« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月30日 (月)

丸瀬布キャンプ!

仕事が一段落し、丸瀬布へキャンプをしに来ています。

1343652505161.jpg
ビールが旨い!が、目的のカブトムシを捕まえなくては•••。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

にぎやかな庭 2012年夏。

北海道もとうとう本格的な夏になりました。私の庭ではオリエンタル系のユリが咲き始め、にぎやかになりつつあります。

120729_2黄色のユリ、赤いクロコスミア、白いセイヨウカノコソウ、黄色のホリホック(コケコッコ花)。

でもユリが満開になる頃には、少しずつ涼しくなってゆくことでしょう。

120729_3うれしいことがありました。息子が去年飼っていたハナムグリが産卵、幼虫も冬を越して次々に羽化しています。

小さいけれど、とてもきれい。

Photoこの土繭からでてきたようです。

ハナムグリも、クワガタやカブトムシと同じように昆虫ゼリーを餌にして飼うことができ、卵はひと冬越してから成虫になるのだとわかりました。

これはミヤマオオハナムグリでも経験していて、飼育は簡単だと言ってよさそうです。

成虫を入れて昆虫ゼリーを与え、昆虫マットを乾燥しすぎないように管理するだけ。考えてみると、産卵できる成虫でなければならないのでそこが難しいかもしれませんが。

120729_4私が世話しているノコギリクワガタの幼虫は、去年の今頃に成虫を捕まえてきて産卵させたもの。

親指くらいの大きさになりましたので、これから蛹になって・・・成虫として再会できるのは来年の夏なのだろうと思います。

捕まえてきた成虫から数えて2年。ハナムグリの二倍の時間がかかるようです。

私としては、時間がかかることには慣れていますので問題なく、月日は要してもちゃんと育ってくれれば・・・と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

ヒペリカムの赤い実

ヒペリカムの実がきれいです。

Photoリンゴを逆さまにしたような果実が房になっています。中はぎっしりと種ばかりなのですが。

がくの形もかわいいですね。

北海道も暑い季節になりました。夏休みに入った息子は友達と遊ぶのに忙しいようですから、「今年はひとりでキャンプしながら釣り」という20年前のスタイルに戻る一歩目かもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

ふつうのペチュニア・コトラガ

「ふつうのペチュニア」というのはおかしいかもしれませんが、前からあるタイプのペチュニアです。

120727「サフィニア」で代表されるようなラベル付き苗のペチュニアは特に優れた1株を元に組織培養や挿し木で殖やされています。

一方、「ふつうのペチュニア」はタネで殖やされたもの。

「ふつう」の方が安くて色とりどり楽しめるのですが、雨に当たると花がすぐ萎んだり、株が大きくならなかったり・・・今は挿し木苗の方が優勢ですが、いつまでもそうとは限りません。

120727_2この時期、風の弱いときに庭をよたよた飛んでいるのはコトラガ(かなり多いです)。私はチャーミングだと思いますが、蛾の嫌いな方には我慢できないのでしょうね。

ブドウで殖えるようですから、我が家生れではなくお隣から来ているのかもしれません。

人の背丈より低いところを弱々しく飛ぶ様子から、クリオネを連想するのはたぶん私だけなのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

エレムルスのゴール!

6月30日に下から咲き始めたエレムルスが、てっぺんまで咲いてゴールとなりました。

120726ところどころ、果実ができていますが、まあ今回は次の花にのために、この花茎は近く切ることにします。

それにしても、今日は暑かったなぁ・・・。

120726_2ミニトマトの“シシリアンルージュ”が、そろそろ収穫できそうです。

このトマト、生でもしっかりした果肉で美味しいのですが、炭火で焼くと最高で・・・キャンプへ連れて行かなくては。

今年はまだ、渓流釣りへ一度しか行っていません。

こんな夏は釣りを始めてから初めて。行きたくないのではなくて、動機が弱いのかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

ルリボシカミキリはデート中。

「いつもの場所」へ今年は大きいのと小さいの、2頭のルリボシカミキリが来ていることは気付いていました。それが今日・・・、

120725ペアになったようです。

この場所が産卵に適しているから、ルリボシカミキリは毎年現れるのかもしれません。

それにしても・・・ものすごく目立つカップルです。

120722命をつなぐこと。

意思をつなぐこと。

あるいは、つながない選択も。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

朝陽にマーガレットを見つめる

マーガレットは、このあたりでは初夏から雪が降るまで咲き続けます。

120721重宝な存在ですが、この「ずうっと咲き続ける」というところが植物として不自然なような気もするのです。

色も形もさまざまあり、人間の手で作り変えられてきたきた結果なのでしょう。

きれいだな、とは思います。でもこの植物が私に語りかけてくることはないのです。

相性、なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

イレギュラーなミニトマトの苗

前年に獲りそこねたり落ちてしまったミニトマトは、その果実の中で種子を成熟させるみたいで次の年に畑でひょっこり発芽してきます。

120622それを掘りだしてポットに植えたのがちょうど1か月前。

ミニトマトはほとんどF1品種なので、親と同じものにはならないし親を超える(もっと美味しくなる)ことはないのですが・・・つい育ててみたくなるのです。

Photoそして1カ月後。ポット苗になった「去年のミニトマト」は復活して最初の花を咲かせました。

詳しい人から聞いたところでは、トマトの苗はポットで初めの花を咲かせてから植えるのがよいのだとか。

そうすることで、実もつけながら生長する苗になるそうです(そうでなければ、ろくに実もつけずに生長ばかりするのだとか)。

自分の畑で「拾った」苗が3本できましたので1カ月後の今朝、植えてみました。

あのあたりにあったのは、たしか紫色のミニトマト。その子孫は似た感じの実をつけるのでしょうか?楽しみです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折りたたみ式の虫かご。

たまに通る小さな町に小さめなホームセンターがあって、ふだんあまり見ない商品があるので面白いです。

昆虫用品が充実しているのは、虫捕りの好きな子が多いからかな。

1この虫かごは、布製で折りたたみ式。

斜めの線の部分がバネになっていて、

2折りたたんで持ち運ぶことができます。

これをリュックに入れておくだけで、何となくワクワクするのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

それぞれの生。

キリンソウの花で、ジガバチ(のなかま?)が死骸になっていました。

Photo_9この虫は庭にたくさんいて、よくキリンソウの花に来ています。

イモムシを狩って麻痺させたまま地中へ運び、卵を産みつけて幼虫の餌にするという生態のようですが、親は花粉を食べているのでしょうか。

この親は、食事中に死んでしまったようです。何があったのか・・・。

120722すぐそばでは、ホソヒラタアブ(のなかま)が咲いたばかりのホスタの花粉をおいしそうに食べていました。

とても健康そうですが、明日も元気とは限りません。

Photo_10思い出せば30代までに、同い年や年下で親しかった人が何人も、病気や事故でこの世を去りました。

それぞれへの思いは別にして・・・、

ヒトもムシも生き物なのだと、あらためて考えてみるのでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジサイをじっくりと観察した日。

庭でヤマアジサイの実生のようなものを発見し、交配してみようと思い立ったので・・・

Photo_5真ん中にある、タネのできる「両性花」が気になりました。

ちなみに、周りにある大きな花は「修飾花」といって雄しべも雌しべも退化してガクのみになっているそうです。(上の画像は、赤くなる前のヤマアジサイ“紅額”)

Photo_6観察のため、庭でたくさん咲いている普通のブルーのアジサイを切ってきました。

修飾花ばかりで、両性花は見えません。

Photo_7修飾花をかき分けてみると、小さな蕾があります。でも、これが咲くと修飾花になるかもしれないし・・・ということでしつこく探すと、

Photo_8ありました!両性花です。

花粉も出ているので、これをヤマアジサイの雌しべにつけて・・・は今度の休みにやってみようと思ったところで仕事へ行く時間。

果たして今シーズン、私はほんとうにアジサイの交配をするのでしょうか?・・・まあ気が向いたら、ということで。

朝からブルーの花を触ったせいか今日は一日、気分が沈んでいました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマアジサイの実生、かな?

植えた記憶のない所に、ヤマアジサイのような植物が育っているのを見つけました。

120721高さ10cmほど。雑草の間から、虫食いになりながらも力強く葉を展開しています。

この庭にあるヤマアジサイは私が植えた2品種で・・・

Photo葉が緑の「紅額」と

Photo_2葉が少し赤っぽい「清澄沢」です。

見つけたのは2品種の中間の様な葉の色ですから、これらの間にタネができてそこから育った実生かもしれません。

そうだったらいいな。

どんな花が咲くかな?来年咲くかな?

Photo_4アジサイの色付く花は装飾花で、ここには結実せず、中心にある小さな花に種子がつくようです。

今年は交配してみようかな。待っているだけでは新しいものが生まれることはない・・・ということで。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

ルリボシカミキリ・コクワガタ

ほどよいお天気が続いている北海道のこのあたり。

特に暑くなく寒くもなく、いまのところは快適な夏です。

120721l夏になると、いつも仕事場の同じ木の同じ場所で見かけるのがルリボシカミキリ。

2010年は7月28日、2009年は8月10日でした。

これまでに見たルリボシ君たちより少しくすんだ感じの色ですが・・・これから成熟して鮮やかになるのでしょうか?

120721l_2今週は休みが取れなくて、夏休みに入った息子に付き合えなさそう。それでも夕方の1時間だけ時間ができたので近所の山へ。

セミの幼虫を捕まえて羽化を観察するつもりが、時期的にちょっと早かったようです。

羽化したてのコエゾゼミが1匹いましたが、連れて帰れないのでクワガタ捕りに変更。

大きめのコクワガタ♂と小さめのノコギリクワガタ♂、スジクワガタ数匹。

ちょっと出掛けてこれですから、自然は豊かと言えそうです。

私の人間性も、もう少し豊かになれるとよいのでしょうが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノシメトンボ、天国へ?

今シーズン最初の若いノシメトンボが現れました。

彼らの姿を見ると、夏の真っ盛りであることを感じます。

120721このノシメトンボは、高さ50cmほどにツルが育ったヘブンリーブルーにとまっていました。

天国行きのエスカレーター?

120721_2ラベンダーも満開を過ぎて散り始めています。

少しずつ日が短くなり、今日の日の長さは15時間53分。夏至の頃から30分短くなりました。

暑くなるのはこれからですが、日が短くなれば多くの生き物が秋から冬への準備を始めるのでしょう。

そう思いつつ、秋と冬のことを考えている自分に気付きました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

ツツジに絡ませたクレマチス

ツツジの近くにクレマチスを植えたら、毎年自分で登るようになりました。

120720コンテスドブショウ、というのかな?この品種

丈夫で、毎年少しずつ花の数が増えています。

支柱を立てて誘引する・・・というのはとてもやっていられませんので、これくらいで咲いてくれるとありがたいです。

月曜が健康診断なので今日から「禁ビール」。美味しい季節+週末なのに、もったいないなぁ・・・。

まあ、ここまで飲み過ぎ気味なので、ちょうどよい中休みと思えばよいのですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

ホスタが咲き始めた。

庭のホスタ‘ゴールド スタンダード’の花が咲き始めました。

120719どんな花でもそうですが、咲き始めはワクワクします。

この品種はタネがたくさんできますから、今年は真面目にタネ播きしてみようかな。芽が出ればいろんなホスタになるでしょうから。

120719_2気に入っている、黄色のタチアオイ(コケコッコ花)も咲いています。

こいつらが咲けば、ほんとうに夏。短い北海道の夏ですから楽しまなければならないのですが・・・。

思い通りにいかないのはいつものこと。じっと耐えて、時を待つしかありません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

植物を歩くアリあるところにアブラムシアリ。

アリの巣の近く、いつもここに何本かのコスモスが前年こぼれたタネから育ちます。

そして、アブラムシが付いてアリが通うことになるのです。

Photoアリが行く先にはちゃんと目的があって、アブラムシの「甘い汁」を目当てにしていることが多いみたい。

庭の植物につくアブラムシ程度であれば、いろいろな殺虫剤が効くし、浸透移行性のオルトラン粒剤を株元にパラパラしておけば、だいたいは完全にやっつけることができます。

浸透移行性の殺虫剤は、根や植物の表面から殺虫成分が植物の体内に移行して、それを食べたムシをやっつけるものですから・・・食べるための菜園に使う時には注意が必要です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けに遭遇。

関東へ来ています。
暑いなー、と思ったら梅雨明けだとか。
でも、ホテルはエアコンで快適です。

1342563581735.jpg
前日、北海道のわが家付近の最高気温は21℃でした。
この気温差は、きついなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

新しい色と形。

庭で自然に交配されて種子が落ち、これまでに見たことのない花が咲いたタチアオイ(コケコッコ花)。

2ピンクの覆輪とフリルがきれいです。気に入った花のみ残して他は引っこ抜いた、ここ数年のひとコマ。

1207156月の終わりに咲き始めたエレムルスは、先端近くまで進んでもうすぐゴールとなります。

200くらいの小さな花が毎日少しずつ開いて、はじめの方では果実ができています。

ここからタネがこぼれて次の世代が咲くとしても、それは5年くらい後になるのかもしれません。

うーん・・・その頃、この庭はまだあるのかな?

きのう、このあたりの最高気温は21℃で肌寒い一日でした。

今日はこれから仕事で関東へ。暑いんだろうなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

伝えるもの・伝わるもの

今見た雲と同じ雲はない、と言ったのは方丈記の鴨長明だったか・・・

120716_2たしかに、雲は変化しながら流れてゆきます。

120716_3ラベンダーにヒメウラナミジャノメ、

Photo_3ヒソップにオオウラギンヒョウモン(たぶん)。

翅の模様と図鑑の写真を見較べ「ああ、これは○○チョウ」と調べますが、実は図鑑の写真とまったく同じ模様のチョウはいなくて、少しずつ個性があります。

生物は遺伝子を伝えようとする(本能)。でも近ごろのニンゲンは、遺伝子は残さずとも意思や思考、記憶を伝えることができるようになりました。

生命を超えて伝わるものが変わりつつあるのかな、と思っているところです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラミウムにスイセンノウ

おだやかに晴れた休日、先日の雨で倒れたスイセンノウの花がラミウムの上で咲いていました。

Photo思いがけない組合せ。何かがひとつ変われば、生まれる新しい結果。

Photo_2咲き終わったシャクヤクの花を切っていて、茎にうどんこ病が出ているのを見つけました。

花茎の、この1点だけです。

そろそろ、葉にも出てくるのかなぁ・・・そういう季節です。

120716この日は昼前から出掛けて日高でキャンプ。

夜になると大勢の子供たちが外灯の下でクワガタ採りをしていましたが「メスばっかり!」の声が多かったです。

私と息子は慣れていますから、ほらこの通り、でっかいオスを2匹つかまえました。

今年はミヤマクワガタを産卵させて幼虫を育ててみようかな、と考えています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

天国へ?のぼりはじめた日。

暑さに強いと云われるヒペリカムですが、北海道の寒さにも強いようで・・・

2実が赤くなるこのタイプも、大きくなりはしませんが植えてから3年目、毎年花を咲かせています。

Photo3週間前には発芽したばかりだったヘブンリーブルーは、支柱に絡んで天国へ向かい始めたようです。

Photo_2ピンクと黄色、2色のマーガレット。

ちゃんと見守っているから、遠慮しないでどんどん大きくなってくれればよいのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

今年のコケコッコ花第一号はブラッドレッド!

自然にタネがこぼれて庭のあちこちに咲くコケコッコ花(タチアオイ=ホリホック)。

120713はじめに色とりどりに何株か植え、タネを採って播き、適当に植えて咲かせた後は、「そこに生えた」もので「邪魔にならない」株を咲かせています。

この株は菜園の真ん中に生えたのですが、何となく残していたらこんな目立つ色の花を咲かせました。

・・・何か、うれしいなぁ。

120713_4今シーズン初めて植えたゴーヤの苗。

キュウリを追い越してぐんぐん育っています。

北海道の露地でも実はできるかな?1個だけでよいのだけれど・・・。

「打たれ強い自分」を意識しながら「大丈夫。まだ耐えられる。」と己に言い聞かせる。バランスを崩しそうな時には、「少し休んでも大丈夫。」と焦る自分をなだめて気分転換。

このゴーヤのバネ状の巻きひげは、そんな浮き沈みにも耐えられそうです。

気持ちにバネを・・・か。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホスタの実生。

このホスタの苗は、私の庭で種子から育ったものです。

120710黄葉がきれいなゴールデンスタンダードタネができて、それをパラパラと播いておいたらホスタの芽らしきものがでてきて・・・鉢上げして育ててみたらやっぱりホスタでした。

3本育っているうちの1本です。

大きくなるかな?どんな風に育つかな・・・2年後くらいには、その実力がわかることでしょう。

でも、たとえその実力は大したことなくても、このホスタと同じものは世界中のどこにも存在しない・・・ということが大事なのです。

同じ者は他に存在しない・・・人もそうですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

雨の朝にアジサイ。

梅雨前線の影響で北海道も雨。

「北海道には梅雨がない」と言われていましたが、近年は7月中下旬に「蝦夷梅雨」と呼ばれる短い雨季がやってきます。

120712雨に似合うアジサイ。

この、名前のわからない品種はとても強く、積雪にも耐えてよく育ちます。

若い枝を地面に挿しておけば比較的簡単に根付いて殖えますし。

この庭に何種類かのアジサイを植えてみましたが、寒さで枯れるようなことはありませんでした。

問題は積雪のようです。

雪に押しつぶされて枝が折れ、「枯れてはいないが花が咲かない」ということになりがち。

鉢物用の新しい品種や枝の細い品種など、木がしっかりするまでは雪囲いをしてやる必要がありそうです。

気温が上がって雨がたっぷり降り、野菜の苗も雑草もぐんぐん育ちそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

ポテンティラとユーフォルビア。

道の駅で買ってきた、ピンクのポテンティラ(品種名はわかりません)。

Photoポテンティラ=Potentilla=キジムシロ属はバラ科の植物です。

イチゴに近い種類らしく、ピンクパンダという赤花イチゴは、イチゴとポテンティラの交配から生まれたそうです。

ピンクパンダの実はめったにできず、できても美味しくありませんでしたが・・・園芸用の赤花イチゴは、その子孫なのかもしれません。

120710ユーフォルビア ポリクロマの実が、最高潮の赤さになりました。種子が熟して、これからこぼれるのでしょう。

When the time is ripe ・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

ラベンダーの頃。

北海道はラベンダーの季節になりました。

120710我が家の庭のラベンダーも、つぼみがふくらんでいます。

1207102紫色の「つぶつぶ」はつぼみで、花はちゃんと咲くのです。

でも、まあ蕾の「つぶつぶ」をラベンダーの花ということにしても観光的にはよいのかもしれません。

Photo_3ツツジに絡ませたクレマチス コムテスドブショウ が咲き始めました。

・・・と、こんな風にきれいな花や景色を楽しむ毎日ですが・・・、自分そのものは恰好のよくないオジサン(ジジイ)。

花や植物のことをとやかく言う前に「お前はどうなんだ?」と訊かれれば、ゴメンネと言うしかないのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクのラベンダー・シラフヨツボシヒゲナガカミキリ

芦別の道の駅でピンクラベンダーの苗を買いました。品種名はわかりません。

Photoピンクやホワイトのラベンダーは以前からありますが、どこかの公園や庭先で咲いているのはほとんど見ることがありません。

性質として弱いのかな?と思っていましたので、自分で確かめることにします。

そろそろ、ラベンダーの季節ですね。

120707キャンプ場で捕まえた大きめのカミキリムシ。

『札幌の昆虫』で調べたらシラフヨツボシヒゲナガカミキリのようです(長い名前だ!)。日本では北海道にしかいないのだとか。

カミキリの世界は深くて広いようで、真剣に取り組むとかなり楽しめそうですが・・・キリがないのでやめておきます。

Photo_2古本屋で買ったアリの本。

アリの世界も深そうです。

それよりも、私は釣りへ行くべきなのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

キャンプのビールは格別うまい。

ビールはいつも旨いのですが・・・キャンプへ出掛けてテントを組み立て、汗だくになった後は格別で。

20707去年も行った芦別方面へ。今年最初のキャンプです。

近くの温泉で汗を流し、炭へ火を入れる前にまず1本。

2クワガタもたくさんいました。この時期ですから、ほとんどがミヤマクワガタ。

灯火で拾おうと多くの人がウロウロしていましたが・・・メスばかり。

ほんとうは灯火の近くにある木が狙いどころで、翌朝には小さめですがオスが多かったです。

外灯の下は、朝になればカラスやキツネが食べてしまいますからね。

七夕の夜(北海道では8月7日が七夕ですが)、雲の切れ間に星を眺めた、今シーズン最初の静かなキャンプでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

ホスタにアマガエル

このあたりはカラカラ気味のお天気ですが・・・日中に少しだけ雨が降りそうな日の朝。

Photoホスタ ‘ダイアナリメンバード’にアマガエルが乗っていました。去年もコイツに会ったような・・・。

近付いても逃げないのは保護色に自信があるのか、それとも私に殺気を感じないから?

この家へ越してきて6年が過ぎました。

初めに植えたホスタが大きくなり、そろそろ株分けすべき頃かな、と考えています。

その前に、夏を楽しまなくては。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

2012年 夏。

北海道にも「夏だなぁ」と思える季節がやってきました。

120706日が暮れても半袖でいられる頃。ビールが旨いです。

120706_2毎日観察しているエレムルスは開花50%。真っ直ぐに上へと咲き進んでいます。

ここまでだけでも、十分に楽しませてくれました。

この花、去年の秋に植えてよかったなぁ・・・。

うまく行かないことがあるのは当たり前。自信があるなら、この花のように黙って進めばよいのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

パイナップルミント。

この庭の片隅にあったパイナップルミント。

Photo「ミント」と言われると雑草化して困るほど生育旺盛なものを連想しますが、これは、それほどではありません。

触れるとやさしいリンゴの香り。

地下茎で殖えるので、適当に引っこ抜いて埋めておけば簡単に根付きます。

Photo_2絹さや(エンドウ)の花がたくさん咲いたので、後ろから撮影してみました。

・・・なんだか淋しい雰囲気になりました。後ろ姿、とはこういうものなのでしょうね。

それでも、もうすぐ今年の初収穫になりそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

忘れていたイチゴ。

3~4年くらい前に植えたイチゴ。真っ赤な実ができているのに気付きました。

私より先に、アリが気付いたようですが。

Photoイチゴの苗を植えてもランナーから株が殖えるばかりでまともな実が成らず、あきらめました。

雑草と化したイチゴ苗は処分したつもりでしたが・・・。

120703この庭に一株だけのバラは修景バラのラブリーメイヤン。5年前に鉢植えにし、その後一度、土を入れ替えただけですが毎年咲いてくれます。

病気が少なく管理しやすいということで選んだ品種。その通りです。

ほんとうは修景ではなくHT「芳純」のふくよかな花とたおやかな香りに再会したいのですが・・・

とりあえず、この夏を楽しむことにします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

霧雨の朝にハーグレイ・ハイブリッド。

今朝はほんの少しの霧雨でした。

Photo咲いたばかりのクレマチス ハーグレイ・ハイブリッド。細かな水滴を乗せています。

120703エレムルスは下から20%ほど咲き進んだところ。奥のブルーはデルフィニウムです。

このまま強い風や雨がなければ少しずつ、咲き進むところを見られるのですが・・・。

ごく近くで見つめること。

すごくわかったような気になりますが、全体を理解するにはもう少し、離れてみるとよい。でも離れすぎるとその存在がぼやけてしまう・・・ということかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナデシコ=ダイアンサス?

ナデシコ=撫子とは、具体的にはどの植物を指すのか?というと、カワラナデシコDianthus superbus)のようです。

でもカワラナデシコを店頭で見ることはあまりなく、「ナデシコ」とか「ダイアンサス」という名前で売られているのはF1種がほとんど。

120624ビジョナデシコ(Dianthus barbatus)やセキチク(Dianthus chinensis)などを使って品種改良されたもののようで、長くよく咲く一年草扱い。でも北海道では越冬する多年草となります。

ナデシコ属はDianthus(ダイアンサス・ディアンツス)ですから、間違ってはいないと思いますが・・・混乱している人は多いだろうなぁ・・・。

120617人は、近くにいる人や繰り返し入ってくる情報が正しいと思いがちなので、そこで勘違いをしてしまう。

逆に、情報量が少ないまま自分の思いこみから抜けられないことも。

多数派が正しいとは限らないけれど、それが普通になってしまうことも多いこの頃ですよね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

ニコチアナの白い花

半日陰のところに、白のニコチアナを植えました。

本来は日光を好む植物だと思うのですが、日陰の白い花そしてこの星型はいま、際立った存在です。

Photo少し前までは「花たばこ」と呼ばれていましたが、「たばこ」が印象としてよくないのでしょうね。

民主党で50人分の離党届が提出されたとニュースで見ました。

誰が書いたのか、シナリオ通りに進んでいるのだろうな・・・と思います。

それぞれが全力で戦った結果であれば納得できますが、少数の人間が操っているのかと考えれば、ちょっと腹立たしいような気が。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

クワガタの幼虫を育てています。

去年捕まえてきたノコギリクワガタのケースに、産卵用の朽ち木を入れておきました。

親は死んでしまいましたが、その秋に幼虫を見つけたのでホームセンターで資材を買ってきて飼育にチャレンジ。

1飼育用の容器に入れてほぼ半年。たまに霧吹きで水を補給する程度でしたが・・・ちゃんと育っていてうれしいです。

このカップには2匹入っていたのでケンカする恐れがあるため・・・、

2一匹を取りだして、別の容器に入れてやりました。

飼育のための資材を買ってきて育てるのもどうかな?とは思いましたが、私が子供の頃は捕まえたクワガタを繁殖させるなどというアイディアも情報もなく、ただ遊んで死なせるばかりでした。

この幼虫が羽化するのは来年なのかもしれません。でも、たとえ何年かかっても、それを見たいです。

子供の頃にはやりたくてもできなかったこと。

大人になっても、できないことはたくさんあるのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の始まりにモイワサナエがはばたく。

今日から7月。北海道では最高の季節の始まりです(これから1.5か月)。

120701この季節のトンボはモイワサナエ。これまでコサナエだと思っていましたが、よく調べてみるとちがったみたい。

・・・ちゃんと勉強しないと。

120701_2夏のクレマチスも咲き始めました。これはハーグレイ・ハイブリッド。

ツルを長く伸ばすタイプではないので派手さはありませんが、手を掛けなくてもいつも確実に咲いてくれます。

120630しばらく楽しませてくれたシャクヤクも散りはじめ、いよいよ本格的な夏の始まりです。

心配事があったり気をつかったり・・・必要なことではありますが、自分のために時間を使いたい季節が始まった、というところかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »