« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

今シーズン最後の渓流釣り、かな。

北海道のここしばらくは気温が低く、このまま晩秋から冬へとつながるのかな?と、半ばあきらめていました。

それが、今日は札幌で夏日になるとのうれしい予報。

もちろん、釣りへ出掛けました。

1909281

いつものニジマス・オショロコマの川では、この時期になるとオショロコマはドライフライに出なくなります。それは季節的に当然だなと思いますが、外来魚だからか・・・ニジマスは関係ないみたい。

1909282

だから今日は、3時間でニジマスだけ4尾、まあまあ楽しむことができました。増水で川筋が変わってしまう前は、こんなものではなかったのですが。

これが今シーズン最後の釣りになりそうです。

脚がうまく動かないのは相変わらず。来年も来られるといいな。

来シーズン用の新しいフックやリーダーは買い込んで、やる気はあるのですが。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

ピーマンリリー・・・かな。

台風17号が近づいた三連休の初日は、職場の旅行でした。

金曜の夕方にフレックスタイムを利用して貸切バスで登別温泉へ行き、宴会して翌土曜の昼前には帰って来るという忙しい旅でしたが、これはこれで楽しかった。

190922_20190923193801

連休最終日は秋分の日ですから、この頃にはシクラメン ヘデリフォリウムがよい感じで咲いています。

190922_20190923193802

品種名の分からないホトトギスも。

1_20190923193801

去年種まきしたテッポウユリは、一部が葉を落として掘り頃のようです。

再来年くらいには花を見ることができるか、な?

190922

テッポウユリでうまく行きそうなので、今年の挑戦としてオリエンタルユリにも挑戦してみました。このピーマンみたいな果実は、ソルボンヌにヤマユリを交配したもの・・・雪が積もるまでに種子が熟すとよいのですが。

台風17号は、今日の昼に温帯低気圧となって、たぶん今頃、この近く。僕の住むあたりは朝から強めの雨が続いた程度で、大丈夫みたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

秋の樹の匂い。

たぶんあれは先週のこと。

6月から本社勤務となり、これまでの自然いっぱいな仕事場から環境が変わってしまった僕は、昼休みの散歩を意地のように続けています。その時間があれば、ですが。

190902

少し歩いて、いつものベンチで一服。

今年初めて、知っている秋の樹の匂いがしました。知っている、というのはこれまで何度か、たぶん渓流釣りを始めてからはだいたい釣りなら秋を感じていたから。

Photo_20190910211101

 見上げれば、渓流でいつもこの季節に見上げていたのと同じ円い木の葉。

ああ、これだったんだ。

ネットで調べてみるとカツラのようです。

街路樹として見上げたカツラに、渓流の秋を思い出した昼休みでした。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

釣りへ出掛けたら思った以上に暑かった・・・

今年は例年以上に渓流釣りへ出掛けられています。

以前のように早起きして出発するのではなく、ゆっくり準備して現地着は昼過ぎ、というパターンばかりですが。

190908

ここ数年を含め、ここへばかり来ています。足元が怪しくなってしまった僕にとって、比較的安全なので。

今日は気温は30℃、水温20℃でした。

190908_20190908200501

今年の楽しみは、途中の町で早めの昼食としてラーメンを食べることだったのですが、この日は残念ながら開店していませんでした。

店主がかなりの年配に見えたので、心配です。

それでも今日は、いつものスタイルに戻って川に着いてからおにぎりとソーセージの昼食・・・暑かったので、僕としては珍しく木陰にて。

もう、これだけで来た甲斐があった・・・と思える気持のよさと美味しさ。

1909082

サカナの写真は撮りませんでしたが、そこそこ釣れて楽しめました。

でも残念だったのは、今日の目的だったこの少し上流のポイントにいる(はずの)大物のニジマスと対決できなかったこと。

2週間前は、大きな口に吸い込まれたフライがすっぽ抜けて悔しい思いをしたので、今回は大きなフライを準備したのですが・・・。

釣り上がっていると、遠くにある目的のポイントにカジュアルな釣り人2名が見え、大きな岩の上を行ったり来たりしている様子・・・姿が見えなくなってしばらく時間をおいてから試しましたが、大きなヤツの気配も感じられませんでした。あれで釣られているはずはないので、また今度、です。

190908_20190908195901

今日は暑かったけれど、北海道は既に、秋の入り口。

渓流で気持よく釣れるのは9月いっぱい。そして僕の釣りもそれくらいでシーズンが終わることでしょう。

歩くのはまだまだ不自由ですし、治らないと思うべきかなと覚悟していますが、こんな風にヘルメットを被ってでも独りで行けるうちは頑張るつもりです。だから昨日、来年用のリーダーと大きめのフライフックをネット通販で注文しました。

そうそう、フライラインとリーダーを結ぶ(ネイルノット?)ために使っていた中空パイプが、使おうとすると無くなっていて焦りました。

既にリーダーは切り離した後・・・

16年も使ったクリップに付属していたもので、外れそうになっていたので前回、そろそろ寿命かなと思っていましたが何もしなかったのがよくありませんでした。。

さて、他の結び方を知らない僕はどうしたか・・・「パイプがあればこうだっただろう」を不完全ながらやってみて何とかしましたが、代用品を準備しておかなくては(ボールペンの芯とか?)。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

モンシロチョウではない?かな。

僕は高校2年生まで蝶の標本を作っていたので、チョウは気になる存在です。

だからあれから40年以上を経ても庭に「Butterfly Bush」と云われるブッドレアを植えているわけです。

190831

今年はそのブッドレアに来る蝶を眺めている時間よりは釣りを優先していたのですが・・・昨日は雨の予報で、晴れ間に庭を眺めていました。

これは、アゲハチョウ(ナミアゲハ)かな。

Oo190830

これはお馴染みのモンシロチョウのようだけれど大きめに感じる・・・いや、何か違う感じ・・・オオモンシロチョウの♀かな?

オオモンシロチョウは、僕が「昆虫小僧」だった頃には北海道にいない種類でした。

何年か前に北海道での生息が確認されたオオモンシロチョウだとすれば、これは温暖化の影響とは関係なく、生きた植物の輸入にくっ付いてきた、あってはいけない移動だったのだろうな、と思っています。

今日は天気予報がバツグンで、ニジマス釣りへ出掛けようかと思っていましたが何となく気が乗らなくてダラダラ過ごした休日になりました。

何となく雨雲レーダを見ると、釣りに行く予定だった付近は強い通り雨があったようで・・・勘がはたらいたのかな?

 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »