« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

Forget-me-not いとおしい小さな花

この庭に、そして北海道のあちこちで雑草化したこの花を見かけます。

1輪の直径は3mmくらいでしょうか。

Photoワスレナグサに近い種類だとは思うのですが、とても小さな花で近縁種のエゾムラサキのようにも見えます・・・でもちょっとちがうみたいで正体がわかりません。

前から気になっていた存在。放っておけば数年後にはこの庭を覆いつくすかもしれません。

それもいいかな、と思った今朝のことでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

ホスタとクレマチスモンタナ

ホスタの葉が伸び伸びと展開するこの季節。

1いつものようにいつもの場所で。

Photoクレマチスモンタナのピンクの花が、ちょうどよく‘ダイアナ リメンバード’の近くで咲きました。

晩生で匂いのよいスイセンは、もうすぐ咲き終わりです。

いつでも逢えると思えば何気なく過ぎる毎日ですが、たまに長く出掛けて帰ると見違えるほど変わってしまったような気がします。

取り戻せない大切な時間を失ったような感覚ですが・・・この庭では来年、また同じことが少しだけ変わりながら繰り返されるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

ユーフォルビア ポリクロマ

ユーフォルビア ポリクロマ。この株はもう6年になりますが、特に大きくも小さくもならずいつも同じ場所で咲いています。

A黄色い花びらに見えるのは「苞」と呼ばれる器官で、葉と花弁の中間の様な存在。

ポインセチアも同じユーフォルビア属で、赤いのがこの苞。

ポインセチアの赤が、このポリクロマの黄と同じということになりますね。

C苞の中心には本当の花があり、雄しべと雌しべが存在します。

・・・これもポインセチアと同じ。

違うのは、こちらは耐寒性の宿根草で春咲き、ポインセチアは非耐寒性で冬咲き、というところでしょうか。

20代の頃、台湾を鉄道で移動中に、ローカル駅で垣根のようになったポインセチアを見たような気がします。

ポインセチアとこのポリクロマ。元は同じで進化の結果が今の姿だとしたら・・・どこでどんな風に分れたのか?と考えてみるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

チューリップの実生・・・かな?

植えたつもりのない場所に見慣れないチューリップが一輪。

Photo記憶をたどると、何年か前に偶然できたタネをパラパラ播いておいたところかもしれません。

どうかな・・・ちがうかな?

きのう、ようやくエダマメ3品種のうちの1品種だけ種まきをし、トマトの苗も植えました。

なかなか休みが取れないのですが、お天気を見ながらぼちぼちやります。

6月になったらキュウリの苗を植えなくては・・・などと考えるとあまり楽しくないので、「ヒマな時にやる」と思うことにしています。

植物が育ち始めれば、毎朝見るのが楽しみになるはずですから。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

ドデカテオン

去年植えたドデカテオンが2株とも、気持ちよさそうに花を咲かせています。

1葉はプリムラで花はシクラメンみたい。不思議な植物です。

2花はカタクリのようにも見えます。

北海道でちゃんと越冬する強靭さも持っていながら、全体的には可憐な感じ。

120527_2デイジーもきれいに咲き始めました。雑草のように庭にはびこるデイジーですが、強さと可愛らしさを併せ持つ存在だと気付いた今朝のこと。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアドゥのビール

エアドゥに乗ってビールを頼むと、北海道限定のサッポロクラッシック(400円)がおつまみと一緒に出てきます。

Photo少し前まで鮭とばを薄くスライスして乾燥させた感じのものでしたが、今回はトウモロコシ風味のスナック菓子に。

歯にくっつくのと、粉状になった部分がこぼれてちょっと食べにくいかもしれません。

まあ、私としてはビールさえあればよいのですが。

120526昨日はビールを飲みながら、下北半島の尻屋崎を眺めました。

3週続いた羽田との往復でした。でもこれまでのように疲れた感じはありません。

そろそろ枝豆の種まきをしなくては・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

ムスカリと「しっくり感」について考えてみた

子供の頃の私の記憶に、この植物のイメージはないのです。

Photo40~50年前、北海道ではまだ一般的ではなかったのかもしれません。

今では近所のあちこちに咲いていますから、強くてここの気候に合った植物なのでしょう。

でもムスカリという名前の響きと実物に、私は何となくの違和感を覚えます。

不思議なほど「しっくり」くる存在とそうではない相手・・・この違いの理由は何なのでしょうか。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

ツタウルシ

強敵のツタウルシが、伸び伸びと成長しています。ウルシかぶれのひどい私としては、いつも気をつけていなければならない相手。

120520_2芽吹きの時はつやがあり、夏になればツヤ消しの明るい緑色・・・秋になれば紅葉しますから、この三枚葉の形を覚える必要があります。

まあ、だいたいは気付かずに触ってしまうのですが。

ニンゲンだけが強い自然界ではないことを忘れないためにも、このウルシのような存在は必要なのだよな・・・と思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フデリンドウ

フデリンドウ。とても小さな花です。

120520林道の日が射す場所に明るいブルーが見えたら・・・春早ければさまざまなスミレ、夏が近ければフデリンドウ、もう少し進めばエゾムラサキ。いずれも可愛らしい花。

北海道ではまだ「寒いねー」の挨拶が多いですが、「暑いねー」に変わるのは2週間先くらい・・・かな。

明日からまた関東へ出掛けます。北海道人だから、そこではいつも「暑いねー」と言ってしまうのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

一人静。

ヒトリシズカ=一人静。よい名前だと思いますが実際の植物は「静かな一人」が何人も集まっている感じ。

120520咲き始めの頃には艶のある葉がピカリと光って、名前よりも存在感があります。

私の住む地域では、今朝の日食はまったく見られませんでした。

それでも光が黄色っぽいと感じ、太陽光が少ないせいか気温が下がったようです。

郊外では渡り鳥が不安げに飛び交っていましたので、彼らが太陽を感じながら暮らしていることを思いました。

自分は・・・何となくざわつくような頼りなさを感じましたので、まだ野生の記憶を残しているのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

とってもラッキー!ハートを背負ったカメムシを見た日。

このムシの存在を知ってから、ずうっと「いつか見られたらいいな」という漠然とした思いでした。

120520ハートを背負ったカメムシです。

午前の早い時間に用事(散髪→野菜苗の買い出し)を済ませ、昼まで近くの山でつかの間の散策。もう帰ろうかと思っていたところでした。

名前は「エサキモンキツノカメムシ」(たぶん)。6年前に買った図鑑『札幌の昆虫』で初めて見てから、いつかは会いたいと思っていたのです。

図鑑の写真では明瞭ではありませんが、この個体にはハートの下に可愛らしい滴のマークも。

何か、いいことありそうな・・・。

120520_2ハートのカメムシを見てから20分後、こんどはミヤマセセリがタンポポにとまっていました。

このチョウを見るのも初めてかもしれません。

忙しかったりうまく行かなかったり・・・そんな毎日だとしても、いつかはやり遂げられると思える短い休日でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気に入っているプリムラ

4年目のプリムラ(たぶん)ポリアンサ ゴールドレース。

120518苗を買ってきた年はコンテナに寄せ植えしたせいか元気がなかったのですが、その秋に地植えしてからいい感じです。

毎年見ているうちに、「この花、好きだなー」と思うようになりました。

オーリキュラには似たような感じの花がありますけれど、普通に「プリムラ」と呼ばれるポリアンサやジュリアン、ブルガリスやエラチオールのグループでこのタイプの色を見ることはほとんどありません。

なぜなのか?と何度か考えてみましたが、わからないのです。

あと10日ほどでヤマメが解禁・・・しばらく釣りには行けそうにありません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

小柄なスイセンの匂い

このスイセンがこの庭に前からあるものなのか、それとも私が植えたものなのか忘れてしまったのですが・・・、

120518小柄で晩生の花に、とても好ましい匂いを感じます。

「花の香り」とよくいわれますが、スイセンの場合は香りではなく「匂い」と表現したいです。

殖えるわけでもなくここ数年、いつの間にか咲いているのに気付いて・・・他のスイセンは眺めるだけですがこの花だけには近づいて、再会を確かめたくなるのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

早朝の庭で。

朝陽が刻々と角度を変える早朝の庭を、久しぶりにゆっくりと眺めました。

120518この夏で、ここへ越してきて7年目。

家主さんから「好きにしてよい」と言われて借家の庭の植物は、少しずつ種類と場所を変えて今はこの形です。

憑かれたように新しい植物を植えた春もあったし、雑草を放置して釣りにばかり行っていた夏もありました。

この庭に愛着があるでしょうと言われれば「ある」と答えますが、どれくらい?と訊かれると今日の私は「ほどほどに・・・」と答えるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

真剣勝負の結果。

生き物が生存するために戦う姿を見ると、「自分はどうか?」と考えてしまうところがあります。

Photoスイセンの花冠の中で、ハナグモがハエの様な虫を捕まえたところです。

どちらも全力で戦った勝負が、今ついたところなのでしょう。

このように真剣に何かと戦うことは、我々人間では少なくなってきました。

そのような目に逢いたくはないけれど・・・、でも自分が命を懸けた場面でどのように行動するのか・・・勇敢で自分らしくありたいものです。

Photo_227℃(北海道では真夏!)の、仕事で出掛けていた関東から北海道へ戻る途中の空から。

この視界の範囲だけでも、無数の真剣勝負があるのだと思えば・・・もっと頑張れるよな、という気持になります。

人間として、そして一匹の生き物としても。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

アマリリスの憂鬱

植えっぱなしで4回目(?)の開花となるアマリリス。

120514窓の方を向いて咲くので、こちらからは後ろ姿になります。

寂しそうに見えるのは、気のせいかな?

去年もこの時期は忙しかった・・・その頃の疲れが、まだ残っているように感じています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

フキの種子

フキノトウが大きくなるとすっかり雑草の顔となり・・・でも短期間で姿を消します。

Photoこの時期は開花が終わり、たくさんの種子を着けていました。

1種子をよく見るとタンポポにそっくり。

フキがタンポポと同じキク科の植物であることを思い出させてくれますね。

2日なたでは、すでに多くの種子が旅立った後でした。

どんな所で芽を出すのでしょうか・・・ひと粒ごとに別々の運命で。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

ジャゴケ。

ジャゴケ、というコケだそうです・・・「蛇苔」という意味でしょう。

120506表面の模様がヘビのウロコを連想させる故のネーミングでしょうね。

ヘビというより、見たこともないですが恐竜がこんな表面だったのではないかと想像しますが・・・本などで見た挿絵の影響かもしれません。

「何でこんな形や色なの?」と思うものが、地球にはたくさんありますね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリハムシ、かな?

山菜採りの際に山で見つけた、とても目立つ赤いハムシ。

120506lネットで調べてみると、カタクリハムシという種類のようです。

初めて見たので珍しいのかと思いましたが、ユリも食べるので食用ユリの害虫でもあるのだとか。

何でこんなに目立つ色なのかな?・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

山菜採り=アウトドアシーズンの始まり

4年生になった息子と二人で午前だけ、山菜採りに出掛けました。

ここ4年ほど、恒例になった「ちょっとした儀式」です。

120506自宅から車で数分の「いつもの場所」。そしていつものように、ミズバショウが咲いていました。

20506山道を20分ほど歩いて谷へ下りると、雪解け水を集めた小川の流れる静かなところへ着きます。

こんな場所が住宅地のすぐ近くにあるなんて、初めて来たときはちょっとした驚きでした。

120506_2日当たりのよい水辺に、見たことのない巨大なギョウジャニンニクが育っていました。

ここだけ条件がよいのでしょう。蕾も見えています。

山菜はほどほどに採り、息子の目的であるカナヘビ(トカゲ)を探していると・・・、

120506_3かなり大きなアオダイショウが日向ぼっこ。

いやぁ・・・ヘビのイラストはいつも「とぐろを巻いて」いますが、本物を見るのは初めてです。

触れられるほど近くでまじまじと見ました(この画像、マクロで撮影しています)。

カナヘビは採れませんでしたが、近いうちにイイことあるかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

越冬後のデルフィニウム

去年の夏に苗を植えたデルフィニウム、越冬して元気よく成長しています。

Photo植えた年は2度咲きました。

2回目の花が秋遅くまで咲いていたので「越冬できるのか?」と心配しましたが・・・ちゃんと二株に殖えていて。

バブルの頃には切花が1本1,500円もした高級花。もう25年前のことか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

越冬後のクリスマスローズ2012(3)

越冬したクリスマスローズ(ヘレボラス ガーデンハイブリッド)が、次々に咲いています。

Cr120501ドキッとするほどきれいな、このピンクスポットダブル。

去年植えた時とは、ちがう印象です。

この花は、咲き始めと咲き終わりでは花の色がかなり異なりますからね。

花粉が飛び散っているのは、きっとセイヨウオオマルハナバチの仕業でしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼ漬。

東北旅行のお土産としていただいた「さくらんぼ漬」。

1「さんくらんぼ」と書かれていなければ、見た目は普通の小梅漬けと変わりません。

2ほら。

Onご飯に乗せると・・・、

軸がついているので、まさにさくらんぼ。

パック詰めのさくらんぼのように、軸を中央に寄せて容器に入れられているので、取り出してみないとこの軸が見えないのです。

・・・この手間だけでも300円は安いですね。

香りはさくらんぼ、味は小梅です。

使い方によっては、価値を発揮しそうな気がする食べ物ですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »