« 初エンゴサクの日。 | トップページ | 萌芽の頃。 »

2013年4月17日 (水)

あるときは、水滴の向こう側のような現実と向き合うべきかな?

確かにある現実なのに、何かを挟むと向こう側がよく見えないということは、よくあるものです。

Photoそれは例えば、こういうものかな。

この枝の向こうは庭の残雪です。

Photo_2中央から少し左の水滴を拡大してみると・・・、何かが見えたような見えないような・・・。

まあ、僕の現実も最近はこんな感じ。

水滴の向こう側を見ようとせず、向こう側へ行ってみればよい、というだけのことなのですけれど。

|

« 初エンゴサクの日。 | トップページ | 萌芽の頃。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/57194086

この記事へのトラックバック一覧です: あるときは、水滴の向こう側のような現実と向き合うべきかな?:

« 初エンゴサクの日。 | トップページ | 萌芽の頃。 »