« 夕焼けとミニトマト、三升漬け | トップページ | サッポロビール恵庭工場の「自然観察会」 »

2011年9月22日 (木)

秋の夜長、の始まり。

きのう、我が家では寒さに耐えかねて、この秋初めてストーブに点火してしまいました。

・・・快適です。

110922「読書の秋」ですから、本の話題を・・・。

割とヒマな仕事で出掛ける朝、空港の売店で「何か読むものを・・・」と探して何となく手にした文庫本。これにハマりました。

10年以上前に初めて訪れてからいつも気になる沖縄の、王国時代のお話(たぶんフィクション)。

4巻まであるのですが、夢中で読んでしまいました。

ただ、このような長編小説でいつも不満に思うのは、最後の方が駆け足になること。最終巻のテンポが速すぎて、無理して終わらせたような味気ない終わり方をすることが多いように思います。

商業的には、それが必要なのかもしれないとは思うのですが・・・。

途中で飛ばしたような感もあり、もっときちんと仕上げれば名作になったように思えて、とても残念です(でも、面白かった)。

台風が過ぎた今日の帰り道、クルマのオートエアコンが暖房の風を吹き出しました。

もう、冬へと向かっているのだなぁ・・・と思うわけです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 夕焼けとミニトマト、三升漬け | トップページ | サッポロビール恵庭工場の「自然観察会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/52802773

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長、の始まり。:

« 夕焼けとミニトマト、三升漬け | トップページ | サッポロビール恵庭工場の「自然観察会」 »