« カラジウムを寄せ植えに使ってみた結果 | トップページ | コンテナにシクラメンとプラチナケールを寄せ植えした »

2010年9月26日 (日)

臭角!

いつかはキアゲハが産卵に来るだろう・・・という期待を込めて、庭では三種類のセリ科の植物を育てています。ニンジン、パセリ、ミツバ。

100612 そして、今年とうとう、やってきました。

小さいうちは鳥のフンみたい。

見逃してしまいがちです。

100912 少し大きくなると、黒と緑の縞模様に。

100924 これくらい大きくなれば、もうすぐ動きを止めて蛹になります。

100924_2 面白いのが、この黄色い角。ちょっと突いたり、ニンジンへの水やりが幼虫の体に当たると、角を出します。

臭角というそうで、それほど臭わないような気もするのですが・・・息子が手で触ると、けっこうな悪臭でした。

これから蛹になる彼らは、春まで待って羽化するのでしょう。

来年の春に会えることを、楽しみにします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« カラジウムを寄せ植えに使ってみた結果 | トップページ | コンテナにシクラメンとプラチナケールを寄せ植えした »

コメント

私が小学生の頃、通学路にニンジンが植えてあるプランターが置いてあって、帰り道、キアゲハの幼虫を観察した記憶が蘇ってきましたよ。突いて臭角を出させて遊びましたね。
小学校の生垣はカラタチで、そこにはアゲハの幼虫がいましたよ。
norinoriさんの息子さんと一緒、昆虫大好き小学生でした。
サナギで越冬するのですか?北海道の冬は厳しそうですが、来春きっと成虫に逢えることでしょう。

投稿: Blue Wing Olive | 2010年9月26日 (日) 22時35分

蛹はきっと、雪の中で越冬するのだと思います。初夏に見るキアゲハは、いつも傷みのないきれいな翅ですので。
キアゲハよりは少ないですが、アゲハも北海道で普通に見ることができます。しかしカラタチなどミカン科の植物が身近にないので、これまで幼虫を見たことがありません。
昆虫少年が釣り好きになる確率は、高いかもしれませんね。

投稿: norinori | 2010年9月27日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臭角!:

« カラジウムを寄せ植えに使ってみた結果 | トップページ | コンテナにシクラメンとプラチナケールを寄せ植えした »