« なかなかないこと、ありがちなこと、から。 | トップページ | イチョウが色付きはじめる頃。 »

2016年10月 8日 (土)

イチイの雄の木に実が着いた。

3年前に引っ越してきたこの家の庭には、クリスマスツリー状のイチイ(オンコ)の木がシンボルツリーのように育っています。
1高さはおおよそ2.5~3mくらい。
赤い実の成らないオスの木ですし、この木のせいで庭全体が日陰になってるので、不動産屋さんに「伐ってよいか?」と訊いて、 OKはもらっていました。
 
でも何となく、そのままにしていたのです。
 
3それが・・・「実の成らない雄の木」のはずなのに今年、1個だけ赤い実が着きました。
 
上の画像の真ん中から少し右にも小さく写っていると思います。
イチイは雌雄別株で、普通は雄の木に実が成ることはありません。
 
でも考えてみれば・・・雄の種だけ離れたところに落ちて育てば、そのままでは子孫を殖やすことができないでしょう。
雌雄異株の目的は、自分の花粉で実を着けることによる近親交配を避けること。
 
でも何年かに一度、このようにして「例外」を作ることによって絶滅を避けるための仕組みを持っているのかな、と考えてみました。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« なかなかないこと、ありがちなこと、から。 | トップページ | イチョウが色付きはじめる頃。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/64317660

この記事へのトラックバック一覧です: イチイの雄の木に実が着いた。:

« なかなかないこと、ありがちなこと、から。 | トップページ | イチョウが色付きはじめる頃。 »