« ドイツでいろいろ経験した(4) | トップページ | やきそば弁当ナポリタン味。 »

2012年2月 3日 (金)

北海道では、節分の豆まきに落花生を播く!

生まれも育ちも北海道の私ですが、20代はほとんど道外で暮らしました。

それで「ちょっと変かな?」とようやく気付いたのが、「北海道の節分にまく豆は落花生である」ということ。まあ、落花生もたしかに豆ではあります。

Photoもちろん、すべての北海道の家庭がそうだとは思いませんが・・・。

なぜ落花生で「豆まき」をするかというと、「後で回収して食べられるから」でしょう。

今日、我がの息子は熱があったので学校を休ませました。前日にクラスで最初のインフルエンザ患者が出たらしく、その疑いがあったからです。

小児科の混む午前を避けて妻が病院へ連れて行ったところ・・・「インフルエンザA型」と診断されました。

それで、妻はひとりで豆まきをしたらしいです。

少し遅めに帰宅し夕食を終え、晩酌のつまみに「豆まき→回収後」の落花生を食べました。

これを見て思ったのが、落花生・南京豆・ピーナッツの呼び方。

子供の頃、

落花生=殻の付いたもの

南京豆=渋皮のついた茶色いもの

ピーナッツ=殻も渋皮も付いていないもの

・・・と理解していました。しかし、これは正しかったのか?

自信がありません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« ドイツでいろいろ経験した(4) | トップページ | やきそば弁当ナポリタン味。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/53894618

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道では、節分の豆まきに落花生を播く!:

« ドイツでいろいろ経験した(4) | トップページ | やきそば弁当ナポリタン味。 »