« ルリボシ君との再会。 | トップページ | ヒソップとスコップ・・・の日。 »

2010年7月30日 (金)

ベゴニアの雌花と雄花を観察してみた。

北海道はあまりお天気がよくないものの、気温が高いのでベゴニアは元気に育っています。

Photo 普通に「ベゴニア」というと、ベゴニアセンパフローレンスを指します。

この植物には同じ株に雌花と雄花があって・・・

Photo_2 これが雌花です。

Photo_3 雌花の根元の部分を分解してみると、小さな粒がたくさん入っていて、これが熟すと種子になるわけです。

Photo_4 雄花には、この子房の部分がありません。

Photo_5 雄花は雌花よりも一回り大きくて、真ん中の黄色いところが雄しべです。ここから花粉が出るわけですね。

Photo_6 話は変わりますが、北海道で作られたカップラーメンを食べる機会がありました。

十勝のメーカーによる「函館ラーメン(塩)」。麺は北海道産小麦100%だそうです。

食べてみて、真面目に「ラーメン」を作ろうとしたのだろう・・・と思いました。

でも、今や「カップめん」はラーメンではなくて、別の食べ物ですよね。

しかし・・・「北海道産小麦100%」を生かすには、ラーメンの再現を目指すしかなかったのだろうなぁ・・・とも思うわけです。

ラーメンに近いカップめん。この商品は「カップめん好き」にも「ラーメン好き」にも受け入れられるのか?それとも、どちからも中途半端と言われるか・・・私は、「これは、カップめんでもラーメンでもない」と感じてしまいました。

位置付けは中途半端ですが、美味しいことは確かです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« ルリボシ君との再会。 | トップページ | ヒソップとスコップ・・・の日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/49008999

この記事へのトラックバック一覧です: ベゴニアの雌花と雄花を観察してみた。:

« ルリボシ君との再会。 | トップページ | ヒソップとスコップ・・・の日。 »