« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

登別温泉へ。

春を待ちかねて、温泉でダラリと一泊してきました。

毎年、この時期に出掛けたくなります。

ボロボロの借家なので冬に暖房を止めて出掛けると家全体が凍ってしまいそうですから・・・。

120330毎年のように来ている、このマンモス温泉ホテル・・・時間になると「からくり時計」がきちんと動き出して楽しいです。

それだけでなく、いつも安心して「ゆっくりできる」ところが最大の魅力。

ここの風呂に身を沈める瞬間・・・「ああ、うれしいなぁ!」と、いつも感じることができます。

そんなささやかな楽しみが、自分の中のどの位置にあるのかは・・・やはり変わって行くものなのでしょうけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

雪の朝・・・ひえー!

今朝は、ふわふわした雪が積っています。

雪解けの早い年だと来週の週末あたりにビオラを植えることができるのですが・・・

120327今年は2週間くらい遅くなりそうです。

同じ日本で、桜が咲いているところもあるのになぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ワンカップの大吟醸?

ワンカップには、それなりの美味しさがあり・・・・

ですがコンビニに「大吟醸」があったので試してみました。

Photo 

大吟醸のワンカップも美味しいです。「大吟醸」と書かれていなければ、もっと美味しく感じるかも・・・。

それとは関係なく、エピジェネティクスについて本やネットで勉強しています。

ダーウィンは進化論で、生物はランダムな遺伝子の変異(突然変異)と淘汰の連続によって進化したと述べました。

一方、ラマルクは獲得形質(その個体が生きている間に身につけた特徴(=体を鍛えたとか、メタボになったとか))が遺伝すると主張したそうです。

ラマルクが言うことは無視されて200年が経過しましたが・・・「エピジェネティクス」は、ラマルクの主張を肯定しているようです。

科学は進歩を続け、常識も変化し続ける・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

おかえり。

3年前の2009年、球根を買ってきてこの鉢へ植えたアマリリス。

4回目の芽が出てきました。3年前からずっと、この場所です。

20318植え替えてもいませんから球根は年々少しずつ痩せてきていますが、これまで毎年ちゃんと咲いてくれました。

今年も大丈夫でしょう(たぶん)。

120318芽が出たというか・・・同じ時期に生えてきたのがこのキノコ。

去年、捕ってきたノコギリクワガタのケースに幼虫がいたので、ホームセンターで「菌糸カップ」というのを買ってきて育てています。

このカップに今は幼虫はいませんが・・・ちゃんとキノコが生えてくるのが・・・当然なのでしょうけれど面白いです。

120318_2近所の川を覗いてみると、何となく生命を感じるような流れになっていました。

これから雪解けが進めば濁って増水するのでしょう。

あと、1カ月もすれば雪が融けて、庭にビオラを植える頃となります。

今の、この季節に何かやり残したような名残惜しさはいつも感じることですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

春は近い・・・かな。

今年も、去年に引き続き融雪剤代りに「もみがらくん炭」をパラパラしました。

120317_2播いて1時間ほどで、黒いツブツブのところが雪の中に沈み気味になっているのがわかります。

これをやってもやらなくても、雪解けは1週間ほどしか違わないとはわかっているのですが・・・。

1きのうは仕事場で・・・なんと雪の上にチョウがいるのに気付きました。

溶けようとしている雪から吸水しているようです。

・・・でも、冷えて身体が動かないらしく・・・、

2救ってあげたつもりでしたが、「何するんだよぉ!」と私の顔を見上げています。

たぶん、これはエルタテハ。夏になれば素早くて、こんな風に指へとまらせることなんて有り得ないチョウです。

白い「L」の字から、「エルタテハ」と呼ばれるとか。

ちなみに、「L」ではなくて「C」のチョウもいて、こちらは「シータテハ」という名前です(・・・それでいいのか?)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

子供とスキーへ。

ここのところ忙しくて子供に付き合っていなかったので・・・

息子と二人、市内のスキー場で2時間だけ遊んできました。

120311毎年、2月までは大事な仕事があるのでスキーは自重。

「アキレス腱を切った」とか「骨折した」とか、同年代のうわさをよく聞きますので。

3月になれば、北海道のスキー場も寒さがゆるみ、軽く汗をかく程度のよい運動となります。

それでも、年に2回行ければよい方かな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

エピジェネティクス

科学が進歩すること、現在の常識が未来の常識ではないこと・・・はわかっているつもりです。

120301右側の本はリチャード ドーキンスの『利己的な遺伝子』で1991年第一刷、私が読んだのは1997年の第16刷です。

これは面白かったし、生き物の形や行動の理由の説明をしてもらった気がしていました。

一方、左側は3か月前に刊行された『操られる遺伝子』。近年の新しい証拠や考え方が紹介されています。

『利己的な遺伝子』は、遺伝子(DNA)がすべてを支配して生物を操り、DNAそのものの進化と生き残りを目指しているというようなことを言っています。

一方『操られる遺伝子』は環境と生き物がDNAの働きを調節し、環境や習慣によって得た特性が子孫へ遺伝する場合があると言っています。

だぶん、現段階では『操られる遺伝子』の方が真実に近いのでしょう。

こんな風に「正しい知識」は変わって行くのですから、「やっぱり勉強しなくちゃなぁ」と思うわけです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »