« 秋の空になった。 | トップページ | ちょっと寂しいニュース。 »

2016年9月 4日 (日)

赤とんぼに自分を重ねてみた。

子供の頃は秋に現れる多様な虫として、そしてここ数年は「近いうちに必ず息絶える存在」として赤とんぼを見てきました。
Photo秋に顔を含め全身を紅く色付かせるオス(たぶんナツアカネ)は、子供の頃は レアな獲物でした。
地域差なのでしょう。今の僕の仕事場付近には普通な存在です。
2赤とんぼのオスはたぶん、この時期には既に繁殖行動を終えているはず。
子孫を残すのが彼らの役割だとすれば、今の彼らの行動と存在は何のため?・・・ と。
簡単に言えば、「役目を終えたならすぐに姿を消すべきでは?」という疑問です。
Photo_2では、自分は?と考えてみます。
僕の息子は13歳になり、たぶん生物学的には大人として扱ってよいのだろうと思います。
人間としてはまだまだですが・・・
・・・それはともかく、僕は生物としての役割を終えたのだろうな、と思っています。
ニンゲンの社会的には・・・何か役に立つかもしれないけれど、まあ、居なくても特に問題はないはず。
 
だから、ちょっと力の置き加減を変えて、リラックスしてみようかと思っています。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

|

« 秋の空になった。 | トップページ | ちょっと寂しいニュース。 »

コメント

子供の頃、家の周囲には田んぼがあって、稲刈りの済んだ田んぼでアカトンボを捕まえて遊んだものです。
たくさんいたアカトンボも秋が深まると段々と見掛けなくなり、子供心にも命が喪われることの寂しさを感じたものです。

投稿: Blue Wing Olive | 2016年9月13日 (火) 08時08分

Blue Wing Olive さん、
秋が深まる=厳しい冬が訪れることの象徴として、赤とんぼの姿が我々にインプットされているような気が、僕にはしています。

投稿: noriori | 2016年9月16日 (金) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/64157905

この記事へのトラックバック一覧です: 赤とんぼに自分を重ねてみた。:

« 秋の空になった。 | トップページ | ちょっと寂しいニュース。 »