを着けて。

去年の夏に買ったD750は、やはりうまくないようで、同じレンズを着けても気に入った画像になりませんでした。AF微調整の設定でも「まあまあかな」という程度。・・・調整に送ろうかな。

Photo_20200517221501

そこで引っ張り出したのが、いったんはサヨナラしたRICHO Digital Ⅲ。古くて画素数も最近のカメラには劣りますがさすがに、この接写は健在でした。

Rx100-m5

ちなみに、RICHO Digital Ⅲ 後継の SONY RX100-M5 で撮ると、こんな感じです(時間も構図も異なりますが)。

今日の結論は「やはり去年の夏に買ったD750はオートフォーカスかどこかがおかしい」かな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

タブレット端末と向き合った日。

我が家で家族のために活躍している家電のひとつに、タブレット端末があります。

主に妻が使い、その用途はほとんどがインターネットで料理のレシピを観たり、直近では手作りマスクの作り方とか。

その、2015年に入手したタブレット端末の SONY Xperia Z3 Tablet Compact が突然、ストライキ状態となりました。

充電15%の状態でそれ以上充電せず、起動を繰り返すループに・・・。

同じような症状は多くあるようで、ネットの情報からSONYのページに至り、修復もできそうな機能のアプリをPCへインストールして試すと、うまく行きそうな時もありましたが、何度かやっているうちに、とうとうタブレットが無反応になりました・・・終わったな、という感じ。

・・・特にバックアップするデータもないのが幸いで、とりあえず使える代替品を買いに近所の家電量販店2店へ行きましたが・・・リモート授業による需要でしょうか・・・ほとんど在庫なし。「予約は受け付けるけれど3-4週間待ちです」と書かれていました。

そうか、ということで同じような端末をネットで注文。1-2週間待ちみたいですが、まあ、こんなものかな。

200516

(画像は本文と関係ありません)

ところが、です。

その後、完全に機能停止状態のタブレットに一応、電源をつないでいたら、いつの間にか大人しく充電されているみたい。

もうあきらめたはずなのですが・・・明日は再起動を試みて、さて、どうしようか?というところです。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

散歩で桜巡り。

ポカポカの5月の気持ちよい日。近所を散歩して少し前から気になっていたサクラを見てきました。

Photo_20200509215201

まず、我が家ではうまく育っていないオーブリエチア。低温性の宿根草ですから北海道が適地で、この家の庭では最高のコンディションで咲いていました。我が家は・・・乾きすぎなのと、肥料が少ないのかな?

200509_20200509215601

気になっていたサクラはこれ。咲きはじめの花色が濃く、樹高が低くて枝が横へ張り出していました。

普通に見られるエゾヤマザクラではなく、チシマザクラなのかもしれません。

 

息子の高校ではようやく来週からウェブ授業が始まるようで、今日の午前にソフトのインストールなどをしました。

難しくはありませんが手順等の具体的な情報が乏しく、設定に苦労している家庭も多いんじゃないかな、と心配になりました。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

フラワームーン。

昨日のことですが、満月が大きめに見えました。

200507

フラーワームーン、と言うのだそうです。

知らなかったなぁ。

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

連休の晴れ間に。

一年前は日本中が大混雑した10連休のゴールデンウィークでしたが、今年は「ステイホームウィーク」。

5連休の後半は風が冷たく北海道の5月らしい気候となりました。しかし前半は暖かかったので、札幌では豊平川の河川敷で大人数でのバーベキューをする人が出現し、かなり強い非難の嵐が吹き荒れたようです。

200505

花見宴会は自粛が当り前となっていますが、僕は近所の公園で少しの間、満開のエゾヤマザクラを眺めました。この木はたぶん、植栽したのではなく公園ができる前から自生していたもの。

Photo_20200506144401

2018年の台風と地震で、隣接する斜面では多くの樹が倒れたほか、一部は危険とのことで伐採されてしまいました。その跡は日が射しこみ、ササが茂ってピカピカと光っています。

Pl

そこで、レンズに偏光フィルターを付けていたのでそれを効かせてみると、ササの葉の反射光が除かれてまるで違う景色が写りました。

Photo_20200506145101

このフィルターの効果は「青空が青く写る」とのこと。コブシのバックの青空を「偏光効果なし」で撮影するとこんな感じですが・・・

Pl_20200506145301

偏光フィルターを効かせると、青空だけでなく針葉樹の緑やコブシの白い花も鮮やかに写ります。

人により好みがあると思いますが、僕が撮りたいのは、こっちだな。

200505_20200506145501

庭できれいに咲いたムスカリも、この日がピークだったようです。今シーズンは今のところ、花の苗を買いに出掛けるのも気が進まないのでパンジーやビオラは植えずに過ぎました。

さて、この後はどうなることか。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

オオバナノエンレイソウ、の日。

自宅待機だったこれまでの経過もありますが、この5月2日から6日は一応、公休なのでゴールデンウィークです。

200504

幸せなことに、近くの公園の近くでオオバナノエンレイソウが咲いているのを見つけました。

小川の向こう(公園の外側)なのでズームレンズの望遠で撮ってみました(Nikon D600+28-300mmズームで撮影)。

200504_20200504212701

1週間前は満開だったヤチブキ(エゾノリュウキンカ)は盛りを過ぎて。

200504_20200504213001

この公園は若いエゾヤマザクラしかありませんが、norinori気象台のサクラ開花宣言は今日です。

何よりうれしいのは、北海道では長い冬が終わり、これから最高の季節を迎えつつあること。

そして6月半ばには夏至を過ぎ、夏を楽しく過ごしながらも盂蘭盆を迎える頃にはまた、徐々に寂しい気分へと移って行くのですが。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

ミッション完了!だった日。

いわゆる「ゴールデンウィーク」に毎年のように我が家で続けてきた行事が、「午前に山菜採り+昼食にソーメン」。

始めてから、しかも同じ場所でもう10年以上になりますが、今年も初夏を迎える儀式を行うことができました。

Photo_20200503211601

先週の偵察から季節は進み、よい頃合いです。

Photo_20200503213101

いつもより沢は水が多め。雪解けが早く終わったので、安定しているように見えます。

そして今日はいつものように、今年は高校3年になった息子と一緒に、少しのギョウジャニンニクとフキをいただいてきました。

Photo_20200503213401   

途中ではこんな美味しそうな(食べたことはない)アミガサタケも見つけましたが・・・調理の知識も経験もないのでスルー。

Photo_20200503213501

この季節にいつも悩むのは、この可憐なスミレの名前。たぶん「タチツボスミレ」なのだろうなと思っていますが・・・どうかな?

00503

我が家のテッポウユリには害虫のカタクリハムシが、野生植物ばかりの沢にいました。前に初めて見たのもこの辺りです。

庭では害虫ですが、こんなに近くの自然の中で見てしまえばここは彼らの生活圏なのであり、侵入者は自分の方なのだという事実を改めて思います。

採ってきたギョウジャニンニクは卵とじにして美味しくいただきました。フキはたぶん明日の朝食に味噌汁で。

自然の中にひととき身を置き、その恵みを少しいただいてきた、気持のよい午前でした。

もちろん、昼には美味しいソーメンをいただきましたよ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »