« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

ナメクジ退治!

気温が上がって勢いよく成長しはじめたエダマメの葉が、穴だらけに・・・。

100624 犯人はナメクジ野郎のようです。

そこで・・・、

Photo 必殺のナメトックス!

春にひと通り撒いておいたのでしばらくはナメクジの被害がなかったのですが、そろそろ2回目のタイミングということで。

Photo_2 中身はこのような粒です。湿るとナメクジ野郎(!)を引き寄せる匂いが出て、これを食べたナメクジをやっつけるというもの。

雨上がりの夕方が効果的だと思います。

翌日の朝・・・画像を載せるのをためらうような効果でした。

同じようなナメクジ駆除剤に「ナメジゴク」というのもあって、こちらもよく効きます。変な名前ですけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

思い通りに行かない日もある。

子供を連れてのキャンプの翌日は、独りで釣り。

申し訳ないくらい遊んでしまったこの週末です。

100627 「飽きるほど釣りたい」時に訪れるこの渓流。入渓地点が限られているので、いつも早起きして出掛けます。

しかし、今日はいつものところに先着様。初めて下流へ入ってみました。

この画像から数百メートルで海です。水温は14℃、雪代は終わったみたいですが、一昨日までの大雨の影響か水量は多め。

100627_2 ほどほどに釣れて、私には大きい方のきれいなヤマメも。このサカナはフライを目指して、全身を空中に踊り上がらせました。

「海はすぐそこ」の下流に入ったのになぜかイワナが多く、「今年はヤマメが少ないのかも・・・」と心配になりましたが・・・、

それでも途中、深場にサクラマスが「ゆらり」としているのを見掛けました。

釣り人に負けず、命をつないでほしいですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

暑くなりそうだったので・・・キャンプ!

「気温の上がらない夏になりそうだなぁ」とこの夏は期待していなかっただけに、昨日からの暑さをありがたく受け止めて・・・

100625 キャンプ!です。

実は週間天気予報をじっくりと見ながら、金曜午後の仕事を休み、小学校の授業が終わるのを待って出掛けると決めていました。

そして・・・、ご覧の通りキャンプ場は貸し切り状態。夏は大混雑するあの丸瀬布が!です。

いつもの第2オートサイトは我家だけ。我が家のために炊事場とトイレに灯が点り、クワガタ採集ポイントの外灯にも点灯・・・申し訳ないくらいでした。

いつもはこの時期、愛別のキャンプ場を利用するのですが、残念ながら今年は7月10日のオープンだとか。仕方ないので、今年はとっておきの丸瀬布からスタートとなりました。

収獲は・・・カブトムシをはじめクワガタなど息子は満足していましたので、まあこんなものでしょう。

それにしても、この日は一泊後の昼に35℃となり、思いがけず「猛暑キャンプ」となりました。前日は早起きしてサッカーWカップのデンマーク戦をテレビ観戦した私は寝不足で、テントに付いている換気口をすべて開けて撤収までに1時間ほど寝たつもりでしたが、汗だくで気持ち悪くなるばかり。

北海道人には「暑い=うれしい」の公式がある(と、思っている)ながらも、日が高くなってからテントで寝るのは無理がある、と気付いた一日でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

カラジウムを試しに植えてみた

ちょっとお得な小鉢のカラジウムが売られていたので、寄せ植えに使ってみました。

Photo 去年はパープルファウンテングラスと一緒に植えたフクシア(エンジェルスイヤリング)。

フクシアが咲いてきれいになるまで葉のきれいな植物と一緒にしておきたい・・・と考えていたところでした。

このカラジウムは球根植物ですから根が張ってフクシアを邪魔することはないだろう・・・ということで。

高温性のカラジウムが秋のどのあたりまで耐えられるか、というところも注目です。

今日まで長い雨でしたが、明日から北海道は真夏並みの暑さになる予報です。

・・・ということで、明日は息子の小学校の授業が終わればすぐにキャンプへ!。

今日まで雨、あすから晴れて暑くなり、夜も気温が高い → クワガタがたくさん出てくる、を期待してのことですが、さて、どうなりますか・・・?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

カタクリの果実

カタクリの本体はすっかり休眠中ですが・・・、

100619 ふくらんだ果実のみが、残っています。

この日陰の庭に二株あるなあ、とは思っていましたが、その二株が一緒に咲いたのは今年が初めて。うまく受精したのでしょうね。

しかし、ここからタネがこぼれたとして、次世代の花が咲くのは5年後だったか7年後だったか・・・それまで我が家がここに住んでいるかどうか(この古い家がもつのかどうか?)、わからないなぁ・・・というところです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

見つけちゃった!

仕事場で昼休みの散歩中・・・、

100621 見つけてしまいました!今年最初のミヤマクワガタ。

昨日と今日が蒸した感じでしたので、「そろそろかな」と思ってはいましたが。

家へ連れて帰ると・・・もちろん、子供が飛びあがって大喜びです。

夏が始まったなぁ、という一日でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

シレネ マリティマ

「北海道でも栽培できる宿根草」と、「北海道にぴったりの宿根草」とは、やっぱり違います。

100619 私が思うに、このシレネ マリティマは「ぴったり」の方。

咲き始めれば開花期は長く、切り戻せばまた咲きます。

しかも、雪の下で完全に地上部が枯れてしまうのも良いところです。

枯れた茎葉が地面に張り付いて、春に芽を出す雑草を抑えてしまいます。

それどころか、(わかりにくいですが)周囲を完全に包囲したクリーピングタイムさえも、自分の生育範囲を侵させることをしません。

簡単で手間いらず。この花も重宝しています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

デイジーのじゅうたん!

仕事で八雲町へ出掛けました。

高速道路でパトカーの前になってしまった車が制限速度以下で(ず~っと)慎重に走っていたため、予定時間に到着できず・・・仕方なくコンビニでおにぎりを買って「さらんべ公園」で昼食です。

100618 芝生のはずのところが、ぼんやりと白っぽいピンクになっていました。

100618_2 近くへ行ってみると、小輪のデイジーです。

カリフォルニアのゴルフ場でこんな景色を見たことがありますが、日本では初めてです。

100618_3 遊楽部川の河原へ出る途中に、今日も人魚姫が寂しげに座っていました。

100618_4 川を見ながらおにぎりを食べると、釣りに来たような錯覚を覚えます。

湿気のある無風のコンディションです。サカナのライズでも見えるかな、と思いましたが・・・

2 下流側を見ると、あの曲がった先は河口なのです。

このあたりでは、いてもウグイかな?でも、北海道では海を見ながらイワナが釣れることもあるからなぁ・・・などと考えたりして、つかの間の昼休みでした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

マーガレットは重宝します。

マーガレットは近ごろ、たくさんの品種が出てきています。

100612 このマーガレット、温暖地では多年生らしいですが北海道では冬には枯れます。

でも、春から雪が降るまで咲き続けてくれる、重宝な存在です。

うまく咲かせるコツは、咲き終わった花を早めに摘み取る(思い切って、その枝を切ってしまう)ことくらいです。

他の植物と寄せ植えしてもマーガレットに負けてしまうので、今年は単独で大きな鉢に植えました。

ああ、そうそう・・・八重咲きや丁子咲きみたいな厚ぼったい品種は雨の後に花が腐るので、シンプルなタイプが育てやすいと思います。

それにしてもコイツ・・・丈夫だよなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

爬虫類を感じさせるシダ

去年の6月末に植えた、園芸種のシダ「アシリウム ニポニカム メタリカム」。10.5cmのポット苗が1,000円近くて高いなあと思っていましたが、今年はツツジの下で存在感を示しています。

100613_2 何気なく視界の端に感じた時、ドキッとします。何と言うか・・・小型のワニのような爬虫類の存在感。

「これは・・・面白いなぁ」と感じながら、ここ数日は「ドキッ!」を楽しんでいます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリクトラム=カラマツソウ

6月12日にヤマメ釣りをした際に見つけた白い花と、我が家の庭に去年植えた宿根草の花を、画像で比較してみます。

100612 こちらは渓流沿いに咲いていたもの。カラマツソウのようです。

100613 こちらは我が家の庭。ラベルを見ると、タリクトラムアキレギフォリウムだったようです。

カラマツソウと同じ学名だ・・・。

アキレギフォリウム(ラベルではアキレジフォリウム)というのは、アキレギアと葉っぱが似ているからかな?

苗を生産した農場のホームページを見ると、種子はヨーロッパから取り寄せているように見えます。

自生種が分布している地域に園芸種(ただ増殖されたものかも?)を植えるというのは、遺伝子撹乱の問題があるのでよくないよなぁ・・・と思ってしまいました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

赤のナスタチウム・和寒ラーメン?

今日は仕事で和寒町へ。現地で会った人に言わせると、今年の6月は「真夏だ!」とのことでした。

100615 10年ほど前に和寒駅前の食堂で食べたラーメンが美味しかったことが、ずうっと記憶に残っていました。

旭川ラーメンとはちょっと違って、東京風と旭川の中間(でも旭川寄り)という感じ。

今日は40号線にあった「こっちです」という古びた看板に従って、「ラーメン大勝」を発見しました。

メニューは「醤油ラーメン」と「大盛りラーメン」と「ライス」のみです。

10年前の駅前ラーメンと同じ傾向で、シンプルに「美味しい!」と思いました。「和寒ラーメン」というジャンルがあるみたいです(また食べたいです)。

00615 帰りの高速で、工事でもないのに制限速度の表示が50キロになっていたので、「事故かなー」と思いながら減速すると、予想通りでした。

完全に止まってしまったので妻にメールで訊くと、事故で通行止めになっているそうです(地デジの情報)。それでも30分ほどで動き出しました。高そうなランクルが裏返しになっていましたが、パトカーのみで救急車やレスキューカーは来ていなかったので、怪我人はいなかったのだろうと思います。

100612 今年は初めて、スタンド鉢にナスタチウムを植えてみました。

それにしても、この朱色のきれいなこと・・・。10年前には、ナスタチウムにこんな色はありませんでしたよねぇ・・・。

品種改良の力はすごいな、と思ってしまいます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

気に入っています。日陰の庭。

こんな借家だからこそ・・・でしょうけれど、カエデの木の日陰になる庭があって、それなりに楽しんでいます。

100612 手前には前からあった白斑入りの小型ホスタがあり、その奥に私が黄覆輪のゴールドスタンダードを植えました。

そこへ、エゾムラサキツツジを伝って下りてきたのがクレマチスモンタナの‘ルーベンス’。

ルーベンスはこの5メートル上のライラックにも絡んで花を咲かせています。

なんだか・・・いい感じだよなぁ・・・と、この時期のお楽しみ。

自分だったら、こんな日陰の庭を作る勇気があるか?と自問してみると、「まあ、無理でしょう」となります。

制限があるのも、またいいものです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

タケノコ採りでクワガタ採り!

天気がよいので、ニセコ方面へタケノコ採りに出掛けました。

100613 でもその前に、ニセコに着いたらまず昆虫採集。

息子が待望の、今シーズンのクワガタ第一号を見つけました。

スジクワガタの♀のようです。背中に泥がこびりついており、越冬を終えて出てきたことをうかがわせます。

100613_2 昆虫採集をした公園からも、羊蹄山がどっしりと見えました。

あの筋状に残った雪が消えれば本当の夏でしょう。

100613_3 昆虫採集の後は蘭越町方面へどんどん登って雪秩父の付近まで。

タケノコ採りが目的ですが、時期的に遅かったようです。

流れる渓流の近くには紫ピンクのランがたくさん咲いていました。

100613_4 ハクサンチドリのようです。実にたくさん咲いていました。

100613_5 場所によってはツタウルシもたくさん。

タケノコやウドを採る際にちょっと触ってしまったかもしれませんが・・・すぐに雪秩父へ行って温泉に浸かりましたので・・・・まあ、ダイジョウブ、かな?(自信なし)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

クレマチスモンタナは、混植するのがよい・・・と思う

偶然なのですが、我が家のクレマチスモンタナは2か所で、八重咲き系との混植になっています。

Photo 知人からのいただきものでピンクの大輪(たぶんエリザベス)と、自分で苗を買ってきたマーガレットジョーンズ(白っぽい小輪の八重咲き)が絡まりあっています。

いつもマジョリーの方が2~3週間開花が遅く開花期も長いので、この2品種で2カ月近く花を楽しむことができます。

100612_4 こちらは濃いピンクのフレッダと、ストライプのあるピンク小輪の八重咲きマジョリー。

 このコンビも、絶妙だと思います。

なぜかモンタナの八重咲きは開花が遅くて小輪なわけですから、今のところは「普通のモンタナ+八重咲き=長く楽しめる」・・・という感じです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニジマス釣りから気が変わって、ヤマメ釣りへ。

ちょっと大きめのニジマスを釣りに行こうか・・・と思いながら車を走らせていて・・・気が変わって、ヤマメの釣れる小さな支流に車を止めました。

Fuku100612 ここに来始めて15年ほど。何もわからないまま渓流釣りを始めた頃に、長靴で新子ヤマメを釣りに通いました。

暗いうちに着いて仕事前に1時間ほど・・・なんてことをしていたのが懐かしいです。

100612 ほんとうに短い支流で、せっせと歩けば15分ほどで魚が絶対に遡れない砂防ダムに行きあたります。

でも、norinoriには1日分の釣り。「長靴でも行ける」水量の少ない支流ですから、限られたポイントにサカナがいれば、今ではフライですから毛バリをどんどん取り替えて「釣れるまで」粘ります。

100612_2

今日は今年一番の暑さで(それでも26℃)、水温は18℃。先週行った渓流の6℃とは大違いです。

この日は早朝にひと通り入った人がいるらしく、「長靴」の跡がくっきりしていました。

それでも進むにつれてヤマメに逢うことができました。雪代がとっくに終わったここではサビも消え、それでも、まだちょっとスリムな感じです。

春が寒かったせいか、はたまた私の行動パターンが合っていないのか、2010年の釣りはちょっと控え気味で、始まっています。

100612_3 白い花が咲いていました。これと同じ葉っぱの宿根草を去年の秋に植えたよなぁ・・・名前は複雑で覚えていないけれど・・・などと思いながら帰り道に。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

ミヤコワスレが咲いた日・プランターでベジタブル!!

寒い春だった今年も、これまでと同じような時期にミヤコワスレが咲き始めました。

100611 暑かった二年前も同じ頃です。

気温よりも日長を感じて咲いているのでしょうね・・・我が家では6月10日頃にいつも咲くようです。

100611_2 去年から、プランターでベビーリーフを作り始めました。専用のミックス種子を播けば、この時期ならば2週間ほどで収穫を始めることができます。

2 これくらいの大きさになったら、よく育った葉を株当たり1枚ずつハサミで切り取ります(適当でいいんです・・・)。

息子に頼んでおけば、遊びから帰ってきた夕方に収獲してくれて、晩ご飯に食べることができます。

「けっこうな量があるなぁ」と思っても、本人が半分ほど食べてしまうので、それだけ美味しいということでしょう。

100611_3 息子がもっと楽しみにしているのは、実はこちらのニンジンです。

あと1か月ほどで収獲かなぁ・・・エンピツの太さからもう少し育ったくらいで、スポスポと抜いて生で食べてしまいます。

甘みがあって、なにもつける必要がありません。品種は今年も、ベータリッチです。

今年もよやく気温が上がり、美味しい季節の始まりです。

さて・・・、明日はニジマス釣りに行こうかな?それともあの川へヤマメ釣りに・・・思案中です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

シンボルのツツジが咲き、マメが芽を出す日。

この借家を選ぶときにいちばん気に入った白いツツジ(たぶんサツキ)が、花を咲かせました。

100610 半日陰に咲く白い花というのは、何と言うか・・・沈んだ気持ちの中の希望のような・・・そんな感じです。

100610_2 今年は寒かったので遅めに播いたマメたち。

なかなか芽が出ないので心配していたのですが、まずサヤインゲンが元気よく発芽しました。

100610_4 インゲンから少し遅れた感じで、同じく播種から12日目でエダマメも発芽。

今年は3品種を去年の倍くらい播いたので、たくさん食べられそうです・・・暑い夏になってくれれば・・・ですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ふきのとうが役目を終えた日。

「ふきのとう」がフキの花であることはよくわかっているのですが・・・、

100609 その役目を終えて枯れてゆくところを今日、まじまじと見ました。

上の方の花に種子ができてタンポポのように飛ばせ、下段の種子が熟しないまま、「ふきのとう」は枯れようとしています。

そしてその下からは「フキ」が大きな葉を広げていました。

「ふきのとう」は少し大きくなるとすぐに苦くなり食べられませんし虫がつくことも少ないようです。

一方、フキは多くの虫の食料になっています。

・・・・・やっぱり、フキが主役なのではなくて「ふきのとう」が大事なのでしょう。

「ふきのとう」を咲かせて種子を多く飛ばす(子孫の繁栄)。来年も「ふきのとう」を咲かせるためにフキが虫に喰われながらも夏の間、下の植物が育たぬように日光を遮り、自分の根に栄養を蓄える → そして早春にまた「ふきのとう」から花を咲かせる(子孫の繁栄)・・・。

「ふきのとう」はフキのおまけのように感じていましたが、そうではないのですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

クレマチスアルピナ‘ウィリー’のよさが分かった

12cmポットの苗を8号鉢に植え替えて、今年が2回目の開花となるアルピナのウィリー。

100605 地味な色合いですが、この星型の落下傘が静かに下りてゆくような雰囲気に、「いい感じ!」と思いました。

この品種は地面の下から新しいシュート(芽)が出てくることがあるみたいで、株分けも可能なのかもしれません。

鉢に植えっぱなしでも特に弱ることなく、ぐんぐん成長しています。

これまでは秋になると鉢を横倒しにして越冬させていましたが・・・、倒さなくても根を凍らせずに越冬させられるでしょうか?

・・・試してみたい・・・でももったいないような気がする・・・さあ、どうする?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

アメリカツルマサキ・カワトンボ

この家に住み始めて、4年になります。

「庭は自由にしてよい」ということで、越してきてすぐに色々な植物を植えましたが、その中に3種類のアメリカツルマサキがあります。

100607 そのうちのひとつ。大きなライラックの木の下に植えたもの。去年までの3年間はほったらかしで、その存在すら忘れていましたが・・・思い出して肥料をやると、ぐんぐん育ち始めました。

ライラックにも登り始め、今年は「やるぞ!」という姿です。

100607_2 今日はよく晴れて、最高気温が21℃でした。一昨日からエゾハルゼミが鳴き始めましたが・・・それでも21℃。でもこれまでが寒かったので、暑く感じます。

ということで、息子を連れて近くの山へ虫捕りに。

00607 まずはカワトンボ。トンボが飛び始めれば夏です。この日はコサナエも。

100607_3 どこへ行っても声が聞こえたエゾハルゼミ。今年も逢うことができました。

ここから、我が家の夏が始まったという感じです。

あと二~三週間でクワガタが出始めるよね~と言いながら、楽しい虫捕りとなりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

今年最初のヤマメ釣り2010

北海道にも、待ちに待った渓流釣りの季節がやってきました。

100606 勢い込んで出掛けたものの、朝五時出発時の気温は9℃。目的地に着いたら15℃でエゾハルゼミが鳴いていましたが、雪解け水で増水していて、水温は何と6℃!・・・。

冷たいです。ほんとうに冷たい・・・というのは・・・、

1_2 昨日チェックした際、ウェーダーのゴム長部分に亀裂を発見。「まあ、もう10年も使っているのだし、そろそろ買い替えなっちゃね・・・」という程度の認識でしたが・・・、

2  実際に履いて少し動かすと、亀裂ではなく「穴」になっていました。

この穴から、6℃の冷水が注ぎ込みます(しかも両足)。

冷たいし気持ち悪いしで、釣りに集中できませんでした。

1100606 私の腕では、この条件で釣るのは難しいのですが、釣り始めから約2時間後・・・何とか今年最初の小さなヤマメを釣りあげることができました。この時の水温は9℃。

その後、程よく何尾かの顔を見て、今日は5時間ほどで切り上げました。

00606 実は、集中できなかった原因のもうひとつは、林道の入り口にあったこの看板です(画像は帰りに撮影)。

熊が出没しています 注意してください」とのこと。

北海道ではよく見る看板ですが、もう8年ほど通っているこの林道でこのメッセージ見たのは初めて。思い出せば、去年の秋に見たでかい動物の糞は、クマのものだったのかもしれません。

看板のメッセージに従って、「注意しながら」半日の釣りを楽しみました。でも、単独なのでちょっと不安でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

クレマチスモンタナが開花し始め、デージーは後ろ姿に。

エゾハルセミが鳴き始めた今日。日当りがよい方のクレマチスモンタナが、ようやく開花を始めました。

100605 一年目は失敗して咲かせられずに二年目、三年目と大きくなり、今年は四年目で三回目の開花です。

去年の開花が5月23日一昨年が5月25日でしたから、今年は十日から二週間ほど遅かったことになります。

Dsc_8374ls 今日は小学校の運動会。単に自分や親せきの子供を応援するのではなく、地域の行事なのだなぁ、と思いました。

子供を縦横の糸にして、小学校が地域の核になっていることを実感しました。

ここは古い住宅地で、この120年近い歴史を持つ小学校の卒業生がたくさん集まっているのだということも驚きです。

卒業した中学生が大勢来ているところも、何だかいい感じ。

100605_2 暑く感じられるほどに気温が上がり、春の花から夏の花へと移り変わります。

「ご苦労さん」と声を掛けたいデージーの後ろ姿にも、夏の訪れを感じます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

ミツバが勝手に生えてくる。

息子が好きなので、去年は本人の希望でミツバの苗を2本植えました。

でも、あまりうまく出来なくて1~2度切って食べた程度なので、途中からは伸び放題になっていました。

100530 その結果、タネができてこぼれたようで、今年はあちこちから生えています。

ミツバは多年草のようですから元の株も元気よく成長しています。しかしウイルス病に罹ったのか葉の色がまだら。あまり美味しそうではありません。

今年は、この自然に生えたミツバの子供で何回か、みそ汁などを楽しむことができそうです。

子供なのにミツバが好きな息子は、パセリやシソ、ニンジン、シュンギクなど、香りの強い野菜を苦手にしません(ニガウリだけはダメ)。なかなかやるなぁ・・・という感じです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

用水路のような川へ・・・。

「釣りへ行きたい」と考えていた昨日の思い付きを実行して、今日は仕事が終わって明るいうちに近くの川へ寄りました。

K100602_3 直線化と護岸で用水路のような川ですが、いくつか水田への取水口があり、そこがポイントになっています。暇な時にここへ来はじめて、もう16年になります。

こんな川でもサクラマスやサケが遡るのですから、まだまだ北海道の懐は深いと感じます。

今日は濁りが強く、練習のつもりで1時間ほど。

夕暮れが近付くとドライフライに小さな魚の反応が二度ほどありましたが、釣れませんでした。

今週の土曜は小学校の運動会。日曜か月曜あたりに渓流へ出掛けてみようか・・・と考えています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

釣りの季節だなぁ・・・。

今日からこのあたりはヤマメが解禁・・・ということですが、

100601 仕事があるのでホイホイと釣りへ行くことはできませんから、仕事場にある水辺で気分だけ楽しみました。

100601_2 うーん・・・。

身近にこんな環境があるというだけでも、感謝しなければなりませんね。

ここから車で数分走るだけでも、ヤマメの釣れる川があります。

明日は仕事帰りにちょっと寄ってみようか?・・・などと考えてみました。

でも、「さぁ、行くぞ!」という時には決して近所へは行かないんですよね。

やはり私の「釣りの気分」は、日常から遠いところにあるようです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »