« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月29日 (土)

「時合」という言葉を思い出したニジマス釣りの日。

今シーズンの渓流釣りは、今日でまだ3回目・・・行けていません。

Sr1家で朝食を済ませてゆっくり出掛け、「大きなサカナはいないが、確実に退屈しないポイント」へ行きました。

このあたりで他の釣り人に出逢ったことはなかったのですが・・・釣り始めて10分ほどで、僕がこれから行こうとしていた上流から釣り人が下りてきました。

「小さいのしか釣れませんねー」と餌釣りの二人。

Sr2・・・うーん、それでも敢えて行くべきか・・・少し考えて、そのまま上流へ向かいました。

150829

サカナの反応はそこそこあるので、まあまあ退屈しない程度に釣れます(いつも通り)。

そして、いつものように小さめのサカナたち。

寒いと感じたので測ってみると気温20℃、水温13℃。ふつうです。

「先行者がいてもそこそこ釣れる」というのは、フライを始めてからいつも感じていること。

Sr3このポイントで、よい感じのバイトが2回ありましたが掛けられませんでした。

すぐ前にヒトが通ったので警戒している、というのではなく、何となく渋い感じ。

そして・・・2時間後に下りてきて、ここへフライを流すと、まず少し大きめのニジマス、続いてオショロコマが立て続けに釣れたのです。

あれ?という感じ。

Sr4_2「時合」という言葉を、思いました。たぶん最初に知ったのは20年ほど前のこと・・・渓流釣りを始めた頃に読み漁った本のどこかに書かれていた言葉です。

今日は釣り始めて3時間、15時過ぎに引き返しました。ふだんはクマが怖かったりして、もっと早めに帰るのです。

これが時合で「夕まずめ」の始まりなのかな?まだまだ釣れそうだな・・・と思いながら、それでも僕は未練など覚えず車へ戻りました。

たくさんではなくても、気持ちのよい陽射しの中で、そこそこ釣れればよいのです(・・・と、ブログには書いておこう)。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

タラノキの花を眺めた。

朝晩は肌寒いと感じるこの頃。
このまま夏が終わるのは寂しく、残暑があってほしいな・・・と。

Photo仕事場の敷地内にタラノキが何本もあって、花を咲かせています。

人目につくところでは春のうちに「タラの芽」として採られてしまうので、こんな風に花が咲くのを見ることはありません。

Photo_2「へぇー、こんな風に咲くのか」と見ましたが、子供の頃から知っているはずのこの植物の・・・花を意識して見たのは初めてなのです。

もうしばらくすると実がなるのでしょう。

花だけでなく実も見たいと思えるようになったのは、齢を取ったからなのかも。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

幻日の夕、菜園のエダマメを楽しんだ。

今日は菜園のエダマメを収獲しよう!と思い立ち、明るいうちに帰途につきました。

Photo駐車場で車に乗ろうとすると虹のようなものが見えました。

Photo_2ひときわ明るく見える部分は、たぶん幻日

150825夕陽はいつもの場所に、ちゃんと沈もうとしていましたから。

Photo_3今日、収穫して味わったのは莢音(さやね)。

極早生品種なので、いつもであればもっと早く食べられるはずなのですが・・・タネまきの後に豪雨があって、発芽にもたついた影響で。

でも、とても美味しかった。

Photo_4こちらは昨日楽しんだ芽室町産のサッポロミドリ。

これも美味しかったです。

朝晩が涼しくなり、冬タイヤや暖房機のTVCMが始まり・・・夏は確実に過ぎようとしているのだ、と認めざるを得ません。

朝寝が気持ちよくて、起きるのが辛い季節でもあるのです。

冬になって後悔しないよう、釣りへも行っておかなくては・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

今年も雷電海岸あたりで磯遊び。

我が家の夏の行事の最後として、今年も息子を連れて雷電海岸あたりへ磯遊びに出掛けました。

150823いつものポイントは、雷電温泉の眼の前にある磯で遠くに刀掛岩を望みます。

150823_2ここ何年か、なぜか海岸でミンミンゼミを捕まえます。

木で鳴いているのを捕まえたこともあれば、海の上を飛んできたセミが僕の胸に着地したことも。

150823_3この日は潮位が高めかな・・・という感じ。十分に気をつけて、波に洗われないように気をつけました。

Am午前は2時間半ほど遊んで、ケースの中はこんな感じ。

いったんリリースして、昼食へ向かいます。

Photo蘭越の道の駅の隣にあるドライブインで昼食。

このあたりでの磯遊びは、息子が小学生になって以来、中一の今年まで、7年で6回目。

いつも、昼食はここです。
僕はだいたい、イカ刺し定食を食べます・・・というか、それが毎年の楽しみなのです。

Photo_2午後は、場所を変えて。

それでも毎回この場所で、2時間ほど遊びます。

Pm午後はカニ釣りの腕が上がって、ケースはカニだらけになるのです。

Photo_3ハマナスの実が熟していました。

息子に「これが何か知っているか?」と訊くと、「トマト?」と・・・。

まだまだ、だなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

キバナコスモスの種子のトゲに気付いた。

今の借家へ引っ越してきて2回目の夏。

15月のうちにタネまきしておいたキバナコスモスが咲いています。

品種改良されているためか、この花は花弁が多め。

このオレンジでは「黄花」ではないか・・・鮮やかな黄色もあるのですが。

2株により、花の色にも濃淡があります。それぞれに個性があり、けっこう楽しいものです。

Photo早く咲いた花には既に、種子が完成しています。

老眼の僕が見ている分には、「ふつうのコスモスにそっくりなタネだな」というところですが、デジカメの面白いところで・・・

Photo_2拡大してみると、種子の先に碇のようにトゲが2本ありました。

へぇー・・・知らなかったし気付きませんでした。

これはやはり、野生動物にくっついて移動するためなのでしょう。

7年前、ふつうのコスモスの種子の形について考えていました。

売られているキバナコスモスの種子にこんなトゲが残っているはずはないでしょうから、こうして気付けたのは幸運なこと・・・あ、だからといって何かの役に立つか?というとそんなことはないのですが。

若い頃であれば「いつか、何かの役に立つかも。」と思えたのですけれど、ね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

久しぶりのヤマメの川でアメマスと逢う。

体力的に自信がなくて(?)、去年は一度も行かなかったヤマメの渓流へ出掛けました。
今年も自信はないのですが、このままではいけないと思って。

Photoいきなり、これです。

ま・・・注意しながら釣ることにしましょう。

前にも経験していますし

でもヒグマが近くに居るかと思えば、ちょっとは気になるのです。

Photo_2何年か前まではシーズンに何度も訪れていた渓流ですが、たった2年来なかっただけで、林道の様子も川の流れも大きく変わったように感じました。

でも、やっぱりここは気持ちのよいところ。

Photo_3ヤマメ釣りとは言っても新子の季節。それに、ここへ15年ほど通っていますが大物の気配すら感じたことはありませんでした。

それが、この淵で・・・

Photo_4カディスに喰いつく大きな口が見え、合わせると大きなサカナ。

「大物のヤマメが来たか?」と期待しましたが、上げてみるとアメマスでした。

ここでアメマスを見たのは初めて。測ってみるとだいたい31-32cm。
その後、少し小さめのがもう1尾。

大きなイワナとは違って、アメマスは力が弱いというか・・・海から帰ってきて疲れているのだなあ・・・という感じです。

ヤマメはそこそこ釣れて、上流に積乱雲が見えたので昼前には引き上げました。

夏休み・盆休みシーズンも今日で終わり。
5年くらい前に作った小さなフライも今日は結ぶことができ、視力の回復を嬉しく思いましたが・・・明日からまた眼が疲れそう。

そういえば昔作ったフライ。その頃は「フライが悪いから釣れない」と思っていましたが、今になってそれを引っ張り出してみると、そこそこ釣れるのだということに気付いた今日。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

クワガタ捕り、のつもりだったが。

今年の我が家は昆虫ケースが寂しく、現在はノコギリクワガタのオスが1匹のみ。
繁殖させたいので、メスを探しに行きました。

息子は夏休みの宿題が終わっていないので、僕ひとりです。

Photoでも・・・この時期にクワガタ採りのため山へ来ることはなかったなぁ。

いつもの山のいつものポイントをチェックしましたが、捕れないどころかクワガタの姿さえ見えません。

Photo_2ポイントのひとつではやけにブンブンと蜂が飛んでいるのでふと見ると、すぐ傍にアシナガバチの巣が。

ノコギリクワガタのシーズンは終わりだったようです。

Photo_4道路で裏返しになっていたセミを救出すると、虫網の縁で本気で鳴き始めました。

コエゾゼミですね。

うるさいなあ。

Photo_3数えるほどしか食べていませんが・・・20年ほど前に初めて寄ってから好きになってしまった、ラーメン三九。

「特製もやし醤油ラーメン」をいつも注文します。
今日も変わらず、美味しかったです。

まだ暑いけれど、生き物の夏はもう終わりなのだな、と感じたお盆休みの一日。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

自転車のパンク修理に挑戦した日。

お盆休み。今日はいろいろと働きました。

①GWからパンクしたままの息子の自転車のパンク修理。
 近所に自転車屋がないので、(息子が)面倒なままもう一台のママチャリで済ませていました・・・休みでヒマだったのでホームセンターで修理キットを買い、試してみたら・・・簡単でした。

Photo②もう実がつかなくなったエンドウを処分し、ネットも片付けた。

③水がめのボウフラ除けのため飼っている金魚。この頃毎日のように雨が降るので水がめの水を使うことがなく、緑色に濁ってしまったので・・・水を替えて掃除した。

④プラケースに直接放り込んでいたノコギリクワガタがかわいそうなので、昆虫マットを入れて産卵木をセットした・・・まだオスしかいないので、明日はメスを捕まえてくることにしよう・・・。

Photo_2⑤ジジババが遊びに来たので、菜園で育てていたエダマメを収穫した。

・・・ということで、夕方には庭で、墓参時にお供えとした(ミニ)ビールをぐびり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

お盆です。

我が家の墓参りは8月13日と決めています。

父が自分の入る墓を建てたのがいつだったか・・・たぶん40年くらい前。
そこで眠っているのは、早くに去ったので僕の知らない祖父と、父本人です。

「新品だった姿を知っている墓」というのは、それなりに古くなっているはずですが僕の中ではまだ新しいまま。

Photoお盆になれば、庭のアジサイはそろそろ多くの花が色褪せる頃。

しばらく前まで、北海道では「盆が過ぎれば秋の風が吹く」と言われ、その通り夏の終わりを感じたものでした。

でも、少なくともここ10年ほどは、そんなことはありません。
今日(8月13日)発表の1か月予報でも、8月は平年より気温が高く日照時間も多そうです。

Photo_2それでもこの一週間、朝晩は寝やすい気温。

お盆休みは朝寝を楽しみたいと思っているので・・・釣りはしばらく休み、かな。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

チクチクしたのは昔のこと。

今夜は高校時代の友人などとススキノで一杯。

150810若い頃は僕もチクチクした少年でしたが、今となってはそれほどでもないのです。

まだトゲがあるかもしれませんが、触れてみればる名残に過ぎないとわかることでしょう。

ふにゃふにゃですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

この夏最後のキャンプ・・・かな?

この夏3回目のキャンプは、息子と二人で赤平市のエルム高原オートキャンプ場へ。

R00173932平日なので空いていましたが、なぜか一カ所に集まってしまったようで、ご近所になった「よくしゃべるママ」の存在感が際立ってしまいました。

子供がおしっこを漏らしたらしく、その経過とママの怒りがリアルに伝わってきて・・・

それでも、「夏休みの宿題が進んでいない我が家の息子」は爽やかな緑の中、集中できていたようですが。

150807夕方になり、宿題が終われば温泉へ。

途中で思いがけず立派なナカブトムシをゲットしてウキウキでしたが・・・翌朝見ると、虫かごのネットを破って脱走していました。

北海道のカブトムシは「国内外来種」。僕も小学生の頃に1度だけ捕まえたことがありますが、あれは誰かが放した個体だったのだろうと思っています。

Photoここにもノリウツギ Hydrangea paniculata が咲いていました。

この頃、アジサイに興味があるのです。

息子が2歳のころから連れ出したキャンプでしたが、中学生になった今では宿題や夏期講習などで、互いの日程調整が難しくなりました。

2年後には高校受験ですから、そろそろ終わりになるのかな。

少なくともこの夏は、二人でのキャンプはこれで最後かもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

カサブランカが咲いて・・・。

渓流釣りへ行こうと思い、休みを取ったのですが雨の予報と高い湿度で中止し(体力的に自信がない)、読書の休日としました。

春にポット苗を植えたカサブランカ。葉が展開するにつれて「ウイルスっぽいな・・・」と思い、あまり期待していませんでしたがよく咲きそうです。

Photo僕にとって、この花が咲く季節は夏が終わりへ向けて進み出す頃。

でも昨夜は、エアコンのない我が家(北海道では当り前)では寝苦しかったのです・・・こんなことは、滅多にないのですが。

150806今年は、寄せ植えコンテナの端っこにキバナコスモスのタネを播いてみました。

これが思った以上にきれいで、ホワイトのアジサイにぴったり。

このキバナコスモスが生えたコンテナは、寄せ植えとしては失敗だったのですが、まあ、これだけでもよいのです。

今が夏のピーク。
楽しまなくては。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

木の穴にクワガタが見えた日。

今日は暑かった・・・。

今年の北海道は、6-7月の気温が低くて雨も多かったのです。
だからクワガタが出るのは、いつもより少し遅かったみたい。

Photo一週間前にルリボシカミキリと再会した同じ木に、怪しい穴ができていました。

しばらく見ていると・・・、

Photo_2クワガタのメスが隠れていたようです。

コクワガタかな?ノコギリクワガタかな?

いつも、この木のこのあたりでは年に何回か、コクワガタを見掛けます。

年によってオスだったりメスだったり。

仕事場の玄関から数歩のところにあるこの木は、なかなか面白いのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

アジサイを交配してみた。

僕の庭には、ヤマアジサイの自然実生(自然にタネができ、そこから育ったもの)が数株、咲いています。

1その中で、これは(虫に食われて欠けていますが)、装飾花がブルーでヒザくらいの草丈。気に入っているものです。

両親はたぶん、「紅額」と「清澄沢」。

Photoこれを、庭で咲いているセイヨウアジサイへ交配してみることにしました。

Photo_2きれいに咲いている「花」は装飾花で、その下に両性花があることは、3年前に観察していました。

それで、下にある両性花が出てくるように装飾花を取除くと、こんな感じ。

Photo_3この両性花に、ヤマアジサイの自然実生の花粉を授粉してみました。

うまくタネができれば、2本のツノがついたようなものが残るはず

まあ、期待通りにタネができたとしても翌年春にタネまきして、咲くのは2-3年後なのでしょうけれど・・・。

これで何も生まれないとしても、それはそれで、よいのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

新しいコンカドール。

前に住んでいた借家では、8月になれば間違いなく咲いてくれたオリエンタルユリのコンカドール。

Photo引越し先でも見たいと思い、去年の秋に球根を買ってきて植えました。

その最初の一輪は、8月1日に「きっちりと」咲いてくれましたので、ちょっと嬉しいです。

この品種は、7回の夏を暮らした古い借家で、日陰気味の場所ながらもよく育ち咲いていたのです。

もちろん、僕らが引っ越してくる前から庭にあったのでしょう。2年目に写真を撮っていて、その時は1本だけで、それでも10輪以上が咲きました。

3年目は写真を捕らなかったみたい。

4年目は殖えていた球根にも花がついて2本になったようです。5年目は記録なし、6年目は30輪以上が咲いたようで、7年目8年目も。

さて、今年の4輪から始まるこのコンカドールがこの先どうなるのか・・・僕がこの借家いつまで住めるのかもわかりませんが・・・気になるのです。

Photo_2種まきから育ったキバナコスモスです。

こんな風にタネから始まる花は、うまく行けば庭のあちこちで子孫をつないで行くことがあり、そうではない時もあり。

意識的に、タネがこぼれるようにしてみよう、とは思っていますが、生き残るのかどうかは彼ら次第、かな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »