« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月30日 (金)

どうやって捕まえたの?

3日前、エゾヤマザクラの葉っぱに、知らない虫を見ました。

Photoネットで調べてみると・・・チャイロクチブトカメムシ、かな?

自分より大きなコガネムシに、どうやって口吻を刺し込んだのでしょう?

彼は私に見られたのに気付いて逃げようとしたのでしょうけれど、口吻が抜けずにあたふたしていました。

そして、「あー・・・口が曲がってしまった!」と言っているのかな?(このコガネムシはカメムシにとって、相当に重いはず)

植物から吸汁するカメムシのなかまにはセミやウンカ、アブラムシ、多くのカメムシが含まれます。

一方、動物(おもに昆虫)から吸汁するカメムシのなかまはクチブトカメムシのほかにサシガメ、アメンボ、マツモムシ、タガメやタイコウチなど・・・。

植物を食べるグループと動物を食べるグループ、これらがどうやって分れたのか?と興味が湧きます(中間は・・・いるのでしょうか?)。

昆虫少年を自認してきた僕ですが、50歳をとっくに過ぎて初めて気付くことがたくさんあるのです。

「いまさら新しいことを知って何になるのか?」と、この先の自分の時間には限りがあることを思いつつ、自分にとっての発見を記憶に残しています。そして、それはいつか跡形もなく消えるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

青い眼。

この時期、仕事場にある水辺にしゃがんでじっとしていると・・・すぐ近くまでトンボがやってきます。

Photo去年から気になっている、このイトトンボ(たぶんアオイトトンボ)の眼のブルー。

何十万年か何百万年かわかりませんが、なにか理由があってこの色になったのでしょう。

Photo_2ふと足元を見れば、大きなイトトンボのヤゴ。

これから羽化しそうですから、今見ているトンボとは別の種類なのでしょう。

・・・もう少ししたら成虫に会えるのかな。

北海道のこのあたりでは今朝(昨晩)、最低気温が10℃を下回りました。

朝晩は寒く感じられ「秋かな」と思いましたが・・・長期予報では暑い9月になるのだとか。

それでもあと1か月。夏の名残りを楽しみたいです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

今年の新米は・・・?

今年は7-8月の気温が高かったので、北海道の稲の生育は「まずまず=平年並み」のようです。そしてもうすぐ稲刈り。

130828こうして見ると立っている穂もあり心配ですが、こんなものなのかな?

心配だとしても僕には何もできないわけで・・・そんなことはたくさんあるのだ、と思ってみました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

カルーナの頃

カルーナというのは灌木で、花を楽しむ園芸植物という意味では「花木」になるのでしょう。

小説『嵐が丘』に出てくる「ヒースの丘」に生えている植物はこんなかな・・・と想像しましたが、それはエリカのようで、近いけれど違う植物のようです。

130819カルーナは、北海道ではお盆の頃から9月上旬にかけて花を咲かせます。

酸性土壌を好む植物らしいですが、日当たりさえよければ我が家の庭では普通に育ちます。

最近は「ガーデンガールズ」など小型の品種が売られていますが・・・なかなか育たないので庭植えではあまり面白くないように思います。

「小さなポットでそれなりに咲く」植物は、売り場ではきれいですが、そこまでが最高の姿みたい。

売り場では小さな面積に多くの商品を置きたいので、そんな品種ばかりが優先されるのかな。

買う側としては「なかなか育たないな・・・」よりも「うわー、こんなに大きくなっちゃった!」の方が楽しい(=古い品種の方が、植えて楽しい)と思うのですが・・・都会では逆なのかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

ミクリとイトトンボの産卵

仕事場の池にはたくさんのトンボが来ています。

130826中でも多いのが、このブルーのイトトンボ。メスはグリーンです。

アオイトトンボかな?

彼らが産卵している水生植物は、たぶんミクリ。葉よりも花茎が人気のようです。

最後まで倒れない、丈夫な物件だと知っているのでしょう。

北海道は先週の火曜から不安定な空模様で、ゲリラ的なにわか雨と強風がたまにやって来ました。

ひと雨ごとに空気が冷たく澄んでゆくよう。夏よりは秋の空気という感じです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

大雨警報・雷注意報・・・でも釣りに行った日。

北海道のあちこちで大雨の予報だったので、土日のキャンプ予定は中止にしました。

130825その代り、関東から北海道へ仕事で来ていた後輩を誘って支笏湖へ。

大雨警報と雷注意報は出ていましたが・・・水位の安定した支笏湖ですから、雷さえ注意すれば危険はないと思いましたので。

130825_2たまに湖面を冷たい風が吹き、空では雲が動いたり湧いたり・・・サカナはあまり釣れませんでしたがむき出しの自然の中で、それなりに気分のよいひとときでした。

2日前まで出掛けていた関東は今頃30℃以上か、と思ってみると・・・気分のよい空気の中で、現実感が薄れるような感じを覚えるのでした。

そう。向こうが現実でこちらは夢の中・・・?と。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

竜巻注意情報が出た日。

ここ数日は蒸し暑い北海道のこのあたりでしたが・・・昼休みになった頃に雷・雨・風(+少しの雹)で嵐のようになりました。

それが通り過ぎると、体感で5℃ほど下がった感じ。

130820帰りの夕暮れ空には夕焼けと複雑な雲。

夏の終わりなのかな・・・と思いましたが長期予報では、まだまだ暑さが続くようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

ヒメヒマワリ・・・かな?

この庭のあちこちに咲いている黄色い宿根草。

Helianthus_helianthoidesたぶん Helianthus helianthoides だと思うのですが、和名はヒメヒマワリ・・・でいいのかな?それともキクイモモドキ?

丈夫で、放っておけば大株になり、種子がこぼれて少しずつ違った花が咲きます。

2なぜか菜園に1本だけ育つことになった本家ヒマワリは、種子が大きく膨らみつつあるところ。ふっくらして、何となく雰囲気が変わってきました。

土日の雨で、背中一面が「あせも」になってしまいました。まあ、毎年のことですが・・・。

暑いなー、と言いながらも実は、できるだけ長く夏が続いてほしいのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

2年がかりで成虫になったクワガタ。

2年前に山で成虫を採ってきたのが産卵し、幼虫から育てていたノコギリクワガタが成虫になりました。昆虫少年だった僕ですが、これは初めてのこと。

130818とてもとても、うれしいです。

幼虫は4匹だったか・・・羽化に至ったのは3匹で、ぜんぶメスでした(ちょっと残念)。

その後もチャレンジしていますから、飼育ビンは増える一方

130818_2びっくりしたのは、プリンカップに入っていた幼虫が脱走したこと。

プラスチックの容器のふたに穴を開けて、出ていました。

ごめん・・・狭すぎたか水分が多すぎたようです・・・ということで、コイツは大きめのビンへ引っ越しさせました。

もう少し上手くなって自信を持てたら、北海道に合った飼育法など紹介したいと思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

トマトにトンボ

きのうの朝、プランターのミニトマトに大きなトンボがとまっていました。

130816ルリボシヤンマかな。

羽化して翅が固まるのを待っているような感じ。
このあたりにはヤンマ類のヤゴが住むような水辺がないので、不思議です。

どこかで緊急離陸して、ここで休んでいたのかな。

プランターのトマトは「水と肥料を極力少なく栽培すると甘くなる」・・・ということでチャレンジしているのですが、雨が降れば「水たっぷり」になってしまうのです。

130816_22年くらい前から「今年でおしまいか?」というくらい弱っているカサブランカが咲きました。

夏休みももう、おしまい近く。

でもまだまだ暑く、夏を楽しむことはできそうです。

この土日は雨が続く予報。
ゆっくりと身体を休めます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

ウスバカミキリ・・・だったみたい。

お盆休みの仕事場。メールも電話もなく静かなものです(けっこう寂しい)。

0昼休みに「いつもの木」をチェックすると、ここでは見たことのない大きめの甲虫。

1横から見るとダース・ベイダーみたい・・・。

2枝で突いて、少し出てもらいました。

横顔に見えた複眼は頭の上までつながっているようです。そして切れ味のよさそうなアゴ!

130815全身が現れると・・・ウスバカミキリだったようです。

ブラウンの上着を着た紳士の雰囲気。

ウスバカ・・・ミキリ?という名はかわいそうですが、甲の部分が硬くないので握るとソフトな感じの虫。

子供の頃以来です。久しぶりに見ました。

北海道にいる僕が言うまでもなく、暑くて厳しい夏です。お身体たいせつに。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

ジニアがポップな感じ。

ミックスフラワーのひとつとして咲いたジニア(ヒャクニチソウ)。
Zinnia elegansでしょうか。

130812ホットピンクにイエローの星。イラストみたいな花だなぁ。

今日は特に暑いわけではなく、夏の峠を越えたような感じ・・・いやいや・・・まだまだでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

まだ名前のわからない花・・・。

この借家で8回目の夏。
毎年咲くのに名前(種類)のわからない花があります。

1いつも真夏になると咲き、日陰の庭で調子よさそう。

花はアスチルベに似た感じですが・・・

2上から見たところ。
アスチルベと違って葉に照りがあり緑が濃く、花穂は直立せずに枝垂れるように咲きます。

これ、何という植物なのでしょうか・・・?

Photoミックスフラワーのひとつとして咲いたベニバナアマ(Linum grandiflorum)にカンタンの幼虫が来ていました。

この花は一年草です。
これに対して、ブルーのアマは多年生でシュッコンアマ(Linum perenne)。

きのう、近くでコオロギ(エゾエンマコオロギ)が鳴く声を今年初めて聞きました・・・今も網戸の向こうで鳴いています。

もう少しするとこのカンタンが成虫になり「ル・ル・ル・ル・・・」と夜に鳴きます。

このカンタンは近所の河川敷から数年前に連れてきたものの子孫(たぶん)。それまで庭にはいなかったのです。

カンタンは子供の頃から知っていました。

いつからかこの鳴き声が好きになり、花に来るのは花粉を食べるため、とわかったのは最近のこと。

コオロギの声を聞きながら眠りに就く夏の夜は素敵です。でも、きっと今夜も寝苦しいことでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

エダマメ初収穫!でも早すぎた・・・日。

土日と今日(8/12)、そして明日13日まで休みを取りました。

Photo_2いつ遊ぶ?・・・今だよね!という感じの夏の日。

息子が夏休みの宿題をサボッていたので、この夏3回目の「男キャンプ」は中止(去年もあったなぁ・・・

エダマメを種まきしていた時、なぜか畑にひと粒落ちていたヒマワリの種子(まったく覚えがない)を土に埋めていたのがぐんぐん育ち、立派に咲きました。

130812そのヒマワリのあしもと、早生のエダマメ‘サッポロミドリ’の莢がふくらんできたので試しに収穫。

・・・美味しかったけれど、数日早かったみたいです。

でも残りがあるので、来週あたり再チャレンジ、かな。

Photo_3本州以西では猛暑のニュース。TVで観て「うわー・・・たいへんだろうな・・・」と言いながらも「暑くて寝苦しい」と嘆く北海道のこのあたりは最高気温28℃、最低気温21℃。

僕も20代には東京や熊谷近くで暮らしましたので、その暑さは覚えていますが・・・。

その頃とは較べものにならないのだろうな、と思うのです。

この気候はもう、どうしようもないのだから体調に気をつけて、無理しないでほしいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ペコのサカナたち(2)

8月8日の釣りで「サカナたちは腹ペコ」と思ったのは、大きなフライへの反応が強かったからです。

Photo上のフライは、僕が「ここには大物がいる」と知っている時だけ使う#8(たぶん)で、下は「ふだん使う範囲でいちばん大きなカディス(たぶん#12)」。

2この日は「大物ポイント」へ先回りした人がいたみたいで、くっきりと足跡がついていました。

そのポイントで流した「大物用」に近付いた魚影は見えたけれど喰いつきはしなかった・・・その後、面倒なのでそのまま「大物用」のカディスを使って釣り上がったのです。

そうすると・・・#8のカディスに15cmのオショロコマやニジマスが入れ食い状態。

色やシルエットは違いますけれど、「いつものカディス」とはあまりに違う反応。

この日が特別だったのか、それともそれまでの選択(それでも十分に連れていた)が間違っていたのか・・・たぶん特別だったのだろう、と思っています。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

腹ペコのサカナたち(夏なのでニジマス釣りへ出掛けた)。

北海道も、それなりに暑い日が続いています。
ちょうど今頃、僕が出掛ける渓流は最高の季節ですので・・・休みを取ってひとりだけの夏休み。ニジマス釣りへ出掛けました。

1朝はゆっくり出発して11時頃から釣り始め。気温25℃、水温16℃、曇り。

こんな日は、小さめのサカナは瀬へ出て元気よくエサを食べています。大きいのは釣れなくても、そこそこ釣れるのです。

130808今日はニジマスよりオショロコマが多め。元々はオショロコマの川ですから・・・。

130808_2小さいサカナがどんどん釣れて、途中で飽きてしまいました。

沈んでしまったフライを回収しようとするとサカナが付いていたり・・・

その中で、いちばん大きなサカナはこのニジマス。測ってみると40cmに少し足りないサイズ。おかげで後半のヤル気が出ました。

130808_3今週は子供と妻がジジババ孝行のため出掛けていたので、束の間の独り暮らしでした。今日が最終日。

スーパーへ行ってみるとキラキラのマイカ(スルメイカ)が398円、夜のため50%引きですから199円です。

高知の生姜も買ってきて、イカ刺しの薬味としました(最高!)。

たしかに美味しいイカ刺しで、これはひとりで黙って食べるものではないな・・・とも思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕にマルコポーロが咲く。

北海道の七夕は8月7日。
子供の頃は妹と七夕飾りを飾ったり花火をしたり、夏休みの中でも楽しみな日でした。

130807二年前に球根を植えたオリエンタルユリ(オリエンタルハイブリッド)‘マルコポーロ’は2回目の開花。ぐんと背が伸び、立派になりました。

オリエンタルユリといえば純白の‘カサブランカ’ですが、それに対するピンクのユリとして流行った品種です。

この品種は清楚な印象ですが近付くとユリらしい香りが強め。それを嫌う人があるようですが僕は好きです。

このユリが咲き終わる頃には菜園のトマトが色付き、秋風が吹き始める・・・かな?それともまだ暑いのでしょうか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

赤トンボの季節の始まり。

7月の間は少し標高のあるところでしか見られなかったアキアカネやノシメトンボが、庭でも姿を見せるようになりました。

Photoこうなると、季節は秋へと向かいはじめる感じ。

Photo_2夏を十分に楽しんだか?と自問自答・・・まだ十分ではないみたい・・・半分くらいかな。

長期予報では9月も暑いようなので、昆虫採集は無理でもキャンプと釣りはまだまだできそうです。

菜園のトマトも、長く楽しめるかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

ナスタチウムの花はなぜその形なのか?と・・・

・・・考えてみましたが、よくわかりません。

130803_2数年前に植えてみて、寄せ植えに使う植物としてペチュニアより面白いと感じたナスタチウムです。

130803_3今シーズン初めて気付いたのですが・・・この、雄しべの手前にあるギザギザした刷毛のようなものに何の意味があるのか?・・・わかりません。

130803_4そして、花の奥にある古代の洞窟の絵のような模様の目的は?・・・わからないのです。

まあ、わからないことの多い毎日ですが・・・感じていたいと思い続けています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の折り返し。

オリエンタルユリのコンカドールが咲く頃は、気分的には夏休みの折り返し。

130804さて・・・

130803ガウラがよく咲いていますがこの植物、いつが満開なのかよくわかりません。

一輪ずつが短命なので、こうなってしまうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

落花生の花

今シーズンは初めて、菜園とプランターに落花生のタネを蒔きました。
採って食べよう、というよりは好奇心です。

2日当たりのよいプランターに蒔いた1株で、先週からポツポツと花が咲きだしています。

初めて見る落花生の花は黄色。マメ科らしい形をしています。

調べてみると、自家受粉するタイプのようです。

うまく受粉すると地下へ刺さりこんでからマメが大きくなるのだとか。

次はその様子を見られるといいな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

クレマチス コムテス ド ブショウ(?)

いつも何と表記すればよいのか悩むのですが・・・ピンクでよく咲くクレマチスの‘コムテス ド ブショウ’(たぶん)。

Photo金属的な光沢のある花弁(がく)が特徴です。

ドウダンツツジに絡ませるつもりでしたが、今年は隣のシャクヤクの方へ行ってしまいました。

苗を植えてから6年(たぶん)。今年がいちばんきれいな咲き方です。どちらかというとコンパクトで、鉢植えにも向くかもしれないな、と思いました。

Photo_2黄色のユリが咲き始めました。これは僕が植えたのですが、品種名を忘れてしまった・・・
ユリなのに香りがなく、よそよそしさを感じさせる存在です。でも庭では元気よく、花の立つ本数が年々増えています。

きっと切花用の品種としては優秀なのでしょう。でも何となく物足りない感じがするのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »