« つまらなくなるのか?プロ野球・・・。 | トップページ | 和寒ラーメン。 »

2010年9月29日 (水)

我が家生まれのシクラメンヘデリフォリウム

耐寒性シクラメンのヘデリフォリウムが、殖えています。

100926 4年前、日陰の庭に植えたヘデリフォリウム(20株くらいだったか・・・)は、だんだんと花数が減ってきました。

はじめはピンクが多かったのですが、だんだんと白が優勢になってきたように感じます。

100926_2 植えてから2年目の秋に、こぼれ種からの発芽を確認して・・・それから2年で初めて、花を見ました。

はじめの場所にも小さな葉がたくさん見えていますが、半径1メートル以内が多いようです。

開花→秋に受粉・結実→夏に種がこぼれる→翌年発芽する→発芽から最短2年で開花・・・ということのようです。

発芽から開花まで3~5年かかるものだと思っていましたので、ちょっと意外です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« つまらなくなるのか?プロ野球・・・。 | トップページ | 和寒ラーメン。 »

コメント

地植えのシクラメン力強くて野生的ですね♪
蝶ちょが飛んでるみたいですshine
葉っぱが見えないのですが、
花だけで育つタイプなのでしょうか。
初歩的な質問ですが、先日、norinoriさんがプランターに寄せ植えしていた
シクラメンと違うんですよねっ
こぼれだねから、2年目にしてお花が咲くなんて驚きですっeyeかわいいぁ~。
プラチナケールって何かなぁ~と調べたら
ハボタンのことなんですね。
勉強になりましたo(_ _)oペコッ

投稿: はるみん | 2010年9月30日 (木) 03時15分

地植えにしたヘデリフォリウムは、最低気温マイナス25℃にも耐えるという種類で、日本では山野草的な扱いがされています。
普通のシクラメンとは別の種類になるのです。
この種類を育てるコツは、球根(シクラメンは球根植物なのです)をしっかり埋めること(5~10センチほど)。
夏から秋に花だけが咲いて、その後冬までに葉が出てきます。
葉は雪の下でも緑を保って、雪解け後は北海道ならば6月中旬に枯れて・・・土の上には何もなくなるのです。
その後、8-9月頃から花だけがが咲きだして・・・の繰り返し。
あまり出回っていないし、見つけてもちょっと高いのが、残念です。
プラチナケール=ハボタンなのに、なぜか値段は二倍でした・・・興味本位で買ってみましたが、やっぱりハボタンですthink

投稿: norinori | 2010年9月30日 (木) 22時32分

こんにちは。
書き込みありがとうございました。

ヘデリフォリウムがきれいに咲いていますね。今咲いているのですか?
わが家のヘデリフォリウムは実生で育てていましたが花を見る前に水切れで干からびてしまいました。普通のシクラメンと同じように断水して夏越しをさせたのが悪かったようです。

投稿: のら | 2010年10月 2日 (土) 10時30分

のらさん、おいで頂きありがとうございます。
我が家では今、ヘデリフォリウムが満開を過ぎ、花に続いて葉が出はじめたところです。
普通のシクラメンとは異なり、ヘデリフォリウムの場合は球根を土の中に埋めてやることがコツだと思っています。
球根の上部から根が出ますので。

投稿: norinori | 2010年10月 2日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/49598400

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家生まれのシクラメンヘデリフォリウム:

« つまらなくなるのか?プロ野球・・・。 | トップページ | 和寒ラーメン。 »