« ドイツとオランダへの旅(7) | トップページ | 氷割りの頃。 »

2014年3月14日 (金)

久々にフライを巻く日々。

フライフィッシングを始めて12年目を迎えました。
最初のシーズンはちょうど今頃、「まず、自分でフライタイイングができたら・・・」と思い立って釣り具屋でフライの見本と基本的な道具、最低限のマテリアルを買ってきました。

Photoその時の見本を探してみると、ありました。ニンフ、エルクヘアカディス、パラシュート。

今になって思うのですが、このカディスではなかなか釣れないだろうな、と。

その頃、参考書を見てウーリーバガーを作ってみましたが使う場面がなくおよそ10年・・・そして去年の秋に、「その時」はやって来ました。

140314

それが何となく気になっていて冬が過ぎ、(シーズンは3カ月先だというのに)参考書を引っ張り出して自分なりのアレンジを加えたウーリーバガーは・・・ウェイトを巻きすぎたのか全員が逆立ちしています。

まだ水が冷たい頃に活躍してくれるかな?そうでなければまた10年後・・・?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« ドイツとオランダへの旅(7) | トップページ | 氷割りの頃。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/59292701

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にフライを巻く日々。:

« ドイツとオランダへの旅(7) | トップページ | 氷割りの頃。 »