« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

ヤマメ釣りと野生のアジサイ。

今年は体力に自信がなくて、これまで何となく避けていたヤマメ釣りへ出掛けました。

K130631通い慣れた渓流ですが石がゴロゴロ。大きな増水があったようで、去年とは流れが変わっているところも。

130731ここはヤマメの川ですが、小さなイワナを初めて見ました。支流の奥から流されてきたのかな?

それでも、僕としてはまあまあのヤマメを掛けることができました。

130731_2この時期に来ると花を見ることのできる野生のアジサイ。エゾアジサイのようです。

エゾアジサイをネットで調べてみると Hydrangea serrata var. megacarpa でヤマアジサイの変種とする説と、 Hydrangea macrophylla subsp. yezoensis でガクアジサイの変種とする説があるのだとか。

130731_3野生のホスタ(ギボウシ)も花盛りでした。オオバギボウシかな?

蒸し暑くて、集中力が続かないような釣りでした。

でも五感のすべてをリフレッシュできた一日。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

丸瀬布キャンプ・・・。

一年でいちばん楽しいはずの丸瀬布キャンプ。

Photo息子と2泊してきましたが、今年はイマイチ。

TVの影響か・・・クワガタ目当てでテンションの高い親子連れが多くて去年あたりから「げんなり」です。

ここへ毎年通い始めて今年で8年。息子とは「もう、ここはそろそろ卒業かな?」と話しました。

静かに過ごせて楽しい場所でしたが・・・残念。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

隅田川花火大会を羽田空港のTVで観ていたら・・・

北海道人にとって、今週の東京は蒸し暑かったです。

130727それでも3日間の仕事を終え、搭乗時刻まであまり時間がなかったので羽田空港のコンビニでおにぎりを買って搭乗ロビーで夕食。

「生たらこ」と「ソーキ」、北海道と沖縄の組合せですね・・・あ、たらこは北海道ではなくカナダ産かな?

ソーキおにぎりの240円は、少なくとも僕の味覚では価格に見合うものではありませんでした(残念)。

Tvこの日は隅田川花火大会の日だと聞き、飛び立った飛行機の窓からフィナーレの花火が見えるかな、と期待していました。

もうすぐ搭乗時刻・・・と思いながらTV中継の花火を見ていると・・・雨が降ってきて中止になったみたい。

「あー、残念」とがっかりしたのですが、それだけでは済まなかったのです。

雷雲が上空にあって、離着陸できないのだとか。

結局、乗るはずの飛行機が羽田に着かず、機材繰りして出発したのは1時間15分遅れ。新千歳空港に着いたのはJRの最終時刻を過ぎてからでしたが、臨時列車が出て助かりました。

たとえTVを通してでも、すぐ近くにあると思えば花火をワクワクしながら見ていたのに、「去年の花火」に変わったとたん、現実感のないものとなりました・・・そんなのものなのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

キリンソウにジガバチ。

この時期になると、いつも見ることのできるこの風景。

130720ちょっと邪魔だと思っているキリンソウに、ジガバチがやってきます。

この親はアオムシやシャクトリムシなどの、いわゆる「イモムシ」を、自分で掘ったトンネルに運んで産卵するのだそうです。

生れたジガバチの幼虫は、麻酔されたイモムシを食べて育つのだとか。

でも、ジガバチの親はイモムシではなく花の蜜を食べているようです。

そして我が家の庭ではこのキリンソウに人気があるみたい。

・・・ということで、この邪魔なキリンソウは抜かずに、ジガバチの観察ポイントになっているのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

ヤグルマソウ(ヤグルマギク)。

ヤグルマソウは一年草。子供の頃から知っていたのはブルーだけでした。

130720この花の種子を買ったのではなく「ミックスフラワー」という、何種類もの種子が混合された花のタネから咲いたものです。

130720_2この植物にピンクの花があると知ったのは大人になってから。

130720_3ホワイトも咲きました。

自分が育ってきた時間は短いと感じますが、この間(僕の知っているのが)ブルーだけだったこの花にピンクやホワイトも。

ニンゲンの努力で色が増えたように思いますが、実はニンゲンを利用した彼らの進化だったりして・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

セミの羽化を観察した。

今年はセミが多い・・・という僕の予想の通り、仕事場にあるマツの木にもたくさんの抜け殻が。そして帰りに一匹だけ、羽化しようと木に上りはじめた幼虫を連れて帰りました。

1居間のカーテンを登らせ、しばらくすると羽化が始まりました。

2上半身を引き抜いて・・・

3脚を無事、引き抜くことができました。

4そしてなぜか、そのままエビ反り・・・

つい10年ほど前まで、このままバック転して羽化するのだと勘違いしていました。

子供の頃に何度か見たはずだったのですが・・・。

5実際には、翅が少し伸び始めたところで腹筋!

6
しっかりと、自分の抜け殻につかまって・・・

7_3無事にお尻を抜くことができました。

さて、これから翅が伸びて美しいセミになるのですが・・・

眠くなったので、あとは朝になってからのお楽しみ、です。

人がこんな風に変身することはありませんが、マインドとしては、別人のように成長するときがあるのだと思っています。

それを見守るのが、僕らの年代の務めなのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クワガタの季節。

アウトドアが楽しい季節です。

130721庭のホスタが咲き始めれば夏のセミが鳴き始め、クワガタが活発に活動する季節。

130721_2近くの山へ散歩に出掛けると、たくさんのセミが羽化していました。コエゾゼミかな?

7月終盤のセミは夕方から夜に羽化するものと思っていましたが・・・前の夜はラッシュだったようで、出遅れた個体が多かったのかもしれません。

例年よりずうっと多くの抜け殻がありましたので今年はセミが多そうですが、鳴き声はまだまばら。

130721_4樹上にはミヤマクワガタのペア。今年はクワガタも多いような気がします。

130721_5この日はウラナミアカシジミの羽化もあったようで、たくさん見掛けました。

子供の頃にはなかなか見つけられなかったクワガタやチョウと、今では簡単に出会えるようになりました。

その頃より自然が豊かになったとは思えないのですが・・・車を使えるようになり、自分の子供と少し経験を積んだからなのかも知れませんね。

来週は夏休み。楽しみですが疲れそうだなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

B787に乗ってみた

先週は仕事で関東へ出掛けていました。

B787前から乗ってみたいと思っていたボーイング787。

内装など特別な感じはありませんでしたが、気圧の変化で耳がおかしくなるようなことがなく、赤ちゃんを連れて乗るには良いかもしれません。

実際、小さな子供が着陸の頃に泣き叫ぶこともなく。

130719帰りに見た山形県、新庄市のあたり。最上川が氾濫している様子がわかります。

学生時代に何度か、遊びに行きました。夏休みに月山でスキーをして、その日のうちに酒田の方へ海水浴などということも。

スキーも上半身裸でしましたから、翌日の日焼けがすごいことになったのを覚えています。

130720

庭ではクレマチス ハーグレイ ハイブリッドがきれいに咲いています。

これで6回目の開花。年々、少しずつ株が大きくなって花数が増してきました。

僕のクレマチス熱はとっくに冷めてしまいましたが・・・こんなふうに毎年きちんと咲く品種を見ると、「今年はもう一株、植えてみようかな?」と思ったりもするのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

支笏湖でウグイ釣り・・・。

今日から7月の下旬。

130720私の庭でも近所でも、紫のラベンダーがきれいに咲いています。

北海道の観光シーズン、今が盛りです。

130720_2先週に続いて今日も支笏湖へアメマス釣りに出掛けましたが・・・波が高くてアメマスは岸寄りしていませんでした。

でかいウグイは釣れましたけれど。

仕方がないのでスジエビを捕まえて記念撮影。

旨そうなエビです。ヒメマスに並ぶ支笏湖の名物にならないでしょうか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

支笏湖でアメマス釣り。

海の日絡みの三連休。3日目は仕事があるので1~2日目でキャンプへ行こうかと思いましたが・・・どうせ混雑して落ち着かないだろう、と敬遠。

せっかくのよいお天気ですから、2日目に息子を連れて支笏湖での釣りへ出掛けました。

130714ここへは30代前半、集中的に通った時期がありました。

釣り具屋のオヤジに騙されて「湖岸からチップ(ヒメマス)が狙える」道具一式を買って2週間を通い詰め・・・「釣れなかった」とオヤジに報告すると、自分が売りつけたのを忘れて「そんな道具じゃ釣れるわけがない」と。

2週間の「通い詰め」は、出勤前の毎朝2時間ほどでした。釣れなかったけれど、気分はよかった。

1307142その後ルアーをかじり、ちょうどこの時期、仕事を終えて夕暮れ時に通ったことがありました。

水生昆虫がいっせいに羽化するような風のない日には大きめのアメマスが岸寄りし、ロッドの先にぶら下げたルアーで水面を触れるだけで食いつくようなことも・・・自然のすごさを実感しました。

