« プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。 | トップページ | 咲かざるを得ない花。 »

2013年5月 6日 (月)

この時期だけ気になる、クロッカスの系統。

ゴールデンウィークはほぼ毎日雨が降り、そして寒かったので、ほとんど何もせず過ごしました。
たまに仕事と、午後はファイターズのTV観戦。そして数時間、仕事着とカバンの買い物をしたくらい。

130502雨が止んだ時に庭へ出ると、たまに開いているクロッカス。

他に花が少ない時期のせいか、この季節だけはクロッカスが気になります。

庭に咲いているもののうち、大きく分けて二つのグループで交雑して種子がこぼれ、実生が咲いているみたい。

でも、この画像の品種は近い仲間がないようです。

Wikipediaを見ると、庭にある大輪グループと同じように見える自生地の画像がありました

Photoこちらは、仕事場の敷地内にあるヤチブキ(エゾノリュウキンカ)。

どこかからか移植されたもののようですが、食べられる山菜らしく、誰かが刈って食べてしまった年もありました。

幸せなことに、今の私たちは山菜を食べて飢えをしのぐわけではなく、季節を楽しむ行事のようなもの。

でも、かつては待ち焦がれた春の味覚として、特別な意味があったのでしょう。

それが少し分かるような雰囲気の記憶があります。既に農業をやめていた母の実家。そこへ親戚が集まってタケノコ(チシマザサの新芽)を大量に採り、剥いて茹で、塩漬けにしていたような・・・。そして秋にはキノコでしたが、その頃の僕は、行事に参加するには小さすぎる子供だったようです。

それをさらに子供へ伝える意味があるかどうかはわかりませんが・・・この時期には息子を連れ、静かな森と沢へ入って少しの山菜を採り、一緒に味わうことにしています。

今年のそれは来週あたり、かな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。 | トップページ | 咲かざるを得ない花。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/57326052

この記事へのトラックバック一覧です: この時期だけ気になる、クロッカスの系統。:

« プリムラ ブルガリスが本来の花を咲かせた頃。 | トップページ | 咲かざるを得ない花。 »