« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

ここは南国?

吹雪となった火曜の朝に北海道を出て3日間、千葉にいました。

成田空港発着の札幌便には格安の航空会社が3社となり、千葉での仕事が多い私としてはとても便利です。わざわざ羽田を使う必要はありませんので。

出発の日、搭乗してから吹雪になり滑走路が徐々に白くなりましたが・・・飛び立つことができました。その後は欠航便が多かったようで、ギリギリだったのかもしれません。

Photo千葉もそれなりに寒かったのですが、こんな植物と明るい空を見るとまるで南国!

でも帰ってくれば北海道は束の間の積雪。これから何度も積っては融けてを繰り返し、いつものように12月下旬にはホワイトクリスマスとなるのでしょう。

行ったり来たり・・・の多かったこの一年。いつも忘れものをしているような気分がどこかにあります。

否・・・「行ったり来たり」とは関係なく、単に全力を尽くしていないということなのかもしれません。

それとも、忘れ物をしがちな自分を信用できないからなのかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

バウムクーヘン流行りはまだ続く?

数年前から、バウムクーヘンを食べる機会が増えているような気がします。
流行なのでしょうね。

Photoさらに、こんな風にカットして個別包装したのも出てきました。

オリジナルの商品の知名度が高ければ、これも食べやすくてよいと思います。

ゴミは増えますけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

初めてのシイタケ栽培・・・

今年、初夏に初めてシイタケのほだ木を買ってみました(1本だけ)。

Photo水に漬けるとよいと聞き、やってみましたが夏の間は変化なし。

Photo_2あきらめていましたが、今日ふと見ると小さなシイタケが出ていました。

ここのところ雨や雪が続いていましたから、そういう水分が必要だったのかもしれません。

しかし・・・既にマイナス5℃も下回る冬。今から出てきても・・・ねぇ。

来年が勝負なのか、はたまたこれでおしまいなのかはわかりませんが、とにかく「出てきた」ということで、ちょっと満足です。

興味本位でのチャレンジですが、きちんとやろうとしたら奥が深いのでしょうね。

忙しくて体力が落ちていたせいか、先週末にはひどい風邪でした。
三連休はほとんど何もせず寝て過ごし、ほんとうに久しぶりに「休んだ」という感じ。
北方謙三の『三国志』を読み、眠くなればそのまま眠るという昼夜も関係ない時の過ごし方でした。

さて、今週もまた忙しくなりそうですが、また頑張れそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

夢のあとさき。

今日、札幌ではファイターズのリーグ優勝パレードがありました。
それは見なかったのですが、夕方になって出掛けてみると、その名残が。

__この選手はァイターズで育ち、アメリカへ旅立とうとしています。

それは本人が決めたことで、ある程度のレベルになった選手には挑戦の資格があるのでしょう。でも現実は厳しいものかもしれません。

それを理解しているかどうかは別にして、気持ちよく送り出そうとするファンは、いいなと思います。

こんな風に送り出せば、いつか「お帰りなさい」と自然に言えるのかもしれませんから。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

韓国のコンビニおにぎり

韓国出張の帰りは金浦空港。

2階の手荷物検査場のフロア右側にセブンイレブンがあり、そこでおにぎりを買ってみました。

1韓国語しか書かれていないので、どんな具なのかまったくわかりません。

まあ、それも楽しいと思って選んだコレ。

2買ってから裏を読もうとしましたが、やはりわかりません。

11月18日1時の製造で、消費期限が19日13時かな、という程度。

3中を見ると、炊き込みご飯のような感じでした。

通常の具の位置にはツナマヨのようなものも入っていたみたいです。

日本のと較べるとご飯が「ぎっしり」で、ほろり・ふわりという感じがありません。

これはこれで、お得なのでしょうね。

味は、普通に美味しかったです。

コンビニに入ると店員さんは「アニョハセヨー」と言ってくれます。

買い物を終えて「カムサハムニダ」と言うと、にっこりと笑顔を見せてくれました。

(韓国編 おしまい)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

ソウルのピョンヤン冷麺。

ソウルでの続き。

このレストランには年配者の客が多く、朝鮮半島北部の伝統的な料理を出すそうです。
そこでプルコギを食べてからいただいたこれが、北部スタイルの冷麺なのだとか。

Photoそば粉が主体の麺で、そばアレルギーの人は要注意。スープも具も辛くはありません。

夏になると、店の外に行列ができるそうです(この日も、店内で待っている人が多かった)。

Photo_2
食べていて「あれ?」と思ったのがこの千切りダイコン・・・いや長いも?・・・かと思ったら梨でした。

デザートにも梨が出て、とてもよい組合せだと思いました。

この日の朝、水溜りには氷が。「熱い冷麺(?)」もあるそうですから、次はそちらを食べたいな。

韓国では1泊しただけですが、ホテルの空気が乾燥していて風邪をひき今日で5日目。辛いです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

Gangnam・・・ソウルにて。

先週末、急に用事ができて、ソウルへあたふたと出掛けました。

Gangnam「今日決まって明日出掛ける」というパターンですからネットで航空券を手配して、ホテルを予約して・・・

現地で聞いたところでは、ソウルは漢江を境に江北地区と江南地区に分かれるのだとか。

インチョン空港からは、バスを使いました。

このホテルは江南(Gangnam)地区のようです。

ん?Gangnam・・・?

もしかして、この Gangnam Style の Gangnam か?と訊くと、そのようです。

つまり発展的でリッチで、積極的な(バブルの頃のTOKYOのような)雰囲気を自虐的に表しているのかな?と考えると納得できるような気がしました。

実際に、そんな雰囲気を感じたのです(現地では「景気はよくない」と言っていましたが)。

(続く)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

初氷の日。

とうとう、我が家の水がめ(ホームセンターで買ったコンテナ)に氷が張りました。
・・・寒いです。

121116この家へ越してきてから初めてカエデがまともに紅葉し、いつの間にか降り積もっていました。

Photoこの朝、仕事場の芝生とイチョウの落ち葉にも霜が。

暖かい秋が続いてくれたおかげで、ここまで少しのんびりしていました。

これからは厳しい冬。

身体も少しずつ、慣れてきたようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

和な感じ・・・ホスタ種子の旅立ち

ホスタ‘ゴールド スタンダード’の実が熟し、莢が開いて種子を落とそうとしています。
真黒な種子には翼がついていて、旅立ちの風を待っているように見えます。

Photo莢の開いた角度が何となく「和な感じだなぁ」、と思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

シクラメン ヘデリフォリウム 2012

画像は5日前ですが・・・シクラメンのヘデリフォリウムが、最後の頑張りで花を咲かせていました。

この株が関東あたりに植えられていたならば、まだまだ新しい花を咲かせるのかもしれませんがここは北海道。今夜は氷点下の気温になりそうです。

121110それでも晴れのお天気となって地面が温まれば、まだハナアブなどが来るのかもしれません。

そんな昆虫が冬を越えられるように花粉を提供するのか、それともこのタイミングで受粉しても来年には種子を作ることができるのか・・・わかりませんが、この、今咲いている花にはきっと意味があるのだろうなと思いました。

そして株元には、たくさんの新しい世代が発芽しています。

命をつなぐことは意思をつなぐこと、でもあるのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

ちょっと不自然かな、と思うアジサイの黄葉。

アジサイも黄葉すると知ってはいるのですが・・・このアリランは明るい黄色の葉となり、庭の一角で目立っています。

Photo修飾花が着いたままで紫色。そして葉の明るい色とのコントラストが北海道らしくない!・・・という感じ。

近くに見える緑色の葉はシュウメイギクです。

「不自然な・・・」と感じはしましたが、気になってこのあたりを毎日眺めています。

そして気温が下がって落葉する頃、コイツの冬囲いをどうしようか?などと考えてもみるのでしょう。

私とこのアリランとの出会いから6年目の秋。
この植物が私の庭に馴染んだから、ようやくお互いに存在を主張するようになったのかな?などと考えてみました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

登別温泉で締め。

土日に登別温泉へ行きました。いつもの宿、大好きなお風呂です。

121110混んでいて、仲居さんによるとこの日は800人以上の宿泊客なのだとか。

大きな宿で大きな風呂ですから窮屈には感じませんでしたが、これまで十何回か泊まった中ではいちばん「混んでいるな」と思いました。

でも、お隣の二カ国の人たちの存在は感じず・・・やはり少ないのでしょうね。

今年の「締めの温泉」です。

冬になると、古くて寒い家を一泊でも留守にすることができませんので(凍ってしまいそう)・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

やはり芋ができていた。

休日もバタバタするこの頃ですが・・・ようやく今シーズンの庭の片付けに取り掛かりました。
この地域の初雪の頃はとっくに過ぎていますが、次の木曜あたりには降りそうだという予報。かなり遅い初雪になりそうです。

Photoじゃじゃーん!
まるで、サツマイモのようです。

「テラス ブロンズ」という葉っぱを楽しむつる性の植物。ラベルには「ヒルガオ科イポメア属」と書かれていましたので「もしや?」と思ってはいましたが。

Photo_2植えた時は、こんな感じ。

サツマイモの学名は Ipomoea batatas だそうですから、同じイポメア属ですね。

かなり近い植物なのでしょう(・・・というより、ほとんどサツマイモなのでは?と思ってしまいます)。

Photo_3同じイポメア属の植物といえば、今年たくさんの花を咲かせたセイヨウアサガオ(ソライロアサガオ)のヘブンリーブルー。

学名は Ipomoea tricolor だそうです。葉の形は似ているなぁ・・・と思っていました。

こいつにも芋ができているのではないか?ということで観察してみると・・・、

Photo_4残念ながら、芋はできていませんでした(真ん中の丸くて白い部分は太く育った茎の切り口)。

根が少し太くなっていますが、サツマイモの根茎には遠く及びません。

テラス ブロンズ(テラスシリーズ)のラベルに「芋は食べられます」とは書かれていないので試食は控えましたが・・・「ほんとうはサツマイモなんじゃないか?」という疑念が・・・。

来年は、サツマイモの苗を買ってきてプランターに植えてみようかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

ヘデリフォリウムに落ち葉。

秋に葉を出して冬を越そうとしているシクラメンヘデリフォリウムに、葉を落として冬を越そうとしている(隣家の)サクラの葉が降り積もっています。

Photoどちらもたぶん原産地が違うので・・・ニンゲンの手で植えられなければ互いに無関係の存在だったのでしょう。

それでもサクラはたぶん、故郷では同じように葉を落として近くの植物の生育を抑えようとしていたはず。

ヘデリフォリウムは・・・たぶん「こんなにいっぱい葉を落とす嫌なヤツ」は原生地にいなかったはず。

私の庭では、このサクラの落ち葉は手で取り除くので、ヘデリフォリウムに落ち葉の影響はないのです。

自然ではないので、こういうことはしなければならない=それがガーデニングなのかな、と思いました。

秋の落ち葉を集めて自分なりに熟成させれば・・・私の庭にとって、とても素敵なアイテムとなるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

天国への扉は閉じたまま?

セイヨウアサガオのヘブンリーブルーは、寒くなってから花が咲かなくなりました。
でも、つぼみはどんどんできているのです。

Photoさすがに寒すぎるのか・・・これはたぶん二日前に咲くはずだったつぼみ。

今シーズンはもう咲くことはないでしょうし、暖かい秋だったのにタネも熟すことなく終わりそうです。

まあ・・・こんなものかな。

思い通りにはならないことが多いから、また頑張れるというものです。

来年は、今年たくさんタネが採れた赤い小さな花のハゴロモルコウソウを、たくさん咲かせてみたいと考えています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

ベトナムの「えびせん」。

ベトナムのホテルに泊まった際に、部屋にあったえびせん(有料)。
カップめんもありました。

「かっぱえびせん」とは別のもの?・・・ここは標高が高いから気圧が低くてパンパンに膨れているのか、それとも流通上の対策なのか・・・わかりません。

Photo食べてみようかとも思ったのですが・・・現地の物価と比較してとんでもない値段なので、莫迦らしくて止めました。

平仮名で「えびせん」と書いてあるところに親近感を覚えます。

カップめんも、日本のメーカーの現地法人の製品のようです。

これまで出掛けた何カ国か。現地で「どこから来たのか?」と訊かれて「日本から」と答えると、いつも笑顔で「よく来たね」という感じ。去年からは地震の影響など心配してくれる会話もありました。

近頃は、日本から来たと言えない国もあるようですが・・・仲良くしたいものです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

いくらの旬。

いくら(イクラ=サケの卵)の旬が秋だということを意識している日本人は、どれくらいいるのでしょうか?

121106「いくら」は成熟の進んだサケの卵巣をほぐしたものですから、秋サケから採ります。だから秋が旬。

常温では長く保存できませんので、塩漬けや醤油漬けにし、それでも長くは持たないので冷凍に。

近年の冷凍技術が「いくら」優れていても、やはり新鮮なものが美味しいのです。

北海道では9月頃から「生筋子」が出回るので、それを買ってきて自家製の「いくら醤油漬け」を作ります。

プロが調理したのも美味しいですが、漬けダレを自分流にして気に入った味にするとたまりません。

この季節だけの、自然の恵みです。

サケ釣りは楽しいらしいですが・・・私は今のところ、産卵に帰ってきたサケを釣る気にはなれないでいます。秋のいくらは楽しみにしていますけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

国稀ひやおろし。

今年初めての雪虫を見たのは、11月2日でした。気温の下がるのが遅い秋だったからなのかもしれませんが、子供は普通に見つけていたみたい。

私の眼にうつらなかっただけなのでしょうか?

このごろ、日本酒をおいしく感じます。

Photoほんとうは純米酒をいただきたいのですが、適度なお値段で「どっしり」したのを飲もうと思うと本醸造もやむなし。

北海道産の吟風100%、精米歩合65%というこの国稀の「ひやおろし」は美味しくて、どんどん飲んでしまいます。

秋のせいか、何となく寂しい気分のこの頃ですが・・・忙しくもあります。

まず、庭の片付けを雪が来る前に済ませなければなりませんがこの季節は雨が多く、休日とのタイミングが合わないとなかなか進まないのです。

冬タイヤへの交換は今日、済ませました。

私の子供の頃からの記憶と印象では、札幌あたりはきのう11月3日に初雪となることが多いのです。それでもまだその気配もないですから、やはり今年はまだ高温気味なのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

ファンの勝手?

日本シリーズを日ハムファンの立場でTV観戦していて、とても不自然というか馴染めない感じがあります。

東京ドームでの試合では、なぜあんな聞きなれないトランペットの応援をするのでしょうか?

なぜ、いつもの馴染んだ応援をしないの?

東京ドームの応援団だから・・・という自負なのかな?
いつもの応援の時の方が、調子がよいように感じましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

札幌ドームへ日本シリーズを観に行った。

友人からの誘いがあり、午後を休みにして札幌ドームへ日本シリーズ第5戦を観に行きました。

ふだんはTV観戦で満足しているのです。満員の球場で注目の試合を観るなんて、人混みの嫌いな私としてはあり得ないことで・・・。

Photoでもテレビと現場とでは大違い。楽しかったです。日ハムファンとしては残念な試合でしたが・・・。

ちょっと驚いたのが、巨人ファンの少なさです(右のオレンジ色のところと、ポツポツと見えるオレンジ)。私も子供の頃は巨人ファン=TV中継が巨人戦しかなかったので自動的に+かつては正々堂々と戦うのがジャイアンツだったので。

今でも北海道人の多くが巨人ファンなのかと思っていましたが、そうではないようで安心しました。

当たっていないタマを「デッドボール」と判定されて、「いや、今のは当たっていない」と正直に言った選手が昔、いたような・・・(勘違い?)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »