« ダイヤモンド・ダストだった日。 | トップページ | 雪の日の考えごと。 »

2013年1月17日 (木)

ふくらむ桜の芽。

こんなに寒くても、桜の芽はちゃんとふくらんでいました。

Photoすべての葉を落としながら、どうやって季節を感じているのでしょうか?

桜の樹ではなくて、この芽そのものが春を待っているのかな。

そう考えると、この樹が主体なのではなくて、咲く花や実に生きる場を与える存在のように見えます。

子供の健やかな成長を見守る親のような存在、と言うときれいかもしれませんが・・・。

見方を変えて樹が自分自身だとすれば、ひとつひとつの芽はどこへでも旅立てる心、という風にも思えるのです。

|

« ダイヤモンド・ダストだった日。 | トップページ | 雪の日の考えごと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/56563264

この記事へのトラックバック一覧です: ふくらむ桜の芽。:

« ダイヤモンド・ダストだった日。 | トップページ | 雪の日の考えごと。 »