« チューリップの実生・・・かな? | トップページ | ホスタとクレマチスモンタナ »

2012年5月29日 (火)

ユーフォルビア ポリクロマ

ユーフォルビア ポリクロマ。この株はもう6年になりますが、特に大きくも小さくもならずいつも同じ場所で咲いています。

A黄色い花びらに見えるのは「苞」と呼ばれる器官で、葉と花弁の中間の様な存在。

ポインセチアも同じユーフォルビア属で、赤いのがこの苞。

ポインセチアの赤が、このポリクロマの黄と同じということになりますね。

C苞の中心には本当の花があり、雄しべと雌しべが存在します。

・・・これもポインセチアと同じ。

違うのは、こちらは耐寒性の宿根草で春咲き、ポインセチアは非耐寒性で冬咲き、というところでしょうか。

20代の頃、台湾を鉄道で移動中に、ローカル駅で垣根のようになったポインセチアを見たような気がします。

ポインセチアとこのポリクロマ。元は同じで進化の結果が今の姿だとしたら・・・どこでどんな風に分れたのか?と考えてみるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« チューリップの実生・・・かな? | トップページ | ホスタとクレマチスモンタナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/54830062

この記事へのトラックバック一覧です: ユーフォルビア ポリクロマ:

« チューリップの実生・・・かな? | トップページ | ホスタとクレマチスモンタナ »