« 小さなブルーの存在感。 | トップページ | この時期だけ気になる、クロッカスの系統。 »

2013年5月 5日 (日)

プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。

この春、庭で最初に咲いたのはこの花。

130505プリムラ ブルガリス(Primula vulgaris)ですが、咲き始めは雨の日が多くて寒く、本来の花を見られるようになったのは今日が初めて。

雪の少なかった春には、早くからきれいに咲いてくれるのですが。

もともと日本の花ではありませんが、現在見られる多くのプリムラ品種の元となった、「原種」に相当するようです。

そう考えれば、古風な花。

満開を誇るような咲き方はせず、淡々と。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 小さなブルーの存在感。 | トップページ | この時期だけ気になる、クロッカスの系統。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/57317620

この記事へのトラックバック一覧です: プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。:

« 小さなブルーの存在感。 | トップページ | この時期だけ気になる、クロッカスの系統。 »