130714_2あれから18年。

息子には浮きを付けた渓流竿を持たせ、ブドウ虫を餌に釣らせると小さなアメマスの入れ食いとなりました。

僕は・・・10年前に始めたフライで、たぶん今日初めて釣った支笏湖のアメマス。岸から5メートルほど、新子ヤマメを釣るような手軽さです。

130714_3口の短いここのアメマスは、幼さを感じさせます。

18年前は暗くなるまで釣り、日没直後くらいにサカナが狂ったように食いつく時間がありましたけれど・・・今日は子供と一緒なので明るいうちに引き上げ。

本当に楽しいのはこの後なのですが、ね。

当時のルアーから今のフライに道具を持ち変えた僕が18年前のように釣れるのか・・・お天気がよければ来週にでも、試してみようと思っているところです。

立ちこんで真剣に釣っている方々とは次元の異なる軽い釣りです。念のため。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

スイセンノウとホスタ。

冬の間から楽しみにしていた渓流釣りの夏、ですが・・・いざ休みになると行く気が出ず。庭で雑草を抜いたりしてウロウロ。

Photo庭に濃いピンクのスイセンノウが咲けば夏。そしてホスタに花が咲けば真夏です。

130713

この家に来た年から8回目の夏、変わらず咲いているアスチルベ。

アスチルベの花は咲き始めから終わりまで、少しずつ雰囲気を変えながら楽しませてくれます。

「今日は暑かった!」と思いましたがアメダスを見ると今日の最高気温は28℃。「猛暑」のニュースで見る暑さに較べれば、北海道らしい夏だと言える程度の厳しさですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

クレマチス プリンセスダイアナ・・・。

2-3年前に植えた、クレマチス プリンセスダイアナ。
人気があったのか、あるいは増殖が難しかったのか、他の品種より高めの値段でした。

Photo咲かせてみると、まあラベルや参考書の通りの花。

・・・ああ、そうか。という感じです。

クレマチスは奥が深いと感じ、いろいろ買い求めて育ててみましたが・・・このままでは飽きるばかりで。

そろそろ卒業かな、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

夏草に夕陽。

今日は夕陽がきれいでした。

3種をつけ、その命の役目を終えようとしている草にあたたかな光の夕陽。

こんなことが何万年も繰り返されてきたのでしょう。

Photoこの何年か、昼休みに同じ木を観察しています。

これまでは、この同じ場所にオスのコクワガタが来ていたのですが・・・今年はメス。

クワガタの世代交代を見守りながらも、自分だけが別のサイクルで生かされているはずはなく、僕もやがては朽ちる身。

朽ちるまでの間に何ができるか、と考えてみると・・・何万年の中の一瞬なのだと思えば何もしなくても同じだと思う一方で、次の何万年かの後に何かを変えられるような気もするのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

釣りに行かなかった日。

釣りのために取った休みでしたが・・・行きませんでした。
天気予報通り早朝にまとめて降った雨、そして何となく。

130707この季節、ヤマメ釣りには最適なのですがいつも行く渓流は2年ほど前からヒグマの気配があり、ゴロゴロの岩が多く・・・体力に自信がなくなったから、かもしれません。

30代では土砂降りの雨やみぞれが降る中でもひとりで釣っていたのですが。

Photoヒマだったのでチェックすると、蛹になって今シーズン羽化しそうなクワガタ(すべてノコギリクワガタ)は4匹。飼育を始めてから丸2年、一匹も死ななかったと思います(強いものだな・・・)。

去年生まれの幼虫が大きくなり、コクワガタも加えて飼育ビンの数が増えてきました。

焦らず急がず・・・でも時間が流れれば自分は老いるのだということは、この頃よく思うのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

ポテンティラ ネパレンシス ロンマクベス。

今年の春に苗を買ってきて植えたポテンティラ ネパレンシス‘ロンマクベス’。

Photo_3黒い花芯の部分がエキゾチックな印象です。

Photo_4ネパレンシスという種名は、ネパール原産という意味かな?

現地でどんな風に咲いているのか?どんな昆虫が花粉を運んでいるのか?・・・

いつか見てみたいような気がしますけれど、たぶんそこまで行くことはなく終わるのでしょう。

明日は休みを取って、釣りへ行くつもり。

さて、どの渓流へ行こうか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

コントラスト。

黄色っぽいダリアと濃いブルーのペチュニアを、コンテナに寄せ植え。

130706
暑くなって、どんどん咲いています。

イメージ通りに咲いてくれると嬉しいものです。

昨日も今日も30℃。これくらいになると北海道人はぐったりです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

夏が来た。

2013年最初のキャンプは、息子と二人で近場へ。

130706低温や雨を覚悟していましたが思ったより暑く、「夏が来た!」という感じです。

130706_2目的は虫捕りですから、大事なのは日が暮れてから。

クワガタ採りをするならこの白い外灯が重要で、オレンジ色のはムシが集まらない光だからダメなのです。

虫が嫌いな人がキャンプに来ると耐えられないようで(わかります)・・・苦情に対応してムシのあまり来ないオレンジ色の外灯に変えたところもあるみたいですが・・・そんなところはパス。

130706_3その点、ここは文句なし。ちょっと小型ながらも、早めの季節ですからミヤマクワガタの♂がたくさんいました。

もちろん♀の方が多めで・・・僕らはミヤマクワガタのメスを「アヤ」と呼んでいます。

なでしこ日本代表の ミヤマ アヤ選手にちなんで。

130706_4この日は、ノコギリクワガタも何匹か見かけました。

その他にコクワガタ、アカアシクワガタ、スジクワガタ・・・北海道の5大メジャークワガタはぜんぶ、という感じ。

目的はカブトムシを捕まえて繁殖させてみたい、だったのですけれど・・・。

130707その中で・・・暗い時は半信半疑だったのですが、たぶんこれはコカブトムシの♀。

僕は子供の頃から昆虫少年だったのですが、コカブトムシは初めて見ました。

カブトムシとはまったく生態が違うようで飼うのは難しそうですが、しばらく観察してみたいと思っています。

130706_5キャンプへ出掛ける朝、飼っていたノコギリクワガタの幼虫が蛹になっていました。

2年前に採ってきた親から生れて、二冬を越えてのこと。

コイツは2年間成長し、その分僕は、衰えたわけです。

キャンプも同じで、僕がくたびれた分だけ息子があれこれできるようになりました。

身体(アタマ)が動くうちに何ができるのか・・・を考えるようになったこの頃。

今年の夏は、それをわからせてくれるのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

星のようにカスミソウの花が咲く。

去年植えたカスミソウの花が咲き、そして明後日は七夕(北海道では1カ月後ですが)。

130605こうして見ると、ひとつひとつの花は宇宙に浮かぶ星のよう。

既に咲いて受け入れ可能な花があるかと思えば、2週間後くらいに咲きそうな小さな蕾もあり。

運ばれた花粉がどの花にたどり着くのか・・・宇宙旅行のようなものなのかもしれません。

いつか我々人類の子孫も、そんな旅に出るのかな。

あるいは・・・人とひととの出会いは、宇宙に漂って偶然を待つようなものなのかも・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

大雪山を眺めた日。

今日は仕事で旭川へ。

130704曇りと雨の予報でしたが、外れたみたいで晴れ。気温は28℃だったとか。

田んぼの向こうに、雪渓を残した大雪山が「もう夏だよ。遊びに行きなさい。」と教えてくれているようでした。

昼食は早めに、これまで10年以上素通りしていた(いつも車がいっぱいで混んでいそうだったので)旭川ラーメンの店で。

おいしかったです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

タツタナデシコの実生たち。

僕より先にこの庭の住民だったタツタナデシコにタネができたのでそれを播き、咲いた花からさらにタネを採って、播いた世代が開花し始めました。ま、いわゆるF2世代です。

130703庭のあちこち、空いている場所に植えて約20株。
いろいろな花色、高さ、株の形があります。

この中から気に入らないのは抜き捨てて・・・残った株からまたタネを採って・・・さらに世代を進めます。

原始的な品種改良、ということになりそうです。

この家にいつまでも住めるわけではありませんから、引っ越す時には何十粒かの種を持って・・・ということになるのでしょう。

こんな楽しみを続けるためにも、あと15年くらいは元気でいたいなあ、と思うわけです。

渓流へ釣りにも行きたいけれど・・・

大きな岩がゴロゴロしたところへは、あと10年くらいでお終いにした方がよいのかもしれません。

こんなふうに考えると今のうち、「悔いのないように行動したいな」と去年あたりから思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

やっぱり何かヘンだ。

今年はモンシロチョウが少ないぞ・・・と5月から思っていましたが、その状況は今も変わりません。

Photoいつもなら、これだけ菜の花(正確には同じアブラナ科のシロガラシ)が咲いていればモンシロチョウが集まっているはず。

2それなのに、モンシロチョウだけでなくミツバチさえも見えません。

おかしい・・・。

ヨーロッパでは、ある農薬がミツバチに大きな影響を及ぼしている可能性があるとして、2年間の使用禁止になると聞きました。

ここ北海道でも同じことが起きようとしているのか?

これだけムシが少なくなれば、野生植物の繁殖にも影響があるだろうな・・・と思いました。たしかに5月は異常な低温でしたが・・・

経験的に、こんな年の夏は暑いものだと思っていたら、
一カ月予報でも三か月予報でも「暑い夏」を予想しています。
この夏は楽しみたいな、と思うのですが・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »