« エダマメの花と小さな莢をじっくりと観察した。 | トップページ | ルリボシ君との再会。 »

2010年7月28日 (水)

ルピナスの種子

昨夜はものすごい雷雨があり、頭の上で雷が鳴ったような気がしました。

・・・さて、私たち家族より前からこの庭で育っているルピナスに、今年はたくさんの種子が着きました。

100725 莢があります。

ルピナスは別名(和名?)「ノボリフジ」の通り、下から順番に咲いて行くわけですが・・・面白いことに、ある特定のところにたくさん莢が着いています。

それより下にも、上にも莢はないわけでして。

たぶん、このあたりの花が咲いていた頃のお天気がよく、受粉が上手く行ったのだろうな、と思います。

100725_2 黒くなっている莢が熟していて、割ってみると豆状の茶色い種子が見えます。まさに「マメ」という感じ。マメ科植物ですからね。

我が家のルピナスは宿根ですからラッセルルピナスと思われます。この庭には紫とピンクがありましたが、今は紫色だけ。

 通勤途中には黄色やピンク、たまに白いのも見掛けます。黄色やピンクも一緒に植えると明るい感じになるだろうな、と思うのですが、紫が優性で、時間が経てば紫一色になるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« エダマメの花と小さな莢をじっくりと観察した。 | トップページ | ルリボシ君との再会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/48993912

この記事へのトラックバック一覧です: ルピナスの種子:

« エダマメの花と小さな莢をじっくりと観察した。 | トップページ | ルリボシ君との再会。 »