« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

クレマチスアルピナ‘コンスタンス’

我が家のクレマチスの中で、いちばん早く咲くのがこのアルピナ‘コンスタンス’です。

Photo 八重咲き、というのでしょうか?マクロペタラを赤くしたような花です。

Photo_2 同じアルピナ種の‘ウィリー’がまだつぼみですから、‘コンスタンス’は「とても早い!」と言ってよいかと思います。

ちなみに、モンタナの開花は来週後半あたりになりそうです。

ようやく晴れが続く天気となり、鉢植えの水やりも忙しい季節になりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムラポリアンサ ゴールドレース

今朝の最低気温は2℃だったそうです。

昨日からお天気がよくなったので農家では畑の作業も進んだことでしょうが、霜の害など大丈夫でしょうか?

00530 我が家では初めてのエンドウ(絹さや)。2週間前に種まきしたものです。

エンドウは寒さに強く、というよりも寒さに当たらなければ大きく育っても花が咲かないそうですから、 これくらいがよさそうです。

100530_2 去年は寄せ植えにして元気のなかった、プリムラポリアンサのゴールドレースという品種。秋のうちに地植えにしておいたら、立派な株になって満開です。

古い品種らしく目立たないのですが、何となく好きだなぁ。

100530_3 遅いスイセンの手前に咲き始めたセイヨウオダマキ(アキレギア)、そして手前の黄色は満開のプリムラベリス。

スイセンのさらに奥ではシャクヤクがつぼみを膨らませています。

こうやって花がリレーして咲くようになると、毎朝の庭のチェックが楽しみ。冬の間は休日の昼もパソコンやテレビの前でしたが、これからは屋外で過ごすことが多くなります。

ヤマメの解禁まで、あと二日かぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

アリの巣コロリ泥棒釣り・・・かな?

ボロ家なので、油断していると家の中にアリがどんどん入ってきます。

そこで「スーパーアリの巣コロリ」という便利な仕掛けを使うようになりました。1個か2個を侵入口の近くに置いた年は、アリに悩まずに済むと経験しています。

Photo コレです。

アリがこの中にある餌を巣に運ぶと、その毒で巣ごとやっつけるという仕組みのようです。

相当に強い毒なのだろうな、と用心しているのですが・・・何と、今年は1個目がいつの間にかなくなり、「おかしいな?」と思いながら新たに置いた2個も、すぐになくなりました。

泥棒は、カラスの仕業でしょうか?

100529 私も釣り人のはしくれですから 、前に使っていたルアー用のリールから強そうなラインを引き出し、「スーパーアリの巣コロリ」の端に穴を開けて結びました。

釣り糸の反対側は、木の枝で作った杭に結び付けています。

フックは付いていないので釣れることはないでしょうが、警告にはなると思います。

さて・・・どうなりますか?

100529_2 プランターで育てていたベビーリーフは、播種から約3週間で初収穫。大きくなった葉を、息子とハサミで一枚ずつ採りました。

採って30分後のサラダは、フルーツのような香りがしてごちそうです。

息子はこれを楽しみにしていて、時々見ては小さな毛虫を退治していたそうです。

100529_3 初夏の暖かさを感じられるこの季節。節目のようにユーフォルビア ポリクロマの苞が鮮やかに色付きます。

この家に越してきて5回目の夏。今日はエダマメとインゲンの種まきも済ませました。

楽しい季節の始まりです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

若葉の頃。

春が遅い今年は、夏が来るのも遅いです。

Photo 昼休みにいつも散歩するこのあたり。エゾヤマザクラがようやく花を終えて、その他の木々も若葉の季節となりました。

例年であればそろそろエゾハルゼミが鳴き出す頃ですが、同じように寒かった去年でも一週間前でしたから、やっぱり今年は特別遅いようです。

100527 そんな中で、ビオラは「いつまでも春」のような気候の中で元気です。

北海道もたしかに温暖化しているのですが、そのパターンは、暑くなるのではなく雨が多くて寒い夏になり、冬が遅く来て真冬の気温が下がりにくくなるのだとか。

長期予報でも、今年の夏は低温傾向だそうです。

それでもようやくカッコウが鳴き始めましたので、この土日にはエダマメの種まきをしようかと考えているところです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

クリスマスローズの芽生え

桜が散り終えた頃に、去年「種まき」しておいたクリスマスローズが発芽しているのを見つけました。

100523 自然にこぼれたタネは2週間ほど早く発芽していますから、「種まき」では深く種子を埋めすぎたのかもしれません。

これまで暖かい日は続かず、地中へ温もりが届くまでに時間がかかったのかなぁ・・・。

昨日、息子が自転車で路上駐車の軽自動車に衝突、 バンパーを割ってしまったそうです。

スピード出し過ぎながらも息子は転倒もせず、自転車はライトが壊れた程度ですが・・・、交番からお巡りさんがやって来て、「事故の状況」を聞かれたのだとか。

息子が不注意なので当然、こちらが弁償しなければなりません。幸いに保険があったので出費はありませんが・・・息子の体験としては強烈なものがあったようです。

小学二年生の息子が言うには・・・、

・「大変なことをしてしまった!」と泣きながら母親を呼びに家へ走る

・ジジが貯金箱に貯めてくれた「自分のお金」で弁償することになるのだろうなぁと・・・走りながら思った

・「事故現場」に戻ってみると人が多く、お巡りさんも来たので「逮捕される」と思った

・家に帰ってからは、両親からそれぞれ(私は暗くなってから帰ったので)、こっぴどく叱られた

・・・ということで、怪我をせずによい経験をしたようです。

お巡りさんも穏やかに息子の話を聴きながら、正直に対応したことを褒めてくれたのだとか。

タイミングを見て、壊れたライトを修理してやろうか・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

クレマチスモンタナの実生(2年生?)

我が家生まれのクレマチスモンタナ。(たぶん)2年前の秋にほんの少し充実したタネが採れたので、地面に直接播いておいたものです。

1005 発芽したのは去年で、今年が二年目ということになるのでしょう。

去年はツルを伸ばさず、細くて頼りない感じでしたが、これからが成長期ですから期待できそうです。来年の春には咲くかな・・・?

昨日は千葉で、心地よい暑さの中にいました。最終便→最終列車に乗り継いで帰ってきたのでくたびれ気味です。

北海道は最高の季節がやってきました。あと5日でヤマメ釣り、1カ月後にはキャンプ・・・楽しまなくては。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

チューリップの花に斑点が・・・。

いつもより遅く咲き始めたチューリップ。

三年続けて新しい球根を植えたので、今年はさぞ賑やかに咲いてくれるだろうと期待していたのですが・・・全体的に元気がない感じです。

100523 よく見ると、濃い色の花では花弁に白っぽい斑点が出ています。

00523 そのような株では、葉にも斑点が。

もしかすると、チューリップ褐色斑点病かもしれません。

このままにしておくと、斑点のところが大きくなって、次の病原菌が放出されるらしいです。

「罹病株は抜き取って処分する」「花は摘み取る」とありますので、他のチューリップに感染しないようにするためには、その通りにした方がよさそうです。

この二年は球根を掘り上げていなかったので、今年の夏には掘り上げて、球根のチェックもしておく必要があるなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

暑かった関東から帰って、北海道でウグイ釣り

4日ほど、仕事で関東へ出掛けていました。

100518 予備校生だった頃に何となく好きだった各駅停車の黄色い電車。今ではほとんど乗ることはありませんが、見掛けると20歳の頃を思い出します。

100518_2 暑い日もあり、東京では30℃だったとか。北海道人としては、夏を先取りして少し得した気分でした。

狭いビジネスホテルでも、テレビを見ながらのビールが楽しみです。

100522 北海道に帰り、目覚めてみればおだやかな晴れのお天気。

ウグイ釣りに出掛けましたが、用水路みたいないつものこの川は泥水状態。15分であきらめました。

明後日にはまた関東へ。北海道はこの季節が最高ですから、あまり出掛けたくないのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ヤマアジサイの萌芽

我が家では、二品種のヤマアジサイを植えています。

100513 これは去年開花前の苗を植えた「紅」。

枝が細いですから、何もしないまま冬になってしまうと、(ここは除雪の際に雪を積み上げる所なので)枝がバキバキに折れてしまいます。

・・・なので、去年の冬を迎えるにあたって簡単な冬囲いをしました。

囲わなければ、まあ、枯れていたでしょう。

北海道で冬越しするアジサイはどんな種類か?と聞かれれば、「雪につぶされない硬くて太い枝を持つもの」と答えるべきなのかもしれません。

そう考えると、釣りに行って渓流で見掛けるエゾアジサイは、雪につぶされにくそうなところで咲いています。

うーん・・・。庭に植えるアジサイは、寒さよりも雪の重みへの管理が必要なのだなぁ・・・と思ってみました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

たっぷり遊んだ春の一日、その後はおうちビヤガーデン

カレンダー的には、北海道は春と初夏の境目あたり。

100516 それでも、桜が満開でミズバショウの花が終わったところです。

100516_2 よく晴れた休日。息子を連れて山菜採りに出掛けました。

二週間前に来た時は雪が消えたばかりで山菜には早い感じでしたが、今日は勢いよく成長する植物たちのパワーを感じるようです。

100516_3 エンレイソウが満開でした。が・・・、ここのエンレイソウは私が知っているものとは少し花の色が違います。

あずき色ではなく、緑が混じっている感じ。花弁はありません。

100516_4 この沢で、息子がさっそくカナヘビの大物を捕まえました。

Photo 拡大すると、恐竜みたいです。

100516_5 小さな沢ですが、ヤツメウナギの仲間を見つけました。ペアで、産卵床を掘っているような動きをしていました。

100516_6 気の毒ですが、観察のために息子の虫捕り網で掬ってみます。

20cmにも満たない大きさでしたので、カワヤツメではなくスナヤツメまたはシベリアヤツメなのでしょう。

この後、虫捕り網の端にマダニが付いているのを発見。そんな季節なのですね。

自宅に帰って、午後からは菜園でエンドウとダイコンの種まき、トマト苗の定植、プランターにベビーリーフの種まき・・・その後、ポロシャツの襟首からの肩のあたりを掻いていた息子が再びマダニを発見!すぐに風呂となりました。

明るいうちに風呂に入って、湯あがりは庭先で「おうちビアガーデン」です。私はビールで息子はサイダー・・・夏が来るのだなぁ・・・と二人で笑いあう、嬉しい一日となりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

あちこちでよく見かけるプリムラ

北海道のこのあたりでは、花が小さめで紫ピンクの、このプリムラをよく見かけます。

100514 実際より大きめに花が写ってしまいましたが・・・雰囲気としてはジュリアンのようです。

私の仕事場に、もう15年以上も咲き続けていますし、古い借家である我が家の庭にもあります。

 株がどんどん増えますので、株分けで殖えてあちらこちらに植えられているのでしょう。

何と言う品種なのかわかりませんが、丈夫なのだろうな、と思います。

 話は変わりますが、先ほどまでラジオでプロ野球交流戦の「広島-楽天」を聴いていました。ファイターズの試合がなかったので・・・。

たまにあるのですが・・・、接戦でよい試合なのに実況アナウンサー「長い試合です」「もう4時間が経過しました」と言い出しました。言い始めたら止まらず、1分に1回のペースで「長い」と続けます。最後は、「ヒーローインタビューの選手がまだ出てこない」と苦情のように言っています。

よほど早く仕事を終えたい事情があったのでしょう。でも、プロ失格だと言わざるを得ませんよねぇ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタが、この借家の片隅にも植えられています。

北海道では日なたでも日陰でもよく育ち、ほぼ間違いなく春に花を咲かせてくれます。

100506 でも・・・、厚ぼったい葉の存在感や、この微妙な暗めの中間色の花が、何となく暗い感じ・・・と思うのは私だけでしょうか?

我が家では、この花が真っ先に小さな毛虫に食べられるので、毛虫注意報のサインでもあります。

まあ、それだけ春早くに咲いてくれる花のひとつと言うこともできるのですが。

どんどん増えるので適当に間引きしていますが、ちゃんと再生してきます。丈夫な植物なのですね。

ヤマメ釣りまで、あと19日。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

マーガレットは欠かせません!

温暖地では越冬して多年生と言えるマーガレットですが、冬の寒い北海道では当然ながら一年草扱いです。

100506 でも、いいのです。

春が多少寒くてもきちんと生育するし、北海道では夏もバンバン咲いて、初冬に強烈な霜が来るまで咲き続けてくれます。

ゴールデンウィークの頃にペチュニアやカリブラコアを植えても実際に生育を始めるのは下旬になってからで、植えるのが早すぎれば枯れてしまうこともあります。

その点、マーガレットは安心できます。

ですから・・・これまでは寄せ植えにしていたマーガレットを、今年は単独で大きな鉢に植えてみました(他の花と寄せ植えにすると、マーガレットに負けていじけてしまうので)。

色々な種類がありますが、norinoriのおススメは一重咲きのシンプルなものです。八重咲きっぽいのは、雨に当たると花が茶色く腐って汚くなるので(八重咲きのペチュニアもそうですよね)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

意外におとなしいハンショウヅル。

三年前に小さめの開花鉢を買ってきたハンショウヅル。これもクレマチスの一種ですよね。

100509 毎年そこそこに成長して花も咲くのですが、地味なので「気付いたら終わっている」という感じです。今年も無事にお目ざめ。

もっとグングン伸びてライラックの木に絡むと期待していたのですが・・・思ったよりも伸びてくれないので、もう一度支柱を立てて、グルグルに誘引しなおしました。

今さら鉢植えに戻すことはできないし・・・地味を「渋い」と思うことにして、あまり構わないことにしようかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

除草剤も使います。

この借家には家の周りに細かな砂利が敷かれていて、雑草が生えにくくなっているのですが、それでもタンポポなどが入ってきます。

100509 ひとつひとつ抜いていると面倒ですし、砂利の下の土が表に出てしまうとさらに雑草が生えやすくなってしまいますから、時々、除草剤を使って退治しています。

私が使うのは「ラウンドアップ」です。この除草剤は土壌に入ってしまえば分解するので、今のところは環境にやさしいと考えているから。

ラウンドアップが効く仕組みは、薬がかかった植物の葉から吸収されて、植物の中での代謝を阻害して枯らしてしまうことらしいです。ですから植物以外に影響はないそうです。

注意すべきは、この除草剤は「かけたからすぐに枯れる」というわけではないこと。説明書にも書かれてますが、「2日~2週間で効果が表れる」わけです。

画像は、かけてから4日目のタンポポ。葉の色が薄くなっていますので、確実に効果が表れています。これを「効いていない」と勘違いしてもう一度かけたり、別の除草剤を使うことがないようにしなければなりません。

ところで・・・、

とても便利で「安全性が高い」と思われがちなラウンドアップですが、植物もしたたかですから、「ラウンドアップに負けない」雑草が出現しているそうです。「ラウンドアップ耐性」と呼ばれますが、同じ薬を何度も使っていれば、それが効かないものが出てくるという例のひとつですね。

だから、除草剤などは使わないに越したことはありません。でも、上手に使えば便利でもある・・・・・このあたりのバランスが大事なのだと思います。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

クレマチスモンタナ ロゼア・サケの稚魚

大きめのクレマチスモンタナの苗が700円でしたので、迷わずゲットして植えました。

品種は「ロゼア」・・・まあ、ピンクという意味と受け止めています。

100508 モンタナは我が家と相性がよいようですから、ぐんぐん育ってくれると期待していますが、この場所は4年前に植えたモンタナが唯一立ち枯れしたところです。大丈夫か?

100508_2 「苗ガード」で育てているトマトの苗。「たった3日でずいぶん大きくなぁ~。もうガードの上に出そうだ!」と感心しましたが、よく見るとビニルがずり下がったみたいです。

まあ、それでも順調に大きくなっています。

100508_3 あいにくの雨なので、息子を連れてサケのふるさと館へ。

大水槽の魚たちが活発に泳ぎ回っているのは、餌の時間の直後だったからでしょうか?

ふだんはチョウザメなど、底の方をゆっくりと泳いでいますので。

100508_4 ここにもドクターフィッシュが来たようです。私はまだ、試したことがありません。

100508_5 千歳川の水中を見ることができる観察窓からは、サケの稚魚を見ることができます。大きめなのは放流魚で、小さいのは自然産卵から孵化したものらしいです。

画像にあるのは自然産卵から生まれた赤ちゃん。・・・しかし付近を25cmほどのブラウントラウトがウロウロして、彼らを狙っているようでした。

あと一カ月でヤマメ釣りが始まります。楽しみだなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

パンジーの灯台?

パンジーという花、知らない人はいないくらいに日本でもなじみの植物です。

和名は三色菫(さんしきすみれ)、でよいのでしょうか?

中学生くらいの時に桜田淳子の歌に「あ~いのさんしょく す・み・れ~ 」というのがありましたが・・・。

100507 パンジーの中には、この紫のグラデーションの花があり、この花色は「ビーコン」と呼ばれます。

さて、「ビーコン」とは何のことか?・・・と調べたところ、英和辞典には beacon = かがり火・のろし・灯台・航路標識 とありました。

ぼんやり輝く明り、といったイメージなのかもしれません。

100507_3 紫色のビーコンはわりと古くからあったのですが、最近はピンクのビーコンも見られるようになりました。まあ、ピンク系のパンジー自体が新しい方の花色なので。

この花はローズビーコンとでも呼ぶのでしょう。

パンジーはどんどん進化して、もともとは春咲きだったのに温暖地では秋~冬の花にもなっています。

すごいのは、そこまで改良したニンゲンか?それともニンゲンを利用して進化するパンジーか?・・・温暖化の進んだ地球上で、人類がいなくなってもパンジーが生き残っているとすれば、それはパンジーの勝ちなのでしょうね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

クレマチスの今頃 in HOKKAIDO 5月上旬。

今年も、我が家のクレマチスは問題なく越冬して目覚め始めています。

100506l まずマクロペタラの鉢植え。元気です。

100506l_2 続いてアルピナコンスタンス(濃いめのピンク)。鉢植えにして最初の越冬後は小さめの株でしたが、今年はボリュームアップです。

つぼみが見えていますので、最初に開花するかな?

100506l_3 こちらはアルピナウィリーの鉢植え。春の生長は遅めです。この家に引っ越してきて最初に植えた(地植え)株は日当りの好くない場所でもう少し進んでいますが、動き出しの遅い種類なのかもしれません。

100506l_4 テキセンシス系のプリンセスダイアナ(鉢植え)。去年より芽数が増えて、今年こそはきちんと誘引してきれいに咲かせたいと考えています。

00506l 同じくテキセンシス系の踊場(鉢植え)。プリンセスダイアナよりは芽数が増えにくいようですが、覆輪の美しい花を今年は多めに楽しめそうです。

100506 モンタナ(地植え)です。我が家には7品種ありますが・・・絡んでいるのでこれはどの品種か・・・つぼみが見えています。白花っぽいので、スプーネリーかもしれません。

厳しい冬でしたし寒い春ですが、2週間後には咲き始める・・・かな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

野菜苗の寒さ対策。

このあたり(札幌近郊)で家庭菜園を楽しむのには、ちょっとした問題があります。

①5月が寒い(去年は寒かった。今年はさらに気温が低いらしい)。

②夏が寒い(同上)

③5月の寒いうちに入手しなければ、人気のトマト苗などが売り切れる。

本来ならばトマトの苗は5月20日頃に植えればよいのですが、その頃には欲しい品種の苗が品切れになっていることも。それに、夏の気温が低ければ、遅く植えた苗ではほんの少ししか収穫を楽しめません。

1005051 ・・・ということで、前から気になっていた「苗ガード」を試してみることにしました。

市販の透明な「苗ガード」と、腐葉土・堆肥の袋も動員して。

1005052 普通は畑に苗を植えてから「苗ガード」するのでしょうけれど、ちょっと工夫しました。

10.5cmや9cmのポットに入っていた苗を、まず15cmのポットに植え替えました。培養土はクレマチスを育てるnorinoriスペシャル(市販培養土:腐葉土:堆肥:赤玉土:もみがらくん炭=だいたい2:2:1:1:1、プラス肥料を適当に)。

ポット内の地温を上げるために、この段階では畑に植えず、しばらく畑の上に置くことにしました。

最低気温が10℃を超えるようになったら、植えることにしたいと考えています。

うまく行くかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

公園で野菜作り?・太陽の傘

5月の連休もあと二日。観光地へ行っても、混雑でうんざりすることが明らかです。

そこで、・・・息子に相談しました。

私:「どこかへ遊びに行こうか?」

息子:「うん!」

私:「どこへ行きたい?」

息子:「東部緑地でカナヘビ採り!!!」

・・・・・欲のないやつです。車で10分、いつも行く公園なのです。

100504 カナヘビとは小型のかわいいトカゲの一種です。このような天気の良い日には日向ぼっこしているので、この木道の上で捕まえられることが多いのです。

100504_2 しかし残念ながら収穫はゼロ。半袖になれるお天気でしたが太陽が傘をさすこともあり、お天気が下り坂なのをトカゲも知っているのかもしれません。

100504_3 いつもは行かない、この公園の奥の方へ歩いて行くと、こんな立札がありました.

何と!!!公園の中に野菜畑を作ってしまった人がいるようです。

笹やぶの中を切り拓いてありますから、この公園ができる前から畑として使っていたのかもしれませんね。

※看板の左側に、マジックで「うるさい!」と書かれています。

うーん・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

クリスマスローズのこぼれ種が発芽し、ツツジが咲く。

少し晴れ間のあった昨日のこと、春が一気にやってきたのを感じることができました。

Dsc_8245 早朝には咲いていなかった庭のツツジが、朝食後には開花していました。エゾムラサキツツジかな?

このツツジが咲けばセイヨウオオマルハナバチがやって来るのがいつものことなのですが、「今年はまだ一匹も見ていないな・・・」と思っていると、

100502 開花鉢で買ってきたヘレボラス(クリスマスローズ)に、やって来ました。

100502_2 別のヘレボラス、三年前に植えてあまり調子のよくなかった株が、去年は立派な花を咲かせましたそこからこぼれた種子が発芽したようです。

参考書にも書かれていますが、この種子はこぼれてから高温→低温→春の温度で発芽するのだとか。

100502_3 ヒヤシンスのつぼみも見え始めて、しばらくすればよい香りを楽しむことができそうです。

このヒヤシンスが咲き始める頃、クレマチスモンタナの蕾もふくらみ始めるのでしょう。

そしてモンタナが満開の頃、ヤマメ釣りが始まります・・・楽しみだなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月 2日 (日)

山菜採り1回目。

ちょっと早いかな、とは思いながらも山菜採りへ出掛けました。

100502 我が家からそう遠くないところですが、やはり1~2週間は春が遅い様子。フクジュソウが満開でした。

100502_2 雪解け水の流れにはミズバショウ。上流から流下した種子が引っ掛かって発芽したのでしょうね。

さて、収穫は・・・日当りのよい場所でギョウジャニンニクがほんの少しと若いフキ(味噌汁に最高です)。私の好きなコゴミ(クサソテツの若芽)には2週間ほど早かったようです。

去年から較べると、やはり2週間ほど遅い春なのだな、と思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

デンティキュラータが咲く頃に、タイヤ交換を。

今年は少し遅れて、プリムラデンティキュラータが咲き始めました。

100501 いつも感心するのですが、ほんとうに丈夫な宿根草です。そろそろ、株分けしてもよいかもしれません。

100501_2 アイリスレティクラタはそろそろ終わり、チオノドクサもピークを過ぎて、ヒヤシンスがつぼみを見せ始めています。

100501_3 今日はようやく、冬タイヤから夏タイヤへ交換。自分でやるのは・・・4年ぶりくらいです。

エクストレイルに乗り換えて最初の春、この伸びきった付属ジャッキがクニャリと曲がって怖い思いをしました。サイドブレーキをかけていなかったのが原因なのですが・・・いかにも普通サイズに継ぎ足したような構造が、ちょっと心配です。

100501_4 タイヤ交換をするとき、中学校の技術家庭科で習った「ボルトは対角線で締める」をいつも思い出します。

埼玉県に住んでいた頃はスキーへ行くたびにタイヤ交換していたので、この作業にあまり抵抗はありませんが・・・さすがにタイヤが大きくなると(歳もとったし・・・)キツイですね。

この後、ガソリンスタンドで空気圧をチェックして、いよいよ北海道の短い夏へ向けて走り出す感じです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »