« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

千葉は15℃、札幌は1℃。

10月に2度、11月にも2度、仕事で関東へ出掛けました。

この季節に北海道から出掛けて感じるのは、何よりも気候のよさです。

101129 それでも、そのお天気を楽しめるのは移動中のみ。いつものエアドゥの飛行機と空港と駅と電車とバスと、仕事先の会議室とビジネスホテル・・・という閉ざされた空間に居る時間がほとんどですから・・・。

このホテルでは地デジ化がようやく完了したようです。

小笠原選手が巨人で、高い給料をゲットしたというニュースをやっていました。まあ、プロですから稼げば?という感じですが、「サムライ」とはこういうものなのでしょうか?

101130 この季節の関東は、朝が来るのが北海道より早い(北海道が遅い)と感じます。

そういえば、2週間前に来た韓国からの人達は札幌の朝に、「ドイツみたいに遅い朝だ」と言っていました。

私にしてみれば、冬のドイツは札幌よりさらに朝が遅いと感じますので、「そうだろうなぁ」と思うわけです。

この日の千葉市の予想最高気温は15℃で札幌は1℃ですから・・・、別の国みたいですよねぇ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

ヤマアジサイを咲かせたいので、雪囲いを工夫してみた。

日陰に植えたヤマアジサイは、よく育つのですが今年は花があまり咲きませんでした。

理由は・・・除雪した雪を上からバサリ!とかけて芽を折ってしまうから。

101127 こんなパラパラした木ですから、どうやって囲おうかと思案して・・・、

101127_2 竹で囲ってひとまとめにし、荒縄でぐるぐる巻きにしました。

さて、うまく行きますかどうか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ツツジの冬囲いをした日。

この家のシンボルともいえる白ツツジ(たぶんサツキ)。

だいたい葉が落ちたので、タイミング良く晴れた休日の今日、冬囲いをしました。

101127 玄関近くの目立つ所にあるのできれいに仕上げたいと毎年思うのですが・・・うまくいかないものです。

まあ、雪の重みで潰れなければ問題はないのですが・・・。

101127_2 ついでに、菜園のニンジンと大根を収穫しました。

ニンジンはまあまあの出来ですが、

101127_3 大きなもののほとんどが、タテに割れていました。これでは食べられないよなぁ・・・。

01127 1本だけ育てていたダイコンは、我ながらよい仕上がりです。おろしにしたら、きっと辛くて美味しいでしょう。

明日からは雪の予報。そして来週には12月を迎えます。

正月まで1カ月、雪まつりまで2ヶ月半。そこまでは寒さと雪が深まる一方です。

おだやかな冬になってくれるとよいのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

出張先にて(2)不健康な夕食。

関東へ仕事で出掛けて二日目。

いつもは仕事仲間と夕食へ出掛けるのですが、この日は都合が合わず私も疲れていたのでコンビニディナーとなりました。

101125 ホテルの近くにローソンがありますけれど、いつも店長がだるそうで感じがよくないので少し歩いてセブンイレブンへ。

①やきとりの缶詰は塩味のない店がたまにありますが、そんな時には買いません。

②那須の高原ハムは3枚入り。約300円はコンビニにしては高いような気がしますが、大きくて美味しいのでおすすめです。

③よくわからないチーズを試してみたところ、かまぼこみたいな感じでした。

④カップ天ぷらそばは、ホテルの小さな電磁湯沸かしでもギリギリ作れます。ラーメンにしないのは、少しでも健康のために・・・。

⑤野菜ジュースも、ささやかながら健康のため。

このセブンイレブンには中国人の学生アルバイトと思われる店員がいて、60歳過ぎに見える店長をよく助けています。真面目でよく気の付く青年なので、気持ちがよいです。

これを三日続けたら身体の調子が心配ですが・・・独身時代を思い出して、たまにはよいものだと思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

出張先にて。

11/23-25、仕事で関東へ出掛けてきました。

まあ、「冬の迫る北海道から秋晴れの関東地方へ」と考えれば、ちょっと得したような気もするのですが・・・、

101123 飛び石連休の最終日ですから、空港は大混雑でした。

初日は移動のみなので、いつものビジネスホテルへ早めにチェックインしてから夕食調達のためにデパ地下へ・・・。

お兄さんに声を掛けられて1,000円のローストビーフを買いました・・・でも、割り箸を添えてみると、なぜだか別の食べ物のように見えます。  それに、独りで食べるには多すぎました。

101123_2 千葉そごうの地下にある「お酒コーナー」には各地のつまみがあって、今日は宮城の「笹かまぼこ」も購入。

学生時代に暮らした現地では「ササカマ」と略していたことを思い出しました。

101123_3 「鰹節の削りたてを食べてみたい!」という私のリクエストで、妻がトドックで削り器を注文したところです。でも鰹節本体がどこで売られているかわからないというので、同じデパ地下で調達しました。

・・・仕事で出掛けたはずですが、何をやっているのだか?(まあ、休日ですから・・・)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

まりもっこり、ついに我が家へ。

何年か前から「まりもっこり」というキャラクターが北海道みやげで流行し出した、とは聞いていましたが・・・、

Photo 函館旅行の際に、息子が選んだ「勤労感謝の日のプレゼント」がこれ。

生ビールバージョンの携帯ストラップです。

馬鹿にしていたこのキャラクター、まさか私の持ち物になる日が来るとは・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

函館は、まだ晩秋だった。

飛び石連休始まりの土日、家族で函館旅行へ出掛けました。

101120 仕事場の旅行で9月に来た五稜郭公園は、紅葉の終わりという感じです。我が家のあたりは初冬ですから、同じ北海道でも違うものだな、と。

「函館奉行所」は、この日もたくさんの観光客で賑わっていました。

101121 本当は登別あたりの「温泉らしい温泉」へ行きたかったのですが、連休なので手頃で安心できるところはすべて満室。

しかし、この函館のリゾートホテルの温泉(最上階の三角屋根のところにある)もよいお湯です。その証拠に、朝風呂を楽しむ宿泊客がたくさんいました。

夕食は近くで食べることにすると安上がりで、楽しいものです。

101120_2 我が家の夕食は、まず「はこだてビール」にて大人はビール、子供はイカそうめんを楽しんで・・・仕上げにホテル近くの回転寿司で満腹に。

101120_3 このあたりは12月1日からクリスマスの催しがあるようで、その予告のように、あちこちでサンタクロースが壁をよじ登っていました。

・・・我が家から車で往復約600キロ。運転は少々疲れましたが、楽しい旅行となりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

カテキンダイエット

今年の春あたりから、ズボンのお腹のあたりがきつくなってきました。

このまま行けば、ズボンをすべて買い替えなければならないような・・・

Photo しかし、まずは「自分のお腹をズボンに合わせてみよう」ということで、初めてこの手の商品を使ってみることにしました。

「ヘルシア緑茶」。毎朝、仕事へ出掛ける前に半分飲みます。

7月に始めて、なんと1ヶ月で体重が3キロ減りました。まあ、この時期は釣りへ出掛けたり庭仕事で身体を動かすので、その効果とも思うのですが・・・。

それでも現在まで3キロ減をキープしていますので、カテキンが効いているのかもしれません。

ズボンの買い替えは、しなくても済んだようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

大韓航空って・・・(韓国からのお客様 番外編)

仕事関係で、韓国からのお客様5人を二泊三日で北海道案内したnorinori。

お土産は美味しい韓国海苔でしたが、おまけとしてこんなものも。

Photo コチュジャンの小さなチューブです。

よく見ると、いちばん下にKorean Air のロゴが。

昼過ぎに到着の便だったので機内でブランチが出ると聞いていましたが・・・そのブランチに付いていたものなのでしょう。

どんな食事だったか、訊くのを忘れてしまいました。

Photo_2 裏側は韓国語のみです。

どんな食事が出たのか、気になるなぁ・・・。

本場のコチュジャンですから少し味見してみると・・・、いつまでも口の中が辛いです。

大韓航空・・・気になります。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

カレイの煮付けとアレルギー

自分がアレルギー体質だと思ったことはないのですが・・・、

101114 20歳の頃から、カレイを食べると必ずお腹が痛くなります。いつまで痛いかというと・・・身体からすべて出て行くまで。

気のせいかと言うとそうでもなく・・・、学生の頃、行きつけの喫茶店のランチで発症。「白身魚のフライ」でした。

後日、店主に訊くと「いつもはタラなんだけど、たまたま少し安いカレイが手に入ったから、お客さんのために奮発した」とのこと。

友人の結婚パーティーで出た、舌平目でもアウト。

鮮度の問題か?・・・というと、そうではなく、33歳の時、自分で釣ったクロガシラガレイ(普段は隣家に差し上げるのだが、留守だった)があまりに美味しそうだったので、釣ってから2時間で刺身にして美味しくいただいた・・・ところで、またアウト!。

同じことは、ブリの一族(ハマチやフクラギ)でも起こります。

こうなると、一種のアレルギーなのかな、と思うわけです。

最近では、10年ほど前にカマスの開きでアウト!・・・これはちょっと、納得できないものがあります。これまでは、「カレイ、ヒラメ、ブリ、ハマチ」だけを注意していればよかったので。

そろそろ再挑戦してみようかなぁ・・・でも、二日も寝込むのは嫌だしなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

雪囲いと赤霧島の季節

借家住まいでも、私はこの街が好きです。

101117 家の東側に遊歩道があって、街路樹の下にシモツケなどの小灌木が植えられているのですが・・・季節ごとに適切な管理がされていて、感心します。

この遊歩道は朝晩、多くのお年寄りが犬を連れたりして散歩しています。

101116 雪囲いの頃には、秋の赤霧島。

近所の酒屋さんが、頼まなくても取り置きしてくれています。

この秋は、久しぶりに行ってみると「3本取っておいたよ。要るかい?」と。

迷わず3本とも、購入します。

店主によると、限定販売なので春は数が少ないが秋は少し余裕があるのだとか。

サツマイモが原料ですから、焼酎がたくさん造られる季節は秋なのでしょうね。

1本は妻の父へ、1本は先輩へ、そして1本は私が楽しみます。

ささやかですが、この街で暮らす楽しみのひとつです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

砂糖のような霜!

今朝はマイナス4℃まで冷えました。

101116 白クローバーに霜が降り、砂糖菓子のようになっています。

101116_2 山並みの頂は白くなり、青空にポケモンジェット!

もう何年も、ジャンボには乗っていないなぁ・・・いつもエアドゥとスカンジナビアエアだからなぁ・・・などと。

来週と再来週。今月も二度、関東へ出掛けなければなりません。

この時期は、北海道を離れた方がお天気がよいのでちょっと嬉しい気もしますが。

はやぶさ君が、小惑星イトカワの岩石の粒を持って帰ったことが確認されたのだとか。

この技術と、トラブルを乗り越えた力ってすごいな!と息子に説明しました(理解できたかなぁ・・・)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

キンキ=メンメ=キチジ

「美味しそうで安いのがあれば・・・」、という特別な魚。庶民としては、一年にそう何度も食べられるものではありません。

101114 キンキ。先月訪れた網走ではメンメと言っていましたが、正しい和名はキチジだとか。

北海道でも東北でも、炉端焼きへ行くと開きの焼き物が「時価」とメニューにあります。

どれくらい前だったか・・・ススキノの炉端焼きでキンキを頼むと、会計の際にいつもの二倍以上の金額になっていました。

「何で?」と訊くと、「キンキが8,000円でしたので・・・」と。

それでも、今日はスーパーで地物(北海道産)が1,000円台でしたので、妻に頼んで煮付けに。

このサカナ、煮付けがいちばんだと思います。白身の淡白な身も美味しいですが、何と言ってもヒレ周りと頭(要するに、アラの部分)。清涼感のあるアブラ・・・とnorinoriは表現します(!)。

骨までしゃぶって、その美味しさを記憶に残そうとします。次に食べられるのはいつになるか、わかりませんので・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

韓国からのお客様、登別温泉へ。

韓国からの5人の取引先を引率しての北海道旅行は二日目、道南を少し回ってから登別温泉で宿泊しました。

101112 八雲へ向かう途中、有珠山SAで休憩。なぜかこのSAはペットに優しいらしく、こんなものまで設置されています。

(個人的には、犬を車に乗せて高速道路をドライブするなら、ケージに入れてほしいと思っています。

スーパーの駐車場で、社内の犬に気を取られたじい様に轢かれそうになったことがあるので・・・。)

・・・それはともかく、悪天候の中、その日の日程を終えて登別温泉へ。

私の大好きな第一滝本館で宿泊して、温泉を堪能したようです。

norinori:「この温泉はお客さんが多いので、自分の脱衣籠を間違えないように、パンツを目印にするとよい(いちばん上に自分のパンツを置く)」と言うと、みなさん、素直に従っていました。冗談だったのに・・・。

そして、

norinori:「温泉に一泊するなら、最低三回は風呂に浸かるべき。夕食前と寝る前、それに、朝食前に!」と言うと、それも実践。

訊くと、韓国にも日本と同じスタイルで浸かる温泉があるらしいです。それでも登別温泉では私たちと同じように、お湯に入ると「ア”~」と声が出ます。さらに、露天風呂に浸かりながら飲む生ビールに、「最高です!」。

「次に自分で来るとしたら、新千歳空港から登別温泉までどのような手段があるか?」と二人の人に訊かれました。

彼らはきっと、近いうちに家族とまたここへ来るのでしょう。

もし、そうだったら嬉しいなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

冬のラミウム

ラミウムの銀色の葉がきれいです。

01109 初夏にすくすく成長しているときのふわっとした感じと花もよいですが、冬になって締まってくると、庭の中でとても目立ちます。

隣家のエゾヤマザクラの赤い落ち葉が降る頃になると、一層引き立つように思います。

この場所だけ、雪が積っているみたいですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

韓国からのお客様。

今日から3日間、取引先の韓国人5名と一緒に北海道内を視察旅行です。

うち一人は留学経験があって英語が上手、もう一人は日本語と英語を話せます。

残る三人は韓国語のみ。

Photo ・・・ということで、昨日慌てて妻に「簡単な韓国語会話の本を買ってきて」と頼んだのですが・・・、

「韓国へ旅行した時の会話」というテーマの内容しかなく、例えば韓国で買い物するときや、財布をなくしたときの会話が例に出てくるのみです。

私は逆に、「寒くないですか?」とか「何を食べたいですか」という会話をその場で調べられる本が欲しかったのですが・・・。

考えてみると、そういうマーケットはすごく小さいですよね。

・・・ということで韓国語はあきらめて、明日は登別温泉で「温泉の楽しみ方」を彼らにガイドするつもりです。

もちろん、仕事上の視察先ではきちんと案内しなければなりませんが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

クマにあったらどうするか

8年ほど前に買って読んだ本に、『クマにあったらどうするか』姉崎等 木楽舎 というのがあります。

Photo 著者のひとり(主人公、というべきか)はアイヌ民族として、最後のクマ撃ちだったらしいです。

私が読んで、その後は山菜採りやキノコ採りが趣味の義父に渡していました。

単独で渓流釣りをする私としては、「もし、ヒグマに会ってしまったら・・・」と、「足を滑らせて動けなくなってしまったら・・・」が怖いテーマです。

まだクマを見たことはありませんが、「たぶん、何度かは見られているのだろうな」とは思うわけです。

会いたくないけれど、いつかは会うかもしれない・・・そんな時の心構えとして、この本は読んでおくべきなのかもしれません。まだ買えるようですので。

慌てて逃げるのと、死んだふりだけは、してはいけないようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

去年は紅葉しなかったカエデが、今年は紅葉しています。

去年は紅葉せずにいきなり白くなってしまったカエデが、今年はほんのりと紅葉しています。

101109 くしくも、このカエデがいきなり白くなってしまったのはほぼ一年前の11月10日。強い霜が降りた後でした。

今年は海水温が高い影響でおだやかな初冬となっている「湯たんぽ効果」なのだとか。

101109_2 エゾムラサキツツジの葉も、色付いています。

緑色の葉はクレマチスモンタナ。クレマチスはこの後寒くなると緑色のまま葉が凍り、その後枯れ葉となってから脱落します。

101109_3 シクラメンのヘデリフォリウムは紅葉しませんが、隣家のヤマザクラの落ち葉をまとって秋の雰囲気に。

回覧板を持ってきた近所の奥さまが、「そろそろ家に入れなくてよいのか?」と心配して下さったそうです。

もう、いつ雪が積ってもおかしくないこの季節。

積る前に、ツツジの冬囲いをしなくては・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

クリスマスローズが咲いてしまった・・・。

今年の春に買ってきた、八重咲きのクリスマスローズ。

種子が出来ていたので「タネを取ってから、花茎を切り落とそう!」と思いながらも放置していました。

Cr101108 その放置した花茎の先につぼみができたらしく、気がつくと重量感のある立派な花が咲いていました。

Cr100410 こちらは、買ってきたときに着いていたつぼみから咲いた花です(今年の4月10日)。

①温室やハウスで早く咲いてしまった株だったからなのか、はたまた、②花茎を切らずにおいたためなのか・・・わかりませんが、たぶん①なのでしょう。

花の少ない季節ですから、ちょっと得したような気がします(でも、来年の春にもちゃんと咲いてくれるのだろうか?)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

懐かしいカメラが出てきた(デジカメいろいろ)。

今は、多少はカメラが気になる・・・という程度のnorinoriです。

それでも高校時代には写真部の「幽霊部員」でいながら、何度かモノクロの現像と焼き付けをしたことがりますので、「絞りと被写界深度」くらいまでは理解しています。

Gr1grd3omote 去年の12月に、欲しかったリコーGRデジタル3を手に入れました(画像の右側)。

このデジカメが欲しかった理由は、フィルムカメラのGR1(画像の左側)をとても気に入っていたから。

4年前の引越しのどさくさでGR1の方はしばらく行方不明でしたが・・・本棚の隅に隠れていたのを見つけました。

それで、ようやく2台並べて記念撮影。

Gr1grd3 裏から見れば、まったく別の道具だということがわかります。

コンパクトカメラのGR1を買った頃は独身だったので簡単に手に入れてしまいましたが、今思えば、定価9万円というのは普通ではなかったと思います(型が古かったのか、半額くらいで買ったと記憶していますが)。この先、GR1の出番は100%ないと言えますが、大切だった時を記録してくれたこのカメラには、特別な思いがあります。

それでも、コンパクトカメラはやはり、それなりのもの。

D70s_2 ですから大事なところでは、一眼レフのニコンD70sを使っています。古いレンズをそのまま使っているせいか接触が悪くなったり、CFカードを正しく読み込まなかったり・・・で、たまに調子が狂うのでドキドキしますが・・・。

このカメラの前に使っていたF4(こちらも独身時代に買った)では、そんな心配は一度もありませんでした。

やはり、「値段次第」ということなのでしょうか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

これも紅葉?

庭に、ピンクの葉がありました。

Photo こぼれダネから出た、アキレギア(セイヨウオダマキ)の若い植物のようです。

もともと紅葉する植物ではなくても、たまにこんな場面を見ることがあります。

葉と茎との連絡に何らかのトラブルが起きて、カエデの紅葉と同じような仕組みで赤い色素が現れるのでしょうか。

尖閣諸島関係のビデオが流出したとかで、大きな騒ぎになっています。

何らかの意図を持って為されたことは確実と思いますが、その意図がどこにあって、その効果をどこまで見通していたのか・・・知りたいです。

駆け引きや騙し合いをせずに、真実をもって付き合うことがなぜできないのか?私にはわかりませんが・・・たぶん、駆け引きと騙し合いの場面でこそ自己の存在価値を示せる人もいるのだろうな・・・と、思ってみました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

ホッケの顔とTPP。

都会にいる人の書いた、現場を見ていない薄っぺらな記事・・・と思いました。

080209 画像は、2年前に水族館で撮影したホッケの顔。こんなにきれいなサカナですが、見たことのある人はほんの少しでしょう。

私が20歳の頃・・・東京に居て、北海道から上京していた友人が集まって新宿の「●●の家族(だったか・・・)」へ繰り出したように記憶しています。

なぜか?・・・「東京でもホッケが食べられるらしい」という情報で。

行ってみると・・・たしかにホッケはありましたが、小さな干からびた、最低のホッケ開き。

今ではそんなことはないでしょうけれど・・・。

まずいサカナを美味しいという都会人・・・その頃でも、何かがおかしいと感じました。

(TPPの記事に戻ります・・・)

 日本の農業を「世界と競争できるレベルに引き上げればよい」=まあ、良しとしましょう。

しかし、「GDPのわずか数パーセントにすぎない」が論拠で、今のトレンドで行けば、「輸出できる農産物を!」という取り組みなどはすぐに「仕分け」となることが明らかですよね。

何より、自分たちの食べ物が大事なのに、「輸出」へと議論がすり替えられそうです。

一方既に、地方で進められていた農業関係の研究は、予算カットで縮小が続き、既に壊滅的ともいえる状況にあり、簡単には立ち直れないところまで追いつめられているようです。

さらに壊滅した農業(自給食糧)に対して、今の中国やロシアのように、輸出を絞られたらどうなるのでしょうか?

殺虫剤入りの餃子を食べなければいけない環境でも家族を養って行けるのか?

ハンバーガーと牛丼だけを食べて生きて行くつもりならば、関係ないのかもしれませんけれど・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルーナは楽しめる・・・と思う。

カルーナという植物。エリカに近くて、広く見るとヒースの仲間と呼んでよいのだろうと思います。

海外の(中でもイギリスの)小説に「ヒースの丘」というような表現があり、そのヒースに近いものだと思えば・・・空想も広がります。

101103 この秋、カルーナのポット苗を買ってきて日なたに植え付けました。

この品種は明るい緑色の葉で、花はホワイトのようです。

北海道はこの植物にぴったりの気候なので、いつか私たちがこの借家を引っ越したとしても、緑色のクッションのように元気に育ってくれることでしょう。

(話は変わります・・・)

  この円高の中でも、トヨタは2011年3月期の営業利益予想が2,800億円なのだとか・・・TPPへの参加が論じられていますが、日本の農業に深刻的なダメージを与える恐れのあるこの議論。当面の株主配当よりは、この国の将来を考えて、慎重に行く先を考えていただきたいものです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

虫歯かと思ったら・・・

もう、10年以上も歯の治療をしていません。

5年ほど前、仕事でドイツへ出掛けた初日に、金属の詰め物がポロリと外れてしまいましたが・・・帰国して歯科へ行くと、小銭入れに入れて持ち帰った詰め物を「グイ!」とはめてくれて、10分で終了。

Photo (画像は、口を開けたオジサンのイメージ)

一年ほど前から右上の奥歯にものがはさまる感じがして、疼くような痒いような・・・

放置していたら昨日、頭痛なのか歯の痛みなのかわからないような状態になりました。

そこで、今日は仕事帰りに歯科医院へ。

歯は抜かなくてはならなくて、顎の骨までやられていて・・・インプラントで何十万円・・・などという心配をしながらです。

レントゲンを撮って、歯をコツコツ叩かれて・・・結論は「歯茎に炎症あり」。歯周病ということのようです。

  20代の頃に虫歯の治療をした際、「丈夫な歯だねー」と言われたことを思い出しました。歯の方は、ほんとうに丈夫だったようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

秋の庭も、きれいだと思う。

冷たい雨が降って、我が家の庭はすでに秋というより初冬の雰囲気です。

101103 ホスタのゴールドスタンダード。「ゴールド」の意味が初めてわかったような気がします。

この透き通るような黄葉が、この庭でいちばん存在感を示しています。

101103_2 シルバーリーフのタツタナデシコも、花はなくとも彩となっています。

前からあった株から種を採って播いたもの。来年こそは花を咲かせるでしょう。

101103_3 新千歳空港にも、今年の3月に国際線ターミナルができました。そこで遅ればせながら、家族で見学。

来週は海外からのお客さんがあり、空港へ送り迎えしなければはなりませんので、その下見です。

(画像は国内線ターミナルの展望デッキから)

息子は、タレントが経営するレストランで(テレビで見た)チーズのカチョカバロにくぎ付け。

そこで昼食を取ることにして、カチョカバロ入りのホットドッグとピザを食べました。

けっこう美味しかったし安く感じたのですが・・・混んでいるのに店員さんが足りない感じでした。経営が厳しくて人員削減なのかなぁ・・・などと考えてしまいました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

カボチャもさまざま。

カボチャの美味しい季節です。

Photo 画像はいただきもので、白皮の品種。まだ珍しいですよね。

最近、北海道新聞に書かれていたような気がしますが・・・、普通の濃い緑色の皮のカボチャに比べて、白皮のカボチャは粉質(デンプンが多い)で日持ちがするのだとか。

私はホコホコのカボチャが好きなのですが、詳しい人に聞くと、若い世代はねっとりとして甘いカボチャを好む傾向があるらしいです。

だいたいのカボチャは、採れたてはホコホコで甘みが少なく、貯蔵しているうちにデンプンが糖に変わって柔らかくなり、甘みが増すのだそうです。

同じカボチャでも、食べる時期が変わると味も変わる・・・ということなのですねぇ。

そう考えると、早春にホコホコのカボチャを食べようとすれば、赤道付近や南半球産のものを求めるべき・・・ということはうなずけます。 春や初夏に食べたければ、九州産などになるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

牛丼屋で思った。

牛丼チェーン店の看板を見ると、何となくほっとします。

Photo 学生時代に、「24時間、いつでも食べられる」という安心感を植え付けられたのかもしれません。

思い出せば、その頃は昼間でも牛丼店の従業員は全員が男性だったように思います。

それが、いつの頃からか女性も。

メニューも多くなり、かつては「並」「大盛り」と言えば牛丼が出てきましたが、最近は「牛丼でよろしいですか?」と念を押されたりして。

「早い・安い・うまい」のキャッチフレーズは牛丼店だけのものではなくなりましたが・・・それでも牛丼に引き寄せられてしまうのは、ノスタルジーなのかもしれないな、と思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »