« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

ニセコでタケノコ採り・・・今年は不発。

今年もニセコへタケノコ採りへ出掛けましたが・・・小雨の中、一本も採らず短時間で終了。
2週間くらい遅かったみたいです。

150628そして帰る前には温泉へ。

雪秩父がまだ完成していないようなので、去年に続き五色温泉へ浸かりました。

・・・去年は気にならなかったのですが今年は、「たまにはお湯を入れ替えたり掃除したりするのがよいのでは?」という感じ。温泉卵は美味しかったです。

タケノコが採れなかったのでニセコの道の駅で買おうとしましたが品切れ。ルスツの道の駅でようやく手に入れましたが、やはり育ち気味です。売り場の札には「今シーズン最後」と書かれていました。剥いていないのが10本ほどで500円。

やはり、シーズンは終わりだったようです。

それでもうまく先端の方を選んでいるらしく、硬くはありませんが風味とともにアクが強めで息子は苦手な様子。僕には「まあまあ」でした。

150628_2庭のラベンダーが色付き始めました。

家の西側にある花壇なので徒長気味です。

ラベンダーが咲けば、北海道の観光シーズンは真っ盛り。

さて、僕は観光客の来そうもない所を選んで遊びに行こうか・・・。

とりあえず来週は仕事があって、その次は・・・などとやっていては、夏などすぐに終わってしまうのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

残念なフクシアは、ラベル違いだった。

フクシアとナデシコを寄せ植えにして、まあまあきれいに咲きました。

Photoナデシコは、植えた時にも花が咲いていたのですが、それが終わって次に咲いた(たぶん本来の)花は半分の高さでした。

温室で咲かせてから出荷されたので、咲いていた花は本来の草丈ではなかったのでしょうね・・・残念。

Photo_2もっと残念なのがフクシア。

咲いてきてから「何かおかしいな」と思っていたのですが、この通り。
花の色がラベルと違うのです。

品種名までラベルへ表示しているのに・・・これはないでしょう。

同じ「がっかり」を感じている人は僕だけではないのだろうな・・・。

Photo_3寄せ植えや鉢植え等へ水やりするジョウロの給水用として、水道水と雨水を溜めるため「水がめ」を使っています。

水がめと言っても、ホームセンターで売られているコンテナなのですが。

いつも水が入っているのでボウフラが湧いてしまいました・・・そこで金魚を3匹、放しています。

金魚投入からわずか1時間ほどでボウフラはゼロになりましたが・・・これから毎日、エサをやらなければなりませんね。

まあ、僕が留守の時は息子が世話してくれるので安心ですが。

北海道の短い夏。今年はここまで、だいたい25%が終わった感じ・・・かな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

ヴェトナムで飲んだペットボトルのお茶

今月初めに訪れたヴェトナム。帰りの地方空港で試した「ペットボトルのウーロン茶」。

Img_1362日本のメーカーの製品ですね。

けっこう甘いウーロン茶です。
日本で売られている「甘い紅茶」よりは風味が強くて美味しいかもしれません。

思い起こせばバブルの頃、日本では缶入りのウーロン茶・緑茶ジャスミン茶が新幹線の車内販売で売られ始めたような気がします。

はじめは「え?」という印象だった人は多かったのではないでしょうか?・・・缶に入っている飲み物は甘いのが当り前だった時代。

緑茶やウーロン茶、ジャスミン茶は熱いのが当然だったし。

その少し前(たぶん)、僕が20歳の頃、予備校生のまさに「若造」でしたが、三畳間の下宿で冷やしたジャスミン茶を自作し好んで飲んでいました。
コンビニなどなく、自販機の冷たい飲み物は炭酸飲料やジュースばかりだった時代。
リプトンの缶入り紅茶を買ってきて、初めはアールグレイのアイスティー、それからジャスミンティーへ挑戦して、自分の好みにピタリとはまったのを覚えています。

今や、日本では冷たいお茶や水までも自販機・コンビニで買って飲むのが当り前です。
それは良いことなのかな?と、たまに思ってみます。

「甘いウーロン茶」「甘いジャスミン茶」が日本にないのはなぜだろう?とも。
「甘い緑茶」は子供の頃に薄茶糖という飲み物を経験して、知っていましたけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

花の色気?

今日は朝のうち曇りましたが、昼前から陽射しがきつくなりました。なので午後から今年初めての半ズボン。
気温も上がらない予報だったため釣りへ行かず庭で過ごしましたが・・・行けばよかったか?と後悔(明日は行こうか?)。

Photo花の美しさ、その感じ方は人それぞれなのでしょう。

同じ花を見ても、好き嫌いを含めて感じ方は違うし、眼を惹かれる部分や見方も異なるわけで。

Photo_2僕はこのダッチアイリスの、特にここがきれいだな・・・というか惹かれました。

たぶん、訪花昆虫と同じ視点なのでしょう。この奥に雄しべと雌しべがあるはずですから。

ここへ虫を誘える花は、たぶん子孫を残す面で優秀なはず。

僕は部分に惹かれましたが、そうではなくこの花の全体の色合いや姿を「きれい」と感じる人の方が多いはず。

Photo_3この借家の庭には、日陰でどうにも使い難い場所があります。

放っておけば雑草が弱々しく繁茂するばかり。

それで、今年は一年草の種子を蒔いてみました。

筋蒔きにした上からキバナコスモス、中央がカリフォルニアポピー、いちばん下がポピー(ひなげし)。

キバナコスモスの上には、早咲きコスモスの列もあります。

まあ・・・そこそそこ咲いて雑草を抑えてくれればOKなのですが、日陰でもきれいに咲いてくれれば、なおラッキーです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

コリアンダーが発芽して・・・

(たぶん)3週間前にプランター蒔きしたコリアンダーが2週間目に発芽して、さらに一週間後に本葉が出てきました。

Photoプランターには2列で蒔きました。

1列目は先週、10cm間隔くらいに間引き・・・間引いた「コリアンダースプラウト」を食べてみると、香り十分で美味しかったです。

2列目はもう少し大きくしてから間引きしたい=間引きしたのも食べたい、ということで待つことにしていましたが、そろそろかな。

北海道のこの時期にコリアンダーを播種してもまともに育たないのは、わかっています(去年、試しにやってみた)。

この試みは、玄関フードの中でのこと。

Photo_2昨日の昼休みに出逢ったアマガエルは、フキの葉の緑にきちんと保護色を合わせていました。

でも何と言うか・・・真上からは隠れるかもしれないけれど、この角度からは無理みたい。

「ばれているけれど一応・・・」ということは、ニンゲン社会にも割とあるから、、、ダイジョウブだよ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

この「ヒマラヤの青いケシ」は育つのか?

うーん・・・20日ほど前に買ってきたブルーポピー(いわゆる「ヒマラヤの青いケシ」)が何となく、調子悪そうです。

150618下葉が黄色くなり、離脱しようとしているみたい。

それまで日なたに置いていましたが、オンコの日陰へ移動しました。

デリケートな奴だなぁ・・・。

Photo昼休みに寄る水辺にはクリンソウ。

これも寒冷地の花ですが、ブルーポピーとは正反対の丈夫さです。

いや・・・基本的な気象・環境が相性としてあるのでしょう。

3あと4日で今年の夏至。

それから先は日が短くなるのだ・・・と思えば寂しい気分になります。

でも、夏はこれからなのです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

クレマチス‘ピンク ファンタジー’がまず一輪。

クレマチスの‘ピンク ファンタジー’がまず1輪、咲きました。

Photoこの株は、地植えで開花株だったものを引越しのために掘り上げて鉢植えにしました。

3号ポットの苗から育てて、たぶん7年目。鉢植えにしてからは2年目です。

参考書では「移植を嫌う」というようなことが書かれていますが、案外なんとかなるものです。

150616_4こちらも350円くらいのポット苗から育てたブルーベリー。

いま8号鉢に入っていますが、たぶん3号ポットから4年目くらい。

ざっと数えて100個くらいは果実を収穫できそうです。

Photo_2

去年、鉢植えブルーベリーの実を埋めたあたりから出てきた植物。

引越してきた庭の一角に、採れたタネを適当に蒔いておく一角を作っておいたのです。

葉っぱは似ているけれど・・・はたしてブルーベリーなのでしょうか?

もしブルーベリーの子供であれば、それを確認できるのは2年後くらい、かな。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーマンアイリスとダッチアイリスが咲いた。

きのう、ジャーマンアイリスとダッチアイリスが同時に咲きました。
何という偶然・・・近く良いことでもあるのでしょうか?

150616このジャーマンアイリスは球根が北海道産で、去年の10月末にポットへ鉢上げしました。

春になって萌芽したので神戸ビオラと一緒にコンテナ植えへ。

品種名はイーディスウォルフォード・・・か。

近所でもあちこちでジャーマンアイリスが満開になっていますが、この株の開花が遅かったのは、ポット植えで(地温が上がらず)萌芽が遅れたからかな、と思っています。

150616_2こちらはダッチアイリスで、西日の庭に地植えしました。

萌芽は早かったですが針金のような葉がスゥーッと伸びてきたので今年は咲かないのかと思っていました。

品種名は・・・忘れた。

そういえば5年前にもダッチアイリスを咲かせた、と思い出しました。もちろん前に住んだ家でのこと。この時は庭が広くて釣りにも忙しく、草だらけにしてしまったせいか3年目は咲かなかったと思います。

この2種類の「アイリス」、球根の形がぜんぜん違うので植物分類的にはかなり離れているのだろうな。

150616_3来週には夏至で、季節的にひとつの折り返し。
気分のよい日でしたが、サッカーのワールドカップ予選をTV観戦してイライラで終わってしまいました。

さて、これから女子の本戦の方を観ようか。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

エクストレイル12カ月点検の日、釣り用の買い物をした。

去年の7月に買ったつもりのエクストレイルですが、登録は6月だったので16,000キロほど走って12カ月点検となりました。この間の、燃費計による平均燃費は12.6km。
ディーラーへ持ち込むと「1時間か、1.5時間ほど掛かります。」と言われて待ち時間に予定通り、札幌駅近くの釣り具屋へ。

150614フロータント類とティペット、フックを少し買いました。

去年から感じているのですが、この釣り具屋もフライ関係の仕入れを抑えて終わらせようとしているようで・・・フローティングラインを買おうと思っていたのに陳列棚がスカスカでした。

まぁ、仕方ないか。

Photo我家へ帰ると、玄関のカギが開きません。

しばらくガシャガシャやってると留守番中の息子が開けてくれて「父ちゃん、コツがあるんだよ」と。

これまで問題なく使えていた鍵だったのですが、気温の関係なのか合鍵が次々と使えなくなる事態になっていました。

中1の息子が言う「コツ」に従うと、何とか開けられました。

・・・オマエ、すごいな!=たいした観察力です。

春に植えたパンジーは少しくたびれ気味になり、背後のラベンダーが花芽を見せはじめました。
パンジーの手前に種を蒔いたカリフォルニアポピーとネモフィラが育ってきましたので、そろそろパンジーには退場してもらう頃かな、と思った初夏の日。

僕もいつか、子供や後輩へ道を譲る日が来るのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

サフィニア Maxのパープルがなかなか咲かい。

サフィニアにMaxという新しいシリーズがあったので、ピンクとパープルの2株を買って植えてみました。

Maxピンクはすぐに咲きはじめたのですが

Max_2パープルの方は、植えてからしばらくじっとしていて、この頃ようやく生長を始めた感じ。

わい化剤が効きすぎていたのだろうな・・・と思っているのですが、どうかな?

まあ、本番はこれからなのでよいのですが、「咲かない・成長しない・おかしい」と思った人は多いことでしょう。

これから北海道も夏本番。
冬の間は待ち焦がれた季節なだけに、来てしまえばどんどん過ぎて行く日々なのです。

小学生の頃、始まった夏休みの終わりなど考えずに楽しみました。

今では、始まったばかりの夏なのに、その終わりが寂しいことを思いながら過ごしている。

それどころか・・・自分の人生をどう終えようか、とも考えるようになりました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジギタリス‘イルミネーションフレイム’

(結局、このジギタリスは我が家では越冬しませんでした

大苗を買ってきて今年植えたジギタリス‘イルミネーションフレイム’がきれいに咲いています。

ちょっと渋めの色で「わーきれい!」という感じではありませんが。

Photo多くのジギタリスは耐寒性があるらしいので、この品種が多年生であれば長い付き合いになるのでしょう。

Photo_2雨の多いこの頃ですが、ベビーリーフ用のレタスミックスの葉がつやつやしてきれいです。

こちらは3-4回、葉を積み採ればおしまい。

レタスは暑くなると花を咲かそうとするので、夏のベビーリーフは難しいです。虫もつきやすいしね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

今シーズン最初の渓流釣り2015

今日は仕事を休みにして、今シーズン最初の渓流釣りへ出掛けました。

1釣り場へはゆっくり9時に着き、のんびりと。

スタート時の気温は19℃、水温11℃です。

Photo初めに釣れたのはオショロコマ。ここしばらくはニジマスの多い川でしたが、オショロコマが殖えるのは良いことだな、と思いました。

1_3


その上流(上には小さなダムがある)へ進むにつれて、中型のニジマスが多くなりました。

2釣れたサカナでいちばん大きかったのはこの29cm。

このほかには途中、大場所で大きなニジマスを掛けました。

水中のサカナを見て「シャケみたい」と思ったほどでしたが、5Xリーダー直結のフライを引きちぎって悠々と去りました。

「お呼びじゃないよ」と言われた感じ。

2_2同じ場所で同じサカナにもう、3年くらい軽くあしらわれている気がします。

Photo_2大きなカワゲラの抜け殻がありました。

これからしばらく、この渓流は食欲が支配する世界になるのでしょう。

僕は、そこへちょっとお邪魔して・・・という感じ。

3年前に釣り逃した美しく強いニジマスに、今年も逢えた今日でした。厳しい自然の中、いつまでもこのポイントで待っていてくれることはないのでしょう。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

機窓から見える支笏湖(再び)。

先週のことですが・・・
夕方の便で新千歳空港から成田へ向かう際、またまた支笏湖と羊蹄山が見えました。

Photoこれではよく見えないか・・・

2拡大すると、こうです。

人工物のない景色って、なかなか見ることができないですよね。

実際には、湖畔にはアスファルト舗装された道路が巡り、ホテルや旅館や土産物屋があり、湖面には観光船やけたたましいジェットスキー(なぜスキーと呼ぶのか?)が浮かんでいるのですけれど。

もう6月なのでヤマメ解禁ですが、まだ釣りへ行けていません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »