« のりたま+水辺にて。 | トップページ | クモの巣に表と裏はあるのか? »

2010年10月 2日 (土)

チョウ・チョウ・チョウ

今年は暑かったせいか少ないな・・・、と思っていたオオモンシロチョウ(チョウ1)。

101002 ユウゼンギクの花に来ていました。

ユウゼンギクは北アメリカ、オオモンシロチョウはヨーロッパから来た外来の生物・・・なのに、こんなところで出会ってしまうわけですね。

101002_2 こちらはガウラ。よく咲いています。

ガウラの別名に白蝶草(ハクチョウソウ)という呼び名があるそうで、チョウ2。

101002_3 ニンジンのプランターにいるキアゲハ(チョウ3)の幼虫は、葉っぱの大部分を食べてしまいました。

101002_4 その中に、やけに黒っぽい幼虫を発見。

ネットで調べると、秋に向かって寒くなればこのような黒化した色になるそうです。

太陽の光を受けて体温を上げる効果があるのかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« のりたま+水辺にて。 | トップページ | クモの巣に表と裏はあるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/49624651

この記事へのトラックバック一覧です: チョウ・チョウ・チョウ:

« のりたま+水辺にて。 | トップページ | クモの巣に表と裏はあるのか? »