« アメリカツルマサキ・カワトンボ | トップページ | ふきのとうが役目を終えた日。 »

2010年6月 8日 (火)

クレマチスアルピナ‘ウィリー’のよさが分かった

12cmポットの苗を8号鉢に植え替えて、今年が2回目の開花となるアルピナのウィリー。

100605 地味な色合いですが、この星型の落下傘が静かに下りてゆくような雰囲気に、「いい感じ!」と思いました。

この品種は地面の下から新しいシュート(芽)が出てくることがあるみたいで、株分けも可能なのかもしれません。

鉢に植えっぱなしでも特に弱ることなく、ぐんぐん成長しています。

これまでは秋になると鉢を横倒しにして越冬させていましたが・・・、倒さなくても根を凍らせずに越冬させられるでしょうか?

・・・試してみたい・・・でももったいないような気がする・・・さあ、どうする?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« アメリカツルマサキ・カワトンボ | トップページ | ふきのとうが役目を終えた日。 »

コメント

しっかり育てるとこんな立派になるのですね。見応えがあります。

投稿: Blue Wing Olive | 2010年6月19日 (土) 06時17分

ありがとうございます。
でも、たいしたことはないのです。
支柱を立てて、伸びてきたツルを適当に誘引しておくだけ。
釣りで忙しい頃にやらなければならないので、さぼりがちになりますが・・・。

投稿: norinori | 2010年6月19日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/48577659

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチスアルピナ‘ウィリー’のよさが分かった:

« アメリカツルマサキ・カワトンボ | トップページ | ふきのとうが役目を終えた日。 »