« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

ベビーリーフ(レタスミックス)1回目の収穫。

播種からたぶん1カ月。

レタスミックスのべビリーフは間引きを兼ねて1回目の収穫となりました。

Photo_20190630192102 ここ数日は天気がよかったので、ぐんぐん育ったようです。

Photo_20190630192101 指先で摘まむようにして小さめのボウル一杯分が採れました。

まだ若い苗ですから葉が薄く風味も頼りないものですが、これからだんだんと味が乗ってくることでしょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

さらば RICHO GR DIGITAL Ⅲ。

釣りやキャンプの際にいつも持ち出していたカメラはRICHO GR Digital Ⅲ。

Gr-digital-1 Gr-digital-2 思い切って買ったのが2009年です。

その後、2013年にはセンサーにゴミが付くなどトラブルもありましたが、もう10年の付き合いになりました。

それでも背面のボタンが効かなくなり、今日も釣った魚を撮ろうとしたらフォーカスが勝手にマニュアルモードになるなど・・・挙動がおかしくなったので、使うのを止めることにしました。

このカメラが調子悪くなったのはもっと前からで、新しいカメラも用意して使い始めているのですが・・・

やっぱり、こっちが好きなのです。性能よりも使い慣れて手に持った感じといいますか。

Gr1gr-digital 使い慣れ、といえばフィルム時代のコンパクトカメラもGRシリーズを使っていました。上のシルバーの方がGR1です。

デジカメのGRシリーズは新しい機種が出ていますが、去年SONYのRX100 m5を買ったばかりだから・・・しばらくは自重かな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

今シーズン最初の出動。

6月1日のヤマメ解禁ではありましたが何かと忙しく、今シーズンの渓流釣りへ出掛けられていませんでした。

仕事がひと段落し、お天気もひどくなりそうになかったので今年最初の出動はニジマス釣りにしました。

S190629 この川へは20年以上通っていますが、数年前の台風で河畔の木のほとんどが流され、川の流れも直線のようになってしまいました。長年慣れ親しんだポイントも白紙状態です。

190629 それがきっかけになったのか・・・ニジマスに占拠されていたところから、オショロコマの割合が増えてきたように感じます。

すっかり変わってしまったこの辺り。これからどんなふうに変わって行くのか見届けたいですが…僕には到底、無理なこと。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

ベビーリーフを本気で育てる。

プランターで育てるベビーリーフは美味しくて、前に住んでいた家ではよく食べていました。

ところが、今の借家近くには豊かな自然がある(?!)せいか、農業害虫ではない意外な虫が付くのでちょっとあきらめ気味でした。

Photo_20190628205302 そこで今年は、洋ラン用の針金を使って不織布のトンネルを作ってみました。

Photo_20190628205303 水やりするときはクリップを外して、こんな風に不織布をめくり上げます。

Photo_20190628205304 アブラナ科のミックスが美味しいのですが、入手できなかったのでレタスミックス。播種から3週間でこんな感じです・・・あと1~2週間で最初の収穫かな?

6月になれば渓流釣りの季節ですが、まだ行けていません。

明日は少々天気がよくなくても行ってみようかな、と考えています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

テッポウユリの実生2年目

交配したテッポウユリの種から発芽して、2年目の実生の様子です。

2_20190624223901 1本は茎が立ち上がってきました

今年は咲きそうにないけれど、来年は期待できるかな?

1_20190624223902 去年の秋、発芽1年目の球根はこんなでした。

2180721 その球根を掘り上げる前。

Photo_20190624223901 去年の秋も、種子がたくさん採れたので適当に土に埋めておきました。

1_20190624223901 今はこんな感じです。

時間は掛かるけれど、自分で交配したユリにどんな花が咲くのか・・・楽しみです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

白っぽいアキレギアが咲いた。

ちょっと変わったアキレギアが咲いたので「きれいだな」と眺めています。

Photo_20190623194101 アキレギアにイエローの花があるのは知っていましたが、これはホワイトにクリーム色のリップ。ちょっと神秘的な印象です。

Photo_20190623194102 何年か前に苗で買ってきたカンパニュラ カルパティカからこぼれたタネが咲きました。元の苗から咲いた花はつまらなく、株が大きくなりすぎたので掘り起こして処分したのですが・・・二代目はイイ感じ。しばらく付き合ってみようかと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

 

| | コメント (0)

カリフォルニアポピーのキャップかな?

何年か前に花菱草(ハナビシソウ)のミックス種子を播いてみたら、さまざまな色の花が咲きました。クリーム色やピンクっぽいオレンジ、そして典型的なカリフォルニアポピー色ももちろん。

Photo_20190623165501 その後、毎年タネがこぼれて咲き、残ったのはワイルドタイプというべき、この黄橙色。まさにカリフォルニアポピーと言えそうです。

Photo_20190623165502 前から不思議に思っていたのが、この花の蕾にキャップのようなものが付いていること。普通はこれがガクなのだろうと思いますが・・・咲いた花にガクは見当たりません。

Photo_20190623165503 咲く際にはこのキャップがポロリと外れるのですね。

必要ないから外してしまえ、ということなのでしょうけれど、もったいないような気がするし、病気を防ぐには合理的なようにも思うのです。

この植物は、和名がハナビシソウ、別名がカリフォルニアポピー、学名は・・・Eschscholzia californica 読みにくいけれど「エッショルツィア カリフォルニカ」かな・・・難しいですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

ムスカリの種子。

今年もムスカリの種子が熟してきました。

Photo_64 種子のできやすさは品種によりますが、この黒くて小さな種子がこぼれると庭のあちこちに生えてきます。

Photo_65 実はまだたくさんあるので、種もたくさんこぼれそう。親株の近くに生えれば過密で花が咲きにくくなるので、そろそろ球根を掘り上げて植えなおすべきかな、と考えています。

| | コメント (0)

移動時間のロスが多かった関東出張。

6月から担当する仕事が変わり、それでも前の仕事の関係で木曜の晩から3週間ぶりの関東出張。

190613 久しぶりにバニラで移動しました。雪の心配はないから遅れることはないだろうと思いましたが、微妙に遅れて成田空港から乗ろうとしていたJRに乗り損ねてしまいました。これで1.5時間ほどのロス。

190615 帰りは昨日の土曜で、関東地方は天気予報通りの雨でした。そしてなぜか(土曜だからか?観光シーズンだからか?)成田空港の第3ターミナルは手荷物検査場が大混雑でした。

帰りのバニラ便は定刻で出発しそうな時間に搭乗が始まりましたが、手荷物検査場の混雑の影響か乗客が揃わず、なかなか出発しません。

やっとドアが閉まったかと思えば、今度は離発着便が混雑しているとかで、機長のアナウンスは「当機は離陸待ちの10番目なので20分ほど待つことになります」。

結局30分待っても、窓から見る限りでは2機しか離陸していませんでした。同じ滑走路で、着陸便の合間に離陸しているようで。

・・・その後も待ち続け、ようやく離陸したのは搭乗から1.5時間後。雲が低く、視界がよくなかったためかな?

LCCの狭いシート、しかもほぼ満席なので辛かったです。

新千歳空港に着くと、今度は踏切事故の影響とかでJR北海道のダイヤが乱れていました。こちらの影響は僕には大きくありませんでしたが・・・往復で移動時間のロスが痛い出張でした。帰りの移動時間ロスは約2時間・・・ふう。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

見る角度で違うよね。

3年前の4月に播いたタネから咲いたと思われるアキレギア。

Photo_60  正面から見ると、花というよりも記号のように見えます。

アキレギアを撮影するのにすごく普通の(と僕が思う)アングルで見ると・・・

Photo_61 ちゃんとアキレギアらしく見えました。

花も人も、見るべき角度で見なければ実力は分かりませんよねぇ。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

土壌の酸度(pH)を調べてみた。

花壇や家庭菜園を上手に管理するためには土壌の酸度(pH)を適度に保つ必要がある。だいたいpH6.2前後がよい・・・ということは知っていましたが調べたことはありませんでした。

時々(数年に一度)、思いついて春先に石灰を適当に撒いていただけでして。

この借家に越してきて6回目の夏を迎えようとしています。来たときはスギナだらけの庭だったので前に住んでいた人(家主さん)はあまり手をかけたくない人だったのだろうな、と・・・。

いちど土の酸度を確認しておきたい、と思っていたら、ホームセンターでこれを見つけました。

Photo_54 税込み645円でした。

土:水道水=2:1にしてよく撹拌し、上澄み2.5mlにこの試験液を垂らして混ぜ、付属のカラーチャートで判定するようです。

1_4 さて、調べたいトマト苗近くの土と水をビンに入れて振るとこんな感じ。

1_3 ゴミが多いのでティッシュで濾すとココアみたいになりました。

1_5  付属の試験管に入れるとこんな感じ。色で判定するのに、大丈夫かな?

2_2 試験液を垂らして混ぜ、カラーチャートで見ようとしましたが・・・判定不能です。説明書には、上澄みが澄むまで数日かかる場合があると書かれているので、この土は今日は無理かもしれません。

2_3 念のため、土と水を入れたビンを物置に静置して3時間半ほど後に再チャレンジ。ティッシュでのろ過では甘かったかと思い、作業用(安物)マスクで濾してみました。少しは色が薄くなったように思いましたが・・・

1_6 さっきと大して変わりません。

この日はあきらめて、次の休みまで「土+水」のビンを物置で眠らせておくことにしました。

6 そして6日後。まあまあきれいになったように見えます。

6_1 ティッシュで濾して、試験管に入れてみると・・おお、これは行けそうです。

6_2 試験液を入れてチェックすると、pH6.0~6.5の間のようです。合格ですね。

しかし、あまりに都合のよい結果なので「本当にきちんと測れているのか?」と疑ってみたくなりました。

Photo_57 そこで物置から取り出したのが、酸性といわれる無調整ピートモス(北海道産)。酸性土壌が好きなツツジの根元に入れたり、ブルーベリーを植える際に使ってきたものです(10年以上前に買った残り)。

Photo_58 調べてみるときちんと酸性(pH5.0)でした。

Photo_55 次に、この酸性を示した液にアルカリ性の石灰を少し入れてみました。ピンセットの先でつまんだ程度の量です。

Photo_56 おお、きちんとアルカリ性側に変わりました(中性に近いpH6.5~7.0の間くらいかな)。

これで、この試薬を使って土壌酸度を調べられるのはわかりました。その日のうちに結果を知ることができないのは残念ですが。

Photo_59 クレマチスモンタナは、早咲きの品種がもうすぐ終わり。このまま気温高めの夏になってくれるとありがたいのですが・・・。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »