« ヒメジョオンとコエゾゼミ | トップページ | 超長期熟成・・・さすが。 »

2010年7月14日 (水)

コスモスに付いたアブラムシを退治した。

珍しいことではありませんが、ぐんぐん成長しているコスモスにアブラムシがたくさん・・・

Photo アリまで来ています。

アブラムシがお尻から出す甘い汁をアリが食べる→アリはアブラムシを外敵から守る・・・というストーリーは小学生も知っていること。

このままでは、どんどん増えそうです。

Photo_2 しかし黙って見ているnorinoriではありません。

発見の直後に、浸透移行性殺虫剤の「オルトラン粒剤」をコスモスの株元にパラパラして、水を掛けて・・・4日後。

アブラムシは黒っぽい死骸になりました(勝利!!)。

「オルトラン粒剤」は水に溶けて植物の根から吸い上げられます。その殺虫成分の入った汁をアブラムシが吸うので、ご覧の通り。

・・・ということは、家庭菜園で使用する場合は注意しなければならないということになりますね。

100714 二日前に、若いノシメトンボを見掛けました。そして今日はアキアカネも。

羽化したての彼らは、これから標高の高い山地へ移動して成熟し、秋を迎える頃に低地へ戻ってくるのだそうです。

赤トンボとなった彼らと次に会う頃には、秋風が吹き始めるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« ヒメジョオンとコエゾゼミ | トップページ | 超長期熟成・・・さすが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/48877278

この記事へのトラックバック一覧です: コスモスに付いたアブラムシを退治した。:

« ヒメジョオンとコエゾゼミ | トップページ | 超長期熟成・・・さすが。 »