« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

冬の準備。

いつもこの時期に、冬タイヤへ交換します。

今年はタイヤを新しくするのと、バッテリー交換のためサッポロファクトリーの近くのディーラーへ。

111029待ち時間の2時間ほど、近くをウロウロします。

今年のサッポロファクトリーは、アトリウムの中ではいつものようにクリスマスツリーへ衣替え。

外では煙突に、巨大なサンタクロースが登っていました。

バッテリーは、10万km以上走って初めての交換です。けっこう、もつものなんだなぁ、と思いました。

クルマはあと3年ほど使って、9年目に買い替えを検討することになりそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

コスモスの あまり咲かない 秋も過ぎ。

今年のコスモスには、あまり存在感を感じませんでした。

生育期に雨が多くてうまく育たなかったせいなのか、あるいはこの頃多く見かける白斑病の影響なのか・・・とにかく、「コスモスの季節だなー」という場面がほとんどなかったように思います。

111022画像は、日長よりは積算温度で咲くと言われる品種の「ビッキーコンパクト」。

たしかにやや遅めの播種ではありましたが、今になってようやく咲き始めるなんて、ちょっと異常かな、という感じ。

北海道のコスモスに何が起きたのかはわかりません。とにかく不思議な思いのこの晩秋です。

話は変わりますが、プロ野球のドラフト会議。巨人の我儘さがまた露呈していますねぇ。球団も選手もファンも、アンフェアな行為だと認識できないのだろうか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ユスリカ。

春と秋に、たくさん出てくるユスリカ。

釣り(フライ)を始めるまでは、普通の「蚊」だと思っていました。

Photoそれにしても、こんなにたくさんの「蚊」が近くにいたらトリハダものですよねー。

画像にしてしまうとただの模様のようですが・・・このひとつひとつに、生命を掛けたドラマがあるのでしょう。

(ニンゲンを含めた)生物は、遺伝子のようなプログラムに従って、その時の環境によってオンとオフの選択をしながら生き、そして子孫を残すのだろうという説に、私もその通りだと思っています。

この無数のユスリカたちにも1個体のnorinoriと同じ重さの生命があるのですから、彼らのプログラムのオンとオフは、この先どのように選択されるのか・・・と気になるわけです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

ミズカマキリはどこへ行こうとしていたのか?

2日前のこと。昼休みに一服する水辺でミズカマキリを見つけました。

111024水に浮いた落ち葉の上、身体は乾いていますから、これから飛びたとうとしていたのかもしれません。

2気付いて一枚撮影した直後、ゆっくりとした動きで水の中へ。

ミズカマキリが飛ぶところは一度も見たことがありませんので、ちょっと残念です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

気に入っている庭の一部。

偶然なのですが、白フリンジのガーデンシクラメンを植えた一角がいい感じで気に入っています。

111023アイビーとシダ。

シクラメンのすぐ奥に細く伸びているのは、こぼれダネから育ったエニシダです。

2少しアングルは変わってしまいましたが、別のデジカメで撮影するとこんな感じ。

先の画像は一眼のニコンD70sに旧い60ミリのマクロレンズ、この画像はコンパクトなリコーGR3 です。

同じ被写体でもこんなにイメージが違うのだなぁ・・・と、思ってしまいます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

ツタウルシも紅葉。

北海道では、平地でも紅葉が進んでいます。

111024カエデがきれいに色付きました。日のよく当たる部分が、より赤くなっています。

111024_2同じ頃、足元や木の幹に絡んだツタウルシも赤く紅葉。

ツタウルシは葉が厚く光沢があるので、とてもきれいに見えますが・・・知らずに摘んだりすると、後でひどいことになりそうです。

夏の間は目立ちませんが秋にはとても目を引きますので、よく通る場所であれば、場所を覚えておくのがよさそうです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

ホスタの黄葉。

ホスタ‘ゴールドスタンダード’が黄葉し、今がいちばんきれいです。

11023日陰でよく育ち、実もなるところが気に入っています。

黄葉すると、庭のその部分がぼんやりと明るくなったように感じます。

111022昨日はこの程度でしたから、ひと晩で黄色みがぐっと強くなりました。

昨晩が特別に冷えたわけではなく、気温で黄葉が進んだものとは思えません。

Photo約3週間前。10月1日には、ほんの少し黄色くなったところでした。

ホスタの黄葉は、葉が枯れる前のひと時の姿のようです。

我が家には他に2品種、白の斑入りホスタがありますが、これらは白い部分から崩壊していくような枯れ方をします(きたない)。

気温よりは日長で秋を感じて、越冬のための休眠へ入る過程なのだろうな・・・と考えてみました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

家庭菜園を片付けた日。

この時期、北海道は雨の日が多いのです。

だから庭の片付けは、晴れた休日に効率よく済まさなければなりません。

晴れた日には釣りへ行くべきか、それとも庭を片付けるべきか・・・どうしても釣りを優先してしまいますが・・・。

111022今年初めて、何となく植えてみたヘチマ。

30cmほどの実ができましたが、これ以上待っても大きくなりはしませんので、ここで終了。

持ってみると意外に軽く、ふかふかした感じでした。

キュウリとヘチマを較べると、ヘチマの方がはるかに生命力が強い印象です。植えたのが遅かったし老化した苗だったのですが、20メートルほどツルを伸ばしていました。

イチイやカエデ、クレマチスの剪定を含め、庭から出る植物の枝や葉は相当な量です。

これらを土へ還すために、菜園に穴を掘って埋めています。

前の年に埋めたあたりは・・・ミミズがたくさん。

お隣のご主人に訊くと、このあたりの住宅街は造成時に火山灰が入れられていたそう。

その通り。家主さんは黒土を入れていたようですが、30cmほど掘ると火山灰の層になります。

そこを60cmあたりまで掘って、庭で出た植物のすべてを土へ戻しています。

ここのところ体を動かす機会が少なかったのですが・・・今日の庭仕事でたくさんの汗をかきました(=ビールが美味い!)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

カメラがおかしくなった・・・。

6年ほど前に買ったニコンのD70sが、おかしくなりました。

前から少しずつ「おかしかった」のですが、今朝にはとんでもないことに。

111021まず、数年前からオートフォーカスが「おかしい」。レンズの接点での接触不良のようで、接点を磨くと動きます。

そして今朝、オートフォーカスは動かないし、マニュアルにしても測光がおかしいみたいで・・・完全に露出オーバーです。

設定を確認しようにも、液晶は作動せず。

「うーむ・・・これは、買い替えか?」「その前に、リセットしてみようか?」ということで、夜になってスイッチを入れると、リセットせずにすべて動きました。

機械って、こんなものですよね。

オーバーホールに出そうかなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

今シーズンの最後はニジマスで。

今シーズンは同じポイントで2度、掛けてから数秒で毛バリを引きちぎられていました。

先週には3度目の挑戦をするつもりでしたが・・・風邪で見送り。

#12だったフックを#6まで大きくし、リーダーも太くして直結しよう・・・と。

持っていなかったランディングネットも手頃な中古を適当に買って今日、対決してきました。

43cm111019ポイントに着くと、繰り返す大きなライズが見えました。

ニジマスだからなのか、自信があるのか、それともコイツの警戒心が薄いのか・・・?

これまでの2回と同じように、あっけなく毛バリに喰いつき、同じように深みへ引き込みましたが・・・今回はさすがに切れません。

3度、4度とジャンプして、(小さすぎた)ネットへ納めることができました。

水温は8℃。低水温のせいでパワーを出せなかったのかもしれないな、とも思います。

計ってみると、43cmでした。

水中では「シャケみたい!」と思うほど大きく見えましたが、こんなものか・・・。

過去2回のリベンジとして挑戦したつもりのニジマスがこのサカナなのかどうかはわかりませんが、相手をイメージして準備した2週間の結果を得たような気分です。

111019秋は深まり、このあたりは紅葉の時期を過ぎて水底には落ち葉が溜まっています。

今年の北海道はクマが腹ペコのようでもありますし・・・山へ入っての釣りは今日でお終いということで、決心することができました。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

喰うか、喰われるか・・・。

この池の上空は樹に覆われていたのですが、今年の春に多くが「整理」されてしまいました。

それはそれで、必要なことではあったのですが・・・

10908明るくなった水面を目指して、トンボや水鳥がやって来るようになりました。

111011そのほかに、マツモムシやミズカマキリ、小型のゲンゴロウなど。

111011_2前からたくさんいたのはヨコエビで、落ち葉やドングリを食べてのんびり暮らしているように見えたのですが…一変してしまったようです。

近頃はヨコエビがヨコエビの死骸を食べている場面をよく目にします。

おかしいと思ったので観察してみると、大量にやってきたマツモムシがさかんにヨコエビを捕食していました。

マツモムシが残した殻の部分を、ヨコエビが食べているようです。

トンボもたくさん来ていますので、来年からはヤゴも加わるのでしょう。

マツモムシも喰われる側になるでしょうから、この池の生き物たちの勢力図(?)も、さらに変化していくのだろうな・・・と思っているところです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

ユキザサの実が赤く熟す頃。

ユキザサは、私が育った場所(札幌)ではアズキナと呼ばれ、お浸しにすると美味しい山菜です。

最近知ったのですが、恵庭で育った知人は同じユキザサをピョンと呼ぶようです。

北海道は様々な土地から入植して拓かれた土地。私たちの世代が4代~5代目だとすれば、お国の呼び方が残っているとしても不思議ではありません。

111011この季節、そのユキザサの果実が赤く熟します。

落葉、枯葉、病葉の中で、日溜りに輝く液果は・・・食欲をそそるものではなく、何か大事なものと感じます。

11011この頃、春先と同じようにユスリカの蚊柱が沸き立ちます。

彼らは「個」を生きているのではなく集団の一部として振舞っているように見え・・・

それを、繁殖行動を終えた赤トンボが捕えて、食べているように見えますが・・・彼らも何度かに一回は水の中に落ちて、そして何度目かには水に捕えられたままとなるのです。

水から生まれた赤トンボ。それをまた水に返す役割を、この蚊柱の一部が担っているように見えました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

ガーデンシクラメンを植えた三連休

今日でお終いの三連休。北海道でもちょっとポカポカ気味でした。

1ペチュニアもゼラニウムも元気がなくなるこの時期ですから、今年もシクラメンを植えました。

2シックな白のフリンジは斑入りアイビーのあたりへ。

111010ほんとうは、釣りへ出掛けるつもりでした。

大物ニジマスを狙って大きなカディスを用意していましたが・・・風邪をひいたみたいで胸が発酵しているような感じ。

若くはないので、自重しました。

来週こそは、釣りへ行けるかな?・・・今シーズンの残り時間は、あとわずかです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

我が家生まれの新しい花?

タツタナデシコの種子を播いたらたくさん芽が出たので、ポットへ鉢上げしました。

111009右側の3ポットはホスタ、それ以外がタツタナデシコです。

Photo種子はこんな感じ。

たぶん7月の終わりか8月のはじめ頃に播いて、思ったより早く成長しました。

この借家に前からあるタツタナデシコに種子ができたので、それを播いたのが2年前。

そこから花が咲いたので、元の親の花粉を交配して、またタネができました。

開花するのは・・・2年後でしょう。

Photo_2ホスタの方は、ゴールデンスタンダード。ここにタネができたのも2年前で、庭のあちこちへ適当にばら撒いておきました。

111009_2果実がこれくらいになると種子が熟していて・・・・

111009_3中には、こんな種子ができています。

孵化したばかりのオタマジャクシみたいです。

Photo_3タネをばら撒いてから次の初夏には10本ほど芽が出たみたいですが、さらに1年後に生き残ったのが3本。

この1本は葉の全体が黄色っぽくて、2~3年後にはきれいなホスタになりそうです。

借家ですからいつまでもこんなことをしてはいられませんが・・・、こんなこともまた、楽しいものです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

トンボの顔

子供の頃から昆虫好きでしたが、身近な赤トンボにたくさんの種類があることに気付いたのは、ここ数年のことです。

翅の模様や体の色だけでなく、胸の模様や顔の模様でも見分けられるそう(これも最近知りました)。

8月に書いた記事で、「マユタテアカネかな?」としたところ、「そうではないかもしれない」とのコメントをいただきました。

1たしかに、調べてみると胸の模様が違って、ナツアカネみたいです。

Photo_2

ピンボケだったので記事には載せませんでしたが、同じトンボの顔。

ナツアカネかもしれない・・・でも、別の種類かもしれない・・・こんな風にドキドキするのもまた、うれしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

コオロギもラストスパート?

急に寒くなって、北海道では初雪のところがあったそうです。

11100110月にもなれば、コオロギの鳴く音もすっかりハスキーな感じ。

それでも陽だまりで、ケンカするように鳴いています。繁殖の時期は過ぎているのでしょうし、冬が来るまでの命ですから、今は余生みたいなものでしょうか。

111001_2センニンソウは、まだまだ満開の状態。

この花に出会って、よかったなと思います。

明日からは少し気温が上がり、平年並みに戻るのだとか。

週末には、今年最後の渓流釣りへ出掛けられるかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

思いついて、登別温泉。

土日の天気予報が雨、そして低温でしたので・・・、

Nec_0009「ゆっくり温泉に浸かるか!」ということで、土日に登別温泉で一泊してきました。

しかし、当日の朝に決めたことなので、ネットで予約できるところはごくわずか。いつもの第一滝本館も満室のようです。

しかしタイムセールの様な感じで安めに設定されているところがありましたので、少し迷って予約。登別グランドホテルです。

行ってみると、先月には天皇陛下の宿泊先でもあったという立派なホテルでした。

しかも、ネット予約の行き違いがあったらしく、予約したいちばん安い部屋がオーバーブッキングだったようで・・・ひとつ上のランクの部屋を使うことができました。

さすがに接客がよく、「そこらの温泉旅館とは違いますよ」というプライドの様なものを感じました(よい意味で)。

風呂の広さでは第一滝本にかないませんが、バイキングでも料理の質は高く、やはり「格が違う」というところです(すごく大きな差、というほどではではないが・・・)。

うーん・・・家族の気楽な旅行で次に来るなら、やっぱりいつもの第一滝本の方かなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

ホトトギス

今日から10月。

前からポツポツと咲いていたホトトギスですが、今日はたくさん咲いています。

111001苗を植えてから6年目。

かなり充実してきた感じです。

この頃は、週末直前の雨が多くて釣りへ行きにくくなっています。

あと1回くらい、行けるかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »