« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月17日 (土)

秋の花。

カワラナデシコはポツポツと咲いて、夏を過ぎ寂しくなった庭に少しの彩り。
Photoバックはしばらく後に咲く予定のガーデンマムです。
Photo_2一方、夏の花だとばかり思っていたベゴニアが、今頃に真価を発揮するのだと気付きました。
 
普通の季節であれば、このまま1か月後には霜が降りて秋が深まりますが・・・長期予報では再来週あたりから気温が高くなるのだとか。
 
この後「おまけ」として、1-2週間の残暑が再来してくれれば、まあ今シーズンはその後に冬へ向かってくれてもイイかなと思うのです。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

秋の気配2016

今年の秋は、北海道の標準的な秋と感じます。
160912ひと雨ごとに(台風が続きましたが・・・)朝の気温が下がり、確実に寒い季節へ進んでいる感じ。
 
これからまた気温が上がって「温暖化を感じる秋」とはならないだろうな、と思わせる季節の進み方です。
 
画像のピンクの花は種子から育てたカワラナデシコ ですが絵袋を購入したもの。 選抜系統の花色ミックスのようです。
 
その中でこの花は、たぶん野生種の面影を色濃く残したもののように感じました。
 
北国に生きる生物には、今が子孫を残す大切な季節でもあります。
カンタンやエンマコオロギの音を聞きながら、今日もまた秋が深まるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

懐かしいはずなのによそよそしい花。

ああ、懐かしいな、と思ってタネを買って育ててみた花。
Photoこの頃はあまり見かけない・・・というか大人になってから見た記憶のない花です。
Photo_2こんな上品な色だったかなあ・・・
Photo_3こんな複雑な色だったかな?
Photo_4正解はオシロイバナ。
夕方に咲いて朝には萎んでしまうのですが、気温が下がったこの頃は朝、咲いているのを見ることができます。
子供の頃に見たオシロイバナはもっと垢抜けない色だったような気がするのですが、これも品種改良の結果なのかなあ・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

ちょっと寂しいニュース。

ちょっと寂しいニュースをネットで見ました。
KLMの成田線ジャンボの就航が終わったようです。
Klm_jumboこれまで、仕事で何度か乗りました。
後ろ半分が貨物仕様になっているのが多かったな。
KLMの成田-アムステルダム線では夜食が出ます。
「ケーキ or おにぎり」の選択だったり、「アイスクリーム or カップヌードル」だったり・・・カップヌードルはだいたい、お湯が少なめで。
サービスはその時々で変化するのでしょうけれど、あの雰囲気はこれからも変わらないのだろうな、と、何となく思うのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

赤とんぼに自分を重ねてみた。

子供の頃は秋に現れる多様な虫として、そしてここ数年は「近いうちに必ず息絶える存在」として赤とんぼを見てきました。
Photo秋に顔を含め全身を紅く色付かせるオス(たぶんナツアカネ)は、子供の頃は レアな獲物でした。
地域差なのでしょう。今の僕の仕事場付近には普通な存在です。
2赤とんぼのオスはたぶん、この時期には既に繁殖行動を終えているはず。
子孫を残すのが彼らの役割だとすれば、今の彼らの行動と存在は何のため?・・・ と。
簡単に言えば、「役目を終えたならすぐに姿を消すべきでは?」という疑問です。
Photo_2では、自分は?と考えてみます。
僕の息子は13歳になり、たぶん生物学的には大人として扱ってよいのだろうと思います。
人間としてはまだまだですが・・・
・・・それはともかく、僕は生物としての役割を終えたのだろうな、と思っています。
ニンゲンの社会的には・・・何か役に立つかもしれないけれど、まあ、居なくても特に問題はないはず。
 
だから、ちょっと力の置き加減を変えて、リラックスしてみようかと思っています。
 

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »