« 津波警報にくぎ付けとなった日。 | トップページ | なつかしの梅干を補給した日。 »

2010年3月 2日 (火)

阿寒湖温泉エゾシカの湯(入浴剤)

千歳のサーモンパークへ行った時に、アンケートに答えて妻がもらってきた入浴剤。

100302 北海道じゃらんのプロデュース、と書かれてあります。これは楽しみ。

そして風呂へ投入後、パッケージをよく読むと、「朝露の香り」・・・?夜なんですけど。

 「セイヨウハッカエキス(収れん成分)配合」・・・?寝る前だから弛緩したいのですが・・・。

 うーん、「エゾシカのように引き締まったカラダになる」がコンセプトのようですね(まいったなぁ・・・)。

それでも、温まりましたし、よい香りでした。

でも問題は、裏に小さく書かれている「残り湯は洗濯、洗髪に使用しないで下さい」です。我が家で使っている入浴剤はだいたい残り湯を洗濯に使えるので、興味を持って読まなければ使ってしまうところでした。この注意書きは、表に書くべきではないでしょうか、ねぇ。

ちなみに、私がいちばん好きな入浴剤は、登別温泉の第一滝本館で買える「瀧本乃湯」です。10個入りで630円。こちらは基本的に湯の華なので追い炊き式の風呂には使わない方がよさそうですし、もちろん洗濯もNGでしょう。

この借家に越してくる前、アパートの給湯式の風呂で、よく楽しんでいました。目をつぶって入れば、まるで登別温泉にいるような香りと湯触りで。まだ在庫がありますが今住んでいる家では使えないので、仕事で出掛けた先のホテルのユニットバスで・・・と考えてみますが、けっこう硫黄の臭いがしますので迷惑でしょうね(やめておきます)。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 津波警報にくぎ付けとなった日。 | トップページ | なつかしの梅干を補給した日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/47707717

この記事へのトラックバック一覧です: 阿寒湖温泉エゾシカの湯(入浴剤):

« 津波警報にくぎ付けとなった日。 | トップページ | なつかしの梅干を補給した日。 »